ディズニープラス『アルテミスと妖精の身代金』

Disney(ディズニー) 映画

ディズニーからダーク・ヒーロー誕生!Disney+(ディズニープラス)『アルテミスと妖精の身代金』

更新日:

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」で、ディズニー映画最新作『アルテミスと妖精の身代金』を2020年8月14日(金)より独占公開!

『アルテミスと妖精の身代金』は、オーエン・コルファーの全世界 2500 万部のベストセラー小説「アルテミス・ファウル」シリーズを基にした、ファンタジー・アドベンチャー映画。

伝説的な犯罪一家の血統の 12 歳の天才少年アルテミスが、父親の誘拐をきっかけに、人間の世界から隠れて地下世界で暮らす妖精たちを相手に、知恵を駆使した戦いを挑みます。

 

ディズニープラス 映画『アルテミスと妖精の身代金』

 

ディズニープラス『アルテミスと妖精の身代金』

 

配信日:2020年8月14日

配信:Disney+(ディズニープラス)限定

 

ディズニー映画最新作『アルテミスと妖精の身代金』のDisney+(ディズニープラス)限定での公開が決定。

『アルテミスと妖精の身代金』は、オーエン・コルファーの全世界 2500 万部のベストセラー小説「アルテミス・ファウル」シリーズを基にした、ファンタジー・アドベンチャー映画です。

 

『アルテミスと妖精の身代金』ワンシーン

 

主人公は世界的な大泥棒の息子で、天才的な頭脳をもつ12歳のアルテミス・ファウル。

父親の誘拐をきっかけに、その天才的な頭脳を駆使し、人間には隠れた存在である“妖精”の宝の強奪を企てます。

また、アルテミスが対立する“妖精”は、文化・テクノロジーなどの分野において人間をはるかに超えるといわれるハイテク集団!

おとぎ話にでてくる魔法やファンタジーの世界と、近未来SFの世界が融合した現代的でオリジナルな世界観も見どころのひとつです。

さらに、アルテミスや妖精たちが駆使する、数々のガジェットにも注目です!

監督・製作は『マイティ・ソー』『シンデレラ』のケネス・ブラナー氏。

その他『イントゥ・ザ・ウッズ』『メリー・ポピンズ リターンズ』『ナショナル・トレジャー』『マレフィセント2』といったディズニー・ライブアクション話題作のスタッフたちで贈る、親子の絆と、種を越えた友情を描く、いまだかつてない新たな冒険ファンタジー作品に期待が高まります!

 

『アルテミスと妖精の身代金』ストーリー

 

『アルテミスと妖精の身代金』サブ

 

誘拐された父を救うため、代々続く犯罪一家の末裔で12歳の天才少年アルテミスが、誘拐犯から身代金として要求された<アキュロス>という妖精界で最も強大な宝を奪おうと、天才的な頭脳で驚くべき危険な計画を編み出し、妖精たちを相手に壮絶な頭脳戦を繰り広げる。

 

『アルテミスと妖精の身代金』キャスト

 

アルテミス・ファウル(フェルディア・ショウ)

 

主人公アルテミスに 1200 人のオーディションで選ばれた新星フェルディア・ショウ、

 

ホリー・ショート大尉(ララ・マクドネル)

 

共演の妖精ホリー役にララ・マクドネル、

 

マルチ・ディガムズ(ジョシュ・ギャッド)

 

さらにマルチ・ディガムズ役にジョシュ・ギャッド(『アナと雪の女王』『美女と野獣』)、

 

ドモボイ・バトラー(ノンソー・アノジー)

 

ドモボイ・バトラー役にノンソー・アノジー(『シンデレラ』)や、

 

アルテミス・ファウル シニア(コリン・ファレル)

 

アルテミス・ファウル シニアとして、コリン・ファレル(『ダンボ』『ウォルト・ディズニーの約束』)、

 

ルート司令官(ジュディ・デンチ)

 

