マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ポスター2

MARVEL(マーベル) 映画

ワカンダ王国vs海の帝国!マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

投稿日:

全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』や『ソー:ラブ&サンダー』など、観客を熱狂の渦に巻き込み続けているマーベル・スタジオ。

そんなマーベル・スタジオが贈る『ブラックパンサー』の最新作がついに始動!

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』邦題

 

原題:ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー

監督:ライアン・クーグラー『ブラックパンサー』『クリード』シリーズ

出演:レティーシャ・ライト、ダナイ・グリラ、ルピタ・ニョンゴ

製作:ケヴィン・ファイギ

全米公開:2022年11月11日

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

祖国である超文明国家ワカンダの"秘密"を守るという使命を果たすため、ワカンダの国王、そしてブラックパンサーというヒーロー、ふたつの顔を持つティ・チャラの活躍が描かれた『ブラックパンサー』(2018)

公開を迎えるやいなや、マーベル・スタジオの新境地となったアフリカ大陸に位置する架空の国"ワカンダ"を舞台にした設定や、一瞬たりとも目が離せない壮絶なアクション、新星ヒーロー、ブラックパンサーの活躍に"マーベル・スタジオ史上最高傑作"の声が相次ぎました。

全米歴代興行収入は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)や『アバター』(2009)に次ぐ歴代5位となる7億ドルを叩き出し、全世界では13億ドルを超える偉業を達成。

その勢い留まることなく、「アイアンマン」や「スパイダーマン」でも成しえなかった、ヒーロー映画としては"初"となるアカデミー賞作品賞含む7部門にノミネートされ、3部門の受賞を果たしています。

さらにはグラミー賞受賞アーティスト、ケンドリック・ラマーら豪華アーティストが参加したインスパイア・アルバムも世界中で大きな話題に。

『ブラックパンサー』はヒーロー映画の枠を超え社会現象を巻き起こした、まさにエンターテインメント史に名を残す1作品となりました。

しかし続編の製作が期待される中、ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンの訃報が世界中を深い悲しみに包みました。

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ポスター

 

“真のヒーロー”として、そして役者としても輝かしい活躍をみせたチャドウィック・ボーズマン亡き今、ベールに包まれていた『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』がついに始動!

監督を務めるのは、『ブラックパンサー』で功績を残し「世界で最も影響力のある100人」に選出されたライアン・クーグラー。

ブラックパンサー演じるチャドウィック・ボーズマンへの熱い想いを胸に、キャストと共に作り上げた渾身の一作が幕を開けます。

 

マーベル・スタジオの社長並びにマーベル・エンターテインメントのチーフ・クリエイティヴ・オフィサーを務めるケヴィン・ファイギは

「ワカンダのレガシーを繋いでいく。そしてストーリーはリスペクトと希望に満ちたものになる。」

とコメント。

 

また、日本時間2022年7月24日に行われたComic-con2022(サンディエゴ開催)では、本作がフェイズ4の最後を飾る作品となる事が発表されました。

 

新ブラックパンサーの活躍が光る特別映像公開

 

 

公開に向けてSNSでは“待ちきれない!”とますます注目度が上がっている『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

先日開催されたワールドプレミアでは、早くも本編を鑑賞した批評家からもまさに絶賛の嵐。

「2022年観た中でも最高の演技。」「感情のジェットコースター。」など、感動のドラマやキャストの演技に“最高傑作”とただならぬ注目を浴びています。

そして、そんな絶賛される本作の特別映像が公開。

ジャバリ族のリーダーであるエムバクが攻撃するも、まったく効かない“超人的”とまで呼ばれる強敵ネイモアを前に、シュリはじめ、女王ラモンダたちはワカンダを守るため立ち上がります―。

決戦の一幕がとらえられた映像にはアイアンハートことリリ・ウィリアムズがパワードスーツを着て攻撃するシーンや、漆黒の中に金色の模様が輝くスーツに身を包んだ新ブラックパンサーが鋭い爪をたて、次から次に敵を倒していく白熱バトルも公開。

ワカンダのために再び立ち上がろうとするシュリの表情からは並々ならぬ強い意志がみてとれ、悲しみを胸に前に進もうとするワカンダの人々の重厚なドラマ、ネイモアの襲撃に迎え撃つ先の読めないストーリーや疾走感溢れるアクションまで、見逃せない魅力が満載です☆

 

