マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』本ポスター

MARVEL(マーベル) 映画

新たなヒーロー誕生の物語!マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

投稿日:2021年9月9日 更新日:

全世界を席巻し衝撃と感動を巻き起こした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約2年、世界中の多くのファンが最新作を待ち望む中、2021年マーベル・スタジオが本格的に再始動!

新たなヒーロー誕生の物語を描く『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が2021年9月3日(金)ついに劇場公開を迎えました。

マーベル・シネマティック・ユニバース新時代を築く待望の一作を紹介します☆

 

もくじ

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

 

 

公開日:2021年9月3日(金)

タイトル:シャン・チー/テン・リングスの伝説(原題:Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)

全米公開:2021年9月

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

監督:デスティン・ダニエル・クレットン(『ショート・ターム』、『黒い司法 0%からの奇跡』他)

出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー

 

 

これまで、アイアンマンやキャプテン・アメリカなど、世界中の人々を魅了するキャラクターを数多く生み出してきたマーベル・スタジオから、アベンジャーズの系譜を受け継ぐ新たなヒーローが登場。

タイトルにも入っている 「テン・リングス」 とは、『アイアンマン』(08)シリーズや、『アントマン』(15)の劇中にも登場していた組織の名前です。

本作では、これまで深く描かれることのなかったテン・リングスの謎が遂に明かされることに!

主演シャン・チー役にはシム・リウが抜擢され、さらにアジアが誇る名優トニー・レオンが父親役で出演します。

 

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

 

特報映像では、ホテルの駐車係として働きながら暮らしていた主人公シャン・チーが、”ある出来事”をキッカケに世界を脅かす恐ろしい計画に巻き込まれていく様子が描かれます。

仮面をつけた謎の敵との息もつかせぬ怒涛のファイトシーンや、スリリングかつスタイリッシュなカーアクションなど、わずかな映像からでもこれまで見たこともないような壮大なアクション。

自らの過去と向き合い、世界の未来をかけた戦いに挑んでいくシャン・チーの姿と、父親から告げられる「運命からは逃れられない」という言葉に謎が深まります。

監督は、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンが主演を務めた『ショート・ターム』や、『ブラックパンサー』のマイケル・B・ジョーダン主演の『黒い司法 0%からの奇跡』を手掛けるなどマーベル作品の俳優陣ともつながりが深いデスティン・ダニエル・クレットン。

マーベル・スタジオの新しい時代を築くヒーローの誕生物語です。

 

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』本ポスター

 

「最強ゆえに戦いを禁じた、新ヒーロー誕生」というキャッチコピーとともに、鋭く前を見据える凛々しい表情のシャン・チーから、強い意志と芯の強さが感じられるポスター。

シャン・チーの背後には、本作の中でも印象的な伝説の腕輪「テン・リングス」を身に付けた、最愛の妻を失い悪に染まった最凶の父・ウェンウーが不吉な影のように迫ります。

そのほか、一匹狼の格闘家として生きるシャン・チーの妹シャーリン、勇敢でいつも前向きな親友ケイティなど、物語の鍵を握る人物たちの姿も。

いまだ謎に包まれる作品全容ですが、伝説の腕輪を操る父に立ち向かう、シャン・チーの姿が印象的です。

 

ストーリー/あらすじ

 

 

かつて父が率いる犯罪組織で、子供の頃から苦しい修行の毎日だったシャン・チー。

誰にも負けない「最強」の存在として鍛えられた彼は、組織の後継者になることを期待されていました。

ところが、優しすぎる彼は自らに戦うことを禁じ、その運命から逃げ出してしまったのです。

過去の自分を捨て、アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていくはずだった彼。

しかし悪に染まった父が伝説の腕輪「テン・リングス」を操り世界を脅かし始め、その事態にシャン・チーは遂に封印していた力を解放してしまいます。

自らの宿命に抗おうとしながら、意志に反して再び父のもとへと呼び戻されてしまうシャン・チーと彼を手塩にかけて育てた父親の暗い思惑が世界の均衡を崩すことに。

予告映像でも一目瞭然のように、鍛え抜かれた肉体から繰り出される度肝を抜くアクションシーンは本作の大きな見どころのひとつ!

これまでも、悪に立ち向かう最強ヒーローたちの華麗なアクションで世界を熱狂させてきたマーベル・スタジオが、新境地ともいえるマーシャル・アーツを大胆に取り入れた革新的なバトルシーンを展開します。

マーベル・スタジオならではの目を見張る迫力満点のアクション、世界の未来をかけた壮大なストーリー展開にも期待が高まります。

 

 

こちらの予告映像では、サンフランシスコのホテルで働く平凡な青年ショーンとして暮らしていたシャン・チー(シム・リウ)が、彼の父であり犯罪組織《テン・リングス》のリーダーであるシュー・ウェンウー(トニー・レオン)が送り込んだ刺客の襲撃を受けて、父から授かった最強の力を解放する場面からスタート!

