マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』場面写真

MARVEL(マーベル) エンタメ ディズニー番組情報

キャプテン・マーベル役水樹奈々からのコメントも!マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』

投稿日:

ディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)にて独占公開中のマーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』

“アベンジャーズオタクの女子高生”カマラ・カーン=ミズ・マーベルの活躍を描いた本作のラストシーンで、「キャプテン・マーベル」がクロスオーバー!

「キャプテン・マーベル」の日本版声優を務めてきた水樹奈々さんの、次回作(『ザ・マーベルズ(原題)』)への期待が高まるコメントを紹介していきます☆

 

マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』

 

マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』

 

世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は全米累計興行収入が歴代3位という特大ヒットを記録。

シリーズ全世界累計興行収入No.1を記録し、破格のメガヒット超大作により次々とエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオが新たに贈る最新オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』はディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信中。

 

マーベル・スタジオ オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』場面写真

 

主人公カマラ・カーンは、アベンジャーズが大好きで、中でもキャプテン・マーベルに強い憧れを抱く高校生。

恋に勉強、友人関係…など学生ならではの悩みに苦労する彼女は「スーパーパワーさえあれば、人生はもっと楽になるはず…。」と、ヒーローになった自身の姿を妄想する日々を送る中、ある日夢にまで見た力を手に入れ〈ミズ・マーベル〉としてヒーロー活動を行っていくことに――。

様々な葛藤に悩みながらもヒーローとして成長するカマラの姿に共感する人が続出しており、2022年7月13日(水)に最終話が配信されるや、すでに〈ミズ・マーベル〉を惜しむ声が多く挙がっています。

 

マーベル映画『キャプテン・マーベル』

『キャプテン・マーベル』ディズニープラスで配信中
(C)2022 Marvel

 

最終話のラストシーンでは、自室でくつろぐカマラが突然姿を消したかと思いきや、入れ替わるように憧れの「キャプテン・マーベル」(キャロル・ダンバース)が登場!

待望のクロスオーバーに歓喜の声があがる中、キャプテン・マーベルの日本版声優を務めてきた水樹奈々さんから、来年に公開を控える次回作(『ザ・マーベルズ(原題)』)への期待が高まるコメントが到着しました。

 

キャプテン・マーベル役の水樹奈々さんは

「ミズ・マーベルとキャプテン・マーベル、2 人の物語が今後どのような形で重なっていくのか、とても楽しみです!」

と語り、ファン同様に2人の共演を熱望している様子を見せてくれました。

 

さらに、本作で共同監督を務め『バッドボーイズ フォー・ライフ』などで知られるビラル・ファラー氏は

「皆さんは今後カマラがヒーローとしてますます活躍する姿をみるだろう。

今はまだ新米のヒーローだけど、この先いろんなヒーローと出会い成長する姿が見れるのはとてもワクワクするね」

と、カマラの再登場が決定している『ザ・マーベルズ(原題)』への期待が高まるコメントを寄せていただきました。

 

登場後、キャプテン・マーベルは「ちょっと、噓でしょ」と予想外の事態に困惑する様子を見せており、『ザ・マーベルズ(原題)』での展開を期待せずにはいられません☆

 

観る者すべてを騙す超現実スリラー・アクション『ワンダヴィジョン』、キャプテン・アメリカの盾を継ぐヒーローを巡る物語『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、裏切り王子による謎解きタイムトラベル・スリラー『ロキ』、アベンジャーズを辞めたい男が主人公の『ホークアイ』、MCU史上最もミステリアスなアクション・サイコスリラー『ムーンナイト』と全世界で注目されるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ。

さらに、ヒーローやヴィランたちを相手に弁護する“超人専門弁護士”ジェニファー・ウォルターズの物語を描く『シー・ハルク:ザ・アトーニー』も8月17日(水)より配信を控え、ますます広がり続けるMCUの世界に期待が高まります。

最新作『ミズ・マーベル』はディズニープラスにて独占配信中です☆

(c) 2022 Marvel


ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィック、スターの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」
最新ドラマ・映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで16,000を超える作品がラインアップ☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.