シュリをはじめ、物語のカギを握る6人のキャラクターポスター解禁

 

シュリをはじめ、物語のカギを握る6人のキャラクターポスター解禁

 

解禁されたのは、「ブラックパンサー」ならではのカラフルで煌びやかなデザインがあしらわれた、物語の鍵を握る6人のキャラクターポスター。

愛する兄ティ・チャラの死を誰よりも重く受け止めるシュリ、ワカンダの国王親衛隊“ドーラ・ミラージュ”の隊長オコエ、ティ・チャラ、シュリの母でありワカンダの女王ラモンダ、そしてティ・チャラの幼馴染で元恋人のナキアやジャバリ族のリーダーエムバクら、ワカンダを守り戦う勇士たち、そして新たな敵となるネイモアの姿も。

愛する祖国を守るため、ついにはじまるワカンダVSネイモアの決戦を感じさせるポスターになっています。

 

主要キャストが故チャドウィック・ボーズマンさん(先代ブラックパンサー)への“想い”を語る特別映像解禁

 

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の公開に先駆けて、前作のメイキングも含む特別映像が公開されています。

 

本作の舞台は、偉大な王であり、ヒーロー/ブラックパンサーであるティ・チャラを失ったワカンダ。

国王が不在となったワカンダの元に「海の帝国」の脅威が迫ります。

解禁されたのは、ブラックパンサーを演じた生前のチャドウィック・ボーズマンさんを捉えた前作『ブラックパンサー』の映像やそのメイキングが含まれた、チャドウィック・ボーズマンさんへの熱い想いに溢れた特別映像。

シュリ役レティーシャ・ライトさんや、ラモンダ役アンジェラ・バセットさんら、本作の主要キャスト達と、ライアン・クーグラー監督が『ブラックパンサー』を主演として引っ張ってきたチャドウィック・ボーズマンさんへの今の想いを語っています。

それぞれのキャスト達が、チャドウィック・ボーズマンさんを失ったことへの悲しみを抱えながらも、

アンジェラ・バセットさんは

「物語を創ることで、皆で彼に敬意を評した」、

 

ルピタ・ニョンゴさんは

「ワカンダの物語をもう度描くことは、祝福の儀式のように思えて感動した」

と、チャドウィック・ボーズマンさんへのリスペクトを胸に撮影へ挑んだという。

 

そして、本作の中心人物となるであろうレティーシャ・ライトさんは

「シリーズの新たな挑戦を見届け、チャドウィックに敬意を表するの。

彼の望みは私たちが世界を感動させること」

とコメント。

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』へ携わったキャストやスタッフ達の「チャドウィックが注ぎ込んできた想いを“継承”しそれを最高の作品として世界中へ届ける」という熱い気持ちがひしひしと伝わってくるような映像となっています。

 

チャドウィック・ボーズマンさんへの並々ならぬ想いが込められた本作で、ワカンダの新たな脅威として登場するのが、テノッチ・ウエルタさん演じる”海の帝国の王”ネイモアです。

「態度を決めてくれワカンダは味方か敵か」というネイモアと思われるセリフからは、世界トップの技術力を誇る超文明国家ワカンダ相手にも強固な姿勢で迫るネイモアの気迫と冷酷さが感じられます。

 

そんな本作についてキャスト陣は、

オコエ役ダナイ・グリラさんは

「物語はとても丁寧に描かれている。だからこそ私たちは全身全霊で演じられたの」、

 

ラモンダ女王役アンジェラ・バセットさんは

「シリーズの一員であることが誇らしい皆が情熱的な演技を披露した」、

 

エムバク役ウィンストン・デュークさんは

「その情熱が特別な作品を創り出したんだ」、

 

ナキア役ルピタ・ニョンゴさんは

「アクションと冒険が感情を高ぶらせる見どころが満載よ」

と、それぞれが熱く語るなど、主要キャストらから本作への確固たる自信も伺えます。

 

果たしてティ・チャラの想いを受け継いで、ワカンダの危機に立ち向かうのは誰なのか・・・

国王のいない、ヒーローのいないワカンダで、彼らが戦い、見つけたものとは。

2022年秋マーベル映画史上、最大にして最高の“希望のドラマ”が待ち受けています☆

 

ワカンダの命運を握る新キャラクター「ネイモア」&「アイアンハート」の吹替キャスト決定!

