ヴェノムLTBC_日本版ポスター_VNM2_launch1sheet_fix_R

MARVEL(マーベル) エンタメ

マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>待望の続編!MARVEL映画『ヴェノム:レット・ゼア・ ビー・カーネイジ』

投稿日:

トム・ハーディ氏主演で2018年に大ヒットした映画『ヴェノム』続編の原題と公開日が決定!

『ヴェノム: レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の全米公開日が2021年9月24日、日本では2021年12月3日に全国ロードショーされます!

 

MARVEL映画『ヴェノム:レット・ゼア・ ビー・カーネイジ』

 

ヴェノムLTBC_日本版ポスター_VNM2_launch1sheet_fix_R

 

原題:Venom: Let There Be Carnage

日本公開:2021年12月3日全国ロードショー

US公開日:2021年9月24日

 

 

「スパイダーマン」の宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>として誕生し、2018年に劇場公開され全世界興行収入940億円を超える大ヒットを記録したトム・ハーディ氏主演の映画『ヴェノム』

その待望の続編となる「Venom: Let There Be Carnage(原題)」が邦題を『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』として、2021年に劇場公開されます!

日本版ポスターでは「ヴェノム」と「カーネイジ」が凄まじい気迫で対峙し「カーネイジ」の鋭利な触手がヴェノムに迫ります――。

さらに「俺たちより最悪」と大胆にレイアウトされたコピーにも注目です!

 

MARVEL映画「Venom: Let There Be Carnage (ヴェノム: レット・ゼア・ ビー・カーネイジ)」

 

劇場版予告が解禁

 

 

今回『ヴェノム:レット・ゼア・ ビー・カーネイジ』の劇場版予告が新たに解禁されました!

映像では、連続殺人鬼「クレタス」が覚醒し誕生した「カーネイジ」が、《最》も残虐な《悪》=《最悪》のはずだった「ヴェノム」を凌駕する存在であることが示唆されています。

高い戦闘能力と残虐性をもつ「カーネイジ」の狂気が、《俺たち》「ヴェノム」と「エディ」に襲い掛かります・・・!

 

日本語吹替版に前作から再び参戦

 

 

前作の日本語吹替版で声優を務めた中村獅童さん、諏訪部順一さん、中川翔子さん、内田直哉さんが最新作でも続投することが決定!

演じるキャラクターの台詞を取り入れ、意気込みを語った<音声コメント>が到着しました☆

 

メイン_ヴェノム2_日本語吹替版声優宣材写真+キャラクター画像

 

主人公の正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)を演じるのは、「ユーリ!!!onICE」ヴィクトル・ニキフォロフ役や「僕のヒーローアカデミア」相澤消太役など数々の大ヒットアニメに出演し、最近では「呪術廻戦」の両面宿儺役としても話題沸騰中の大人気声優、諏訪部順一さん。

 

メイン_ヴェノム2 3

 

男らしくも甘いバリトンボイスで、アカデミー賞®ノミネート俳優トム・ハーディがもつ大人の男の色気を巧みに表現します。

 

悪人以外の人間を食べないことを条件にエディに寄生するのが、歌舞伎俳優の中村獅童が声を演じる地球外生命体シンビオート、ヴェノム。

獅童は自身がスパイダーマンの大ファンであることをきっかけに、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)で敵役エレクトロを演じた過去も。

スパイダーマン最大の宿敵であるヴェノムに、前作につづき再び命を吹きこみます。

一つの体を共有しているエディとヴェノムですが、予告編ではその共同生活もすっかり板についてきた様子。

獅童からは今回の発表に際し、「じゃじゃーん!」という予告編に登場する台詞で自己紹介するインパクトある音声コメントが到着。

そんなヴェノムに、諏訪部は「嘘だろ!」と同じく予告編の台詞にかけて応戦。

予告編でまさかのヴェノムの方が台詞が多いことを弄りつつも、本作への意気込みを気合たっぷりに語っています。

二人のイケボが重なる「WE ARE VENOM(俺たちはヴェノムだ)」に、今作で更にどのような化学反応が生まれるのでしょうか?

 

メイン_ヴェノム2 2

 

エディの元婚約者アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)には、マーベルに造詣の深い中川翔子さん。

歌手・タレント・声優・女優・イラストレーターなどマルチに才能を発揮する彼女が、時にエディを支える、芯の強くタフな女性アンに再び魂を込めます。

予告編にまだ台詞は登場していないものの、中川さんが音声コメントの中で示す【1分16秒21コマ】~【1分18秒12コマ】にはくっきりとアンの姿が。

中川さんが期待するように、果たして今作にもシー・ヴェノムは登場するのか!?

 

メイン_ヴェノム2

 

そして前作のラストで只ならぬ存在感を放ち、コミック上ではヴェノムを凌駕するほどの戦闘能力をもつと言われているカーネイジへと変貌を遂げる、クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)を演じるのは、俳優としてもキャリアを築き、アニメ「DRIFTERS」織田信長役や洋画『インディ・ジョーンズ』シリーズのインディアナ・ジョーンズ役など幅広い役柄をこなす、内田直哉さん。

わずかな声色の変化で魅せる確かな演技力で、シリアルキラーのクレタスに潜む狂気を静かに、そして不気味に表現。

音声コメントでは、そんなクレタスの「世界よ、狂え」という台詞を狂気たっぷりに披露しており、本編での怪演にも期待が高まります☆

 

予告映像&海外版ポスター

 

海外版ポスター

 

今回、初の予告映像と海外版ポスターが世界一斉解禁され、併せて場面写真とメイキング写真も解禁!

