オリジナルカレンダー

ディズニーグッズ 映画

何度も楽しみたいトリビアがいっぱい!ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX

更新日:

ディズニー最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEXのリリースと先行デジタル配信が決定!

「ディズニープリンセス」や、ディズニー/ピクサー『トイ・ストーリー』の「バズ・ライトイヤー」、「ベイマックス」など、多くのキャラクターのカメオ出演が楽しい『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEXが2019年4月24日(水)より発売されます☆

 

ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX

 

ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX 2

 

価格:MovieNEX 4,000円(税抜)4K UHD MovieNEX 7,800円(税抜)

発売日:2019年4月24日(水)、先行デジタル配信 2019年4月10日(水)

販売店舗:全国のDVD取扱店、Amazon楽天市場など

特典映像:未公開シーン、「メイキング・オブ『シュガー・ラッシュ:オンライン』」、イマジン・ドラゴンズのミュージックビデオ
※ MovieNEXのみ(デジタル配信(購入)にも一部収録)

初回版特典:アウターケース付き(両面仕様)※ MovieNEXのみ

先着購入特典:『シュガー・ラッシュ:オンライン』オリジナル・カレンダー

天才レーサーのヴァネロペと、ゲームの悪役だけど心優しいラルフがインターネットの世界で大冒険する『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEXのリリースと先行デジタル配信が決定!

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEX先着購入者には、『シュガー・ラッシュ:オンライン』オリジナル・カレンダーが特典としてプレゼントされます。

MovieNEXには未公開シーンをはじめ、「メイキング・オブ『シュガー・ラッシュ:オンライン』」や、エンドソングの「ゼロ」を担当したイマジン・ドラゴンズのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツが多数収録されています。

 

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』では、日常生活の中で、自由に調べたい事を検索したり、動画や音楽を楽しんだり、ショッピングをしたりと、現代に欠かせなくなっている“インターネット”が、本作ではわかりやすく表現されているのが特徴。

 

シュガー・ラッシュ:オンライン 場面カット1

 

例えば、インターネット世界そのものは、高層ビルがそびえ立つカラフルな巨大都市となっていて、古いウェブサイトのうえに、新しいウェブサイトが構築され、すべての建物が繋がっているようになっていたり、インターネット・ユーザーはアバター化され、WEBページを移動する事をカプセルのような乗り物に乗ることで表されています。

 

シュガー・ラッシュ:オンライン 場面カット2

 

制作スタッフは、実際のウェブサイトをグラフィックやフォントまで細かく研究し、Amazonや楽天など、現実のインターネットでもお馴染みのサイトのロゴを体現したり、Twitterを、アイコンの特徴を活かして、青い鳥がおしゃべりする仕様に作り上げました。

 

シュガー・ラッシュ:オンライン 場面カット3

 

また、多くの人が日常で使用している検索機能は、“ノウズモア”としてキャラクター化されていて、女の子が「バレエの…」と検索ワードを入力すると、ノウズモアが先回りして「バレエ教室?バレエシューズ?」と候補を挙げています。

ここまでわかりやすくインターネットの世界が描かれている作品は他にないのではないでしょうか。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEXアウターケース

 

また、MovieNEXの初回版は両面仕様の「ディズニープリンセス」も登場する素敵なアウターケースつきで見逃せません!

 

『シュガー・ラッシュ: 2ムービー・コレクション』

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』dijipack

 

 

価格:8,000円(税抜)

発売日:2019年4月24日(水)

『シュガー・ラッシュ』と『シュガー・ラッシュ:オンライン』をどちらも楽しめる、『シュガー・ラッシュ: 2ムービー・コレクション』も同時発売予定!

 

シュガー・ラッシュ: 2ムービー・コレクション2

 

『シュガー・ラッシュ』の世界にじっくり浸れる嬉しいコレクションです。

 

シュガー・ラッシュ: 2ムービー・コレクション3

 

先着購入特典 シュガー・ラッシュ:オンライン オリジナル・カレンダー

 

先着購入特典 シュガー・ラッシュ:オンライン オリジナル・カレンダー

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEXを購入すると、先着でオリジナル・カレンダーをプレゼント!

14種類のプリンセスのアートが楽しめます☆

 

先着購入特典 シュガー・ラッシュ:オンライン オリジナル・カレンダー2

 

サイズは210mm×148mm。

4月からの新生活のおともにおすすめです!