 

「ネイモア」&「アイアンハート」の吹替キャスト決定

 

本作の物語の重要なカギを握るであろう新キャラクターの日本語版声優に、人気声優浪川大輔さん、早見沙織さんが決定!

ワカンダにも敵意をむき出しにする”海の帝国”の謎の王「ネイモア」役を浪川大輔さん、アイアンハートことリリ・ウィリアムズ役を早見沙織さんが演じる事となります。

 

「HUNTER×HUNTER」のヒソカや、「ルパン三世」シリーズの石川五ェ門役に加え、「スター・ウォーズ」シリーズのアナキン・スカイウォーカー役など、名実ともに人気声優である浪川大輔さんは、物語の大きなカギを握る”海の帝国”の謎の王「ネイモア」役として、マーベル作品では自身初となる主要キャラクターを担当する事に。

「ネイモア」は本編では未だ多くの謎に包まれているキャラクターだが、漫画原作では最古の1人に数えられるキャラクターとしてファンの間では人気を得ています。

予告編では、海中に鎮座する玉座へ降り立つシーンや、足首にある羽根を駆使して空中を自在に飛ぶ場面が登場。

中には、窓の内側にいるラモンダやリリに向かって外から槍を振りかぶる姿や、ラモンダに何かを迫るように睨みつける姿など、狂気を帯びた力強さを漂わせています。

 

浪川大輔さんは、ネイモア役として本作に加わることについて

「自分のキャリアの中でもヒーロー映画に重要ポジションで関わるのは初めてです。

ずっと携わりたいと強く願っていました。なので、喜びの極みです。」

と、念願が叶った喜びを最大限に表現。

 

さらに、

「映画の注目ポイントは正直挙げきれません。どのような展開になるのか。

どのような映像美があるのか、迫力満点な作品だと思います。

またもや全世界を巻き込む社会現象になること間違いなしだと思います!」

日本語版への自信を覗かせました。

 

浪川大輔さん演じる「ネイモア」が、ワカンダに迫る理由とは一体何なのか、注目度が増すばかりです☆

 

そして、「SPY×FAMILY」のヨル・フォージャー役や、「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ、「ONEPIECE」のヤマト役など、様々な役を演じる早見沙織さんは、今後のマーベル・シネマティック・ユニバースに深く関わるであろう注目のキャラクター、リリ・ウィリアムズ役を務める事となります。

2023年に米ディズニープラスで独占配信が予定されているマーベル・スタジオドラマ『アイアンハート』にて主人公アイアンハートになるキャラクターとして発表されたリリ・ウィリアムズは天才的頭脳を持つ、19歳のマサチューセツ工科大学生。

既に解禁されている予告映像では、彼女が纏うであろうアイアンマンを彷彿とさせる赤いハイテクスーツが登場。

さらに解禁されたリリのキャラクターポスターでは、ゴーグルや機械を身に纏い、近い将来に迫っている脅威を危惧するような眼差しが印象的なビジュアルとなっています。

本作で初めてお披露目されたリリ・ウィリアムズ=アイアンハートは、SNSやメディアでも大きく紹介され、今後のMCUの中心を担っていく人物として世界中が注目しているキャラクターです。

 

早見沙織さんは、そんなリリについて、

「リリは、頭脳明晰でありながら、若者らしい、くだけたノリと勢いを持った人です。

作中では、シュリを中心としたキャラクターたちとも深く関わっていきます。」

と、彼女の魅力を表現。

 

そして

「表情豊かな彼女の人物像を声でもお伝えできるよう、精一杯アフレコをさせていただきました。

ぜひ劇場でお楽しみくださいませ!」

と、本作への意気込みを語ってくださいました。

 

浪川大輔さんと早見沙織さん演じる、新キャラクター2人からも目が離せません☆

 

豪華日本語版声優陣の続投決定!