走り続ける狭いバスの中、驚異的な最強の武術を駆使し手に汗を握る激しい高速バトルを繰り広げ、冒頭から興奮は最高潮!

観客の目を釘付けにして息を呑んでしまうような緊張感と、思わず声が出てしまうようなスピード感・躍動感溢れる、マーベル・スタジオが新境地へ踏み込んだ”マーシャル・アーツ“全開の壮絶バトルに圧倒される映像が満載です。

特にこのシーンは公開前からも注目を集めていましたが、スクリーンで見た観客からもこれらのアクションシーンは「とにかく格闘シーンが抜群にカッコいい!」「キレッキレのキレすぎアクション!」と大好評!

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』サブ1

 

シャン・チーを演じたシム・リウは本作のアクションについて「スタント・パフォーマーたちは、世界中からやって来た。モンゴル、中国、オーストラリア、カナダ、アメリカといったね。僕たち全員が集まって、お互いに学びながら仕事をしたんだ。僕がオーストラリアに到着した時から、撮影開始前の3ヶ月間、彼らが僕に見せてくれたものにすごく驚かされた。」と、迫力の”マーシャル・アーツ“を作り上げるためにあらゆるアクションを学んだことを明かします。

一方で、映像には多彩なアクションと同時に、シャン・チーが自分の運命と葛藤し、ヒーローとして目覚めていく姿も垣間見える場面も。

彼には、組織の後継者になることを期待されていましたが、最強ゆえに自ら戦うことを禁じその運命から逃げ出した過去があったのです。

しかし、自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、徐々に“本当の強さ”に目覚めていくことに。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』場面写真_2

 

凄腕の刺客に追われる身となった彼は、勇敢でいつも前向きな親友ケイティ(オークワフィナ)を守るべく危険に身を投じ、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、宿命の敵となった父に立ち向かう決意をします。

シャン・チーは世界の未来を担う存在となることができるのか――。

マーベル・スタジオ社長でもあり本作の総制作指揮をとったケヴィン・ファイギは、本作をただのアクション映画ではなく「自分の父親がそもそも世界有数の犯罪者の一人である
ことに気づく若者のストーリー」だと明かします。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』場面写真_1

 

「シャン・チーはその事実を乗り越えて進化するために、どうやって立ち向かえばよいのかを見出さなければなりません。今回の映画では、彼の父親への世間の認識や彼の認識は、シャン・チーが最初に考えていたものよりも、ずっと複雑なものだったことが示されます。そこが物語の原動力として素晴らしいものであり、私たちはそこを掘り下げたいと考えたのです」と注目のアクションだけでなく、シャン・チーと父シュー・ウェンウーを中心としたストーリーにも重厚なドラマが描かれており、シム・リウも「これまでの
マーベル映画では決して見られなかったシーンや場面に驚かされるはずだよ。そういうシーンに衝撃を受けて魅了されることになると思うんだ。とにかく観てもらわなければ信じてもらえないだろうけれどね。」と自信を見せています。

 

キャラクターポスター&登場人物紹介

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』キャラクターポスター

 

本作のカギを握る登場人物たちのヴィジュアルとそれぞれのコピーを一覧できるキャラクタポスターが解禁されています。

シャン・チーをはじめ、ストーリーのカギを握る重要なキャラクターそれぞれの強い意志が感じられる凛々しさ溢れた仕上がりのキャラクターポスターとあわせ、登場人物を一挙に紹介!

 

シャン・チー(シム・リウ)

 

一族に伝わる伝説の力「テン・リングス」を受け継ぐ後継者として育てられましたが、最強の力を持ちながらも、自らの宿命から逃げ出し、ホテルマンとして働いています。

力を封印して、二度と戦わないことを決意した彼ですが、再び脅威と向き合い、葛藤しながらも「本当の強さ」に目覚めていくことに。

 

ケイティ(オークワフィナ)

 

シャン・チーの親友ケイティ。

偶然にシャン・チーの正体を知ってしまいますが、変わらずに彼に寄り添い、自分自身も戦いへと飛び込んでいく勇敢さを持っています。

「どんな秘密があっても、ずっと味方だから」というコピーで分かるように、誠実な女性です。

 

シュー・ウェンウー(トニー・レオン)

 

犯罪組織のリーダー、シュー・ウェンウー。

シャン・チーの父親ですが、復讐のために彼を最強の後継者として育て上げました。

テン・リングスを両腕にまとい、冷酷な表情を見せています。

 

シャーリン(メンガー・チャン)

 

シャン・チーの妹シャーリン。

シャン・チーが自らの運命から逃げ出して以来、自分を守るために心を閉ざしてしまいました。

孤高の戦士として、たった1人で戦っています。

 

イン・ナン(ミシェル・ヨー)

 

シャン・チーの伯母イン・ナン。

伝説の地、ター・ローの戦士で、ウェンウーに強い忠誠心を持っています。

 

デス・ディーラー

 

シャン・チーを狙う刺客。

隈取のようなメイクが不気味な、暗殺術のエキスパートです。

 

日本版声優決定

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』日本版声

 

最強ゆえに戦うことを禁じた新ヒーロー「シャン・チー」の記念すべき誕生ストーリーが描かれる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

そんな『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の日本版についての情報が解禁され、実力派声優が名を連ねる日本版のキャストが決定しました!

