『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

エンタメ キャラクターグッズ 映画

祝・魔法ワールド20周年!「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」の輝かしい功績の数々をおさらい

更新日:

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る「魔法ワールドシリーズ」

2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億、観客動員473万人を突破し大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から3年半、遂に最新作となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が2022年4月8日(金)に公開!

2021年、公開から20周年のメモリアルイヤーをむかえた映画『ハリー・ポッターと賢者の石』J・K・ローリングによって生み出された魔法の世界は、小説から映画、舞台へと広がり、世界中の人々を絶えず魅了してきました。

今回は、魔法ワールドシリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の公開を前に、その輝かしい功績を振り返ります!

 

祝20周年!ハリー・ポッター魔法ワールドが作り上げた輝かしい功績の数々を振り返る

 

 

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」の作品で知られる「魔法ワールドシリーズ」

全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもトップの人気を誇るシリーズです。

2022年4月8日には最新作となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が公開!

今回は、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の公開を前にその功績を振り返っていきます。

 

無名の新人作家の児童書がまさかの大ベストセラーに!

 

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より

 

原作である「ハリー・ポッター」シリーズは、1997年にイギリスで出版。

作者のJ・K・ローリングが当時無名の新人作家であったにも関わらず、想像力を刺激する魔法にあふれた世界観に魅了される人々が続出、瞬く間に世界的なベストセラーとなりました。

児童書というカテゴリでありながら、こどもから大人まで年齢を問わず夢中に!

新刊が発売される際には、書店の前にいち早く手に入れようとするファンたちで長蛇の列ができることがお決まりの光景となりました。

まさに社会現象的な大ヒットとなったシリーズは、全世界累計発行部数5億冊以上を記録しており、発売から20年以上経った現在も愛され続けています。

 

世界中が夢見た奇跡の映像化!大ヒット映画シリーズへ

 

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』3

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より

 

原作『賢者の石』の発売から4年後、世界中が待ち望んだ映画版がスタート。

映画化で表現されたハリーの姿やホグワーツの様子は、原作ファンたちがそれぞれの頭の中で思い描いていた通りの完成度で、それまでシリーズを読んだことのなかった人々にまでその魅力が広がるきっかけとなりました。

ハリー役のダニエル・ラドクリフをはじめ、エマ・ワトソン、ルパート・グリントらの若きスターを多く輩出すると同時に、マギー・スミス、アラン・リックマン、ゲイリー・オールドマンなどのイギリスが誇る名優たちの人気も大いに高めることに。

その後、完結作までファンを増やしつづけ『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』では、当時の世界歴代興行収入3位を記録。

日本国内の洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇っています。

2022年には、映画のキャストたちが集うファン必見の20周年記念番組『Harry Potter 20th Anniversary: Return to Hogwarts(原題)』も配信されるなど、20年を経た今もその人気は衰えません。

 

待望の後日譚『呪いの子』と新たな冒険『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

 

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』メインアート
ハリー・ポッター役は藤原竜也さん・石丸幹二さん・向井理さん!舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』

続きを見る

原作・映画版の完結後、2016年にシリーズ初の舞台として『ハリー・ポッターと呪いの子』がロンドンウェスト・エンドで上演され、脚本も書籍化。

ハリーのその後を描き話題を呼び、ブロードウェイやオーストラリア、カナダ公演でのヒットを経て2022年には東京にも上陸予定です。

 

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』4

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より

 

そして、現在魔法ワールドを牽引するのが『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。

舞台を過去にさかのぼり、心優しい魔法動物学者ニュート・スキャマンダーとホグワーツの校長になる前の若かりしダンブルドア先生らが、魔法界を救うべく闇の魔法使いグリンデルバルドに立ち向かいます。

個性溢れる魔法動物たちとの冒険や、『ハリー・ポッター』シリーズで明かされなかった謎に迫るスピンオフに留まらない物語で、魔法ワールドの魅力を拡大し続けています。

 

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』公開情報

 

 

公開日:2022年4月8日(金)全国公開

配給:ワーナー・ブラザース映画

監督:デイビット・イェーツ(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)

出演:エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、ミッツ・マケルセン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他

 

魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間達、そしてなんとマグルと寄せ集めのデコボコチームを結成!

史上最強の魔法使い、グリンデルバルドに立ち向かう。

そして明かされるダンブルドア先生の過去に隠された誰も知らない秘密とはーー!?

 

 

20年の時を経てさらに進化し続ける魔法ワールド。

これからも目が離せません!

US版ティザーポスター
『ファンタビ3』日本公開日&邦題決定!映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

続きを見る

© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.