 

青山テルマさんが一日店長として登場

 

青山テルマさん 一日店長

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEXの発売日となる2019年4月24日、日本版エンドソング『In This Place~2 人のキズナ』を歌う青山テルマさんが、「『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念OH MY CAFE」の一日店長に就任!

店長らしく、エプロンを身につけて登場しました。

 

青山テルマさん 一日店長2

 

ピンクに包まれたかわいい空間が広がっている「『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念OH MY CAFE」

「ヴァネロペやラルフのぬぐるみがところどころに置いてあったりして、とてもかわいい!」と大興奮!

 

青山テルマさん 一日店長3

 

「『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念OH MY CAFE」で提供されているメニューは、おいしいだけでなく、ディズニー独自のフードガイドラインに沿って、カロリーや塩分などを設定した、お子様にも安心して食べていただけるメニュー。

 

青山テルマさん 一日店長4

 

おいしいメニューはもちろん、注文するとプレゼントされるかわいいコースターにも注目です!

 

青山テルマさん 一日店長5

 

また、この日は青山さんが日本版エンドソングを担当した『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEXの発売日。

手描きのPOPを作ってくださいました☆

 

青山テルマさん 一日店長6

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のMovieNEX、青山テルマさんのうたう日本版エンドソング「In This Place 〜2人のキズナ」のCDは、「『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念OH MY CAFE」でも販売されています。

ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね!

オリジナルメニュー
ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念カフェ!原宿・表参道「OH MY CAFE」

続きを見る

「『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念OH MY CAFE」についてはこちらで詳しく紹介しています☆

 

SHIBUYA TSUTAYA

 

“OH MY CAFE”のあとに青山さんが訪れたのは、SHIBUYA TSUTAYAのブルーレイ、DVD売り場。

制服姿でSHIBUYA TSUTAYA2階の『シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX』が売られているコーナーへ行くと、陳列棚を“【ミステリー★ミニ】『シュガー・ラッシュ:オンライン』シリーズ1”で飾り付けし、その場にいた来店客へ発売中のMovieNEXを紹介!

その近くで『シュガー・ラッシュ:オンライン』の宣伝用B2サイズポスターにサインを行いました。

 

HMV

 

次にHMV&BOOKS SHIBUYAのブルーレイ、DVD売り場へ移動した青山さん。

ポスターへのサインを行い、HMVの本物の店長へ笑顔で手渡すと、店長は嬉しそうに受け取りました。

普段見ることのできない、1日店長姿の青山さんに、TSUTAYAやHMVに訪れた方々は驚きと興奮で声を上げ、終始盛り上がった様子で幕を閉じました☆

 

日本版エンドソングを担当した青山テルマさんのインタビュー

 

 

「シュガー・ラッシュ:オンライン」の日本版エンドソング「In This Place ~2人のキズナ」を担当した青山テルマさん。

作品の魅力やトリビアについてお話してくださいました!

「シュガー・ラッシュ:オンライン」の感想について、「絵が本当にかわいい!アメリカンジョークも満載で、目でも耳でも心でも楽しめる一作でした」と声を弾ませる青山さん。

「インターネットの世界に飛び込むっていう設定が、これまでのディズニー作品にはない世界観なので面白かったです」とコメント。

自身が作詞も手掛けた日本版エンドソング「In This Place ~2人のキズナ」には、「大丈夫」や「君がいてくれたから」というフレーズも入っていて、自身の経験も踏まえつつ、ラルフとヴァネロペの友情をテーマに書いたと振り返ります。

「この作品を見て感じたことをより強く思ってもらえるように、この歌で少しでもお手伝いできたらと思いました」と想いを明かしてくださいました。

 

青山テルマさん

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のインターネットの世界には、ディズニープリンセスや、『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤー、ベイマックスをはじめ、様々なディズニーキャラクターのカメオ出演や小ネタが満載!