今回解禁となったのは、主人公「シャン・チー」のほか、ストーリーのカギを握る重要人物たちの日本版声優を務めた豪華面々。

一族に伝わる伝説の腕輪<テン・リングス>を受け継ぐ後継者として育てられ、最強の力を持ちながらも、自らの過去を封印した主人公「シャン・チー」の声を担当するのは『この世界の片隅に』ですずさんの旦那である北條周作役でも知られ、『進撃の巨人』のライナー・ブラウン役、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オルガ・イツカ役などで知られる声優細谷佳正さん。

数々の人気キャラクターを務め、第8回(2014年)、第10回(2016年)声優アワード助演男優賞受賞の経験もある彼が、本作では、「二度と戦わない」と最強の力を封印しながらも、悪に染まった父を前に再び脅威と向き合い、葛藤しながらも“本当の強さ”に目覚めていく主人公に命を吹き込みます。

そして、細谷さん演じるシャン・チーが父から逃れるためアメリカに渡ったことでひとり取り残され、自分自身を守るために心を閉ざし孤高の戦士となった妹「シャーリン」役に決定したのは、内田真礼さん。

さらに、シャン・チーの人生を大きく揺るがすことになる父「シュー・ウェンウー」役には、俳優・声優として高い評価を受け、過去のトニー・レオンの吹き替えも担当してきた山路和弘さんが決定。

俳優として NHK の2022 年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』の出演も決定しているベテランの山路さんが、本作では息子の「シャン・チー」を復讐のために最強の後継者として育て上げた、最凶の父親で犯罪組織のリーダーを演じます。

その他、親友「ケイティ」役には、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』や『オーシャンズ 8』など名だたる大作で吹替を務めるほか舞台女優としても活躍中のニケライ ファラナーゼさんに決定。

彼女が演じる「ケイティ」は、偶然にも「シャン・チー」の正体を知ることになりながらも常に彼に寄り添い、自らも戦いに飛び込んでいく勇敢な相棒です。

「シャン・チー」の人生に大きく関わっていく「ケイティ」の活躍にも期待が高まります。

細谷佳正さん、山路和弘さん、内田真礼さん、ニケライ ファラナーゼさんからいただいたコメントを紹介します☆

 

細谷佳正さん/シャン・チー役

 

シム・リウ氏演じるシャン・チーの表現は、日本のマーベルファンの皆様にとって実感を伴って響いて行く何かがあると感じました。

真っ直ぐで情熱的なシム・リウ氏の表現を見て、勝手ではあるけれど、親しみを感じ、一部かもしれないけれど、共通理解の様なものを得られた気がします。

とても魅力的な俳優だと思うし、好きだと思いました。

ドラマティックな脚本と、派手な中にどこか清潔感を感じるアクションの演出は、年齢・性別を分けること無く、幅広い層の人々が楽しんで観劇できる作品になっていると思います。

是非、吹き替え版でも観劇頂けたら嬉しく思います。

 

山路和弘さん/シュー・ウェンウー役

 

久々のトニー・レオン。

とても楽しく、演じさせていただいた。

マーベルの新しいヒーローの活躍をぜひお楽しみに。

 

内田真礼さん/シャーリン役

 

マーベル・スタジオの最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』で、新たなヒーローシャン・チーの妹・シャーリンを演じました内田真礼です。

シャーリンは、アクションシーンもたくさんあるのですが、彼女の凛とした佇まいや、強さはとてもかっこいいです!

シャン・チー、心が沸き立つ映画となっています。是非、劇場でご覧ください!

 

ニケライ ファラナーゼさん/ケイティ役

 

私が吹替させて頂きましたシャン・チーの相棒ケイティは明るくて図々しい所が可愛い非常に心優しい女性です。

シャン・チーとは友達という「愛」の絆で結ばれています。

他にも兄弟愛・家族愛・民族愛・車愛などなど笑。

過去や現在に様々な事情や葛藤があった上でたくさんの「愛」の形が描かれていると強く感じます。

心揺さぶられっぱなしの人間ドラマをかっこいいアクションシーンや美しい映像と共に一人でも多くの方に楽しんで頂けましたらこれ以上の幸せはありません!

