港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」2

ペット

ネコや動物と人の関わりの歴史を紹介!港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」

投稿日:

港区立郷土歴史館では「“Life with ネコ”展」を開催!

2022年の干支であるネコ科のトラや、ネコと共に人びとの身近に存在するイヌにも対象を広げ、ネコやこれらの動物と人びととの関わりの歴史を紹介します。

 

港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」

 

港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」

 

開催期間:2022年7月16日(土)~9月11日(日)

会場:港区立郷土歴史館特別展示室(港区白金台4-6-2 ゆかしの杜内)

開館時間:午前9時~午後5時(土曜日のみ午後8時まで) ※入館受付は閉館30分前まで

休館日:7月21日(木)・8月18日(木)

観覧料:大人 400円(320円)小・中・高校生 200円(160円) ※常設展セット券大人 600円(480円)小・中・高校生 200円(160円)※()内は10名以上の団体料金です。

※港区在住・在学の小・中・高校生、港区在住の65歳以上の方、港区在住の障害者とその介助者(1名)の観覧料は無料(証明ができるものをご持参ください)

※8月11日(木・祝)は港区民無料公開日(港区在住の証明ができるものをご持参ください)

 

港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」2

 

港区立郷土歴史館は、2022年7月16日(土)から9月11日(日)の期間、「“Life with ネコ”展」を開催!

ネコの飼育頭数がイヌを上回ったという報道からもわかるように、現在、ネコを愛でる・飼育することが空前のブームとなっています。

古くは弥生時代の遺跡からイエネコと思われる骨が出土していますが、ネコと人びとの関わりが密接になるのは江戸時代からでしょう。

 

港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」3

 

文献や浮世絵にはネコへの人びとの関心が垣間見えるほか、遺跡からはネコの供養塔が見つかり、丁寧に埋葬されたネコの骨が出土することもあります。

一方で、化け猫伝説などが各地に残り、ネコと人びとの関係にはさまざまな側面があったようです。

本展では、2022年の干支であるネコ科のトラや、ネコと共に人びとの身近に存在するイヌにも対象を広げ、ネコやこれらの動物と人びととの関わりの歴史を紹介します。

 

ネコや動物と人の関わりの歴史を紹介!

港区立郷土歴史館「“Life with ネコ”展」の紹介でした。

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.