ディズニー&ピクサー『リメンバー・ミー』オリジナル・サウンドトラック

エンタメ ディズニーグッズ 音楽

日本版エンドソング「少年時代(あの夏のルカver.)」も収録!ディズニー&ピクサー『あの夏のルカ』オリジナル・サウンドトラック

投稿日:

『リメンバー・ミー』のディズニー&ピクサーが贈る、感動のサマー・ファンタジー・アドベンチャー『あの夏のルカ』のオリジナル・サウンドトラックが登場!

ダン・ローマーによる郷愁誘うスコアを収録し、日本版エンドソングとして「少年時代(あの夏のルカver.)」Performed by suis from ヨルシカも収録しています。

 

ディズニー&ピクサー『あの夏のルカ』オリジナル・サウンドトラック

 

ディズニー&ピクサー『リメンバー・ミー』オリジナル・サウンドトラック

 

2021年6月18日(金)ディズニープラスにて見放題にて独占配信開始となるディズニー映画最新作『あの夏のルカ』

この映画の日本版オリジナル・サウンドトラックが、2021年6月18日(金)よりデジタル配信がスタートしています。

 

本スコアはダン・ローマーによる作曲、プロデュースにより、82人編成のオーケストラとともにニューマン・レコーディング・ステージにてレコーディングされ、オーケストレーションと指揮はマーク・グレアムが手がけています。

ダン・ローマーはアコーディオンとアコースティック・ギターの演奏でも参加。

『あの夏のルカ』の監督、エンリコ・カサローザは、メイン・キャラクター「ルカ」の瑞々しい少年目線を表現してほしいとローマーに託しています。

「僕はダンのアコーディオンのスキルや、このスコアにおける彼のスタイルとイタリア的なニュアンスとのブレンドがとても気に入っているんだ」とカサローザは語ります。

映画の舞台は1950年後期から1960年前半のイタリアのリビエラ海岸地方。

ローマーいわく「エンリコは共感や想い出だけよりも、歴史的な確かさを求めていた。彼は私が作っていたスタイルよりももっとイタリア的なサウンドが欲しいと私に言ったのです。それはとてもエキサイティングで自由だったよ!」と、ローマーは映画の中の夢の連なり、つまりルカが自由と渇望を感じて高く駆け上がるイメージを表現することが特に気に入っているそう。

「躍動感ある器楽的奏法やとてもワイルドなリズムが必要不可欠だったね」とローマー。

また「これほどメロディカルなスコアを作ることはとても楽しかったし、みんなに観てほしい映画だよ」と付け加えています。

 

収録曲

  • 僕はルカ
  • ちゃんと隠れた?
  • 知りたがりの魚
  • モリを忘れてますよ
  • ないのにあるシッポ
  • 歩くのも泳ぐのも同じ
  • ベスパがあれば
  • しっかり押さえろ
  • シレンツィオ、ブルーノ
  • 憧れのベスパ
  • 海の底
  • 重力サイコー!
  • ポルトロッソ
  • シニョール・ベスパ
  • 特別なレース
  • おやすみ、2人とも
  • 陸のモンスター
  • ボンジョルノ、マッシモ
  • よそ者税
  • 人間はルールが好き
  • 人間の泳ぎ方
  • うちの子じゃない
  • 望遠鏡
  • 太陽系の外
  • 他のヤツらはいらない
  • シー・モンスター
  • 取り消したい言葉
  • ポルトロッソ杯
  • 受け入れてくれる者
  • 調べて教えて
  • 日本版エンドソング 「少年時代(あの夏のルカver.)」Performed by suis from ヨルシカ

 

日本版サウンドトラックには、ダン・ローマーによる、郷愁誘うアコースティック・サウンドが光るスコアに加えて、suis from ヨルシカによる日本版エンドソング「少年時代(あの夏のルカ ver.)」を収録。

楽曲は井上陽水の“夏を代表する”名曲「少年時代」(1990年/作詞:井上陽水 作曲:井上陽水、平井夏美)を本作のためだけにトクマルシューゴがアレンジを加えたもの。

歌唱には次世代を担う音楽アーティスト ヨルシカのボーカルsuisが抜擢され、デジタル・シングルも配信中です。

 

感動のサマー・ファンタジー・アドベンチャーを彩るサウンド・トラック!

ディズニー&ピクサー『リメンバー・ミー』オリジナル・サウンドトラックの紹介でした☆

シー・モンスターの世界と美しい港町を舞台に“最高の夏”を描く!ディズニー&ピクサー映画『あの夏のルカ』

続きを見る

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.