ホテル情報

アナログを楽しめる幻想的な空間!神奈川・湯河原『文学温泉旅館「夢十夜」』

投稿日:

神奈川・湯河原にて、夢をコンセプトにした文学温泉旅館「夢十夜」がオープン!

コロナ禍で廃業した老舗旅館がリブランドされ誕生しました☆

 

神奈川・湯河原『文学温泉旅館「夢十夜」』

 

 

オープン日:2022年10月1日(土)

所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上535

 

神奈川・湯河原にて、夢をコンセプトにした文学温泉旅館「夢十夜」がオープン!

湯河原町は、夏目漱石、芥川龍之介、与謝野晶子、谷崎潤一郎など、日本を代表する文人たちがこぞって荷をおろし、執筆や療養の時間を過ごした場所。

旅館名「夢十夜」の由来は、夏目漱石の10の不思議な夢を綴った短編集「夢十夜」に由来しています。

館内はセレクトされた逸品が並ぶ不思議な商店や、鏡のレストランでは甘い夢を見るデザート、どこか懐かしい空間と夢に浸れる温泉、壁から溢れでる本。

館内にはいたるところに3,500冊を超える本がならび、各所に文学が溢れています。

時間を忘れ夢に浸り、どこまでが現実でどこまでが夢なのか。

今まで誰も体験したことが無い、湯河原の魅力を感じられる新しい温泉旅館が「夢十夜」から始まります。

 

 

お部屋はスイートルーム、コンセプトルーム、コーナールーム、スタンダードルームと4つのタイプの計19室。

本を主役にした部屋は、テレビの代わりに100冊の本やハンモック、コーヒーミル等があり、古さと新しさを融合した不思議な空間になっています。

デジタルが溢れている時代に、アナログを懐かしみ、ゆったり楽しむ時間を過ごせます。

 

 

レストラン燭(しょく)は、鏡の空間が無限に広がる世界。

入り口を入ると「ベストセラー作鹿」(鹿)がゲストをお出迎えします。

天井から降り注ぐ本のランプは、まるで夢の世界に来たような空間を演出。

提供する料理は、フランスでの料理経験を持つ総料理長の高野氏が、地元の生産者を巡りこだわり抜いた食材や全国の旬の食材を集め、イノベーティブフュージョンで楽しませます。

甘いクリームとメープルシロップに合うポップオーバーやフォカッチャのおかわりは自由!

お腹も心も満たされる時間を満喫できます。

 

 

夏目漱石の小説「明暗」の舞台となった湯河原。

2つの浴場は「明湯」「暗湯」と名付けられ、異なる表情を見せます。

壁面には夢の映像を投影し、入浴中も夢の中に居るようなひとときを過ごせます。

「明湯」はパステルカラーのタイルや、鮮やかなステンドグラスをあしらった空間。

 

 

「暗湯」はモノトーンの落ち着きのある空間です。

フリータイム(男女入れ替え)と貸切タイム(50分)で利用可能です。

 

 

「夢十夜」のライブラリーは、「白夜夢」と名付けられました。

白夜とは目を覚ましたまま幻想にふけること。

このエリアには文学、漫画、雑誌、写真集など300冊の本が並び、ベッドが用意されています。

体を横にしながら、本の旅を楽しめる空間となっています。

その他にもパブリックエリアの各所に、フォトジェニックスポットや幻想的な演出が点在しています。

 

日本の文学をテーマにした旅館。

文学温泉旅館「夢十夜」の紹介でした☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.