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』日本語版ポスター

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にて、主要キャラクターを演じる豪華日本語版声優陣の続投も発表されました。

さらに、それぞれのキャストが担当するキャラクターポスターと合わせて解禁されています。

 

本作の舞台は、偉大な王であり、ヒーロー/ブラックパンサーであるティ・チャラを失ったワカンダ。

国王が不在となったワカンダの元に、”海の帝国”の脅威が迫ります・・・

 

ティ・チャラの妹で、超文明国ワカンダの技術開発を担うほどの天才科学者シュリ役は、ももいろクローバーZ・百田夏菜子さんが引き続き担当。

百田夏菜子さんは、本作に向けて

「(収録の際は)なるべくシュリの想いや、演じられているレティーシャさんの想いをイメージしながら、声を通じて表現できるように意識しました」

と、意気込みを語りました。

 

前作の公開時ティ・チャラ役を演じた故チャドウィック・ボーズマンさんとイベントで接する機会があったという百田夏菜子さんは、

「“お兄ちゃん”の様な存在だと思っていたチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなったというショッキングなニュースもあって、どんな作品になっているのか全く想像ができなかったのですが、スタッフの方々も色々な想いがあってこの作品を作り上げていると思うので、こうやって新しい作品が届けられるということは、チャドウィックさんもきっと喜んでいるんじゃないかなと思います。

私も彼が大事にしているこの作品に携わらせてもらっているので、全力を注ぎたいと思います!」

と本作への熱い想いを綴りました。

 

亡きティ・チャラ支えた幼馴染で元恋人の女スパイ、ナキア役には皆川純子さん。

ワカンダ国王を守る親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長にしてワカンダ最強の戦士オコエ役を斎賀みつきさん。

予告編でもその存在感を発揮していたティ・チャラの母であり先代の国王ティ・チャカの妻ラモンダ役を幸田直子さん。

当初はティ・チャラとも対立していたが、その後彼を力強くサポートしていたワカンダの山奥に住むジャバリ族の長、エムバク役には木村昴さん。

前作で、ワカンダ人ではないものの、ティ・チャラ達と共にワカンダの為に戦ったCIAエージェント、エヴェレット・ロス役には、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から同役を演じる声優・森川智之さんという人気・実力共に折り紙付きの豪華声優陣が再び、ワカンダにとって重要なキャラクター達を演じることとなります。

 

ティ・チャラと特に親しい仲でもあったナキアを再び演じる皆川純子さんは

「続編製作のニュースを見てから約3年。この間にあったあまりに悲しい出来事。それを経ての今作。

どんな物語になるのか、いちファンとして、前回ナキア役を吹替させていただいた役者として、非常に気になっておりました。

今回もナキアの吹替を担当させていただくことになり、とても光栄に思っております。

魂をこめて演じたいと思います。」

と、ティ・チャラ亡き世界での物語への意気込みを明かしました。

 

斎賀みつきさんは

「とうとう『ブラックパンサー』の続編が!しかもまたオコエさんに会える!素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。

『ブラックパンサー』の物語や登場人物は魅力的すぎるので、前作に続き今作もしっかりと心に残る作品になるだろうなと確信しています。

ぜひ、公開日を楽しみに待っていてくださいね!」

と、再びオコエ役を演じられることについての想いや本作への期待をコメント。

 

ラモンダ役を務める幸田直子さんは

「愛の深さと壮大なスケール、待ち焦がれたワカンダの世界へ戻る事が出来大変嬉しく幸せです。

日本語版の皆様とご一緒に、全力で取り組んだこの美しく気高き愛の物語を、是非劇場で体感されます様、宜しくお願い申し上げます。」

と、本作への並々ならぬ想いを表現していただきました。

 

さらに、エムバク役の木村昴さんは、

「映画ブラックパンサーには、なにか物語を超えた魂のようなものが宿っているように思えてきます。

絶望の淵から這い上がり前進む人々の姿に、きっと見る者に生きる勇気を与えるそんな映画なのだと。

我々も日本語で魂を込めて参りましたので、映画館で何か感じていただければ幸いです。」

と、本作の魅力に加え、まさに精魂こめたという日本語版を猛アピール。

 

エヴェレット・ロス役の森川智之さんは、

「続編が決定してとてもうれしいです。悲しい出来事を乗り越えてのこの続編の決定は、きっと日本語版でも気合の入った素晴らしいものになるに違いありません。

エヴェレット・ロスがどのように物語にかかわっていくのか楽しみです。ご期待ください!」

と、本作への自信を覗かせました。

 

豪華日本語版声優陣の続投決定

 

また、日本版声優続投解禁に合わせて、それぞれ6人の日本版キャラクターポスターも公開。

それぞれ陰影が施され、ティ・チャラを失った深い悲しみと共に、そこから立ち上がろうとする力強い決意も伝わってくるようなクール且つインパクトのあるビジュアルになっています。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』でこの6人がどんな活躍をするのか、期待が高まります☆

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』特報

 

 

解禁された特報では、ティ・チャラの母であり先代の王ティ・チャカの妻でもあるラモンダが王座に座り、ティ・チャラを失った悲しみを乗り越え、力強く歩んで行こうとするワカンダの人々の姿が切り取られています。

そんな大きな岐路に立たされているワカンダに迫る新たな敵とは。

新たに登場した海に住む部族とワカンダの関係も見どころです。

そして、ティ・チャラの妹でワカンダの技術開発の責任者でもあるシュリと親しく接する“鉄の心(アイアン・ハート)”を作る新たな少女も登場!