そんな『シュガー・ラッシュ:オンライン』のトリビアについては、「インターネットの世界に入った瞬間からいろんな仕掛けがあったので、何回も見て、いろんな発見をしたいですね」とコメント。

本編を見た際、トリビアに気付いたかを尋ねると、「好きなYouTuberのミランダ・シングスがカメオ出演していたのはわかりました!」と嬉しそうにお話してくださいました。

そして最後に、公式サイトで開催中の「みんなのトリビアキャンペーン」への応援も込めて、「トリビアやギミックなどの探し物をするのって、この『シュガー・ラッシュ:オンライン』ならではの楽しみ方だと思います。ぜひ何回も見て、トリビアを探しながら楽しんでもらえたら嬉しいです!」とメッセージを贈ってくださいました☆

青山テルマ ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』インタビュー
エンドソングの製作や作品の見どころも!青山テルマ ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』インタビュー

続きを見る

Dtimes編集部による青山テルマさんの単独インタビューはこちら!

 

トリビア紹介特別映像&リッチ・ムーア監督コメント

 

 

MovieNEXの発売決定を記念して、本編で登場するトリビアの一部を紹介した特別映像が解禁されました!

本作を手掛けたリッチ・ムーア監督からコメントも到着しています。

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』main

© 2019 Disney

 

注目は、「OH MY DISNEY」でヴァネロペが遭遇する、2018年に惜しまれながらこの世を去ったアメコミ界のレジェンド、スタン・リーのアバター。

これまでのマーベル作品に必ずと言っていいほどカメオ出演しているスタン・リーが、なんと、ディズニー作品である本作にも出演!

リッチ・ムーア監督は、スタン・リーのカメオ出演について、「この映画のプロモーションで訪れた世界中のどこでも、みんながスタン・リーのカメオ出演を喜んでいた。彼はとても愛されている人だよ。実に多くの人々に影響を与えた彼のレガシーを作品に加えることが出来たのは、本当に喜びだったよ」とコメントしています。

その他にもトリビア満載の『シュガー・ラッシュ:オンライン』、MovieNEXやデジタル配信で見返しながら探せば楽しさ倍増です。

 

山寺宏一さん、青山テルマさんがとっておきのトリビアを披露!

 

フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート

©Disney

 

4月7日(日)に開催された豪華アーティスト共演の夢のコンサート 「フレンズ・オブ・ディズニー・コンサート」

 

山寺宏一さんと青山テルマさん

©Disney

 

ゲストアーティストの山寺宏一さんと青山テルマさんが、トークセッションで『シュガー・ラッシュ:オンライン』のお気に入りのトリビアを発表しました。

ラルフの日本語版ボイスキャストを担当した山寺は、ラルフとヴァネロペがオークションサイト“イーベイ”に行ったシーンを挙げて、

このオークションサイトには、『アラジン』の魔法ランプ、『塔の上のラプンツェル』に出てくるユニコーン、ラプンツェルが持っていたフライパンまで売られているんですよ!

これは本編を見ていても、なかなか気づかないですよね。

ブルーレイで何度も見てみないと!」

と、主役の「ラルフ」を演じた山寺さんならではの細かなトリビアを解説。

 

ディズニープリンセス大集合のシーン

©Disney ©Disney/Pixar

 

日本版エンドソングを担当した青山テルマさんは、アメリカで人気のYouTuberが出ている事を挙げつつ、ディズニープリンセス大集合のシーンがお気に入り。

「ディズニープリンセスが普段着で集まっているんですけど、白雪姫が着ているTシャツには“Poison”とか、『アナと雪の女王』のエルサのセーターには、「Just Let It Go」の文字が描かれているんですよね!」

と、笑顔で見つけたトリビアをお話してくれました。

 

 

 

ラプンツェル役日本語吹替え版ボイスキャストの中川翔子さんのインタビュー

 

 

14人のプリンセスの夢の共演が話題となった『シュガー・ラッシュ:オンライン』

ラプンツェル役日本語吹替え版ボイスキャストの中川翔子さんからコメントが到着しました☆

 

中川翔子さん

 

前作『シュガー・ラッシュ』も映画館で3回見たという中川翔子さん。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』を見た感想については、「ヴァネロペにもう一回会えたのも嬉しかったのですが、何と言ってもプリンセス大集合のシーン!もうドキドキして感動して、楽しいシーンなのにちょっと泣けちゃった自分がいました」と興奮冷めやらぬ様子。

ラプンツェルを再び演じた中川さんに、ラプンツェルに対する想いを尋ねると、「ラプンツェルのアフレコをした8年前から、『いつも心にラプンツェルを』と心の中で唱え続けてきたんです」と答えてくださいました。

