ルーカスフィルム 映画作品・シリーズ作品 今後のラインナップ発表

エンタメ スター・ウォーズ 映画

実写『アソーカ(原題)』や『マンダロリアン』シーズン3も!ルーカスフィルム 映画作品・シリーズ作品ラインナップ

投稿日:2022年9月12日 更新日:

ルーカスフィルムが究極のディズニーファンイベント「D23 Expo」で今後の映画作品とシリーズ作品を披露。

劇場公開作品とディズニープラスの作品タイトルの最新情報などが発表されました。

 

ルーカスフィルム 映画作品・シリーズ作品 今後のラインナップ発表

 

ルーカスフィルム 映画作品・シリーズ作品 今後のラインナップ発表

キャスリーン・ケネディ(プレジデント、ルーカスフィルム)とデイヴ・フィローニ(エグゼクティブ・プロデューサー)

 

ルーカスフィルムのプレジデント、キャスリーン・ケネディは「D23 Expo」で今後の素晴らしいラインナップを紹介しました。

ケネディは、「ご覧の通り、ルーカスフィルムからは、非常に多くの新しいスター・ウォーズの物語が生み出されます。これらのチームがディズニープラスにもたらす品質、創造性、そして多様性は本当に素晴らしく、皆さんにそれぞれの作品を体験していただくのが待ちきれません。」と話しました。

 

『スター・ウォーズ:キャシアン・アンドー』

 

公開日:2022年9月21日よりディズニープラスで独占配信

 

まずは、『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』の中心人物の一人が登場する全12話のスパイ・スリラー『スター・ウォーズ:キャシアン・アンドー』

ケネディは、主演のジェネヴィーヴ・オライリー、カイル・ソーラー、アドリア・アルホナ、そしてキャシアン・アンドーことディエゴ・ルナをステージに迎え、彼らのキャラクターポスターが初披露されました。

また、全12話にわたって撮影されたスパイ・スリラーの最終予告編が上映されたことも、大きな話題となりました。

『キャシアン・アンドー』で描かれる時代(「ローグ・ワン」の5年前)は、危険、欺瞞、陰謀に満ちており、キャシアンは反乱軍のヒーローになる運命の道を歩み始めることになります。

『キャシアン・アンドー』は、スター・ウォーズを異なる視点から描いており、帝国の影響を受ける一般の人々に焦点を当てています。

彼らが下す決断は重要な結果をもたらし、彼らと銀河系にとってのリスクは非常に高くなります。

このシリーズには、ステラン・スカルスガルド、フォレスト・ウィテカー、デニース・ゴフ、フィオナ・ショウ、フェイ・マルセイも出演しています。

トビー・ヘインズ、スザンナ・ホワイト、ベンジャミン・キャロンがいくつかの回を監督し、キャスリーン・ケネディ、トニー・ギルロイ、サンネ・ウォーレンバーグ、ディエゴ・ルナ、ミシェル・レジュワンがエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。

トニー・ギルロイは、クリエイター兼ショーランナーでもあります。

映画のようなセットを背景に撮影されたアクション、アドベンチャー、サスペンスで、シーズン1の初回3話は、2022年9月21日よりディズニープラスで独占配信されます。

反乱軍の起源を描く!ディズニープラス スター・ウォーズオリジナルドラマシリーズ『キャシアン・アンドー』作品紹介

続きを見る

 

『ウィロー』

 

公開日:2022年11月30日よりディズニープラスで独占配信

ケネディは、1988年にジョージ・ルーカスとロン・ハワードによって創り出された、魔法の旅の次のステップとなる実写版冒険ファンタジー・シリーズ『ウィロー』(ルーカスフィルムとイマジン・エンターテインメント)の世界について振り返りました。

ケネディは、ワーウィック・デイヴィス(ウィロー・アフグッド役)を紹介し、デイヴィスは、アンドウィーンに戻ることへの興奮を語りました。

その後、シリーズのスターであるジョアンヌ・ウォーリー(ソーシャ役)、ルビー・クルス(キット役)、エリン・ケリーマン(ジェイド役)、エリー・バンバー(ダヴ役)、デンプシー・ブリック(エアーク役)、アマール・チャダ・パテル(ブールマン役)、トニー・リボロリ(グレイドン役)がステージに加わりました。

さらに、クリスチャン・スレイターもアンサンブルキャストの一員としてステージに登場し、ファンを驚かせました。

さらに、新予告編が公開されると、会場は再び興奮の渦に。

ブラウニー、ソーサラー、トロールなど神秘的な生き物が活躍する魔法の世界を舞台にした『ウィロー』は、思いがけなくヒーローになったウィローと仲間たちが危険な冒険に乗り出し、内なる悪魔と向き合い、世界を救うために団結する物語です。

現代的な感性で描かれ、ユーモア、ハート、エネルギー、活気に満ちた壮大な冒険ファンタジーである『ウィロー』は、2022年11月30日よりディズニープラスで独占配信されます。

 

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』

 

公開日:2023年1月4日からディズニープラスで配信開始

フィローニは、16話からなるアニメーションシリーズ『スター・ウォーズ バッド・バッチ』のセカンドシーズンから新しい画像を披露しました。

カミーノでの出来事から月日が経ち、バッド・バッチは共和国崩壊後の帝国をナビゲートする旅を続けています。

彼らは、新旧の友人や敵と交わりながら、予想外の危険な新天地でスリリングな任務に挑みます。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、ディー・ブラッドリー・ベイカーとミシェル・アングが声を担当し、フィローニ、キャリー・ベック、アシーナ・ポルティーヨ、ブラッド・ラウ、ジェニファー・コーベットがエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

