『バズ・ライトイヤー』:日本版本ポスタービジュアル

Disney(ディズニー) 映画

スペース・レンジャー誕生の秘話を描く!ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』

投稿日:

「トイ・ストーリー」シリーズのディズニー&ピクサーが贈る最新作『バズ・ライトイヤー』2022年7月1日日本公開決定!

世界で最も有名なスペース・レンジャー〈バズ・ライトイヤー〉誕生の秘話が描かれます。

 

ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』

 

ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』

 

タイトル:『バズ・ライトイヤー』

公開:2022年7月1日 全国ロードショー

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

『トイ・ストーリー』の“おもちゃの世界”、『モンスターズ・インク』の“モンスターの世界”、『ファインディング・ニモ』の“海の中の世界”を始め、イマジネーションあふれるユニークな“もしも”の世界を描き、数々の感動的な物語を贈り届けてきたディズニー&ピクサー。

その最新作で描かれるのは、あの最初のピクサー長編映画である「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーのオリジン・ストーリー。

世界で最も有名なスペース・レンジャーの誕生の秘密を描く『バズ・ライトイヤー』(原題:Lightyear)の日本公開が2022年7月1日となることが発表されました。

『トイ・ストーリー』(95)では、アンディが夢中になった流行のテレビアニメ『バズ・ライトイヤー』の主人公をモチーフにしたおもちゃとして登場したバズ。

バズ自身も当初自分はおもちゃではなく、本物のスペース・レンジャーと信じこんでいたが…

“もしもアンディが夢中になったバズ・ライトイヤーの物語の世界が実在したら?”

 

US版予告編

 

 

今回公開された映像の冒頭から「バズ・ライトイヤーの恒星日誌 宇宙歴3901。この惑星に不時着して1年、ついにテスト飛行の日が来た。」と“おもちゃ”のバズの仕草でもおなじみの左腕に恒星日誌を吹き込む姿を披露。

しかし、バズと同じくスペース・レンジャーで親友のアリーシャ・ホーソーンには「またナレーションしてんだ」とからかわれ、まるで『トイ・ストーリー』での初登場を彷彿とさせるようなシーンからスタートします。

アンガス監督は「この映画のビジュアルが<シネマティック>であることを大事にしている。僕はこの映画を通じて“僕たちが愛する劇場体験”、みんなが映画館で他の人たちと一緒に映画を見る体験をしてほしいと願っているんだ」と、劇場サイズの作品である事を強調しており、予告編で映し出される映像はまさに超大作の圧巻クオリティ。

そして本作で“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーの声を演じるのは「アベンジャーズ」シリーズのキャプテン・アメリカ役でもおなじみのクリス・エヴァンス。

監督は「アクション経験。ふざけ過ぎないのに笑いが生まれるコメディセンスと、シリアスなドラマの両方を同作内で上手くできる演技力。マジメなヒーローのキャラクターを演じた経験などから俳優の候補を考え始めたんだが、そうなるとクリス(・エヴァンス)は最初の候補であり、唯一の候補だったんだ。」と、キャラクターとの唯一無二の親和性を明かし、幼いころからアニメーション映画が大好きだったいうクリス・エヴァンスもまた「創業当初からピクサー映画の大ファンでピクサーと一緒に仕事をするのは夢のようです!」と相思相愛のコメントを贈ります。

さらにクリスは「なぜ『バズ・ライトイヤー』の(ルーツの)物語を語る必要があるのか? 私は自信を持って『みんな安心してください。そして大いにワクワクしてください』と言えます。」と、本作への絶対的な信頼を明かしている本作。

全世界の観客を魅了し続けるバズ・ライトイヤーのルーツ、あの名台詞が生まれる瞬間、バズと仲間たちに襲い掛かる脅威、バズを狙うザーグのような巨大ロボットの目的とその正体、そして冒険の果てに彼が知る“驚きの真実”とは…? ラストまで目が離せないスリリングな展開への期待値が高まる予告編となっています。

 

予告編動画

 

 

