ダークでミステリアスなキャラクタービジュアル

MARVEL(マーベル)

マーベル・スタジオ“初”のダークヒーロー!ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』

投稿日:2022年3月22日 更新日:

ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)にて、2022年3月30日(水)17時より、オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』が日米同時配信スタート。

『ムーンナイト』はマーベル・スタジオ“初”のダーク・ヒーロー。

最新映像とキービジュアルにつづき、キャラクタービジュアルが公開されました☆

 

マーベル・スタジオ ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』

 

マーベル・スタジオ ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』

 

配信日:2022年3月30日(水)ディズニープラス独占配信

原題:Moon Knight

監督:モハメド・ディアブ(「クラッシュ」)、ジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッド(「アルカディア」、「シンクロニック」)脚本:ジェレミー・スレイター(「アンブレラ・アカデミー」)

出演:オスカー・アイザック、イーサン・ホーク

 

劇場映画にとどまらず、これまで『ワンダヴィジョン』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、『ロキ』、『ホークアイ』と次々にオリジナルドラマシリーズを配信し、その度に感動と熱狂で世界を席巻し続けてきたマーベル・スタジオ。

新たに贈りだすのは、オリジナルドラマシリーズで初めてダーク・ヒーローを主人公に据えた『ムーンナイト』

未だ謎に包まれる新たなヒーローへ熱い視線が注がれる中、ムーンナイト誕生の瞬間を捉えた全世界待望の最新映像が初解禁となりました。

 

 

「現実か夢か、区別がつかない――」意味深なセリフを放つ彼は、国立博物館のギフトショップで働く温厚で、うだつの上がらない主人公のスティーヴン・グラント。

睡眠障害を持ち、夢の中で度々白いスーツを着た何者かと対峙するが、それが現実で起こっていることか、ただの夢か区別がつかない。

夜通し何度も脳内にささやく声、悪夢にうなされ、自分で足を縛り付けたベッドから飛び落ちる朝。

仕事場では「役立たず」と罵られ、スティーヴンは幻覚に怯える日々を過ごしていました。

ある日、自室の見知らぬ携帯電話が鳴り響き、“マーク”と知らない名前を呼ばれ困惑する―

自分は誰なのか、何に怯えているのか。

そして、ついには無意識の内に銃を握っていたり、戦いに巻き込まれたり、自分の中に“自分以外の誰か”が潜んでいることに気づき始めます。

そして、スティーヴンは、彼の内に残酷なもう一人の人格<マーク・スペクター>が潜んでいることをやがて知ることに―。

コントロールできない残虐な“もう一人の自分”の存在…。

そして、「狂気を受け入れろー」その声が聞こえた瞬間、真っ白なスーツが身を包む。

暴力と残虐性に満ちた、もう一つの人格<マーク・スペクター>が現れ、彼に狂気が宿る時、マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する――。

 

多重人格のヒーローを主人公に、彼の苦悩と葛藤に揺れる日々をドラマチックかつミステリアスに描く世界観、さらに一心不乱に何者かを殴りつける姿は、ヒーローらしからぬ“ダーク”な主人公の誕生を予感させます。

新たなヒーロー、ムーンナイトに大抜擢となったのは、「スター・ウォーズ」シリーズ(‘15~’19)のポー・ダメロン役をはじめ、「DUNE/デューン 砂の惑星」(21)など次々と大作への出演を重ねるオスカー・アイザック。

壮大なアクションからドラマまで、幅広く活躍してきた彼が満を持して “マーベル・ヒーロー”という新境地に踏み入れた役柄をどう演じ切るのか要注目!

さらにムーンナイトに立ちはだかるヴィランを務めるのは俳優だけではなく、脚本および監督、舞台演出、小説を手掛け、幾度もアカデミー賞にノミネートされた、イーサン・ホーク。

俳優として確かな実力のある2人が描く全く新しい世界に大きな期待が高まります。

監督にはカンヌ映画祭「ある視点」部門への選出歴を持つ、エジプト出身の新進気鋭監督モハメド・ディアプ、さらにインディペンデント系ホラー映画を手掛けてきたジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドのコンビが抜擢。

「ブラックパンサー」(18)のライアン・クーグラーや「エターナルズ」(21)のクロエ・ジャオ等、才能豊かで独特な視点を持つクリエイターを起用することによって、常に新しい世界を作りだし、過去のどのタイトルとも一線を画す作品を届けてきたマーベルが新たに起用した彼らがどんな物語を描いてくれるのでしょうか。

