イベント情報

珠玉の作品が集う展示販売イベント!加島美術「美祭 撰 05」

投稿日:

東京・京橋にある「加島美術」にて、美術品展示販売会「美祭 撰 05」を開催!

第5回となる「美祭 撰 05」では、円山應挙、葛飾北斎、横山大観など、選りすぐりの約40作品が展示販売されます☆

 

加島美術「美祭 撰 05」

 

 

開催期間:2022年10月15日(土)~10月30日(日)

 

東京・京橋にある「加島美術」にて、美術品展示販売会「美祭 撰 05」を開催!

「美祭 撰 05」は、加島美術が厳撰した日本美術の逸品だけを紹介する特別な催しです。

第5回となる今回は、円山應挙、葛飾北斎、横山大観など、選りすぐりの約40作品が一堂に会します。

 

 

会期中は、加島美術にて出品作品をガラスケースなしで展示。

「美祭 撰」で紹介されるのは、国内外の美術館の展示や収蔵品に加わる事もある、まさに美術館クオリティーの珠玉の作品ばかり。

日本美術の巨匠たちの唯一無二の作品を、間近に鑑賞できる貴重な機会です。

作家の筆遣いや古美術品特有の経年美、紙や岩絵の具の質感までも心ゆくまで堪能できます。

 

 

さらに、ギャラリーでの展示販売に加え、全ての出品作品を掲載したカタログを発行。

全国どこにいても作品を見て、購入できます。

作品写真がオールカラーで紹介されるのはもちろん、日本美術の魅力を深掘りするコラムやインタビューなど、読み物ページも充実しています。

特別ゲストを招いてお話を伺う「Art Interview」では、直島・地中美術館初代館長の秋元雄史先生を迎えて古美術から現代アートまで、時代とともに変化する美術の魅力が伝えられます。

コラム「数寄がたり」では書のスペシャリスト、高橋利郎先生が上杉謙信ら戦国武将の書状について見どころを解説。

また、「日本美術を支える人々」では、河鍋暁斎の大コレクターである藤田昇氏を迎え、暁斎の魅力について解説いただいています。

 

円山應挙、葛飾北斎、横山大観など、選りすぐりの約40作品が展示販売される期間限定イベント。

2022年10月15日(土)から開催される、加島美術「美祭 撰 05」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.