ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還2

映画

ファンタジーの傑作シリーズ完結編!映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』作品紹介

投稿日:

大ヒットシリーズ『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の完結編となる『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

あまりにも壮大な世界観から映像化不可能と言われたファンタジーノベルを完全実写化したスペクタクルファンタジー作品を紹介します。

 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』作品紹介

 

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還3

 

価格:ブルーレイ2,619円(税込)/DVD1,572円(税込)デジタル配信中
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
制作:2003年/アメリカ
上映時間:203分
タイトル:ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(原題:The Lord of the Rings: The Return of the King)

アカデミー賞11部門の最多受賞を果たした大ヒットファンタジー『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

ファンタジーノベルの最高峰「指輪物語」を映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ3部作の完結編です。

 

ストーリー/あらすじ

 

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還2

 

冥王サウロンの勢力が拡大しつつある中つ国、ミドル・アース。

アラゴルン、ガンダルフたちの活躍でサルマンの軍勢に勝利し、人間の国ローハンが救われ、メリーとピピンもまたエント族の助けを借りて、オルサンクの塔を破壊することに成功していました。

ところが、サウロンの軍が間髪入れず人間の国ゴンドールへの攻撃を始めます。

ローハン国は援軍を送ることを決め、二国の兵力すべてをあげての最終決戦の始まりです。

一方、おじから「一つの指輪」を譲り受けたホビット族のフロドは、庭師のサムと、指輪を狙ってついてきたゴラムと共に指輪を破壊するための旅を続けていました。

指輪は滅びの山へと近づくほどその力を増すため、フロドは徐々に身体を蝕まれ、また指輪を奪おうと機会を狙いつづけていたゴラムの策略もあり、一行に大きな危機が。

 

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

 

フロドがサムを信じることができなくなり、家へと追い返してしまったのです。

サムと別れた後、フロドはゴラムに騙されて大蜘蛛の巣に迷い込んでしまい、毒針の毒にあたって仮死状態に。

意識を失ったフロドをサウロンの部下が連れ去ろうとしていたところを、追いかけてきたサムが助けるのでした。

その頃、アラゴルンたちはフロドが指輪を破壊することだけを信じ、サウロンの本拠地であるモルドールへと乗り込むことを決意。

サウロンの意識をフロドたちから遠ざけるための苦肉の策です。

ゴンドール国とローハン国すべての兵が全勢力をかけての戦いに挑む一方で、フロドたちはついに滅びの山へとたどり着きます。

ところが、まさに指輪を火口へと投げ入れようとしたその瞬間、朦朧とする意識を指輪の魔力に乗っ取られてしまうフロド。

指輪を自分だけのものにしようとするフロドと、さらに指輪を奪おうとするゴラムが揉み合ううち、2人は火口の中へと落ちてしまいます。

モルドールへと乗り込んだアラゴルン、そしてサウロンの軍勢と決死の戦いを続けるゴンドールとローハンの兵たち。

彼らの命運はすべて指輪の行方にかかっています。

命を賭して滅びの山まで旅を続けてきたフロドとサムは、果たして無事に指輪を破壊することができるのでしょうか。

 

キャスト&スタッフ

 

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還1

 

キャスト:
フロド・バギンズ:イライジャ・ウッド
ガンダルフ:イアン・マッケラン
アルウェン:リブ・タイラー
アラゴルン:ビゴ・モーテンセン
サム:ショーン・アスティン
ガラドリエル:ケイト・ブランシェット
ギムリ:ジョン・リス=デイビス
セオデン:バーナード・ヒル
ピピン:ビリー・ボイド
メリー:ドミニク・モナハン
レゴラス:オーランド・ブルーム
エルロンド:ヒューゴ・ウィービング
エオウィン:ミランダ・オットー
ファラミア:デビッド・ウェンハム
エオメル:カール・アーバン
デネソール:ジョン・ノーブル
ゴラム/スメアゴル:アンディ・サーキス
ビルボ・バギンズ:イアン・ホルム
ボロミア:ショーン・ビーン
アングマールの魔王/ゴスモ:グローレンス・マコール
死者の王:ポール・ノレル
ケレボルン:マートン・ソーカス
ギャムリング:ブルース・ホプキンス
グリムボルド:ブルース・フィリップス
指輪の声:アラン・ハワード