彼女がどのように本作の物語へと絡んでくるのかも見逃せないポイント。

さらに注目なのが、映像の最後に登場したヒーロー、ブラックパンサーの姿――。

ティ・チャラの遺志を継ぎ、次のブラックパンサーとなるのは果たして誰なのでしょうか。

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』特報第2弾

 

 

偉大な王であり、ヒーローであるティ・チャラを失ったワカンダが舞台。

今回、解禁された映像は、白い衣装に身を包み、ブラックパンサーのマスクを持つティ・チャラの妹シュリと、その隣を歩く母であるラモンダ女王の姿から始まり、悲しみに暮れるワカンダの様子が映し出される。

その後現れたのは、自由自在に空を飛び、海中も思いのまま移動する海の帝国を率いる謎の王 ネイモア。

「傷ついた者だけが偉大な指導者となる」という意味深な言葉とともに、強烈なカリスマ性を匂わせます。

ラモンダが、王がいなくなったワカンダが襲撃される事を危惧する場面からは、ネイモアがワカンダの平和を脅かす存在であることがわかります。

彼らの狙いとは、一体何なのか―?

ワカンダ王国vs海の帝国の一大決戦の火蓋が切られようとしていた。

さらに、ガジェットを搭載したスーツを身にまとった天才発明家の少女リリ・ウィリアムズ(=アイアンハート)の姿も…。

彼女はワカンダの敵なのか、味方なのか?

映像では、陸・海・空を舞台にした迫力満点のアクションシーンも垣間見え、前作からパワーアップした物語に期待が高まります。

そして本予告の最後には、「示すのです、我々の力を」というラモンダ女王のセリフとともに、遂に新たなブラックパンサーが姿を現します。

前回の特報では、後ろ姿のみの登場だったブラックパンサー。

今回はその全身が明らかになりました☆

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ポスター2

 

合わせて公開されたUS版本ポスター。

ワカンダの命運を託された者としての強い決意に満ちた表情を浮かべるシュリやナキア、ラモンダらが印象深いポスターになっています。

対照的に描かれている海の帝国の王 ネイモアの姿からは、彼独特の威厳や、冷酷さを纏った風格が漂っており、本作で描かれる両国の熾烈な戦いを示唆するようなビジュアルとなっています。

シュリらワカンダのメンバーの後ろには、ゴールドとシルバーがあしらわれた新たなブラックパンサーの姿も描かれています。

 

特別映像

 

 

ワカンダの民がいる<地上>と海の帝国の王、ネイモアがいる<海底>を舞台にした大迫力のバトルシーンが含まれた特別映像と、本作の映像や音を全身で体感することのできるラージフォーマット版ポスター全3種が公開されました!

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ラージフォーマット版ポスター

 

本作では、全11Verの形態にて上映が決定。

2D(字幕、吹替)に加え、より作品への没入感を体感できる3D(吹替版)。

映像にあわせて立体的で奥行のある音響を楽しむことができるドルビーシネマ (3D字幕)。

通常のスクリーンよりも圧倒的に大きな画面で高画質な映像と、高い技術力を誇る音響が掛け合わされ、まるで目の前でバトルが繰り広げられているかのような没入感と、IMAXカメラで撮影されたシーンを最大26%増の映像世界で体感できるIMAX(3D字幕)。

映画のシーンにあわせて客席が動き、風やミストなど五感を刺激する特殊効果が繰り出される「体感型」シアターシステム4DX・MX4D(3D吹替)。

前方のスクリーンに加え、左右の壁にも映像が投影され、視界の限界を超える270°の世界が広がるSCREENX(2D字幕、吹替)。

さらに4DXとSCREENXが掛け合わされた究極の映画体験を堪能できる4DX Screen(2D字幕、吹替)のラージフォーマット含む全11Verで上映されます。

地上VS海底の、いまだかつてない大迫力の超絶バトルシーンを劇場ならではの多種多彩なラージフォーマットで何度でも楽しめます。

 

場面写真4点が公開

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

 

今回公開となったのは、そんな新ブラックパンサーの姿を捉えた場面写真等、計4点。

前作でティ・チャラとキルモンガーが身に着けていたブラックパンサースーツを掛け合わせたような、シルバーとゴールドが施されよりスタイリッシュで洗練された新しいスーツを纏う、次のブラックパンサーは一体誰なのか?

