【本日:2月25日(金)正午解禁】『アイス・エイジ バックの大冒険』日本版最新ヴィジュアル

Disney(ディズニー) 映画

今度の敵は恐竜!ディズニープラス オリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』

投稿日:2022年3月17日 更新日:

ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にてアイス・エイジの仲間たちの新たな冒険を描いたディズニープラスオリジナル映画作品が配信されることが決定!

世界中で大人気の『アイス・エイジ』シリーズの最新作映画『アイス・エイジ バックの大冒険』が2022年3月25日(金)よりディズニープラスで独占配信されます。

 

ディズニープラス オリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』

 

ディズニープラスオリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』ティザーキービジュアル※トリミングNG※

 

配信開始:2022年3月25日(金)ディズニープラスにて独占配信

タイトル:アイス・エイジ バックの大冒険(原題:The Ice Age Adventure Of Buck Wild)

 

『アイス・エイジ』シリーズのディズニープラスオリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』が2022年3月25日(金)よりディズニープラスにて独占配信されることが決定!

アイス・エイジの仲間たちの新たな冒険、大波乱の展開を予感させるティザーキービジュアル、日本最新ビジュアルとあわせて『アイス・エイジ バックの大冒険』を紹介します。

 

日本語版予告

 

 

日本語版予告映像が解禁となりました!

マニーやシド、サーベルタイガーのディエゴ等、おなじみのキャラクターたちがずらりと集結し、彼らと共に暮らす、とにかく陽気でお茶目な双子クラッシュとエディがスリルと自由を求めて、仲間の元から旅立つ場面から始まります。

恐竜が暮らす最も危険な“地底世界”に落ちてしまった二人が、一匹狼な恐竜ハンター、バックと再会して、まさにジェットコースターのようにハチャメチャな冒険を繰り広げるストーリーが垣間見られるスピード感溢れる映像です。

冒頭から思わぬアクシデントが起こったかと思いきや、クラッシュ&エディ&バックVS恐竜との激しいバトルが勃発!

恐竜相手にも強気に立ち向かう、“ワイルド”なバックのアクションもたくさん。

さらに、危険な場所にもかかわらず、まるで緊張感の無いクラッシュとエディに手を焼き、打って変わって2人から「スーパーヒーローだ!」とおだてられて浮かれるバックなど、アンバランスなコンビネーションが思わぬところで笑いを誘われるシーンも盛りだくさんです。

3人が恐竜相手にどんなアドベンチャーを魅せてくれるのか、ワクワクが止まりません。

 

『アイス・エイジ バックの大冒険』日本最新ビジュアル

 

【本日:2月25日(金)正午解禁】『アイス・エイジ バックの大冒険』日本版最新ヴィジュアル

 

世界中で大人気のアドベンチャーシリーズ『アイス・エイジ』

2万年前の地球、氷河期を舞台にマンモスのマニーやナマケモノのシドたちが様々な危機を前に繰り広げる波乱でクレイジーな大冒険を描く人気シリーズです。

子どもから大人まで幅広い世代に親しまれ、仲間との熱い絆やツッコミどころ満載の笑いを誘うシーンの数々、家族をテーマにしたメッセージなど、笑いあり涙ありの物語が5作の映画や短編で長年愛されてきました。

そんな『アイス・エイジ』シリーズのディズニープラスオリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』がディズニープラスで独占配信されることが発表され、独占配信まで1か月に迫ったこの度、恐竜の鼻先で力強くポーズをとるイタチのバックが特徴的な新ビジュアルが解禁!

