『フリー・ガイ』:特別ビジュアル

エンタメ 映画

ゲームの“モブ男”がヒーローを目指す新感覚アクション!映画『フリー・ガイ』

更新日:

「デッドプール」を演じたライアン・レイノルズによる、新感覚アクション・エンターテイメント映画『フリー・ガイ』

何でもありの<ゲームの世界>を舞台に、今度はありえないほど“平凡すぎる”新キャラクターに挑む話題作。

日本公開日が2021年1月22日 2021年1月8日(金) → 2021年内 → 2021年5月21日(金) → 2021年8月13日(金)となりました。

 

映画『フリー・ガイ』

 

★『フリー・ガイ』メイン画像

 

公開日:2020年8月14日(金) 2021年1月22日(金) 2021年1月8日(金) 2021年内 2021年5月21日(金) 2021年8月13日(金)全国ロードショー

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで、世界中を魅了した「デッドプール」シリーズ。

主人公「デッドプール」演じるライアン・レイノルズ氏が、何でもありの<ゲームの世界>を舞台に、今度はありえないほど“平凡すぎる”新キャラクターに挑む、新感覚アクション・エンターテイメント『フリー・ガイ』が、2021年8月13日公開となります。

物語の主人公はルール無用のオンライン参加型アクション・ゲーム“フリー・シティ”のモブキャラとして、平凡で退屈だと感じながら毎日を繰り返す、銀行窓口係の男「ガイ」

ある日、彼は新しい自分に生まれ変わるため、 ゲーム内のプログラムや設定を完全に無視して自分勝手に立ち上がるーーありえないほど“いい人”すぎるヒーローとして。

ゲーム史上最大の危機が迫る中、はたしてガイに世界は救えるのでしょうか?

 

 

こちらの日本版本予告映像は、ルール無用で何でもありな街フリー・シティに住む平凡な男ガイの紹介から始まります。

毎日が同じ日々の繰り返しだったガイは、ある日謎の女性モロトフ・ガールと出会ったことで“同じ毎日を変えたい”と思い始めます。

しかし、そんなガイは、自分がオンラインゲーム<フリー・シティ>の中のモブ(背景)キャラであるという”衝撃の事実”を知ることに!

「たとえゲームの世界でも、ここは僕のすべてなんだ!」と、勝手にゲームの世界の平和を守りはじめたガイだが、現実の世界では突如現れた謎の“いい人”キャラのガイに大混乱!

ガイをゲームの世界から抹消しようとする男も現れ、<フリー・シティ>に最大の危機が迫るのですが・・?

はたして、ただの“モブキャラ”にすぎないガイは、ゲームの世界を救う主人公=ヒーローになれるのでしょうか。

 

『フリー・ガイ』モブキャラガイ

 

今回解禁された映像で期待感を煽るのは、何でもありなゲーム<フリー・シティ>の世界!

火炎放射器を持つ男、低空飛行で横切る戦闘機など、街には現実世界ではありえない人やものが当たり前に混在しています。

さらに、チームプレーで敵を倒すアクションシーンや、崩れていく街の中を全速力で走り抜ける大迫力のカーアクションなど、ゲームの世界ならではの映像にワクワク感が最高潮!

 

キャスト/スタッフ

 

映画『フリー・ガイ』キャラポスター

 

監督は「ナイト ミュージアム」シリーズや『ストレンジラー・シングス 未知の世界』など、ジャンルを超えて活躍する稀代のヒットメーカー、ショーン・レヴィ氏。

脚本は『アベンジャーズ』や『レディ・プレイヤー1』のザック・ペン氏と『クリスマス・クロニクル』のマット・リーバーマン氏。

音楽は「アナと雪の女王」シリーズのクリストフ・ベック氏がプロデュース。

本作の主人公であり、<フリー・シティ>のモブキャラである銀行の窓口係ガイを演じるのは、『デッドプール』シリーズで前代未聞の無責任ヒーローを演じ一躍話題となったライアン・レイノルズ。