 

※終了しました※Twitter マーベル・スタジオ公式アカウント『シャン・チー/テン・リングスの伝説』生配信イベント

 

配信日時:2021年8月26日(木)19:00

ゲスト:細谷佳正さん、内田真礼さん、ニケライ ファラナーゼさん

配信サイト:Twitter マーベル・スタジオ公式アカウント

 

8月26日19時より、日本版声優を務めた細谷佳正さん、内田真礼さん、ニケライ ファラナーゼさんが本作の魅力を語りつくす生配信イベントも決定。

30分限定での生配信なので、要チェックです!

 

壮絶アクションの舞台裏が明らかになるメイキング映像が初解禁

 

 

アクションシーンの裏側が明らかになる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のメイキング映像が解禁されました!

今回解禁となった映像では、自らの運命から逃れるために渡ったサンフランシスコで、ホテルで働く平凡な青年「ショーン」として暮らしていた「シャン・チー」が、彼の父であり犯罪組織《テン・リングス》のリーダーである「シュー・ウェンウー」が送り込んだ刺客の襲撃を受けて、走り続ける狭いバスの中で激しいアクションを繰り広げるシーンの撮影風景。

本作で最初のアクションが展開されるこのシーンは、平凡な青年として過ごしていた「シャン・チー」が父から授かった最強の力を解放しヒーローへと覚醒する重要な場面でもあります。

狭いバスの中を隅々まで活用して縦横無尽に駆け回り、華麗なアクションが次々と繰り出されます!

デスティン・ダニエル・クレットン監督も

「初めての経験だった」

というように、実際にサンフランシスコの坂道で本物の車をぶつけながら撮影されており、まさに冒頭から観客の度肝を抜く演出となっています。

本作は主人公「シャン・チー」が繰り出すマーシャル・アーツが注目を集めていますが、「シャン・チー」を演じたシム・リウ氏は、この作品を

「根っからのマーベル映画だ」

と語ります。

「当然、アクションが満載。

展開する各シーンのクオリティも間違いない」

と、アクションは当然のことながら、そのほかの演出にも太鼓判を押します。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 メイキング写真_1

 

マーベル・スタジオの社長であり、本作のプロデビューサーで、これまでも数々のマーベル・スタジオ作品を手掛けてきたケヴィン・ファイギ氏は

「マーベル映画で史上最大級のスケール」

と断言し、自信を見せています。

本作ではそのほかにも「シャン・チー」と最強の刺客「デス・ディーラー」がビルの中で肉薄のバトルを繰り広げるシーンや、離れ離れになっていた妹「シャーリン」と熱狂する格闘場で拳を交えるシーンも。

さらにはトニー・レオン氏らが太極拳を活用した優雅で神秘的ながら圧巻のアクションを繰り広げるシーンもあり、「シャン・チー」以外のキャラクターによるアクションも盛りだくさんで見逃せません!

本作のアクションは世界中のあらゆる武術を結集して作られており、「シャン・チー」の親友「ケイティ」を演じたオークワフィナ氏が

「スタントチームは最高峰」

と語るように、本作のためにまさに世界中からトップクラスのスタッフが集められました。

その中にはジャッキー・チェン氏のスタントチームメンバーとして長年活躍されたアンディ・チェン氏やブラッド・アラン氏も含まれています。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』メイキング写真_2

 

さらに「シャン・チー」の母親を演じたファラ・チェン氏は太極拳の世界女王から直接指導を受けたほか、数々のアクション映画に出演してきたトニー・レオン氏もリハーサルだけで2週間を費やしたほど。

これまで多くの作品に出演し、本作では「シャン・チー」の伯母「イン・ナン」を演じるミシェル・ヨー氏も神秘的な物語と世界中の武術を取り入れたアクションの融合に

「個性的な作品」

と語ってくださっています。

シム・リウ氏はインタビューでも

「これまでのマーベル映画では決して見られなかったシーンや場面に驚かされるはずだよ。

そういうシーンに衝撃を受けて魅了されることになると思うんだ。

とにかく観てもらわなければ信じてもらえないだろうけれどね」

と笑顔を見せつつ、さらに

「デザイナーたちが考案したとても素晴らしくてクリエイティブなシーンが幾つかある。

それらのシーンは、マーベル映画だけにとどまらず、一般的な映画全体のハードルを上げることになると僕は思っているよ。」

と自信たっぷりに語っており、本作はマーベル・スタジオ作品のみならず今後の映画界にも影響を及ぼす注目作となること間違いなしです!

 

驚異的な“武術”が飛び出す白熱バトルシーンが解禁

 

 

新時代を築くヒーロー「シャン・チー」に熱い視線が注がれる中、白熱バトルを捉えた本編映像が解禁となりました!