スタッフ:
監督:ピーター・ジャクソン
製作:バリー・M・オズボーン、ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ
製作総指揮:マーク・オーデスキー、ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、マイケル・リン、ロバート・シェイ
共同製作:リック・ポーラス、ジェイミー・セルカーク
原作:J・R・R・トールキン
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン
撮影:アンドリュー・レスニー
美術:グラント・メイジャー
衣装:ナイラ・ディクソン、リチャード・テイラー
編集:ジェイミー・セルカーク、アニー・コリンズ
特殊メイク:リチャード・テイラー
特撮:ジム・ライジール
コンセプチュアルデザイン:アラン・リー、ジョン・ハウ
音楽:ハワード・ショア
主題歌:アニー・レノックス

アカデミー賞で、ノミネートされた11部門を全て受賞するという快挙を成し遂げた本作。

ファンタジー映画では歴代初めてとなる作品賞も受賞した評価の高いスペクタクルファンタジー大作です。

実写化不可能と言われた原作を、深い内面描写で掘り下げた監督のピーター・ジャクソンの手腕が絶賛されました。

 

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』に登場するキャラクター

 

中つ国を絶滅させようとさらなる攻撃を仕掛けるサウロンと、それを迎え撃つアラゴルンたちの戦い、そして滅びの山へ向かうフロドとサムの旅路と、どこをとっても見どころだらけの『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』

キャラクターの深い内面描写が評価を集めた本作の登場人物を紹介します。

 

フロド・バギンズ(イライジャ・ウッド)

 

繊細で清らかな心を持つホビット。

強い魔力を持ち、持ち主を惑わせる指輪を破壊するために、私欲を持たないフロドが保持者となって滅びの山を目指して旅をしています。

当初は9人の仲間で火口への旅を連れ立っていましたが、指輪の魔力やサウロンの手下の襲撃でサムと2人で旅をすることに。

滅びの山に近づくほど、強まる指輪の魔力に身体を蝕まれ、意思を乗っ取られそうになってしまいます。

 

サム(ショーン・アスティン)

 

フロドに仕えていた庭師で、指輪の旅にもお供することになったサム。

誠実でどんな時もフロドを支えてきました。

ゴラムを完全に信じ切っておらず、ことあるごとに疑っていましたが、その策略にかかって逆にフロドに疑いを向けられてしまいます。

 

ガンダルフ(イアン・マッケラン)

 

絶大な力を持つ魔法使いで、サウロンを倒す使命を持って復活。

サルマン軍とローハンの戦いでは使者として騎馬隊を連れ帰り、ローハン軍を勝利へと導きました。

その後はゴンドールに向かい、サウロン軍と戦います。

 

アラゴルン(ビゴ・モーテンセン)

 

フロドを守るために指輪の旅に同行したアラゴルン。

剣術に優れ、偉大な戦士としてローハン軍に勝利をもたらしました。

続くサウロンの軍との最終決戦では山の死者の軍団と交渉し、援軍をもたらします。

 

エオウィン(ミランダ・オットー)

 

ローハンの王セオデンのめいエオウィン。

勇敢ですが、女性であるために戦うことを認められず、兄のエオメルだけが戦えることが不満です。

アラゴルンにほのかな恋心を抱いていましたが、その後ゴンドールの大将だったファラミアと出会って恋に落ちます。

 

ファラミア(デビッド・ウェンハム)

 

ゴンドールの執政デネソールの次男ファラミア。

父親のデネソールは兄のボロミアばかりを可愛がっていますが、心根の優しいファラミアは兄を憎むこともなく父親に認められようと努力を続けていました。

一度はフロドとサムを捕まえますが、その使命を理解して自分の身を顧みずに2人を逃します。

 

ゴラム/スメアゴル(アンディ・サーキス)

 

フロドのおじの前の指輪の所有者です。

ずる賢い悪い「ゴラム」と良い「スメアゴル」二つの人格の間で揺れ、自分を信じてくれるフロドに報いようとするのですが、指輪の魔力に抗えず、フロドとサムを仲違いさせてしまいます。

 

ファンタジーの傑作小説「指輪物語」を映画化したシリーズ3部作の完結編!

アカデミー賞では作品賞を始め11部門受賞いう驚異的な記録を打ち立てた映画史上に残る素晴らしいアドベンチャー大作『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の紹介でした☆

THE LORD OF THE RINGS, THE RETURN OF THE KING, and the names of the characters, events, items and places therein are trademarks of The Saul Zaentz Company d/b/a Tolkien Enterprises under license to New Line Productions, Inc. The Lord of the Rings: The Return of the King © 2003, Package Design © 2010 New Line Productions, Inc. All rights reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.