バックがみせる“ドヤ顔”から、恐竜相手に果敢に立ち向かう激しいアクションが期待できます。

一方で、バックと共に恐竜と対峙することになる、フクロネズミの双子クラッシュとエディは、持前の陽気さ全開でお茶目な姿を見せるなどバックとは正反対。

この一見ミスマッチな彼らが、本作でどんなはちゃめちゃで楽しい展開を繰り広げるのか、目が離せません。

そして、3人の後ろにいるのが、シリーズ初登場となるキャラクター、スカンクによく似た動物ゾリラの“ジー”。

これまで仲間との絆、家族等をテーマに描かれてきた『アイス・エイジ』ですが、本作で、バックとクラッシュ&エディそして、ジー4人の物語がどのように描かれていくのか注目です。

 

ストーリー/あらすじ

 

フクロネズミの双子、クラッシュとエディは、姉であるマンモスのエリーと一時も離れることなく仲良く過ごしていました。

ところが、スリルを求めるクラッシュとエディはある日どうしてもエリーから自立したいと考えて、自分たちのすみかを求め旅に出ることを決めます。

ところが、すぐに地底の世界に落ちてしまって……。

窮地に陥った2人を救ったのは、一匹狼の冒険好きな恐竜ハンター、イタチのバック。

3人の前に突如、地底世界にのさばる恐ろしい恐竜たちが出現!

世界征服を企む恐竜に立ち向かおうとするも、バックが敵に捕らわれてしまい、最大のピンチに小さなフクロネズミたちはどうする!?

 

キャスト&スタッフ

 

出演:サイモン・ペッグ、ジャスティナ・マシャド

監督:ジョン・C・ドンキン( 「アイス・エイジ」プロデューサー)
プロデューサー:ロリ・フォルテ(「アイス・エイジ」、「アイス・エイジ2」)

 

冒険好きな恐竜ハンターのイタチのバック役には、シリーズを通して吹替を務めてきたイギリスの名俳優サイモン・ペッグが続投。

アクション大作の「ミッション:インポッシブル」(06~)シリーズから「宇宙人ポール」(11)などのコメディ作品まで幅広いジャンルへの出演を重ね、俳優だけではなくコメディアンや脚本家としても活躍する彼が、再び荒くれ者のハンター、バックのキャラクターをどう彩ってくれるのか期待が高まります。

ペッグは、自身が演じるバックが主人公の作品が作られたことについて、「レコーディングをやるたびに僕は“バックの映画があるべきじゃない?”と言ってきたんだ。僕は12年もそうして欲しいと言い続けてきたんだよ(笑)」と、サイモン自身が、バックの新たな物語を熱望していたことを語っています。

『アイス・エイジ』シリーズの初期から携わり、本作でもプロデューサーを務めるロリ・フォルテは、「バックは奇妙で楽しくて冒険心に満ちた、愛すべきキャラクターなの。サイモンはこのキャラクターに命を吹き込んでくれたわ。そしてサイモンは何度も“次はいつなの?”と聞いてきたの。それで、また新しい『アイス・エイジ』の話を語ろうと思った時、バックのストーリーを作るというのはとても自然なことのように感じたの。バックはみんなに愛されているキャラクターだから」と、サイモンからの熱いラブコールの効果もあって(!?) 今作の製作が実現したことを明かしています。

サイモン待望の人気キャラクター、バックの活躍から目が離せませんね!

そして監督にはジョン・C・ドンキン、プロデューサーにロリ・フォルテが決定し、『アイス・エイジ』シリーズ過去作を務めてきた制作陣が集結。

バック、クラッシュ&エディが恐竜を相手に勇敢に立ちはだかる笑いと感動のアクションアドベンチャー、乞うご期待!

 

『アイス・エイジ バックの大冒険』に登場するキャラクター

 

【3月17日(木)午前10時解禁】『アイス・エイジ バックの大冒険』キャラクターポスター

 

地底世界を舞台にユニークなキャラクターたちが勢ぞろいしたキャラクターポスターが解禁され、本作に登場する新しい仲間も姿め勢揃い!

監督のジョン・C・ドンキンが、「可笑しくて愛すべき機能不全な家族が発展してゆく様子は、みなさんに楽しんで頂けると思います」と語るように、不完全でユニークな愛すべき登場キャラクターたちを紹介していきます。

 

イタチの【バック】(写真左上)

 

地底世界の平和を守る一匹狼で冒険好きな恐竜ハンター。

旅に出たクラッシュとエディと再会を果たしに一緒に冒険がしたいと請われるも、頑なに拒否します。

それには彼の苦い思い出が関係しているようで…?