そして、ガイが一目惚れするイケてるゲームキャラのモロトフ・ガールを演じるのは、サスペンスドラマ「キリング・イヴ」で人気を博し、エミー賞主演女優賞を受賞したジョディ・カマー。

その他、人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」で注目のジョー・キーリーや、『ジョジョ・ラビット』でお調子者のヒトラー役、そして監督、脚本も担当しアカデミー賞を受賞したタイカ・ワイティティらが共演に名を連ねます。

ゲームの世界ならではのダイナミックでユニークなアクションと、次々と想像を裏切るスリル満点のアドベンチャーを盛り上げます!

 

日本版声優

 

『フリー・ガイ』:特別ビジュアル

 

ガイを演じるのは、数々の洋画の吹替や、「NARUTO-ナルト-」「約束のネバーランド」など多くのアニメ作品でも声優を務める加瀬康之さん。

ライアン・レイノルズが演じる作品の吹替も多数担当しており、”無責任ヒーロー“のデッドプールとは真逆の”いい人すぎるヒーロー“ガイを、加瀬さんはどう演じるのでしょうか。

また、ガイがヒーローとして立ち上がるきっかけとなる≪ゲームの世界≫のキャラクター、モロトフ・ガールは、膝丈のブーツを履きこなすミステリアスでイカした女性。

一方の≪現実世界≫で彼女を操作しているのは、頭脳明晰だがちょっとサエないゲーマー兼ゲームデザイナーのミリーです。

彼女を演じるのが、「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ役や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」「賭ケグルイ」などで知られる声優の早見沙織さん。

ガイの運命を変えることとなるモロトフ・ガール/ミリーは、実は〈フリー・シティ〉の背後にある秘密を探っているようです。

さらに同じく≪ゲームの世界≫で暮らすガイの親友バディを演じるのは、俳優としても活躍し、「四畳半神話大系」などの声優でも知られる小川剛生さん。

一方で、≪現実世界≫に生きる、〈フリー・シティ〉を運営するゲーム会社スナミで働くキーズ、プログラマーのマウサー、社長のアントワンをそれぞれ、俳優としても活躍し「ハリー・ポッター」シリーズのハリーの吹替や「黒子のバスケ」「文豪ストレイドッグス」などの声優で知られる小野賢章さん、「結界師」「機動戦士ガンダム00」「ハイキュー!!」などの声優吉野裕行さん、「ジョジョの奇妙な冒険」「銀魂」「進撃の巨人」などの声優の子安武人さんが担当します。

 

“デッドプール”(ライアン・レイノルズ)と“コーグ”(タイカ・ワイティティ)が特別映像に登場!

 

 

今回公開された特別映像は、そんな『フリー・ガイ』の予告編を、“デッドプール”と“コーグ”がともに鑑賞するという、YouTubeで人気のリアクション動画に全乗っかりした映像。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』で監督を務めつつ、コーグを演じていたタイカは、『フリー・ガイ』でも〈フリー・シティ〉を運営するゲーム会社スナミの社長アントワンを演じています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのサノスとの最終決戦にも参戦したコーグとの共演で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)入りを想像させるデッドプールですが、『フリー・ガイ』については、「1年前に公開したと思ってた…」と公開延期を重ねてしまった本作の痛いところを早速突いてきます。

さらにコーグに対し、「第一希望じゃないが。他のヤツは忙しいんだろ、ディズニープラスで」と言いたい放題。

予告編を鑑賞していく2人は、本作のタイトルについて、「ガイって名前か。映画の題名と同じだ」「それは賢い…よね?」と会話を展開し、自身のタイトルも『デッドプール』であることから、自分にはとことん甘い様子。