未だ正式な発表が無く、謎に包まれたままの新ブラックパンサーへの期待は膨らむばかり。

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』2

 

その他には、本作で重要な役どころになるであろうティ・チャラの妹で天才科学者のシュリや、ワカンダに迫る新たな脅威<海の帝国>を率いる謎の王 ネイモア。

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』3

 

予告編などにも登場した、ティ・チャラの葬儀らしき催しの様子を捉えたシーンなどが公開されました。

 

マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』4

 

“ブラックパンサー”藤岡弘、探検隊特別映像

 

 

2018年「ブラックパンサー」の公開時にSNS上でも多くの反響を集めた藤岡弘、探検隊の特別映像。

その続編となる本映像では、藤岡さんが自身の愛娘で女優の長女・天翔愛さん(てんしょう あい)、モデルの三女・藤岡舞衣さん(ふじおか まい)という親子3人での共演が実現!

藤岡舞衣さんは、本映像で女優デビューを飾ることとなりました。

映像では、天翔愛さん、藤岡舞衣さんの2人が、藤岡弘、さんから伝授されたキレのある見事な武術を披露するシーンや、今回の任務を通して成長を遂げる彼女たちの姿が切り取られています。

隊長・藤岡弘、さんのヒーローとしての“志”や、隊長として、どのような状況になろうともそのミッションをやり遂げるという“強い意志”が、彼女たちにも芽生えはじめ、藤岡弘、さんの熱い想いが受け継がれる様子が描かれています。

天翔愛さんは、今回の撮影を振り返り「ブラックパンサーの持つ勇気や圧倒的な強さ、そして、国を愛し命がけで守るワカンダ王国のチームワークを、隊長を中心に三人でイメージし、探検隊の撮影にのぞみました。」と、そのひたむきな想いを語ると、「映画と共に、ブラックパンサーの持つ力強いパワーやエネルギーを感じてもらえたら本望です。」とアピール。

本映像で初めて演技を披露することとなった藤岡舞衣さんは、「初めて演技に挑戦してみて、まだ自分の未熟さを感じると共に、表現する事の楽しさや面白さも感じ、これから頑張る原動力になり、とても勉強になりました。」と、初挑戦を終えた気持ちを語ると、「映像の中では、杖術という杖を使った古武道で、飛んできた矢を跳ね飛ばすシーンがあります!心を込めて、本気でやらせて頂きましたので、是非注目して見て頂けたらと思います!」と、本映像への自信ものぞかせます。

愛娘2人との撮影を終えた藤岡弘、さんは、「現実の厳しい世界情勢を想い起こし、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のストーリーを想像しながらの撮影」だったと振り返ると、「希望的で明るい将来を創造し、大海原を抱く岩岸に夕日が沈みゆく雄大な情景の中、未来を担う2人と共に、ワカンダ王国を想う感慨深い撮影となった、ありがとう!!」と、熱いコメントで締めくくりました。

 

終了しました:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』&『ブラックパンサー』期間限定トリビュート上映

 

期間:2022年10月28日(金)~11月3日(祝・木):『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
2022年11月4日(金)~11月10日(木) :『ブラックパンサー』

上映形態:2D字幕版

上映予定劇場:札幌シネマフロンティア(北海道)、MOVIX仙台(宮城県)、グランドシネマサンシャイン池袋(東京都)、ミッドランドスクエア シネマ(愛知)イオンシネマシアタス心斎橋(大阪府)、109シネマズ大阪エキスポシティ(大阪府)、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(福岡県)、熊本ピカデリー(熊本県)

本作の公開を記念し、ブラックパンサーが登場したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)2作品が、全国7都市8劇場で期間限定で特別上映されることが決定!

