Disney+ (ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』生見愛瑠さんインタビュー

インタビュー エンタメ ディズニー番組情報

生見愛瑠さんが魅力を語る!Disney+ (ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』インタビュー

更新日:

2006年にディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーとして放送され、日本でも話題となった『ハイスクール・ミュージカル』

その最新ドラマシリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』がDisney+ (ディズニープラス)にて配信中。

 

生見愛瑠さま_アー写

 

今回はディズニー作品の大ファンであるモデルの生見愛瑠さんに、『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』最終話配信を記念して、Dtimesがインタビューさせていただきました☆

 

Disney+ (ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』生見愛瑠さんインタビュー

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』

© 2020 Disney

 

Disney+ (ディズニープラス)オリジナル作品『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』

舞台は『ハイスクール・ミュージカル』と同じくイースト高校。

おなじみのカフェテリアや講堂を舞台に、演劇部のメンバーが、あの「ハイスクール・ミュージカル」を新作ミュージカルとして企画していく熱いドラマがフレッシュなスターが中心となり描かれます。

 

Disney+ (ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』生見愛瑠さんインタビュー

© 2020 Disney

 

そんな『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』の最終話がついに配信され、第一話から最終話までのイッキミが可能に!

それにあわせ、ディズニー作品の大ファンであるモデルの生見愛瑠さんが魅力について語ってくださいました。

 

「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ

© 2020 Disney

 

『ハイスクール・ミュージカル』は2006年にディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーとして放送されたテレビ映画。

アメリカ合衆国の架空の高校・イースト高校を舞台にしたミュージカル映画で、日本でも一大ムーブメントを巻き起こした作品です。

生見さんと「ハイスクール・ミュージカル」シリーズとの出会いのきっかけは、周囲の方からのおすすめだったそう。

 

生見愛瑠さん:

周りの友達やマネージャーさんに勧められて見始めたのがきっかけです。

「ハイスクール・ミュージカル」はとにかくみんなが口を揃えて「面白い!」と言っていてずっと気になる作品だったんです。

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真

© 2020 Disney

 

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の『ハイスクール・ミュージカル』の最新ドラマシリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』

お仕事の合間や移動中に視聴しているという生見さん。

『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』は、一話が約30分で、いつでもどこでも楽しめるDisney+ (ディズニープラス)ならではの使い方で満喫しているそうです。

 

生見愛瑠さん:

同世代の「ニニ」や「リッキー」たちを見ながら、理想の学生時代や自分ができなかったことを想像しながら楽しんで見ています。

個人的に笑ってしまったのが、「ビッグ・レッド」が台本を読むシーン!

「リッキー」の友達の「ビッグ」が急遽演劇部の読み合わせに参加することになってしまうのですが、台本読み合わせのことを全く知らない「ビッグ」がひたすら棒読みで台本を読んでしまうんです。

演劇部の顧問の「ジェン先生」が“点とマルを意識して”と優しくアドバイスをすると、今度は声に出して「点」と「マル」を読んじゃって!

新幹線の中で見ていたのですが、思わず笑ってしまいました!

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 2

© 2020 Disney

 

演劇部を中心に物語が展開されていく『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』

物語はイースト高校で「ハイスクール・ミュージカル」を上演するにあたっての配役オーディションから幕を開けます。

ガブリエラ役を巡り主人公の「ニニ」と転校生の「ジーナ」が、トロイ役には「ニニ」の元カレの「リッキー」と今の彼氏の「EJ」がライバル関係となっています。

配役オーディションから始める物語に、芸能界で活躍している生見さんはすぐに感情移入してしまったと話します。

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 ジーナ

© 2020 Disney

 

生見愛瑠さん:

お仕事でオーディションを受けることもあり、最初のオーディションのシーンは見入ってしまいました。

転校生ながらガブリエラ役に絶対の自信を持っている「ジーナ」は、ダンスも歌も完璧なんです。

絶対に役を勝ち取るんだという姿勢は尊敬します。

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 ニニ

© 2020 Disney

 

オーディションのシーンといえば、「ニニ」が歌う「Start Of Something New(始まりの予感)」

衣装が赤いドレスに変わる演出があるのですが、そこでは鳥肌が立ちました!

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 ジェン先生

© 2020 Disney

 

憧れは演劇部の顧問の「ジェン先生」

みんなにハッピーを届けてくれる、いつも前向きな性格に憧れます。

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 ニニとリッキー

© 2020 Disney

 

生見愛瑠さんと同世代のメンバーが登場する『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』

「ニニ」が“自分を変えたい”と思ってガブリエラという主役を目指したり、恋や家庭のことで悩む姿はティーンが共感できるものばかり。

見始めると自分もメンバーの一員のように感情移入してしまいます。

 

Disney+(ディズニープラス)『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』場面写真 ニニ2

© 2020 Disney

 

生見愛瑠さん:

『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』を見始めてみて、みんながおすすめしてくれる理由がよくわかりました。

私もこのメンバーの中に入りたい!と思いながら見ています。

誰もが楽しめる作品だと思うし、青春時代を体験できる、そんな作品です。

登場人物のファッションやお部屋のインテリアもみんなかわいくてかっこいい。

こんなお部屋にしてみたいって、参考になります。

 

ファッションモデルならではの視点も交え見どころをお話してくださった生見さん。

気になる作品を気軽にチェックできるのも、定額制のDisney+ (ディズニープラス)だからできる楽しみかたのひとつです。

「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」はDisney+ (ディズニープラス)で配信中です。

ドラマシリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』
ドラマシリーズが日本上陸!Disney+(ディズニープラス)「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ

続きを見る

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.