映像を途中で止め、作品への辛辣気味なコメントを読んでみたり、本作のヒロインを演じるジョディ・カマーに対し、コーグは「うわー!ジョディ・フォスター」と言ったり、デッドプールは「主人公を成長させるために犠牲になったりする女性キャラにはするなよ。『デッドプール2』みたいに…」など、それぞれ容赦なくイジリ倒しつつも、なぜかガイに対して、「青いシャツの彼を見てみろ。殴りたくなる顔だ」と痛烈なコメントも炸裂。

予告編の後半、“ゲームの世界”ならではの高所から飛び降りるアクションには、2人とも夢中になってしまい、「こいつは面白そうだ」と意外にもストレートに褒めたと思った瞬間、「フォックスの閉店セールにしては。俺ちゃんの次回作より価値があるかは微妙だけど」と禁断の発言も飛び、最後の最後まで通常運転のデッドプール。

やりたい放題の無責任ヒーローによる、ある意味で“愛”に溢れた『フリー・ガイ』イジリが堪能できる映像となっています!

 

アクション&ユーモア満載の予告編

 

 

ゲーム大国である日本へのリスペクトが込められ、〈ゲームの世界〉ならではのアクション&ユーモアに満ちた最新予告編が解禁!

今回解禁された映像では、あり得ないことが次々と起こるゲームならではの世界観がふんだんに登場し、ユーモア満載に描かれています。

自分の住む世界が<ゲームの世界>だと知った「ガイ」は、

「たとえゲームの世界でも、ここは僕のすべてなんだ!」

と、最高のヒーローになることを勝手に決め、立ち上がります。

しかし、現実の世界では突如現れた謎の“いい人”キャラ「ガイ」に大混乱。

ゲームの世界「フリー・シティ」の平和を守るため奔走する「ガイ」の姿が、なんと渋谷の大型ビジョンにも大きく映し出されます!

そして、

「僕は死にません!」

とあの日本の伝説の純愛ドラマを彷彿とさせるセリフを叫んだ「ガイ」が、猛スピードで走ってきたパトカーに激突され吹き飛ばされるというシーンも。

ド迫力のアクションはもちろん、思わず笑ってしまうようなユーモアも満ち溢れた映像となっています。

さらに印象的なのは、「フリー・シティ」崩壊へのタイムリミットが迫る中、「ガイ」が敵に追われる場面。

履いているスニーカーに付いていたボタンを押し、一気に高層ビルの上の方へと飛び上がった「ガイ」は、ビルの足場を駆け抜けます!

そして、クレーンで吊るされた鉄球に飛び移るという、まさに<ゲームの世界>だからこそのアクションシーン!

・・・かと思いきや、ロープをつかみ損ねて落下してしまうまさかの展開。

ルール無用の<ゲームの世界>で巻き起こる、観客の予想を爽快に裏切るアクション・アドベンチャーに、手に汗握らずにはいられません!

 

四千頭身が応援隊長に決定&特別映像解禁

 

 

この度、大人気トリオの四千頭身[後藤拓実さん・都築拓紀さん・石橋遼大さん]が本作の“脱モブ”応援隊長に決定!

そして、“芸能界を代表するモブキャラ”と名高い石橋さんが、本作のガイのように“脱モブキャラ”し“ヒーロー”を目指す作戦の様子を収めた、彼らおなじみの脱力系漫才を思わせる特別映像が解禁されました!

ルール無用のオンライン参加型アクションゲーム「フリー・シティ」内で、“ゲームの脇役=モブキャラガとして平凡で退屈な毎日を繰り返すガイ。

強盗・乱闘・爆撃など、何でもアリな世界で、ある日、彼はモロトフ・ガール(演:ジョディ・カマー)というキャラとの運命的な出会いによって、新しい自分に生まれ変わるため、ゲーム内のプログラムや設定を完全に無視して自分勝手に行動を開始!

ヒーローとして立ち上がった、あり得ないほど“いい人“のガイは果たして、主人公=ヒーローになれるのでしょうか?