ルート司令官役に、名優ジュディ・デンチといった、ハリウッドの実力派俳優が共演します。

 

『アルテミスと妖精の身代金』スタッフ

 

監督のケネス・ブラナーは製作も兼ね、製作総指揮にアンガス・モア・ゴードン(『イントゥ・ザ・ウッズ』『メリー・ポピンズ リターンズ』)とマシュー・ジェンキンス(『ナショナル・トレジャー』)、脚本はコナー・マクファーソンとハーミッシュ・マッコール(『マレフィセント 2』)が名を連ねます。

 

監督・製作を務めたケネス・ブラナーは、本作ついて次のように語っています。

 

『アルテミスと妖精の身代金』は、壮大なファンタジーアドベンチャーで、まばゆいばかりの美しい風景と目を見張るような視覚効果がみなさんを今まで見たことのない魔法の世界にお連れします。

私たちは、困難に立ち向かう 12歳の天才少年と驚きの旅に出るのです。

知性にあふれ、面白みもあり、しかも非常にクールな主人公と忘れられないようなキャラクターたちと出会い、魔法に満ちた新しい世界を訪れるのです。

アルテミスにとって(本人は認めないでしょうけど)家族が何よりも大切と思っています。

ですので、今回世界中の家族も彼とともに、彼のとてつもない最初の冒険をディズニープラスで楽しんでいただけることを、私と同様に誇りに思っていることでしょう。

 

予告映像・インタビュー動画

 

本邦初公開となる予告映像3本、と監督・製作を務めるケネス・ブラナー、窃盗魔のドワーフであるマルチ・ディガムズを演じるジョシュ・ギャッドによるインタビュー映像が公開されています。

天才少年“アルテミス”と ハイテクの“妖精”集団の戦闘シーンや、ハイテクガジェットの活躍も満載の痛快アクションが楽しめます!

 

予告編

 

 

予告編(誕生編)

 

 

予告編(人物編)

 

 

ケネス・ブラナー監督インタビュー

 

 

ケネス・ブラナー監督はインタビュー内で、この映画の監督になった経緯や主人公を演じた新星フェルディア・ショウを1200人の候補からキャスティングした思いなど語っています。

 

窃盗魔のドワーフであるマルチ・ディガムズ役 ジョシュ・ギャッドインタビュー

 

 

ジョシュ・ギャッドは共演した、ジュディ・ディンチとのエピソードも語ってくださいました。

影終了後にはユーモア溢れるプレゼントも贈られたそうです!

 

主人公アルテミス・ファウル役 花江夏樹さんインタビュー

 

花江夏樹さん

花江夏樹さん

 

『アルテミスと妖精の身代金』日本語吹替版で12歳の主人公アルテミス・ファウル役を務めた花江夏樹さんにインタビュー!

みなさんへのメッセージも公開されました☆

 

――今回のディズニー映画『アルテミスと妖精の身代金』の主人公アルテミス役が決まった時の気持ちや、実際に演じた際の感想等を教えてください。

大好きなディズニー映画の、それも主人公という大役を頂き光栄でした。

吹き替えの経験が多くないもので、ボイステストを受けてドキドキしながら合否を待っていました。

アルテミスは年齢こそ12歳なのですが、頭が良くて言葉遣いも知的だったり、どこか大人を下に見たような態度を見せることもあります。

なので演じる上で、子供と大人の丁度狭間を上手く出せるように意識して演じました。

やりがいのある本当に楽しい収録でした。

 

――アルテミスは12歳の天才少年というキャラクターですが、もしキャラクター的に花江さんとアルテミスの共通点があれば教えて下さい。

好奇心旺盛な所は似ていると思いますし、負けず嫌い?とは少し違うかもしれませんがそういった点も通ずる部分があると思います。

 

――花江さんは数々のアニメ作品の主人公を演じられていますが、今回は吹替え作品での主演担当ですね。アニメ作品と吹き替えを演じる際、何か違いや意識する点はございますか。