 

フクロネズミの【クラッシュ&エディ】(写真右上)

 

マンモスのエリーを姉に持つお茶目で陽気な兄弟。

スリルを求めて仲間から離れ、バックのように冒険がしたいと張り切るも小さい体を活かせずに空回り。

ジーにアドバイスをもらいながら、恐ろしい恐竜にも立ち向かいます。

 

ゾリラの【ジー】(写真左下)

 

シリーズ初登場のキャラクター、ジー。

見た目も特性もスカンクにそっくり。

彼女はイタチのバックの旧友で、彼と同じく地底世界の平和を守る冒険家でバックにも劣らない戦闘能力を持っています。

新たなヒーローの活躍に注目!

 

マンモスの【マニー&エリー】(写真下中央)

 

「アイス・エイジ」シリーズには欠かせない仲間達です。

クラッシュとエディを探すうちに、予測不能で危険な地底世界への冒険へと巻き込まれてしまいます。

 

ナマケモノの【シド】(写真下中央)

 

「アイス・エイジ」シリーズには欠かせない仲間達。

マニーとエリー、ディエゴと一緒に地底世界への冒険へと巻き込まれます。

 

サーベルタイガーの【ディエゴ】(写真下中央)

 

「アイス・エイジ」シリーズには欠かせない仲間達。

マンモスのマニーとエリー夫妻、ナマケモノのシドと平和な日常を楽しんでいましたが、ある日突然行方不明になってしまったクラッシュ&エディを探すうちに、一緒に地底世界への冒険へと巻き込まれてしまいます。

 

恐竜の【オーソン】(写真右下)

 

過去にバックに地底世界を追い出された恨みを募らせて、復讐を誓っています。

再び地底世界を支配しようと、バック、クラッシュ&エディ、ジーに恐ろしい罠を仕掛けます。

 

日本版キャスト

 

日本語版声優続投解禁

 

日本語吹替キャスト:
マニー:山寺宏一
シド:太田光(爆笑問題)
バック・ワイルド:岩崎ひろし
クラッシュ:永澤菜教
エディ:片桐真衣
エリー:豊口めぐみ
ジー:加藤英美里
オーソン:林勇

 

シリーズスタートから20年目を迎える『アイス・エイジ』ですが、記念すべき最新作の日本語版声優として続投が決定したのは、シリーズ1作目から全作品で吹替を担当している、マニー役の山寺宏一さんとシド役の太田光さん(爆笑問題)。

シリーズを牽引してきた二人が、イタチのバック・ワイルド、フクロネズミの双子クラッシュとエディの新たな物語を大いに盛り上げます。

6作品目となる本作での続投について、大人気声優として常に第一線を走る山寺さんは、「第1作目から20年とは驚きました!ずっと愛され続けている作品に今も携われているのは幸せな事です」と、驚きながらも喜びを語り、太田さんは、「声優はやりたかった仕事なので、(またこの仕事ができて)嬉しかったです。(当時は)2か3ぐらいまでできればいいと思ってました」と、20年も続く大人気シリーズになるとは予想もしていなかったと振り返っていました。

本作では、山寺さん、太田さんの他に、バック・ワイルド役に岩崎ひろしさん、クラッシュ役の永澤菜教さん、エディ役の片桐真衣さん、マンモスのエリー役、豊口めぐみさんも続投が決定し、本作で初登場となる、キャラクターとして、バックやクラッシュ、エディと共に冒険をするスカンクによく似た動物、ゾリラのジー役に加藤英美里さん、彼らと対峙することとなる恐竜オーソン役に林勇さんが抜擢されています。

 

ディズニープラスオリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』は2022年3月25日(金)よりディズニープラスで独占配信開始です!

『アイス・エイジ』シリーズの全5作品はディズニープラスで配信中、ぜひあわせてチェックしてください。

アイスエイジ
迫力満点の氷河期ロードムービー!映画『アイス・エイジ』作品紹介

続きを見る

©2022 Disney Enterprises. Inc.


ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィック、スターの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」
最新ドラマ・映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで16,000を超える作品がラインアップ☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.