 

『フリー・ガイ』:四千頭身石橋さん

 

四千頭身が、“芸能界随一のモブキャラガと自他共に認める石橋さんメインでの“脱モブ”応援隊長に就任!

特別映像では、ディズニー映画好きの後藤さんや、ゲーム好きの都築さんを差し置いて、まさかの石橋さんがメインという事実に困惑しながらも、劇中のガイのように、石橋さんが“主人公=ヒーローガを目指すための作戦を話す様子が描かれます。

 

『フリー・ガイ』:四千頭身2

 

早速、ガイ風の衣装に身を包む石橋さん。

漫才では普段、後藤さんがセンターに立ってますが、“主人公ガを目指すゆえ立ち位置をチェンジするなど、これまで見たことのない珍しい四千頭身の姿も!

“脱モブ”の方法について話し合いを重ねていく3人は、ゲーム世界でのアクションが描かれることにちなみ[シャドーボクシングをして格好よく]見せてみたり、主人公ガイのように多くの人から愛される“いい人”に見えるように[笑顔の練習]をしてみたりするなど、若干迷走しつつ、彼らの脱力系漫才を彷彿とさせる会話が展開されていく…。

本作公開までに“脱モブガを図る石橋さんは、果たしてガイのような“ヒーロー”になれるのでしょうか?

 

★【メイン】『フリー・ガイ』:四千頭身1

 

今回の決定に際し、石橋さんは「モブと言われましても、日本代表のモブなので悪い気はしなかったです。ここまでのモブはいないですし、モブの自信もあります」と自信満々!

後藤さんからは「実は僕らも関わらせていただいて感謝が勝ってます。モブでいてくれてありがとう」と本音が飛び出しつつ、石橋さんの“モブキャラ度”については、「ひな壇とか、芸人の溜まりではやっぱり結構影を潜めてますね」

都築さんからは「本質的なモブは僕なんですよね。石橋はファンの方からも一番人気で、キラキラしちゃってる部分を沢山持っているんです。本当だったら僕がモブキャラになるはずですね」と、悔しさをにじませます。

さらに、“石橋さんはヒーローの要素があるか?”の問いに対し都築さんは、「人気はやっぱり天性のものもありますからね。ファンの子然り、先輩からもかわいがられるので、人気ですかね」と、“脱モブ”にも期待できそう。

石橋さんは、「ライアン・レイノルズさんにインタビューとかもしてみたいですね。僕似てません?って言いたいですね」と野望を覗かせており、石橋さんとガイの夢の競演が叶うかどうかにも注目が集まります。

 

予告の“予告”映像公開?

 

 

ライアン・レイノルズと言えばSNS での“おふざけ投稿”

ライアンがピカチュウを演じた『名探偵ピカチュウ』では全編流出と見せかけてピカチュウが1時間半以上踊りまくる映像を投稿するなど、これまでも宣伝においてSNS上でユニークな映像をファンに届けてきました。

そしてこのたび『フリー・ガイ』のキャスト陣がオンライン会議を開催!

2度の公開延期をもネタにしてしまう“予告編の予告映像”が公式 YouTube チャンネルで公開され、日本でも“本物の予告編”が近日公開されることが明らかになりました。

映像の初めは普通の予告編...かと思いきや、いきなり「しかし...」という言葉が現れます。

いきなりライアンらキャストたち のテレビ電話の画面に切り替わり、本作が2度も公開延期になったことをネタにし、ショーン・レヴィ監督を筆頭に「クリスマス公開!」「お正月公開!」「バレンタイン公開!」など新しい公開日の候補日を提案していく様子が映されています。

 

eスポーツに世界中がますます注目される中、ゲームの世界を舞台に描くバーチャル時代の全く新しいアクション・アドベンチャー。

映画『フリー・ガイ』は2021年8月13日(金)全国公開です!

© 2020 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.