『ロジャー・ラビット』

Disney(ディズニー) 映画

ミッキーも出演するトゥーンタウンが舞台の豪華コメディ!映画『ロジャー・ラビット』作品紹介

投稿日:

実写とアニメーションの合成が大きな話題を呼んだスティーブン・スピルバーグ制作総指揮のファンタジー作品『ロジャー・ラビット』

ミッキーマウスやダンボといったディズニーキャラクターもたくさん登場するこの上なく豪華なコメディ作品を紹介していきます。

 

ディズニー映画『ロジャー・ラビット』作品紹介

 

『ロジャー・ラビット』

 

制作:1988年/アメリカ

上映時間:104分

タイトル:ロジャー・ラビット(原題:Who Framed Roger Rabbit)

スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスのタッグで贈られるファンタジー・コメディ超大作『ロジャー・ラビット』

アニメーションの人気ものたちがキャラクターライツの枠を飛び越えて多数出演している夢のような名作です☆

 

ストーリー/あらすじ

 

『ロジャー・ラビット』16

 

舞台は1947年のハリウッド、ロサンゼルスの東の方。

 

『ロジャー・ラビット』18

 

そこにアニメーションのキャラクターがたくさん住むトゥーンタウン(日本語吹き替え版ではアニメタウン)という町がありました。

トゥーンタウンに住む人気者ロジャー・ラビットはいつもはお調子者で有名なのですが、最近どうも落ち込んでいる様子で仕事でも失敗ばかり。

アニメの共演者ベビー・ハーマンもNGの連続に怒り心頭です。

 

『ロジャー・ラビット』6

 

ロジャーを心配した社長のマルーンは、その理由がロジャーの妻ジェシカ・ラビットにあるのではないかと考えて探偵を雇います。

ジェシカを調べるように言いつけられたのは探偵エディ・バリアント。

 

『ロジャー・ラビット』9

 

彼はその昔トゥーンタウンで仕事をしていたのですが、一緒に働いていたパートナーでもあった弟をトゥーンタウンで亡くしたことから、そこで働くことに乗り気になれずにいました。

それでも報酬のために渋々依頼を引き受けたエディは、ジェシカが働くインク・アンド・ペイント・クラブを張り込み、ジェシカと彼女の浮気相手だと噂が立つマーヴィン・アクメとの密会ツーショットを撮影します。

 

『ロジャー・ラビット』10

 

マーヴィン・アクメはアクメ社を創設した超大物です。

ところが、その後マーヴィンが誰かに殺害されてしまい、動機があるロジャーが容疑者に。

 

『ロジャー・ラビット』8

 

助けを求められたエディは自分が撮った写真が原因というなりゆきもあって、ロジャーをかくまうことになります。

 

『ロジャー・ラビット』1

 

エディのパートナーのドロレスも協力し、ロジャーを追う判事たちから逃げ回る即席コンビのロジャーとエディ。

逃亡生活の中で彼らは事件が思わぬ方向に根を広げていることに気づき始めます。

 

『ロジャー・ラビット』7

 

しつこくロジャーを追うドゥーム判事は殺人容疑がかかったロジャー用にトゥーンキャラクターを溶かすことができるディップという溶解液を開発して準備万端。

 

『ロジャー・ラビット』12

 

ロジャーは陰謀をめぐらされた濡れ衣を晴らさない限り、ディップで溶かされてしまう運命です。

ロジャーにかけられた容疑の裏で糸を引いているのは一体誰なのでしょう。

そしてその真の狙いとは?

 

キャスト&スタッフ

 

『ロジャー・ラビット』2

 

キャスト:
エディ・バリアント:ボブ・ホスキンス/内海賢二
ドゥーム判事:クリストファー・ロイド/大木民夫
ロジャー・ラビット:チャールズ・フライシャー/山寺宏一
ドロレス:ジョアンナ・キャシディ/横尾まり
マービン・アクメ:スタッビー・ケイ/緒方賢一
R・K・マルーン:アラン・ティルバーン/藤本譲

スタッフ:
監督:ロバート・ゼメキス
製作:ロバート・ワッツ、フランク・マーシャル
アニメーション監督:リチャード・ウィリアムス
脚本:ジェフリー・プライス、ピーター・シーマン
原作:ゲーリー・K・ウルフ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ

スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスの強力タッグで贈られる本作。

日本でも大人気なハッピーなアニメキャラクターの街でのスリリングな事件に夢中にさせられます。

東京ディズニーランドのアトラクション「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」のアイディア基でもある作品です。

 

『ロジャー・ラビット』に登場するキャラクターたち

 

『ロジャー・ラビット』17

 

ディズニーのキャラクター、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックたちのほか、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・スタジオなど会社の枠を越えて多数のキャラクターが登場する本作。

トゥーンのキャラクターと実写の俳優との共演が見事に融和しています。

主なトゥーンキャラクターを紹介していきます!

 

ロジャー・ラビット

 

『ロジャー・ラビット』11

 

陽気でユーモラスなウサギ、ロジャー・ラビット。

 

『ロジャー・ラビット』15

 

ひとところに落ち着いていられない根っからのお調子者で、お酒に弱く、飲むと暴れ回ってしまいます。

 

ジェシカ

 

『ロジャー・ラビット』3

 

インク・アンド・ペイント・クラブでシンガーとして働くジェシカ。

ロジャーと結婚しているパートナーで、彼のことを心から愛しているはずなのですが、浮気の噂を立てられています。

 

ベニー・ザ・キャブ

 

『ロジャー・ラビット』4

 

おしゃべりな黄色いタクシー、ベニー・ザ・キャブ。

ロジャーとは昔からの友達で、自分で走行ができる不思議な車です。

 

ベビー・ハーマン

 

『ロジャー・ラビット』5

 

赤ちゃんの見た目ながら、実は中身はおじさんのベビー・ハーマン。

ロジャーの親友で、アニメーションの共演者です。

 

実写とアニメーションが見事に融和したスティーブン・スピルバーグ制作総指揮のミステリー仕立てのファンタジー『ロジャー・ラビット』

ディズニーやユニバーサルの豪華キャラクターたちがたくさん登場するこの上なく豪華なコメディ作品は必見です!

『ロジャー・ラビット』は、Disney+(ディズニープラス)で配信中です。

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中!

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


© 2021 Disney

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.