予告編では、近未来的な惑星でバズがテスト飛行のミッションに挑む様子が描かれます。

1年間の準備期間を経て、たった4分のテスト飛行を終えれば、仲間たちと共に故郷に帰れるはずだったのですが、バズを待ち受けていたのは想像もしない冒険だった…。

 

ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』2

 

今回の予告編で目を引くのが猫型の友だちロボット“ソックス”

大きな瞳の愛らしいビジュアルとは対照的なロボットらしい無機質な話し方が特徴で、常にバズに寄り添っています。

どこかとぼけた言動もかわいらしく、バズとのコミカルなやりとりも話題になること間違いなしのキャラクター。

 

ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』

 

かつて、おもちゃのバズにはウッディという最高の友だちがいたが、スペース・レンジャーのバズとソックス、そして予告編に登場する他の仲間たちとの絆と冒険が本作では描かれます。

 

ディズニー&ピクサー映画『バズ・ライトイヤー』3

 

また、バズを追いかける巨大なロボットの姿は「トイ・ストーリー」ファンにはお馴染みのバズの宿敵で悪の帝王“ザーグ”のようにも。

バズと仲間たちに襲い掛かる脅威と、冒険の果てに彼が知る“驚きの真実”とは…?

 

『バズ・ライトイヤー』特報動画

 

 

解禁された特報では、おもちゃのバズ・ライトイヤー・・・ではなく、「トイ・ストーリー」の世界で、アンディが夢中になったであろう[スペース・レンジャー“バズ・ライトイヤー”]の世界が広がる。

ピクサーが「『バズ・ライトイヤー』は、若きテスト・パイロットが、みんなの知っているスペース・レンジャーになる原点の物語」と明かす通り、映像では誰も見たことない壮大な宇宙を舞台に、バズがテスト・パイロットに挑む様子や彼がおなじみのコスチューム(宇宙服)を初めて目にする瞬間が描き出されます。

そして誰もが知っているバズ・ライトイヤーの有名な決め台詞「無限の彼方へ、さぁ─」と、まさに言い終えようとしたところで特報はエンディングを迎えます。

USでは特報が公開されるや『トイ・ストーリー4』(62M)の24時間の再生数の記録を軽々と上回る約8,300万回の再生数を記録するなどダントツの注目を集めています。

 

日本版本ポスタービジュアル

 

『バズ・ライトイヤー』:日本版本ポスタービジュアル

 

お馴染みのスーツを着た“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーを中心に、バズの運命を変えることになる仲間たちが登場する日本版の本ポスタービジュアルが解禁されました!

今回解禁されたポスタービジュアルの中心はもちろんバズ・ライトイヤー。

有能なスペース・レンジャーのバズは、自分の力を過信したため、1,200人もの乗組員と危険な惑星に不時着してしまう。

彼のミッションは、相棒の超ハイスペックな猫型の友だちロボット・ソックス(※バズの足元)と一緒に、全員を地球に帰還させること。さらに、この不可能なミッションに挑む仲間は、“スペース・レンジャー”に憧れるイジー(※ポスター左)、いつも失敗ばかりのモー(※ポスター右後)、仮釈放中のダービー(※ポスター右前)。

彼ら、個性豊かな新米ばかりのジュニア・パトロールたちと出会うことで、“有能なスペース・レンジャー”バズの運命が大きく変わることに。

<君がいれば、きっと行ける。無限の彼方へー>“誰よりも仲間思い”のバズ・ライトイヤーの誕生には、涙なしには語れない深い物語があった──。

 

スタッフ・キャスト

 

監督は、『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントンと共に共同監督を務め、「トイ・ストーリー」シリーズの短編『ニセものバズがやって来た』で監督を、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本・監督を務めるなどキャラクターを熟知したアンガス・マクレーン。

バズ・ライトイヤーの声優は「アベンジャーズ」シリーズなどでキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスが担当します。

 

人気キャラクター「バズ・ライトイヤー」の誕生譚。

『バズ・ライトイヤー』は2022年7月日本公開です。

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー&ピクサー映画『私ときどきレッサーパンダ』
ディズニープラス独占配信!ディズニー&ピクサー映画『私ときどきレッサーパンダ』作品紹介

続きを見る

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.