一番の違いは原音が存在するので、役者さんに合わせた演技と声を出さないといけない所です。

それは演じる上で指標になったり、逆に合わせるのに気を取られてしまったり。

アニメ作品とは違った難しさや楽しさがあります。

 

――ディズニープラスは月額制のディズニー公式配信サービスなので、ユーザーの方々は、いつでもどこでも何度でも楽しめます。そこで、花江さんが特に注目してほしいお気に入りのシーンを教えて下さい。

今作は人間の世界と妖精たちが住む異世界が登場します。

ファンタジー要素たっぷりですし映像がとにかく綺麗です。

本当に実在するんじゃないか?と思わされるほどに生き生きとした魅力的なキャラクター達に注目しつつも、アルテミスの頭の良さと覚悟の強さを観て頂きたいですね。

 

 

場面写真

 

――本作には、人間、妖精、ドワーフなど様々なキャラクターが登場し、特殊な銃やサングラスなどのガジェットも出てきます。好きなキャラクターや好きなガジェットがあれば教えて下さい。

妖精は羽がとっても可愛いですね、一緒に空を飛んでみたいです(笑

ドワーフは穴を掘るシーンがあるのですがとてもユニークな方法で穴を掘っていて面白かったです。

機械仕掛けだったり細かい造形の物が好きなので、今回のお宝(アキュロス)の造形は見ていてワクワクしましたね。

 

――ディズニー映画といえば、花江さんの大先輩の山寺宏一さんがジーニーや野獣など非常に多くのキャラクターを演じられています。山寺さんがなさった役で一番好きなものは?また花江さんがやってみたい役はどれでしょう?

山寺さんが演じた役はどれも魅力的で一番!は決められませんがドナルドが好きですね。

とにかくカワイイですし、山寺さんにしか演じられない魅力がたっぷり、幼少期にアラジンを繰り返し見ていたので、ジーニーも好きです。

カラオケに一緒に連れて行って頂いた時に「フレンド・ライク・ミー」を歌って下さったのは一生の思い出です。

あとは個人的に仮面をつけているキャラクターが好きなので、(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の)スターロードはシビれますね。

家にホットトイズのフィギュアをロケットとセットで飾っています(笑

 

――最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

演じていてとにかく楽しかったです!

ワクワクしっぱなしの本作、アルテミス達の活躍をぜひご覧ください!

 

主人公の父親アルテミス・ファウル シニア役 森川 智之さんインタビュー

 

アルテミス・ファウル シニア役 森川 智之さん

 

ーー森川さんはディズニーの『ズートピア』でもチョイ悪のニック役をされましたが、今回の世界的大泥棒のアルテミス・ファウル シニアもとても魅力的なキャラクターでした。どのように役を演じる事をこころがけましたか?

ズートピアのニックとは全く違ったキャラクターです。

父親としての寛大さとは、なにか一味違う秘密のエッセンスを加えてみました。

また謎が多い人物ですので、観ている方の興味を持ってもらうための演技を心がけました。

 

ーーアルテミス・ファウル シニアと森川さんとの共通点があれば教えて下さい。ちなみに『ズートピア』のニックとは共通点はありましたか?

シニアもニックも特に共通点はありません。

ただ、しいて言うならコレクターですかね。

好きになったものを意外に集めるクセがあります。一時期、腕時計にハマって集めていました。

 

ーー今回主人公の吹替えを演じた花江さんとは他作品でも一緒になられていると思いますが、親子役は今までなかったかと存じます。今度は2人でどんな関係の役を演じたいなどございますか?