独自の世界観でいまだ観たことのないMCUを観客に約束した『ムーンナイト』から目が離せません。

 

US版キービジュアルと場面写真

 

★『ムーンナイト』US版キービジュアル

 

この度、MCU 史上、最もミステリアスなダーク・ヒーロー<ムーンナイト>の謎に満ちたその姿を捉えたキービジュアルが全世界で解禁されました。

ダークな黒一色を背に、顔左側にスティーヴン・グラント、そして右側には未だ謎に包まれているムーンナイトの二つの顔が描かれ、混在する複数の人格を見て取れます。

 

☆「ムーンナイト」場面写真1

 

また、 回りに人が倒れ、戦いの後をうかがわせるムーンナイトの場面写真にも注目!

 

☆「ムーンナイト」場面写真2

 

神妙な面持ちで電話を受けるスティーヴンも捉えられています。

 

☆「ムーンナイト」場面写真(その他)

 

ダークでミステリアスなキャラクタービジュアル

 

ダークでミステリアスなキャラクタービジュアル

 

MCU史上、最もミステリアスなダーク・ヒーローの《混在する複数の人格》を捉えたキービジュアルが公開されました!

中央で、怯えたようにも、威嚇するようにも見える表情をした男は、穏やかな性格の〈スティーヴン・グラント〉と、暴力と残虐性に満ちた〈マーク・スペクター〉という2つの人格を宿す本作の主人公。

その彼の背後にムーンナイトとMr.ナイトが不気味に立ちふさがっています。

そして、一目でその凶暴性が伝わってくるほどの迫力を備えた<ムーンナイト>(左)

さらに、純白の仮面とスーツに身を包んだ紳士“風”な〈Mr.ナイト〉(右)の姿も…。

背後には、弱った表情をしたスティーヴンらしき男の影も垣間見えますが、果たしてその関係性はー。

 

関智一さん、小松未可子さん、咲野俊介さんが日本版声優に決定!

 

この度、“混在する複数の人格”を備えた、MCU史上最もミステリアスな闇のヒーロー〈ムーンナイト〉役の関智一さん、レイラ役の小松未可子さん、ヴィランとなるアーサー・ハロー役の咲野俊介さんら豪華日本版声優が決定!

「呪術廻戦」のパンダ役や「鬼滅の刃」の不死川実弥役などで知られる大人気声優の関智一さんが演じるのは、国立博物館のギフトショップで働く、穏やかな性格の〈スティーヴン・グラント〉。

〈スティーヴン・グラント〉は、夜通し悪夢にうなされ、身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るなど幻覚に怯える日々を過ごしていました。

頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。

コントロールできないその人格、暗殺者の〈マーク・スペクター〉に支配され、彼に“ある力”が宿るとき、白スーツに身を包んだ闇のヒーロー〈ムーンナイト〉が誕生するー。

度々マーベル作品にも参加してきた関さんですが、主人公を演じるのは初。

「『アントマン&ワスプ』では敵役(ソニー・バーチ)、『ブラック・ウィドウ』では協力者(リック・メイソン)、そして今作ムーンナイトで遂にヒーローを担当できる様になりました。やっとここまで来ました(笑)今はただただ、嬉しい気持ちで一杯です」と、率直な喜びを打ち明けます。

さらに、「スティーヴンは内向的だけど、子供や動物にとても優しくて可愛い人だなぁと思いました。色々過去に秘密が有りそうで、そこも魅力になってるのかも」と、混在する人格の主人公の独特な魅力についても熱く語りました。

マーク・スペクターをよく知る謎の考古学者の女性レイラ役で、マーベル・シネマティック・ユニバースの声優の仲間入りを果たしたのは、「呪術廻戦」の禪院真希役や「ニセコイ」の鶫誠士郎役でお馴染みの小松未可子さん。

「多くの人を魅了するエンターテイメントを生み出しているMCU!そんな素晴らしい作品の一つに、自分も参加出来て非常に嬉しく思いますし、今もとても興奮しています」と参加への喜びを熱弁。

“ムーンナイト”というミステリアスな主人公については、「ギャップという一言に収めるには範疇を超えてはいますが笑、とても魅力的だと思います。スティーヴンの温厚さと頼もしさ、ムーンナイトの冷静さと脆さ。どちらにも存在する儚さ。謎が多くはありますが、話が進むごとにどんどん惹きつけられます」と知れば知るほどに魅力が湧き出る主人公の深みにハマっている様子。