今回解禁となったのは、自らの運命から逃れるため渡ったサンフランシスコで「ショーン」と名乗り平凡なホテルマンとして暮らしていた「シャン・チー」の前に、彼の父であり最大の敵となる「シュー・ウェンウー」が送り込んだ刺客が突如襲い掛かるシーン。

彼と共にバスに乗っていた親友の「ケイティ」は「人違いしてる!弱そうでしょ?」と間に入って止めようとしますが、敵に殴り飛ばされてしまいます。

目の前で親友が殴られるのを見たその瞬間、心優しい青年「ショーン」が最強の戦士「シャン・チー」へと覚醒します!

走り続ける狭いバスの中で始まった、「シャン・チー」VS 父の刺客たちとの白熱のバトル。

渾身の拳を放ち、敵をぶっ飛ばした「シャン・チー」は、その後も驚異的な武術を駆使しながら瞬きもできない速さで敵を一蹴します。

ホテルマンとして平凡な日々を送りその”力“を封印していたショーンが、ヒーロー・シャン・チーとしての力を発揮。

この集団が狙っていたのは「シャン・チー」の母の形見である大事なペンダントでした。

彼らがこのペンダントを奪おうとする理由は何なのでしょうか…?

「シャン・チー」として目覚めた今、壮大な物語が始まろうとしていました―。

 

シャン・チー役シム・リウ氏コメント

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』場面写真_002

 

「アイアンマン」のようにパワードスーツを身に着けたり、「ソー」が持つムジョルニアのような特殊な武器は持たない「シャン・チー」

”生身“で真っ向から敵と戦う本映像からも分かるように、本作ではマーベル・スタジオが新境地へ踏み込んだ最強の武術“マーシャル・アーツ”が披露されており、まさにこの武術というスタイルが他のマーベル作品とは一線を画す本作ならではの魅力です。

「シャン・チー」役に抜擢されたシム・リウ氏はこの役を演じるため、世界各国の武術の達人によるトレーニングを受けたそう。

「本当に驚異的な経験だったね。

毎日、世界の最高峰の人たちから学んでいるんだ、って肌で感じることができたよ。

僕らは、人類に知られているほぼすべてのファイティング・スタイルを、考え得る限りおさらいした。」

と驚きの舞台裏を明かします。

シャン・チーが戦うシーンでは、目で追えないほどの高度な武術が駆使されており、いままでのマーベル作品では見たことのない新鮮かつ大胆なアクションシーンが魅力的。

さらにシム氏は

「この仕事をやるにあたって、武術やアクションシーンがものすごく大切な役割を果たすこと、シャン・チーがマスクをつけたり、顔まで隠れるスーパー・ハイテク・スーツを身につけたりしないことも分かっていた。」

と「シャン・チー」独自の“生身で戦う”スタイルについてコメント。

「それが意味するところは、僕自身がたくさんのアクションをしなければならないということさ。

そのことは初日から分かっていたし、ものすごくワクワクして飛び込んでいったんだ。」

と撮影時を振り返ります。

かつて父に鍛え抜かれた戦闘能力を駆使して繰り広げられる大迫力の肉弾戦は本作ならではの魅力で、映画館で観るマーベル・スタジオ作品のあの“興奮と熱狂”を観客へ届けてくれること間違いなしです!

 

豪華キャスト&制作陣が映画の魅力を語る特別映像

 

 

マーベル・スタジオの社長で、本作の製作プロデューサーでもあるケヴィン・ファイギは「この話は、マーベル・シネマティック・ユニバースの最初に立ち戻る事になる。そこには重要な出来事があった。その出来事とは、トニー・スタークがアイマンマンになったこと。トニーは自社の武器が、ある組織に利用されている事を知る…その組織というのが、テン・リングスだ。そこに、私達が心から登場させたい素晴らしいキャラクターがいた。それが、シャン・チーなんだ」と、MCUの原点に回帰する作品であることを示唆し、最強の武術を駆使して戦う新ヒーロー“シャン・チー”の持つ存在感に太鼓判。

また、シャン・チーの背景について、「シャン・チーのバックストーリーはとてもユニークで、彼の父親が悪に染まった犯罪組織のリーダーだということを知る。テン・リングスは“力”の象徴だ」と語るように、幼い頃から、父が率いる犯罪組織での厳しく苦しい鍛錬を耐え抜き、誰にも負けない“最強の存在”に仕立て上げられ後継者として育てられながらも自ら戦うことを禁じ、その運命から逃げ出した秘密の過去があるシャン・チー。

新ヒーロー誕生の背景には伝説の腕輪《テン・リングス》が関係し、世界の未来をかけた壮大な戦いに隠された<陰謀の存在>を予感させます。

果たして、一際優しく人間味に溢れる彼が父から授かった力を解き放つことはできるのでしょうか。

表情を殺し冷酷な最凶の父が抱える闇を醸し出す、トップスターとしてキャリアを重ねるトニー・レオンの圧巻の演技にも注目です。

主人公のシャン・チー役を務めたシム・リウは「この映画製作が発表されたとき、僕は本当に興奮したよ。ちょっとしたジョークのつもりでマーベルに、そろそろシャン・チーについて話そうとツイートしたことがあって、今思えば、そうしておいて本当に良かったね」と、当時の運命的な出会いを振り返る。

続けて、「彼は父親のところに連れ戻される…そして彼と正面から対峙しなければならない。しかも、父親はとても非情な父親だ。そして、とんでもないことが起きる」と語るように、「いまこそ私のもとへ戻るのだ」「断る」と自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーと悪に染まった最凶の父が対峙する場面も。

父は何を望み、何故、世界を脅かすのか?