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ6
スパイダーマン&ブラックパンサー初登場!マーベル映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』作品紹介

続きを見る

今回上映されるのは、記念すべきブラックパンサーの登場作となった『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

ブラックパンサー2
漆黒のハイテクスーツで戦う国王ヒーロー!マーベル映画『ブラックパンサー』作品紹介

続きを見る

そして、世界中で社会現象となり、ヒーロー映画としては初のアカデミー賞?作品賞含む7部門にノミネート、3部門の受賞を果たす快挙を成し遂げた、前作『ブラックパンサー』

本作へと繋がる、ティ・チャラの成長とワカンダの歩みを振り返ることが出来るこの2作品を劇場の巨大スクリーンで見られる機会です。

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ワールドプレミア

 

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ワールドプレミア

 

開催日:2022年10月27日(木)[※現地時間10月26日(水)]

アメリカ・ロサンゼルスにて『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のワールドプレミアが開催されました。

前作で国王ティ・チャラ=ブラックパンサーを演じ、多くのファンやキャスト、スタッフに愛されたチャドウィック・ボーズマンは、2020年に病のため他界。

そのニュースは世界中を深い悲しみに包みましたが、チャドウィックの想いを受け継ぐという決意を胸に、スタッフ・キャストは一丸となって作品を完成させました。

超文明国ワカンダの技術開発を担うほどの天才科学者であり本作で重要な役を担うシュリ役のレティーシャ・ライトをはじめ、前作に引き続きワカンダを守る戦士オコエを演じるダナイ・グリラやティ・チャラの母でありワカンダの女王ラモンダ役のアンジェラ・バセット、ワカンダ史上最高のスパイのナキアを演じるアカデミー賞受賞経験のあるルピタ・ニョンゴ、今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に深く関わるであろう注目のキャラクター、アイアン・ハートことリリ・ウィリアムズ役のドミニク・ソーン、前作を手掛けアカデミー賞7部門にノミネートさせ一躍有名監督となったライアン・クーグラー監督など豪華メンバーが集結し、公開を待ち望むファンと共に特別な想いで作品の完成をお祝いしました。

プレミア会場の入り口には、まるで“ワカンダ”へ続く道を守っているかのようなワカンダの戦士ドーラ・ミラージュたちが登場!

“ブラックパンサー”と言えば紫のイメージということで、前作のプレミアに続きパープルカーペットが敷かれた会場には、会場には、4年ぶりの続編に心躍らせたファンが大勢集まり、中にはブラックパンサーやネイモア、ワカンダの戦士たち等作品に登場するキャラクターのコスチュームを着る熱狂的なファンの姿も。

そして、満を持して豪華キャスト陣が登場すると、大歓声がまきおこり会場のボルテージは最高潮に!

ブラックパンサーを想起させる黒くスタイリッシュなアレキサンダー・マックイーンの衣装で登場したティ・チャラの妹役を演じたレティーシャ・ライトは

 

「夢が実現したんです。コスプレをする人たちが集まって、とても興奮しているのが分かって、とても価値のあることでした」

 

と語りました。

さらにシルクの豪華な衣装で登場した監督のネックレスには亡きチャドウィックの姿も。

ダナイ・グリラとアンジェラ・バセットは高貴な紫のドレス、ルピタ・ニョンゴは白のドレスで登場しました。

 

『これからはじめて皆に見てもらうのでドキドキしてるから、チャドウィックのことばかり考えるよ。彼ならどう思うだろう?って。「どう思う?」と聞いてみたい。』

と監督が語るように、皆が主人公の不在という前代未聞の出来事を乗り越え完成を迎えられたことの喜び、そしてチャドウィックへの想いを語る場面も見られました。

プレミアにはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品で人気のシャンチー役のシム・リウなどマーベルの仲間たちも登場し、この日を迎えた一同に祝福の言葉をかけました

また、『ブラックパンサー』は音楽面でも評価が高く、本作でもどんなアーティストが参加するのかと注目されていましたが、本作のオリジナルサウンドトラックのリードシングルとしてリアーナが歌う「Lift Me Up」も発表されました。

開催されたワールドプレミアにはリアーナ本人も長い手袋がアクセントのグレーのスパンコールドレスを身に纏い、パープルカーペットに登場し、一段と大きな声援を浴びました。

 

全世界が熱い視線を注ぐ、制作陣&キャストの深い愛が詰まったワカンダの物語がついに開幕!

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、2022年11月11日(金)から日米同時公開です☆

 

©Marvel Studios 2022

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.