また、ラウが監督を、コルベットが脚本長を務めます。

このシリーズは、2023年1月4日からディズニープラスで配信開始し、配信初日は2話を配信する予定との発表もされました。

 

『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ』

 

公開日:2022年10月26日にディズニープラスで配信

フィローニは、続いて、プリクエル時代のジェダイを題材にした、6つの全く新しい短編アニメーション作品『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ』を紹介します。

アソーカ・タノとドゥークーという全く異なる2人が、ジェダイとして、それぞれの運命を決定づける選択をすることになります。

会場のファンのために、フィローニはこのシリーズの公式予告を公開し、全6話の短編が2022年10月26日にディズニープラスで配信されることを発表しました。

このシリーズは、デイヴ・フィローニがエグゼクティブ・プロデューサーとして制作を務め、キャリー・ベックとアシーナ・ポルティーヨもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加します。

 

『アソーカ(原題)』

 

公開日:2023年にディズニープラスで独占配信予定

フィローニは、2008年にアニメーションシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』でデビューして以来、『マンダロリアン』で実写版デビューを果たしたアソーカというキャラクターが、彼にとっていかに重要な存在であるかを語っています。

『アソーカ(原題)』は、ロザリオ・ドーソンを主演に迎え、ディズニープラスで配信される新しい実写シリーズです。

共同プロデューサーで、エグゼクティブ・プロデューサーのジョン・ファヴローがステージに加わり、フィローニと共に、このプロジェクトについて り、ファーストルックの画像をファンに披露しました。

帝国崩壊後を舞台にした『アソーカ(原題)』は、元ジェダイのアソーカ・タノが、脆弱な銀河系に浮上した脅威を調査する様子を描きます。

新シリーズは2023年にディズニープラスで独占配信される予定です。

製作総指揮は、フィローニ、ファヴロー、ケネディ、コリン・ウィルソン、キャリー・ベック、共同プロデューサーにカレン・ギルクリストを迎えます。

 

『STAR WARS: SKELETON CREW(原題)』

 

ファヴローとフィローニに加え、『STAR WARS: SKELETON CREW(原題)』のクリエイターであるジョン・ワッツとクリストファー・フォードが登場し、ディズニープラスで近日公開される同シリーズについて語りました。

『STAR WARS: SKELETON CREW(原題)』は、広大な 銀河の中で迷子になった4人の子供たちが、家に帰る方法を探すという物語です。

主演のジュ ード・ロウがファンへの挨拶に登場すると、拍手が沸き起こりました。

ファヴロー、フィローニ、 ワッツ、フォード、ケネディ、ミシェル・レジュワンが、エグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

 

『マンダロリアン』シーズン3

 

公開日:2023年にディズニープラスで独占配信

ファヴローとフィローニは、エグゼクティブ・プロデューサーのリック・ファムイワをステージに招き、主演のペドロ・パスカル、ケイティ・サッコフ、エイミー・セダリス、ジャンカルロ・エスポジット、エミリー・スワロウも交えて『マンダロリアン』シーズン3について興奮と共に語りました。

会場ではシーズン3のティーザー予告編が初披露されました。

『マンダロリアン』シーズン3では、マンダロリアンとグローグーが再会し、無法地帯の銀河系の旅を続けます。

シーズン3は、2023年にディズニープラスで独占配信されることが決定しています。

ケネディとコリン・ウィルソンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、カレン・ギルクリストとキャリー・ベックが共同エグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

 

『インディ・ジョーンズ』

 

公開日:2023年6月30日に劇場公開

ケネディは、ルーカスフィルムのプレゼンテーションを終える前に、さらにもう1作品について発表しました。

お馴染みのテーマ曲が流れ、会場が大きく沸く中、「ルーカスフィルムで全力で製作中のもうひとつのプロジェクトについて語らずに帰るわけにはいきません。それは、『インディ・ジョーンズ』です。ジェームズ・マンゴールド監督をステージに迎えることができ、とても嬉しく思っています」と語りました。

マンゴールド監督は、2023年6月30日に劇場公開される伝説の映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作のシズルリールとともに、いくつかの新情報を発表し、観客を沸かせました。

ケネディとマンゴールドに加え、ハリソン・フォード、そして共演者でエミー賞受賞のフィービー・ウォーラー・ブリッジが登壇しました。

フォードは、ステージ上で少し感情的になりながら、「この映画シリーズを私たちみんなにとって素晴らしい体験にしてくれてありがとう。この作品が素晴らしいものになったことを誇りに思いますし、(ウォーラー・ブリッジの出演が)その理由のひとつです。また、『インディ・ジョーンズ』の映画にはファンタジーやミステリー、そしてなにより心がこもっているのです。本当に、本当に嬉しいのは、語るべき人物の物語があることと、観客を心から楽しませる映画だということです。」と語りました。

『インディ・ジョーンズ』最新作は2023年6月30日より劇場公開されます。

 

ショーン・ベイリー、プレジデント、スタジオ・モーションピクチャーズ・プロダクション(ディズニー・ライブアクション)
『ムファサ:ザ・ライオン・キング(原題)』など注目作を発表!ディズニー映画作品・シリーズ作品ラインナップ

続きを見る

©Disney

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.