ラプンツェルを演じることで、新しいことに対する恐怖や不安もなくなり、実際にやってみるとより楽しくなることを学び、まさに一心同体の8年間を過ごしてきたそう。

印象に残ったシーンは、プリンセスがみんなで協力してラルフを助けるシーンを挙げ、「それぞれの能力を活かして、『こうしよう』って喋るよりも速くみんなで助け合うっていう、もう感動しちゃうますよね。鳥肌が立ったシーンでした」と14人のプリンセスの夢の共演シーンを振り返ります。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』には、ディズニーキャラクターだけでなく、「スター・ウォーズ」シリーズやマーベルのキャラクターがカメオ出演していることでも話題に。

スター・ウォーズもマーベルも大好きだという中川さんは、レイ、マイティ・ソーのハンマー、アイアンマンの登場などに驚いたそう!

1回見ただけでは見つけられなかったと話し、「ものすごく手の込んだスタッフさんのイタズラを探すの快感です!」と声を弾ませました。

そして最後に、公式サイトで開催中の「みんなのトリビアキャンペーン」への応援も込めて、「『シュガー・ラッシュ:オンライン』にはまだまだ果てしないほどにトリビアが隠されているそうなんです!ぜひもう1回と言わず、何十回も見て、そして発見したトリビアを投稿してみてください!」とメッセージを贈ってくださいました☆

 

ディズニー・アニメーターのアミ・トンプソンさんのインタビュー

 

ディズニー・アニメーターのアミ・トンプソンさん

 

スタジオジブリでインターンシップを経験したこともある、大阪出身で母親が日本人のトンプソンさん。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』で歴代プリンセスが大集合したシーンのアートディレクター/キャラクターを担当されました。

「私がアートディレクターを務めるのは今作が初めてとなり、素敵な経験に興奮しました」と語るトンプソンさんは、「私が担当したプリンセスのシーンのデザインを、オリジナルの監督やスタッフがみな気に入ってくれたんです。私はどう思われるか不安だったのですが、会社全体で応援してくれた感じがして嬉しかったですね」と振り返ります。

2014年、『モアナと伝説の海』の製作中から、監督と脚本家がディズニープリンセスについて話し合いをしたときに「ヴァネロペがプリンセスになってもいいんじゃない?」というアイデアが生まれたのがこのシーンのきっかけだと話します。

ラルフとヴァネロペがインターネット世界で冒険するというストーリーになってから、プリンセスは一体何人いて、そのなかで何人が誘拐されたのかなど、細かいリサーチが始まり、そこからプリンセス大集合の案を実体化。

ただし、このシーンが実現するかどうかは別問題で、監督も「果たしてやらせてもらえるのかな……」というのが一言目だったのだそう。

 

プリンセス登場シーン

 

全部で14人のプリンセスが登場するシーン。

トンプソンさんが最も苦労したのは、「みんなが同じ世界にいるように見えなければいけない」ことだったと話します。

白雪姫、オーロラ、アリエルなどはもともと2Dのキャラクターですが、『シュガー・ラッシュ:オンライン』では彼女らも3Dのキャラクターにしなければなりませんでした。

そこで、トンプソンさんらは、インターネット世界独特の<OH MY DISNEY>バージョンのプリンセスたちを作り上げました。

 

ディズニープリンセスとヴァネロペ

 

このシーンにおいてさらに特徴的なのは、カジュアルな衣装を身にまとったプリンセスたち。

トンプソンさんは、「これはまさに私たちが関わった、最もユニークなプロジェクトで、私たちの好奇心を掻き立ててくれました」と笑顔で振り返ります。

プリンセスたちが着ている服をよーく見ると、それぞれのプリンセスならではのデザインが施されているのです。

たとえば白雪姫のTシャツには毒リンゴが描かれていたり、エルサのTシャツには「JUST LET IT GO」という文字が!

さらに、トンプソンさんにこのシーンに隠されたトリビアを尋ねると、「全員に各々の席と鏡等があって、間近で見られるようになっています。鏡台には、それぞれのプリンセスの物語や映画に出てきたいろいろな物が置いてあるんです」と貴重な情報も明かしてくださいました☆

ぜひMovieNEXでチェックしてみてくださいね!