世界にとって最凶の悪としてたちはだかる父親を目の前にシャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?

今後の新たな展開に期待が高まるばかりです。

また、勇敢でいつも前向きなシャン・チーの親友ケイティ役のオークワフィナは「彼はこのキャラクターに強烈な情熱を注いでいる。シャン・チーはシムのために作られたキャラクターだし、彼の情熱を肌で感じることができるわ」と、シャン・チー役のシム・リウの力強い演技を絶賛!

デスティン・ダニエル・クレットン監督は「間違いなく心血を注いでこの作品をつくりました。私の信念に即しているようにさえ感じました。そして、それは、とてもクレイジーでワイルドな巨大なライドでした」と、絶対的な自信を覗かせています。

 

特別映像「一族に伝わる最強の“力”編」

 

 

シャン・チーの力と「テン・リングス」にフォーカスした特別映像が解禁されました。

ファイトクラブで戦うことになったシャン・チーの姿から始まるスピーディーなトレーラーでは、暴走するバスの中でのハラハラするようなアクションや「テン・リングス」の能力を使った戦闘シーンも垣間見ることができます。

「父さんとは違う」と、自らの運命と決別しようとするシャン・チーですが、最強の力である「テン・リングス」をめぐって再び過去と向き合うことでついに本当の強さを手に入れることに。

世界の脅威となってしまった父親とどんな戦いを見せるのでしょうか。

 

マーシャル・アーツを取り入れた戦闘シーン満載の場面写真

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』メイン

 

一見すると、どこにでもいるようなごく普通の人間にも見えるマーベルの新ヒーロー、シャン・チー。

かつて手に入れ封印したままの最強のパワーを秘める彼がマーシャル・アーツを駆使して魅せる戦闘場面は迫力に満ちています。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_9

 

ただならぬ雰囲気を漂わせながら走行中の不安定なバスの中で戦う姿は鬼気迫るダイナミックさ!

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_3

 

それでも、マーベルヒーローたちの中でも一際優しくて人間味に溢れるのがシャン・チーという人間です。

そんな彼が戦う理由には、彼自身を手塩にかけて育ててくれた父親の存在が関係しているといいます。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_2

 

幼い頃から、父が率いる犯罪組織で厳しい修行の日々を繰り返してきたシャン・チーは、苦しい鍛錬を耐え抜き、誰にも負けない「最強」の存在へと成長を遂げました。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_6

 

ところが、優しすぎる彼は、後継者として育てられながらも自分に戦うことを禁じて、その運命から逃げ出したのです。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_4

 

自分の過去と決別し、サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていくことを決めたシャン・チー。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_1

 

しかし、そこで伝説の腕輪「テン・リングス」を操って世界を脅かそうとする悪に染まった父の陰謀に巻き込まれてしまうのです。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_7

 

封印してきた力を解き放ち、世界の未来をかけた壮大な戦いに挑みます。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_5

 

解禁された写真の中には、シャン・チーが自らの強大な力を露わにし、テン・リングスと思わしき光るリングのようなものを操って激しく戦う姿も収められています。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』サブ1

 

これまで圧倒的なスケールのバトルで世界中を沸かせてきたマーベル・スタジオだけに、新ヒーローが魅せるド迫力のアクションシーンは必見です。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 その他_8

 

さらに今回は、シャン・チーの人生に大きく関われることとなる新キャラクターたちの姿もお披露目されています。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』サブ2

 

自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、本当の強さに目覚めていくシャン・チーと、彼を取り巻く新たなキャラクターたちに否応なく期待が高まります!

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』ワールドプレミア in ロサンゼルス・ハリウッド

 

「シャン・チー」ワールドプレミア in ロサンゼルス・ハリウッド

 

全世界を席巻し、衝撃と感動を巻き起こした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

公開当時、全世界歴代興行収入記録を塗り替え世界No.1を記録した、世界中の人々の記憶に残るこのビッグタイトルを生み出したマーベル・スタジオが贈り出す最新作に熱い視線が注がれている中、先月公開を迎えた『ブラック・ウィドウ』は、全世界44ヵ国で週末NO.1、230億円を超える大ヒットスタートを記録。

続く最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が、2021年9月3日(金)にいよいよ公開を迎えます。

ついにベールを脱ぐ、マーベル・スタジオの新ヒーロー誕生の物語に期待が高まる中、本作の公開に先駆け、本作のワールドプレミアが現地時間8月16日(月)【※日本時間8月17日(火)】にロサンゼルス・ハリウッドにて開催され、マーベル・スタジオが贈る新ヒーロー《シャン・チー》役を務めたシム・リウ、シャン・チーの親友《ケイティ》役のオークワフィナ、シャン・チーの妹で孤高の戦士《シャーリン》役のメンガー・チャンら豪華キャストが登場!