人気ものの花江さんと共演できたのは嬉しかったです。

最近、共演することが多くなりました。ご縁があれば、どんな役柄でも演じてみたいです。

 

ーーディズニープラスは月額制のディズニー公式配信サービスなので、ユーザーの方々は、いつでもどこでも何度でも楽しめます。そこで、森川さんが特に注目してほしいお気に入りのシーンを教えて下さい

映像の美しさには目を見張るものがあります。

マシンや武器など、機械的な仕掛けやギミック的なものもアイデア豊富で、楽しいですね。

物語としては父と子の絆や、アルテミスの成長を描くシーンに注目してほしいです。

 

アルテミス・ファウル シニア

 

ーー本作には、人間、妖精、ドワーフなど様々なキャラクターが登場し、特殊な銃やサングラスなどのガジェットも出てきます。好きなキャラクターや好きなガジェットがあれば教えてください。

イタリアの街で大暴れするトロールは怖かったけど、ちょっと楽しかったです。

時間停止装置を使って、トロールを回収するシーンは面白かった。

こんなちょっとしたシーンでも楽しむところが沢山あって、みている人をまったく飽きさせませんね。

 

ーー最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

皆さんが待ち望んだ、いまだかつてない冒険ダークファンタジーが始まります!

是非ご覧になってください。

 

エルフの大尉ホリー・ショート役早見 沙織さんインタビュー

 

エルフの大尉ホリー・ショート役早見 沙織さん

 

ーーホリー・ショートは凄く印象に残るヒロインでしたが、早見さんがこの役に決まった時に感じたホリーの第一印象を教えてください。

しっかり者で、意志の強い目をした女の子だと思いました。

自分の想いに誠実に動いていくが故に、時に行き過ぎてしまう部分は見ていてハラハラもしますが、愛らしいところだと思います。

ーーホリー・ショートはエルフの大尉というキャラクターですが、演じるうえで難しかった部分と、もしキャラクター的に早見さんとの共通点があれば教えてください。

大尉として堂々とする大人びた部分と、幼さが出るシーンのバランスです。

きりりとしつつも年齢感を意識しました。

また、アルテミスとのやりとりの中で次第に彼と打ち解けていくのですが、その心の繊細なシーンは、演じていて一層集中したところです。

ーー早見さんが今作で他のキャラクターを担当するとしたらどのキャラクターを演じてみたいですか。

他のキャラクター…!皆さますでにわたしの脳内でお声ががっちり再生されているので、将来的にあらゆるガジェットが喋るようになったら、どれかに声をあててみたいです。

 

エルフの大尉ホリー・ショート

 

ーーディズニープラスは月額制のディズニー公式配信サービスなので、ユーザーの方々は、いつでもどこでも何度でも楽しめます。そこで、早見さんが特に注目してほしいお気に入りのシーンを教えて下さい。

最後の迫力ある戦闘シーンです!

巨大なトロールに、皆で必死に息を合わせて立ち向かっていくところは、何度見ても手に汗握るシーンだと思います。

ーー本作には、人間、妖精、ドワーフなど様々なキャラクターが登場し、特殊な銃やサングラスなどのガジェットも出てきます。好きなキャラクターや好きなガジェットがあれば教えて下さい。

ドモボイが好きです。アルテミスとのやりとりが良いなと思いました。

また、厳しいながらも深い優しさを持つルート司令官も好きです。

ホリーをはじめ妖精たちが着ているスーツが格好良いなと思いました。自由に空を飛びたいです。

ーー最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

人間と妖精のやりとり。ファンタジーだけれど、まるで本当に存在しているかのようなリアルさとわくわくを感じられる作品です。

日々の合間にするりと入り込む、ステキな世界観を持っていると思います。ぜひ、繰り返しご覧くださいませ!