数々の作品でイーサン・ホークの吹替声優を務めてきた咲野俊介さんが演じるアーサー・ハローは、人の手に触れるだけで過去や未来を一瞬で読み取る力を持ち、将来悪事を働く可能性がある人物と判断した場合はその命を奪うという容赦ない面を持つヴィラン。

「マイティ・ソー」シリーズのヴォルスタッグ役を務めた経験がある咲野さんは「またMCUの世界に戻ってこられて嬉しい限りです。ヴォルスタッグは豪放磊落、アーサーは繊細にして緻密、同じ世界線の中で真逆のキャラクターの吹替を担当出来ること、とても光栄に思っています」と感慨深い様子。

未だ謎に包まれたヒーロー“ムーンナイト”については、「地球から見る月は、見るたび色や形を変えその裏側は決して見せない。地球から最も近いにも関わらず、まだまだ謎の多い神秘的な星です。月の騎士“ムーンナイト”もまた、善人なのか悪人なのか、そして彼の闘う理由とは何なのか、その神秘性こそムーンナイトの魅力でしょう」と語っています。

 

オスカー・アイザックらが闇のヒーローの魅力を語る特別映像

 

 

MCUに新たに登場したミステリアスな闇のヒーロー〈ムーンナイト〉の禍々しい変身シーンから始まる本映像。

これまで「スター・ウォーズ」シリーズや、『X-MEN:アポカリプス』『DUNE/デューン 砂の惑星』などに出演してきたオスカー・アイザックは「これはキャラクターに焦点を置いた物語だ。私たちの役目は最もドラマティックな部分に焦点を当てること、そしてメンタルヘルスに関わる部分を真摯に扱うことだった」と作品全体のテーマや、〈ムーンナイト〉を演じる上で気を付けたことを語ります。

オスカーが演じるのは、国立博物館のギフトショップで働く、いかにも平凡な男スティーヴン。

彼は夜通し悪夢にうなされ、身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るなど幻覚に怯える日々を過ごしていました。

自分はいったい誰なのか?何に怯えているのか?頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。

コントロールできないその人格を受け入れたとき、暗殺者のマークが現れ、マークに“ある力”が宿るとき、白スーツに身を包んだ闇のヒーロー〈ムーンナイト〉が誕生するー。

そんな“複数の人格”をもつ闇のヒーローの前に立ちはだかるヴィラン、アーサー・ハロウを演じるのは、脚本・監督、舞台演出、小説を手掛け、幾度もアカデミー賞にノミネートされているイーサン・ホーク。

彼は「この作品の素晴らしいところは、全く新しい世界で新たなヒーローに出会えるところだ。ドラマのあらゆる部分に“二面性”があり、きっとこれまでの常識を大きく覆すことになる」と、イーサンならではの視点で本作の特徴を説明し、深まる謎へ期待を持たずにはいられません。

そして、スティーヴンの中に潜むもうひとりの人格マークをよく知る女性考古学者のレイラを演じるメイ・キャラマウィは「まるで『ファイト・クラブ』と『インディ・ジョーンズ』が融合したみたいにダーク、壮大で超自然的な世界観ともつながっていて素晴らしいの」と映画史に残る名作たちにも引けを取らない、本作の独特の世界観を解説します。

映像では、月夜に照らされ、一目でその凶暴性が伝わってくるほどの迫力を備えた〈ムーンナイト〉の姿が映し出されていますが、プロデューサーのケヴィン・ファイギは「ムーンナイトは素晴らしいキャラクターで、ビジュアルもすごく独特なんだ」と、ダークでミステリアスな姿について自信を覗かせます。

 

 

マーベルではこれまでに、観る者すべてを騙す超現実スリラー・アクション『ワンダヴィジョン』、キャプテン・アメリカの盾≪意志≫を継ぐヒーローを巡る物語『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、“裏切り王子”の異名を持つヴィランが主人公の謎解きタイムトラベル・スリラー『ロキ』、アベンジャーズを辞めたい男が主人公の『ホークアイ』というドラマのラインナップが配信されています。

全世界で注目されるマーベル・スタジオの新しいオリジナルドラマシリーズ。

大きな期待が世界中から集まっています!

 

マーベル・スタジオ初のダーク・ヒーローによるアクション・ミステリー『ムーンナイト』

2022年3月30日(水)17時より配信スタートです。

© 2022 Marvel


ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィック、スターの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」
最新ドラマ・映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで16,000を超える作品がラインアップ☆

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.