四天王寺大学第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテスト

未分類

南河内で採れた野菜を使用!四天王寺大学 第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテスト

投稿日:2023年2月9日 更新日:

四天王寺大学にて、第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテストが開催されました。

今回のコンテストでは、1次の書類選考を通過した四天王寺大学の学生4チームが、茄子や、えび芋、小松菜など、南河内で採れた野菜を使ったレシピを考案しました☆

 

四天王寺大学 第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテスト

 

 

四天王寺大学は、第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテストを2023年2月3日(金)に開催しました。

四天王寺大学と産学協定を結ぶJA大阪南とのコラボで実施しているこのコンテストは、地元農産物の消費拡大や地域農業への理解を促進することが目的です。

冒頭のご挨拶で、JA大阪南の「内本直哉」組合長は、

「世界人口の急増や、ウクライナ情勢などの影響で日本の食糧調達は今後厳しさを増してくるかもしれません。

日本は食糧自給率が低いため、地域農業を応援していくことは大変重要です」

と、コンテスト開催の意義を強調されました。

今回のコンテストでは、1次の書類選考を通過した四天王寺大学の学生4チームが、茄子や、えび芋、小松菜など、南河内で採れた野菜を使ったレシピを考案しました。

 

 

最優秀賞は「麻婆茄子バーガー」に決定。

「麻婆茄子バーガー」を考案したチーム「永田シスターズ」は、

「最優秀賞に選ばれ大変うれしい。

このレシピは、まるごと茄子が1本入ったボリューミーでジューシーなハンバーガーです。

ピリ辛麻婆ダレと茄子フライがマッチしていて最高に美味しいです」

との喜びの感想が。

試食した審査員からは「麻婆茄子バーガーは見た目のインパクトがすごい」「揚げているのに脂っこさがなく食べやすかった」「味のバランスがいい」など、全員が高評価のコメントでした。

この他にも「JA大阪南賞」1作品、「あすかてくるで賞」2作品が各チームに贈られました。

受賞したレシピは、JA大阪南の広報誌やホームページ等での掲載、農産物直売所「あすかてくるで」での販売も予定されています。

 

南河内で採れた野菜を使ったレシピのコンテスト。

四天王寺大学にて行われた、第4回「食べて応援・作って応援」レシピコンテストの紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.