さらに監督という重責を担ったデスティン・ダニエル・クレットンや、マーベル・スタジオの社長であり本作の製作プロデューサーを務めるケヴィン・ファイギら豪華製作陣に加え、監督をつとめた『ノマドランド』が第93回アカデミー賞作品賞、監督賞、主演女優賞を受賞し、本作に続くマーベル・スタジオ映画『エターナルズ』も手がけるクロエ・ジャオ監督やR&BシンガーのNIKI、元人気K-POPグループGOT7のマークなどスペシャルゲストも一同に集結!

コロナ禍で交流の機会が減っている中での開催に、キャスト・製作陣・ファン共に笑顔溢れる幸せな光景が広がりました☆

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』ワールドプレミア in ロサンゼルス・ハリウッド2

 

この日、レッドカーペットの会場となったエル・キャピタン・シアターには、各国メディアのほか、事前に選ばれた幸運なファン達が招待されました。

撮影で実際に使用された数々の衣装で彩られた会場には、キャプテン・アメリカやスパイダーマン、ロキ、ブラック・ウィドウなど歴代マーベルヒーローたちのコスプレをしたファンに加え、最新作の予告に登場したブルゾン姿やホテルマン姿のシャン・チーになりきったファンたちが一同に集い、興奮の面持ちで、新ヒーロー誕生の瞬間を今か今かと待ち受けます。

さらに、会場の外でもこの日入れなかった多くのファンも詰めかけるなど、大きな盛り上がりをみせました。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』ワールドプレミア in ロサンゼルス・ハリウッド3

 

そんな中、本作でマーベル・スタジオの新時代を担う新ヒーロー《シャン・チー》役を演じたシム・リウがレッドカーペットに登場すると、ファンたちからは大きな歓声が!

かねてよりマーベル・スタジオ映画の大ファンだったという彼は、「今この瞬間、何時間も並んで待ってくれた多くの素晴らしいファンに囲まれ、ファンの愛、サポート、喜びをひしひしと感じている。興奮しているよ。私にとって夢が叶ったような出来事だよ。」とマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)への仲間入りを果たした実感に改めて感激したようで、この日初お披露目となる本作について、「すごくいい気分だね。大勢の人々が集ってくれたのはとても嬉しいし、実際に完成作を観てもらえるのがとにかく嬉しいよ。ここに集った全員の顔に笑顔が浮かんでいる。最高の瞬間だね。」と期待と興奮を隠せない様子。

「日本のMCUファンの皆さん、大好きです。皆さんに映画を観て楽しんでもらえることが楽しみだよ。ありがとう。」と日本のファンに向けて熱いメッセージも。

続いて登場したのが、ビビットカラーのビスチェにワイドなシルエットのパンツスーツという個性溢れる衣装を身に纏った、シャン・チーの親友《ケイティ》役を演じたオークワフィナ。

MCU作品へ初参加となった彼女は、「どのマーベル作品にも人間味があって、温かみがあるわ。本作のストーリーに多くが共感すると思う。もちろん、ユニークな作品でもあるけど、より壮大なマーベルの世界にぴったりはまる作品でもあると思う。とにかく参加できて光栄だわ。」と喜びを爆発させ、「シム・リウがどんなにかっこいい俳優かということを観客にぜひ観てほしいわ。観客が笑って、感動して、スタントに圧倒されることを願っているわ。世界級のスタントチームが迫力あるスタントを見せているの。」とマーベルの新ヒーローという大役を担ったシム・リウ、そして“これぞマーベル”と言わんとする壮大なアクションが展開される本作の魅力を強くアピール。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』ワールドプレミア in ロサンゼルス・ハリウッド4

 

その後も、豪華キャスト・製作陣が登場する度に、ファンたちの黄色い歓声が上がり続ける中、晴れやかに登場したデスティン・ダニエル・クレットン監督は、本作の魅力を「クラシカルなマーシャルアーツ作品とファミリー・ドラマ作品を混ぜたような作品だと思う。コメディー要素も多少、混ざっているね。色々なジャンルが少しずつ混ざっている」と語り、さらには、「どのMCU作品もそれぞれの話と繋がっているし、本作も同じだよ。」と、本作が他のMCU作品との関わりがあることを示唆。

MCU作品の顔であるケヴィン・ファイギもまた、マーベル・スタジオのフェーズ4を飾る重要作となることを世界中から期待されている本作について言及されると、「これまでの作品の主な役割は、新たな登場人物を紹介することだった。そして、これまで紹介されてきた新たなキャラクターたちが1つの『アベンジャーズ』作品、もしくは、クロスオーバー作品に集結できる準備が整った。『ブラック・ウィドウ』、ディズニープラス上で『ロキ』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、『ワンダヴィジョン』を公開してきて、いよいよ、新たな幕開けにあたる本作で新ヒーローが初公開される。つまり、この作品は新たな、そして重要なマーベルヒーローの起源物語に当たるというわけだ。これから非常に重要な存在となるヒーローの誕生だよ。」と断言!

