『カールじいさんの空飛ぶ家』5

Disney(ディズニー) 映画

ダグ主役のスピンオフもあわせてチェック!ディズニー&ピクサー映画『カールじいさんの空飛ぶ家』作品紹介

投稿日:

人生の素晴らしさを教えてくれるハートウォーミングなアドベンチャー『カールじいさんの空飛ぶ家』

冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳のおじいさんに巻き起こる冒険を描いたディズニー&ピクサーのロード・ムービーです。

スピンオフ短編アニメーション『ダグの特別な1日』とあわせて紹介していきます。

 

ディズニー&ピクサー映画『カールじいさんの空飛ぶ家』作品紹介

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』4

 

タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家(原題:Up)

製作:2009年/アメリカ

上映時間:103分

 

ピクサーの10作品目を飾る驚きのファンタジー・アニメーション作品『カールじいさんの空飛ぶ家』

おじいさんと少年が空飛ぶ家で旅をしながら絆を深める様子がハートフルに描かれた友情のアドベンチャーです。

大人も子どもも楽しめるアカデミー賞受賞の感動作品を紹介します!

 

ストーリー/あらすじ

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』2

 

愛する妻エリーに先立たれた78歳のカールじいさん。

思い出がたくさんつまった家でひとり暮らしていたカールじいさんにはいつか世界を旅して回りたいという夢がありました。

夢をかなえるにはもう年を取り過ぎたと思っていたカールじいさんでしたが、亡くなったエリーと、いつか南米の「パラダイスの滝」に一緒に行こうと約束していたことを思い出します。

カールじいさんとエリーは、ともに冒険家チャールズ・マンツに憧れ、チャールズが幻の鳥を追って消息を絶ったその滝を一目見ようと話していたのです。

そんな中、カールじいさんの住む家の周囲で再開発で始まり、立ち退きを迫られ、平和な生活が脅かされることに。

元風船売りだったカールじいさんは家にたくさんの風船をつけ、エリーとの約束を果たすため、空の旅に出ます。

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』3

 

ところが、気がつかないうちに冒険をしてみたくてたまらない8歳の男の子、ラッセルがポーチにしのび込んでいたのです。

カールじいさんと、ボーイスカウトの少年ラッセル、そして南米で出会った犬ダグたちの人生最大の冒険が始まります。

ジャングルへと不時着したカールじいさんたちを待ち受けていたのは思いも寄らない出来事だったのです。

 

キャスト&スタッフ

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』

 

キャスト:
カール・フレドリクセン:エド・アズナー/飯塚昭三
ラッセル・キム:ジョーダン・ナガイ/立川大樹
ダグ:ボブ・ピーターソン/松本保典
アルファ:ボブ・ピーターソン/大塚芳忠
ベータ:デルロイ・リンド/檀臣幸
ガンマ:ジェローム・ランフト/高木渉
トム:ジョン・ラッツェンバーガー/楠見尚己
エリー:エリー・ドクター/松元環季
カール(少年時代):ジェレミー・レアリー/吉永拓斗
チャールズ・マンツ:クリストファー・プラマー/大木民夫

スタッフ:
監督:ピート・ドクター
共同監督:ボブ・ピーターソン
製作:ジョナス・リヴェラ
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トム・マッカーシー
脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター
音楽:マイケル・ジアッチーノ
ストーリー監修:ロニー・デル・カルメン
編集:ケヴィン・ノルティング
プロダクション・デザイナー:リッキー・ニエルヴァ
テクニカル監修:スティーヴ・メイ
アニメーション監修:スコット・クラーク
キャラクター監修:トーマス・ジョーダン

監督を『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で担当。

カールじいさんの声には『アパッチ砦・ブロンクス』のエドワード・アズナーが、少年ラッセルの声には新人ジョーダン・ナガイ抜擢され、映画にみずみずしい感性を加えています。

ピクサー初となる3Dデジタル作品となり、アカデミー賞をはじめ、賞レースでも大健闘を見せた秀れた仕上がりは必見です。

 

スピンオフ短編アニメーション『ダグの特別な1日』

『ダグの特別な1日』6

 

タイトル:ダグの特別な1日(原題:Dug's Special Mission)

製作:2009年/アメリカ

 

ダグを主人公にしたスピンオフとなる短編作品も見逃せません。

 

『ダグの特別な1日』5

 

ダグがカールじいさんたちと出会うまでのお話。

 

『ダグの特別な1日』4

 

誕生日を迎えたダグのいつもとは違う特別な1日が描かれています。

 

アカデミー賞での最高評価に注目

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』

 

ピクサー初のディズニー・デジタル3D作品として劇場公開された『カールじいさんの空飛ぶ家』

第82回アカデミーの長編アニメーション賞受賞という快挙を達成した傑作です。

また、同賞の作品賞部門にも実写映画作品とならんでのノミネートを果たしていて、アニメ映画で作品賞にノミネートされるのは『美女と野獣』以来史上2作目。

感動的なシーンが多く描かれている本作ですが、特にカールじいさんと亡き妻エリーの思い出の描写は映画史に残る名場面です。

スリリングな冒険からも目が離せず、感動と興奮に笑顔をくれる笑えるシーンとディズニー&ピクサーの真骨頂を満喫することができます。

 

大人から子どもまで楽しめるハートウォーミング・アドベンチャー『カールじいさんの空飛ぶ家』

友情と冒険をたっぷり満喫できる素敵なロード・ムービーに注目してみてください。

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、Disney+ (ディズニープラス)で配信中です。

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


© 2009 Disney/Pixar

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.