 

最強のボディガード:ドモボイ・バトラー役楠 大典さんインタビュー

 

最強のボディガード:ドモボイ・バトラー役楠 大典さん

 

ーーファウル家に仕える最強のボディガードのドモボイ・バトラーはとても魅力的なキャラクターでしたが、楠さんがこの役に決まった時の第一印象を教えてください。

今までやっている巨漢俳優(ヴィン・ディーゼルやドウェイン・ジョンソンの吹替も担当)のキャラクターとは違う感じで“優しさ”というのが強いところもあるキャラクターで、面白そうだな、ぜひやりたいな、と思いました。

 

ーードモボイ・バトラーを演じる上で難しかった部分と、もしキャラクターと楠さんとの共通点があれば教えて下さい。

ほかの役の時も同じですが、洋画の吹替は映画の中で俳優さんが演じているのを記憶して日本語ではき出すという仕事なので、そういう意味では今回特別難しかった事は無かったです。

ドモボイというキャラクターとの共通点は、私もどちらかというと「自分のためよりも人のために何かした方がいい」というタイプなのでそこは似ているかもしれません。

でも他には共通点は体形くらいですね(笑)。

 

ーー声優として様々なジャンルの色々な役をされてますが、アニメーション作品と実写作品の違いは?

大きく違いますね。

実写の洋画作品の場合は向こうの俳優さんが演じてらっしゃるのを、どれだけなぞれるか、というところがポイントなんです。

自分の芝居も含め、向こうの俳優さんの印象を絶対崩さないようにしないといけない。だから向こうの俳優さんの芝居をなぞる、自分も同じ感情に持っていく、という仕事です。

一方アニメーションは、自分で作り出す部分が凄く多い。元々漫画の原作があっても原作には声が無いので、自分の想像力で「どういう風にやっていくか」というのを創造していきます。

だから洋画とアニメーションとでは全く違いますね。

 

ーー楠さんは『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーも演じられていますが、今後他に演じたいディズニーやマーベル作品のキャラクターはいますか。

凄く沢山ありますが、やはりドウェイン・ジョンソンの『ジャングル・クルーズ』ですね。

私はドウェイン・ジョンソンが本当に好きなんです。

ドウェインが何かヒーローをやるときはぜひ吹替のオーディションを受けたいです(笑)。

昔からマーベルのヒーローはやってみたいと思っていたのですが、アニメーション作品はあっても実写作品は1度も機会が無かったので。

 

ーーディズニープラスは月額制のディズニー公式配信サービスなので、ユーザーの方々は、いつでもどこでも何度でも楽しめます。そこで、楠さんが特に注目してほしいお気に入りのシーンを教えて下さい。

妖精の都市も凄かったし妖精たちが使う武器も凄かったし、CG技術がとにかく凄いので、そういうのがホントにリアルにきれいに見えます。

あと巨大なトロールと戦うシーンがあるのですが、あそこは自分も大きな画面で見直したいと思います。

あんな大男とどうやって戦うんだ、というところがとても面白かったのと、そこでドモボイもちょっと変な戦い方をしているので(笑)。

 

ーー本作には、人間、妖精、ドワーフなど様々なキャラクターが登城し、特殊な銃やサングラスなどのガジェットも出てきます。好きなキャラクターや好きなガジェットがあれば教えて下さい。

銃になったり刀になったり弓にもなったりする武器はどういう仕組みなのか不思議ですが、凄いです。

妖精たちのスーツも良いですね、あの羽を付けて私も飛びたいです、体重制限が無ければ(笑)。

キャラクターではルート司令官や妖精のホリー、もちろんアルテミスも好きですね。私も早く完成した日本語吹き替え版を観たいです。

 

ーー最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。

お家でできる楽しみとして『アルテミスと妖精の身代金』を観て頂けると次の日元気になれると思います。

本作を観て皆さんも元気になって下さると私たちもまた次頑張ろうと思いますし、みんなで「がんばろう!がんばろう!」でこの状況を乗り越えられればいいなと思いますので、観て面白かったら周りの方々に伝えて「面白かったよ」っていう輪を広げていって、どんどんその輪が広がればいいなと思います。

 

ディズニーからダーク・ヒーロー誕生!

世界的ベストセラー小説をハリウッド一流キャスト&スタッフで映画化した『アルテミスと妖精の身代金』はディズニープラスにて 8月14日(金)独占公開されます!

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中!

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


© 2020 Disney and its related entities

©2020 Disney

Copyright© Dtimes , 2020 All Rights Reserved.