 

ViVi専属モデル 藤井サチさんが監督インタビューに挑戦

 

ViVi専属モデル 藤井サチさん

 

ViViの専属モデルでInstagramのフォロワー数は25万人越え、TOKYO MX2「東京電波女子!」ではMCを務める大人気モデルの藤井サチさんが、本作で監督を務めたリッチ・ムーア&フィル・ジョンストンへのインタビューに初挑戦!

『シュガー・ラッシュ:オンライン』のインターネットの世界には、ディズニープリンセスをはじめ、『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤー、ベイマックスなど、様々なディズニーキャラクターのカメオ出演や小ネタが満載!

「スター・ウォーズ」や「マーベル」のキャラクター、『ズートピア』のニック等、他の映画のキャラクターたちが登場することにすごくワクワクしたという藤井さん。

ジョンストン氏にお気に入りの場面を聞くと、「ヴァネロペが体操選手のようにR2-D2を飛び越えるシーン」と回答。

ムーア氏は「この作品にはどの映画よりもたくさんのイースター・エッグが隠されている。フィルと私は全部のイースター・エッグを把握できていないと思うよ」と、笑いながら答えました。

藤井さんは、作中で、ラルフが自分に対するコメントを見て悲しい思いをするシーンにSNS世代として共感したといい、そういったコメントにどう向き合うべきなのかアドバイスを求めたところ、

ムーア氏は「これは世代に関係なく、自分が好きなことについて批判的な発言をされた時、どんな気持ちになるかはみんなが理解できると思う」と言い、「自分の好きなことを追求している人は、みんなにも理解してほしいと願っている。ただ、それを理解できない人もいるし、なぜだか、攻撃してくる人もいるんだ。でも、誰に何を言われようと、好きなことをやめる必要はない。本作では、イエスがラルフに『これはあなたの問題じゃない。彼らの問題よ』と言うけど、私も心からそう思うよ。誰にも、あなたが好きなことを止める権利はないのだから、誰かが悪口を言っても気にすることはないし、悪口を言う人に影響されることはないんだ」と自論を展開。

藤井さんも「私もそう思います。たくさんの人々がこの映画を観て、監督と同じように考えてくれることを願います」と、素直な気持ちを表しました。

また、夢に向かって頑張っている人たちに向けて、ジョンストンは「ヴァネロペの物語は、夢を追いかけるたくさんの人々にとって普遍的な物語だと思う。他と違ったり友達に賛成してもらえないような夢を叶えようと思っているなら、まずは挑戦してみてほしいと僕は言いたい。夢を叶えるためには、自分の心の声を聴いて、自らの情熱に従うことが大事だと思う」と熱いメッセージを贈ってくださいました。

インタビューを終えた藤井さんは、「ヴァネロペが夢を叶えようとする姿に私もモデルとして刺激されました。私も諦めずに夢を追うべきだと心から感じました」と感想を述べ、さらに「まさにいまのネット社会を反映させている映画で、見ていてワクワクする作品でした!宝探しのような感覚で、何度見ても面白いと思います!」と作品の見どころをお話してくださいました。

 

ラルフ役日本語版ボイスキャスト山寺宏一さんからコメントが到着!

 

 

ラルフとヴァネロペの友情を描いた、感動のラストシーンの制作秘話を、監督やスタッフが語るボーナス映像を公開!

ラルフ役日本語版ボイスキャストを務めた山寺宏一さんからのメッセージつきです。

山寺さんは、「この作品は、プリンセスをはじめ、ディズニーのキャラクターがいっぱい出てくるという、トリビアもいっぱいあります!見どころたくさん!そして何と言っても、ラルフとヴァネロペの友情が感動的なんです。最高の作品です!」と本作の魅力を解説。

山寺さんも感動したシーンが、ラルフとヴァネロペがそれぞれの道に向かって歩き出すことを決意するラストシーン。

新しい世界“インターネット”に飛び込んだ二人だが、最後にヴァネロペはインターネットの世界に残ることを決意し、アーケードゲームの世界に帰るラルフに別れを告げることに。

監督を務めたフィル・ジョンストンは、「このシーンは見るたびに胸が詰まる。この作品はコメディーだけど、最後に生まれるこの感情が一番の誇りだ」とコメントし、制作スタッフたちも“真の友情はどんな変化にも耐えられる”、“いつも一緒”だと、二人の変わらぬ友情について語ります。

二人が前よりもっといい関係になった事を感じるからこそ、「行けよ、世界が待ってる」というラルフの言葉と、離れがたい二人の“バイバイ”を見るだけで涙がこみ上げてきそうな感動のシーンとなっています!

