イベント情報 映画

監督たちのゲストトークも!京都文化博物館「第14回京都ヒストリカ国際映画祭」

投稿日:

2022年10月29日から11月6日まで、京都文化博物館にて、第14回京都ヒストリカ国際映画祭を開催!

歴史映画・時代劇にフォーカスにした世界で唯一の国際映画祭です。

 

京都文化博物館「第14回京都ヒストリカ国際映画祭」

 

 

料金:有料(上映作品により変動)

開催期間:2022年10月29日(土)~11月6日(日)※2022年10月31日(月)休館

開催場所:
シアター上映 京都文化博物館3F フィルムシアター
オンライン上映 動画配信サービス MIRAIL(ミレール)

前売券販売:2022年10月8日(土)よりチケットぴあにて販売

 

京都文化博物館にて、第14回京都ヒストリカ国際映画祭を開催!

撮影所の都より贈る、世界中の「時代劇」と京都の“今”が出会う映画祭、ヒストリカ。

京都ヒストリカ国際映画祭は、日本と世界の歴史映画・時代劇のための映画祭で、今回で14回目の開催となります。

京都は東映、松竹の撮影所があり、「時代劇」と呼ばれる映画やドラマ作品を生み出し続けています。

その時代劇の「現場」を知る者たちによって、古き良きものを伝え、新しいものを創る場を作る試みとして生まれたのが本映画祭。

今回も、海外からの招待作品、京都の撮影所が愛し、愛され本年1月に旅立たれた井上昭監督の追悼企画、生誕100年を記念してのイタリアの巨匠、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督作品、「beyond reality 空想時代劇」と銘打った特集上映や交流企画など、多彩なゲストを迎え、多くのプログラムを用意。

またカンヌで騒然となった話題作『ロボコップ』『エル』のポール・ヴァーホーベン監督の新作『ベネデッタ』などの日本初上映作品4本を上映します。

そして小泉堯史監督、三池崇史監督など豪華なゲストも登壇。

全ての上映にゲストトークがあります。

歴代の空想時代劇総力特集も公開。

さらに、ざっくばらんに映画祭を楽しむ「夜のヒストリカ」は、多彩なゲストを迎えて開催します!

 

歴史映画や時代劇をメインに、様々なゲストを迎えて楽しむ映画祭。

京都文化博物館「第14回京都ヒストリカ国際映画祭」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.