ピーターラビット(TM) イングリッシュガーデン

カフェ テーマパーク・遊園地情報

物語の世界が堪能できるフォトスポットやカフェも!富士本栖湖リゾート内「ピーターラビット イングリッシュガーデン」オープン

投稿日:

2022年春、富士本栖湖リゾートに、花々や草木のナチュラルな自然美と「ピーターラビット」の世界観が楽しめる「ピーターラビット イングリッシュガーデン」がオープン!

美しいイングリッシュガーデンのほか、「ピーターラビット」の作品世界観が楽しめるフォトスポット、カフェ、ミュージアム、ショップなどが展開されます☆

 

富士本栖湖リゾート内「ピーターラビット イングリッシュガーデン」オープン

 

ピーターラビット ロゴ

 

開業:2022年4月(予定)

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212 (富士本栖湖リゾート)

内容:
・イングリッシュガーデン
・センターハウス(ショップ、ミュージアム、トイレ他)
・カフェ

面積:約4,600平方メートル

アクセス:中央自動車道・河口湖ICより約25分、東名高速道路・富士ICより約50分

 

富士山の春の風物詩として富士急行の運営する「富士芝桜まつり」

その会場である富士本栖湖リゾート内に首都圏最大級の英国式庭園「ピーターラビット イングリッシュガーデン」が誕生です!

 

ピーターラビット(TM) イングリッシュガーデン

 

イングリッシュガーデンのデザイン監修は英国人ガーデンデザイナーのマーク・チャップマン氏がプロデュース。

庭園内では、作家ビアトリクス・ポター氏による英国の湖水地方の農園を舞台にした世界中で愛される物語『ピーターラビットのおはなし』絵本シリーズの世界観を再現したスポットで写真撮影を楽しめます。

カフェでは、作品に登場する様々なアイテムからインスピレーションを得たメニューがラインナップ。

その他にも、「ピーター」をはじめたくさんの仲間たちに出会えるミュージアムや、ここでしか買えないオリジナル公式グッズが揃うショップなど、『ピーターラビット』の世界観を存分に楽しめます☆

 

『ピーターラビットのおはなし』出版120周年を迎える記念すべき年にオープン!

「ピーターラビット イングリッシュガーデン」は、2022年4月にオープン予定です☆

(C)FW&Co.,2021

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.