 

みんなのトリビアキャンペーン

 

オリジナルカレンダー

 

開催期間:2019年3月31日(日)まで

キャンペーン概要:ハッシュタグ<#シュガラキャンペーン><#みんなのトリビア>をつけて、見つけたトリビアや、お気に入りの小ネタをツイート、投稿者の中から抽選で合計50名様に豪華賞品がプレゼントされます

『シュガー・ラッシュ:オンライン』に登場するトリビアや、お気に入りの小ネタをツイートする、「みんなのトリビアキャンペーン」が公式サイトで開催中です!

ハッシュタグ、「#シュガラキャンペーン」、「#みんなのトリビア」をつけて、トリビアや小ネタをツイートし、みんなでシェアして楽しむことができるキャンペーンです。

 

 

監督やアニメーターが、ウェブサイト<OH MY DISNEY>についてお気に入りのトリビアを紹介する動画が解禁されました!

監督のフィル・ジョンストンが、「何も隠されていないシーンは1つもないと思うよ」と自信にあふれた声で語る通り、映像を見ただけでもマーベルのアイアンマン、「スター・ウォーズ」のR2-D2やストームトルーパー、『ズートピア』のニックなど、多数のキャラクターを発見できます。

だが、アニメーターたちのお気に入りはさらに奥深く、“ファンタジア”の魔法使い姿のミッキーマウスや、短編アニメーションに度々登場するクマ、ハンフリーがなんとゴミ拾いをしているのだそう。

なかなか難易度の高いトリビア、気づきましたか?

 

スープの歌

 

また、ヴァネロペがストームトルーパーから逃げるために入り込んだ場所で出会う『白雪姫』のおこりんぼは、スープを飲んでいますが、これはなんと『白雪姫』の本編でカットされた未公開シーン、“スープの歌”のオマージュ!

“スープの歌”は、発売中の『白雪姫 MovieNEX』のボーナス・コンテンツに、未公開シーン「ミュージック・イン・ユア・スープ」として収録されているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売決定イベント

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売決定イベント

 

開催日:2019年3月12日

『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEXの発売決定を記念したイベントが開催されました。

ファン30名が参加したスペシャルイベント。

 

木下優樹菜さん

 

ゲストとして、木下優樹菜さん、

 

鈴木より子、すずきまゆみ1

 

ディズニー映画『シンデレラ』のディズニープリンセス「シンデレラ」の声優をつとめる鈴木より子さん、『リトル・マーメイド』のディズニープリンセス「アリエル」や、『眠れる森の美女』のディズニープリンセス「オーロラ姫」、『ムーラン』の主人公「ムーラン」など、数多くのディズニーヒロインをつとめるすずきまゆみさんが登場!

 

よしひろまさみちさん

 

 

映画評論家のよしひろまさみちさんが軽妙なトークでMCをつとめ、

 

ファンと一緒にトリビア探し

 

「ファンと一緒にトリビア探し」をクイズ形式で実施!

 

ファンと一緒にトリビア探し 木下優樹菜さん

 

映画中のトリビアをクイズ形式で出題。

 

ファンと一緒にトリビア探し 鈴木よりこ、すずきまゆみ

 

全5問のクイズにチャレンジしました☆

 

木下優樹菜、鈴木よりこ、すずきまゆみ

 

ヴァネロペとラルフがレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の危機を救うため、インターネットの世界に飛び込み、「ストームトルーパー」や、マーベルのキャラクターたちにも出会いながら大冒険!

多くのディズニーキャラクターがカメオ出演する『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEXは2019年4月24日(水)より全国のDVD取扱店、全国のDVD取扱店、Amazon楽天市場などで発売です!

オリジナルメニュー
ディズニー『シュガー・ラッシュ:オンライン』MovieNEX発売記念カフェ!原宿・表参道「OH MY CAFE」

続きを見る

© 2019 Disney

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.