 

カーネイジ スチロール写真

 

マーベル・コミックでは「ヴェノム」を凌駕する圧倒的な戦闘能力をもち、『スパイダーマン』シリーズ髄一の凶悪ヴィランとして描かれている「カーネイジ」

そのキャラクターはこれまで謎に包まれていましたが、今回解禁された予告編では、連続殺人鬼「クレタス」が変貌した「カーネイジ」の姿を初めて捉えることができます。

「クレタス」は前作のラストに登場しており、ジャーナリストとして復帰した「エディ」が取材のため刑務所で面会したところで物語は終わりますが、今回の映像で

「また会えたね、エディ・ブロック。この時を待ちわびたよ」

というクレタスの言葉と、不気味な笑みが意味するものとは?

 

ヴェノム

 

本作のサブタイトルである「レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は、直訳すると「大殺戮よ、起これ」という意味。

これが示す通り、その狂気がこの世に放たれ、「カーネイジ」による大殺戮が始まろうとしているのでしょうか――。

 

 

そんな不穏な予兆を窺わせる一方、予告冒頭は「ヴェノム」と「エディ」の平穏な(?)共同生活で始まります。

一つの体を共有している特異な状況ながらも、<俺たち>としての日常をそれなりに楽しんでいる様子の二人。

「ヴェノム」が朝ごはんを作りながら、「Let’s call the whole thing off(※1)」を替え歌で歌うユーモア溢れるシーンとなっています。

また映像には、刑務所で「クレタス」が蜘蛛を潰す意味深なシーンや、警官がデイリー・ビューグル紙(※2)を読むシーンも登場。

様々な考察を掻き立てる予告編となっています!

※1)Ella Fitzgerald & Louis Armstrong が歌うジャズソング。発音の違いに悩む男女の恋を歌っています
※2)マーベル・コミックに登場する、J・ジョナ・ジェイムソンが編集長を務めるニューヨークのタブロイド紙

 

カーネイジの新ビジュアル解禁

 

カーネイジの新ビジュアル解禁

 

大のマーベル好きを公言する尾上松也さんがソニー・ピクチャーズ配給のマーベル映画について、ゲストとダベりながら未知の領域に挑むYouTube番組「#マベりまSHOW」の初回配信にて、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に新キャラクターとして登場するカーネイジの新ビジュアルが、初回ゲストとして出演したエディ・ブロック役の声優を務める諏訪部順一さんによりお披露目されました!

 

 

数えきれないほどの犠牲者を生み出してきたシリアルキラー、クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)。

世界秩序の崩壊を願い、大殺戮を愉しむために《カーネイジ》へと変貌していきます。

この度解禁された新ビジュアルでは、大きく口を開けたカーネイジは真っ赤に染まり、「最悪は塗りかえられる」との文字が。

マーベル史上最も残虐な悪《ヴェノム》の戦闘能力を凌駕するほどのパワーを持つとコミックでは言われている《カーネイジ》の狂気が溢れたビジュアルとなっています!

 

スタッフ&キャスト

 

アンディ・サーキス監督とエディ役トム・ハーディ

アンディ・サーキス監督とエディ役トム・ハーディ氏

 

監督:アンディ・サーキス

キャスト:
エディ(ヴェノム):トム・ハーディ
クレタス(カーネイジ):ウディ・ハレルソン
アン:ミシェル・ウィリアムズ
シュリーク:ナオミ・ハリス

※敬称略

 

出演は、主人公「ヴェノム」こと「エディ」役をトム・ハーディ氏、「エディ」の元婚約者「アン」役をミシェル・ウィリアムズ氏が続投。

さらに「カーネイジ」こと「クレタス」役を『スリー・ビルボード』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』などに出演し3度のアカデミー賞ノミネートを誇る名優ウディ・ハレルソン氏、

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』21
チューバッカ、ランドと出会う若き日のアナザー・ストーリー!ディズニー映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品紹介

続きを見る

女性ヴィランのシュリークを『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『007』シリーズのナオミ・ハリス氏が熱演。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
ジャック・スパロウに呪いの契約が迫る!ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』作品紹介

続きを見る

監督は俳優、モーションアクターとしても知られるアンディ・サーキス氏が務めます。

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート3

 

現地時間9月14日に、英・ロンドンのシネワールド・レスター・スクエアにてファン・スクリーニング・イベントを開催!

 

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート5

 

この日がファンにとっての世界最初の試写会イベントとなりました。

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート2

 

レッドカーペットでは、エディ・ブロック役を務める主演のトム・ハーディ、監督のアンディ・サーキス、そしてトムの愛犬ブルーが登場!

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート

 

会場となった映画館の内装も階段から壁までヴェノム一色に。

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート6

 

そして、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を世界で最初に観ることになったラッキーなファンの前にトムと監督が登場してグリーティングを行い、その貴重な瞬間を共有しあう時間となりました。

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ファン・スクリーニング・イベントレポート4

 

トム・ハーディ氏主演で2018年に大ヒットした映画『ヴェノム』の続編となる、<大殺戮>を意味する「カーネイジ」が登場!

2021年全国ロードショーが予定されているMARVEL映画「ヴェノム:レット・ゼア・ ビー・カーネイジ」の紹介でした。

マーベル映画『モービウス』公開決定&予告編初解禁 場面写真
スパイダーマン・ヴェノムに続く新たなユニバースが始動!マーベル映画『モービウス』公開決定&予告編初解禁

続きを見る

インロック MARVEL「ヴェノム」グッズ
カーネイジも登場する迫力アート!インロック MARVEL「ヴェノム」グッズ

続きを見る

メイン
トニー・スタークの名刺風カードも!インロック「マーベル」グッズ

続きを見る

©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.