ホテル情報

京町家みたいなホテル!京都・中京区「Rinn 四季十楽(りん しきじゅうらく)」

投稿日:

2022年12月21日に、京都の名宿「四季十楽」がリブランドオープン!

京町家の歴史とホテルの快適さが融合した、新しい宿泊施設が登場します☆

 

京都・中京区「Rinn 四季十楽(りん しきじゅうらく)」

 

 

オープン日:2022年12月21日(水)

所在地:京都府京都市上京区近衛町165

アクセス:京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口より徒歩12分

客室数:10室

 

京阪電鉄不動産とレアルが共同事業として、10軒の京町家を改装した先鋭的な名宿として知られる「四季十楽」をレアルが運営するRinnブランドの町家型ホテルにリブランドオープン。

築約100年の歴史やこれまで関わった方々の想いを受け継ぎながら、京町家の歴史とホテルの快適さを兼ね備えた宿泊施設として次の時代へ繋ぎます。

再出発する「Rinn四季十楽」は、レアルが運営するホテルブランド「Rinn」の最上位の京町家ホテルとしてリブランディング。

 

 

京町家が持つ風情や歴史を重んじつつも、レアルが持つホテル運営ノウハウを投入する事により、ホテルにとっての最も大事な要素である「comfort(快適さ)」と日常から離れた時別な時間や体験「unusual(非日常性)」を大きく強化し、京町家が持つ風情や歴史とホテルライクなサービスを両立した宿泊施設として生まれ変わります。

 

 

10軒の町家からなる「Rinn 四季十楽(りん しきじゅうらく)」は、ホテルでありながらそれぞれが独立した京町家でもあり、「十室の愉しみ」をコンセプトに、全室が異なる設えとなっています。

 

 

「Rinn四季十楽」の象徴ともいえる真っ赤に染められたサロンには、ライブラリーを新設。

また朝食時間からバータイムまでその時間に合わせた様々なドリンクやフードを用意し、宿泊者はそれらを無料で自由に楽しめます。

 

 

庭を眺めながらゆっくりと非日常の時間を過ごしながら、宿泊者同士の交流も深まるような仕掛けも展開していきます。

 

 

また、客室内で使用するリネン類の一部に、クレサヴァが展開する「和紙繊維を利用したリネン」を、ホテルでは世界で初めて使用(2023年1月導入予定)。

この和紙繊維は最終的には全て「土に還す」ことができる循環型(サーキュラーファーム)のリネンです。

その他のアメニティ類もSDGsに対応したものを中心に揃え、京町家を改装して宿に生まれ変わらせるという「Rinn四季十楽」のサステナブルな発想を更に推し進め、経済的価値と社会的価値の両立を果たしていきます。

 

京町家とホテルが融合した宿泊施設。

京都・中京区「Rinn 四季十楽(りん しきじゅうらく)」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.