秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」

お出かけ情報

秩父鉄道全線が1日乗り降り自由!埼玉三偉人フリーきっぷ

投稿日:

秩父鉄道株式会社は、埼玉県と連携し、秩父鉄道全線が1日乗り降り自由の「埼玉三偉人フリーきっぷ」を発売!

紙幣風のちょっとレトロなデザインがおしゃれなフリーきっぷ。

協賛店舗で当きっぷを提示すると、お得な特典を受けられます☆

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」3

 

販売期間:2022年7月16日(土)~9月25日(日)の毎日

利用可能日:2022年7月16日(土)~8月31日(水)の毎日、9月3日(土)~25日(日)の土曜、日曜、祝日  ※利用日当日限り有効

発売金額:大人1,600円、小児800円

発売箇所:秩父鉄道 羽生、熊谷、武川、ふかや花園、寄居、長瀞、秩父、御花畑、影森、三峰口の各駅窓口、埼玉県物産観光館「そぴあ」

※発売時間は各所により異なります。

※ご利用可能内容は「秩父路遊々フリーきっぷ」(紙券)と同様です。

※埼玉県物産観光館「そぴあ」での販売は2022年8月1日(月)~31日(水)限定です。

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」2

 

秩父鉄道株式会社は、埼玉県と連携し、秩父鉄道全線が1日乗り降り自由の「埼玉三偉人フリーきっぷ」を発売!

渋沢栄一翁が2024年以降に発行される新一万円札の肖像となることから、フリーきっぷのデザインは紙幣を模しています。

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」3

 

埼玉県民の心に深い感銘を与え続けている埼玉県の先人として、「塙保己一(はなわ ほきいち)」「渋沢栄一(しぶさわ えいいち)」「荻野吟子(おぎの ぎんこ)」の3名を「埼玉三偉人」と称えています。

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」

 

塙保己一(1746-1821・本庄)

7歳で失明するも、6万冊の本を全て記憶できたという記憶力でさまざまな学問を究める。

41年かけ、全国に散らばる古い記録や史料を666冊にまとめて出版した(群書類従/ぐんしょるいじゅう)。

 

渋沢栄一(1840-1931・深谷)

西欧先進諸国を視察後、明治政府で新生日本の礎を築く。

実業界に転身後は銀行や鉄道など500もの企業の設立・育成に関わり、当社の延伸も援助。福祉や教育の指導者的役割を果たす。

 

荻野吟子(1851-1913・熊谷)

男性医師による婦人病の治療を受け、女性医師の必要性を痛感。

制度の改革から取り組み、日本初の公認女性医師となる。

女性の地位向上や衛生知識普及にも貢献。

 

秩父鉄道「埼玉三偉人フリーきっぷ」2

 

協賛店舗で当きっぷを提示すると、お得な特典を受けられます。

沿線の散策もいっそう楽しくなりそうですね!

秩父鉄道全線が1日乗り降り自由になる「埼玉三偉人フリーきっぷ」の紹介でした。

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.