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを飾る重要な一手となる本作に、ますますアツい視線が集まりそうです。

 

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』日本版声優トーク・イベント

 

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』日本版声優トーク・イベント

 

開催日:2021年8月26日

公開を直前に迎えた2021年8月26日、オンラインにて「映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』日本版声優トーク・イベント」が開催されました!

イベントに登場したのは、主人公のシャン・チー役の声を担当する細谷佳正さん、シャン・チーの妹シャーリン役の声を担当する内田真礼さん、シャン・チーの親友ケイティ役の声を担当するニケライ ファラナーゼさん、そして、東京2020オリンピック金メダリストのウルフ アロン選手が登場。

それぞれの演じたキャラクターの魅力などについてお話してくださいました。

細谷佳正さんは、シャン・チーについて、見れば見るほど魅力的に見えると話し、目が離せないキャラクターと解説。

内田真礼さんは、とあるきっかけで兄のシャン・チーを憎んでいるシャーリンを演じてみて、“家族”を描いた作品と感じたそう。

ニケライ ファラナーゼさんは、ケイティは車の運転が大好きなので、カーチェイスのシーンが見どころとお話してくださいました。

また、特別ゲストとして登場した、柔道・東京2020オリンピック金メダリストのウルフ アロン選手は、マーベル映画の大ファンだと明かし、映画を見ながら“形”を意識してしまうというエピソードも飛び出しました。

 

星野源さんも参加! 『シャン・チー/テン・リングスの伝説:ザ・アルバム』デジタル配信開始

 

【即時解禁可】『シャン・チー/テン・リングスの伝説』スコアジャケット

 

タイトル:『シャン・チー/テン・リングスの伝説:ザ・アルバム』
発売日:国内盤CD2021年9月17 日(金)
価格:2,750 円(税込)
品番:UICS-1382

星野源がZion. Tとコラボしたインスパイア楽曲で参加し、世界中のスター級アーティスト達が大集結したアルバムが発売開始!

2021年9月3日(金)よりデジタル配信される『シャン・チー/テン・リングスの伝説:ザ・アルバム』に星野源が韓国出身アーティスト、Zion. Tとコラボしたインスパイア楽曲で参加していることが明らかになりました。

 

【即時解禁可】『シャン・チー/テン・リングスの伝説』「ザ・アルバム」ジャケット

 

全曲書き下ろしで構成されたアルバムには世界中のトップ・アーティストが参加。

日本からも人気アーティスト星野源さんが参加し、大きな注目を集めています。

デジタル配信されているのは、劇中で使用されている12曲で構成されているスタンダード版と、それに6曲のインスパイア楽曲を収録したデラックス版の2形態。

アジアと世界の音楽シーンの架け橋としても知られる総合エンタテイメント集団88risingが、Interscope Records、Marvel Studiosらとタッグを組んでアルバムをキュレート、アルバムのエグゼクティブ・プロデュースを手掛けています。

スタンダード版の参加アーティストには88rising所属のリッチ・ブライアンやNIKIを始め、アメリカからアンダーソン・パークやスウェイ・リー、フランスからDJスネイク、シンガポールからJJ・リンが名を連ね、インスパイア楽曲を提供しているのは韓国の新世代クリエーター集団DPRからライヴとイアン、そして日本からは星野源が韓国出身アーティスト、ザイオン・Tとのコラボ楽曲で名を連ねるというこの上ない豪華さ。

国内盤CDは全18曲収録、歌詞対訳付きで2021年9月17日(金)に発売となる運びです。

なお、シャン・チーたちの戦いを劇中で盛り上げる、ジョエル・P・ウェスト作曲のスコア(劇伴)を収録した『シャン・チー/テン・リングスの伝説 オリジナル・スコア』も好評配信中。

さらに、各音楽サービスで展開中のMARVELプレイリストも、期間限定でシャン・チーのアートに変更され、主要楽曲がピックアップされているのでぜひ注目してみてください。

 

新時代の幕開けを飾る注目作!

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、2021年9月3日(金)公開です。

クリアファイル表
迫力満点のイラストタッチ!インロック マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』グッズ

続きを見る

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『エターナルズ』
マーベル映画2作品の邦題・公開日決定!『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『エターナルズ』

続きを見る

©Marvel Studios 2021

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.