『ソウルフル・ワールド』本ポスター(配信表記入り)

Disney(ディズニー) 映画

なりたい自分を探す魂の冒険!ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』作品紹介

更新日:

ディズニー&ピクサーが贈る待望の新作『ソウルフル・ワールド』

魂の世界を舞台にしたこれまでにないファンタジー・アドベンチャーとして大きな期待が集まっています。

2020年12月25日(金)よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信が開始するディズニー&ピクサー『ソウルフル・ワールド』を詳しく紹介していきます!

 

ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』作品紹介

 

ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』

 

配信開始日:2020年12月25日(金)17:00よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信

制作:2020年/アメリカ

上映時間:100分

タイトル:ソウルフル・ワールド(原題:Soul)

『トイ・ストーリー』から25年の節目にディズニー&ピクサーが満を辞して贈る珠玉のファンタジー『ソウルフル・ワールド』

魂の世界を舞台に、人生のきらめきを見つけるための大冒険が躍動感たっぷりに描かれています。

 

ストーリー/あらすじ

 

『ソウルフル・ワールド』サブ㈪

 

ソウルの世界は、生まれる前のソウルたちが人間になる前にどんな自分になるかを決めるための場所。

そこには仲間たちが次々に人間として生まれていくのを横目に、何百年も居座っている「こじらせソウル」がいました。

「22番」と呼ばれる彼女はやりがいを見つけることができず、人間の世界に行きたいと思えなかったのです。

一方現実世界のニューヨークでは、中学校で音楽の非常勤講師を務めるジョーが、憧れのジャズクラブで演奏するチャンスを得て大喜びしていました。

 

『ソウルフル・ワールド』サブ㈰

 

ずっと夢見ていたプロのピアニストまであと一歩。

そう浮き足立っていたジョーですが、道の真ん中にぽっかり開いたマンホールに落ち、そこからソウルの世界へ迷い込んでしまいます。

こうして人生のきらめきを見つけられずに生まれることを拒み続ける22番と、人生のきらめきにとりつかれたジョーが偶然の出会いを果たすことに。

22番とジョー、ふたりによるソウルの世界と現実世界のニューヨークを舞台にした大冒険が始まります。

 

キャスト&スタッフ

 

★『ソウルフル・ワールド』メイン

 

キャスト:
ジョー・ガードナー:ジェイミー・フォックス/浜野謙太
22番:ティナ・フェイ/川栄李奈

スタッフ:
監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マーレイ
日本版エンドソング:JUJU

メガホンをとるのは2度ものアカデミー賞に輝くピート・ドクター。

ピクサーの原点『トイ・ストーリー』では原案を担当し、『モンスターズ・インク』で監督デビューしするや、『ウォーリー』では脚本原案&製作総指揮、そして監督作としてアカデミー賞長編アニメーション賞を獲得した『カールじいさんの空飛ぶ家』、『インサイド・ヘッド』と、彼の存在はピクサーの名作には欠かせません。

本作はそんなピート・ドクターが23年の歳月をかけて製作したという自信作。

「もしも生まれる前に“どんな自分になるか”を決める場所があったとしたら?」という人生の根源的な問いをテーマに驚きと感動に満ちた最高のストーリーが紡がれています。

 

 

こちらの特別映像では、音楽教師でジャズ・ミュージシ ャンを夢見るジョーを演じたオスカー俳優ジェイミー・フォックスが、ジョー目線でストーリーを解説!

ジョーを演じるのはジャズシンガーのレイ・チャールズを演じた『Ray/レイ』で、アカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックス。

こじらせソウルの22番を演じたのは、ハリウッドで“コメディの女王”として知られる女優ティナ・フェイが好演し、2人が演じるジョーと22番の掛け合いがさらにキャラクターを魅力的に見せています。

 

『ソウルフル・ワールド』ピアノを弾くジョー

 

ジェイミー・フォックスはジョーと 22番の関係性について「ジョーは 22 番 に人生の素晴らしさを教えてあげるんだ。22 番に人生のきらめきを見つけられるよう手助けしてあげる。2 人はとても面白い関係性だよ」と語ります。

さらに本作に込められた“人生の大切なもの”という作品のメッセージについて「世界は今癒しを求めていて、僕らは 喜びとは何かを忘れつつある。お互いを助けて支え合うときにこそ、この映画を見てくれることを願っているよ」と熱い思いを明かしました。

 

『ソウルフル・ワールド』本予告編

 

 

解禁された予告編では、謎に包まれていたソウルの世界の実態を垣間見ることができます。

淡い色彩の美しいソウルの世界で自分が生まれる人生のきらめきを探すため、ソウルたちが様々なことに挑戦している素敵な場所です。

ところがそんな環境にいるにもかかわらず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もそこに留まっているソウルがいるようです。

そんなこじらせソウルの22番と、夢を追うことだけに夢中のジョーという正反対のふたりの出会いが全てのストーリーの始まりです。

 

『ソウルフル・ワールド』日本版吹き替え声優

 

『ソウルフル・ワールド』浜野さん川栄さん写真

 

日本版吹き替えキャスト:
ジョー・ガードナー:浜野謙太
22番:川栄李奈
ポール:木村昴

ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーを演じるのは、バンド「在日ファンク」のボーカル兼リーダーで俳優としても活躍する浜野謙太さん。

ジョーは、音楽こそが自分の人生のすべてだと疑わないまっすぐなキャラクターで、ミュージシャンになる夢を叶えるためにソウルの世界から地上に戻ろうと奔走する役どころ。

ミュージシャンとして活動している浜野さんは、「自分に本当に近い存在ですね。プロのジャズ・ピアニストになる夢だけを追い続けるジョーを観て“俺だ!”と思いました。」とジョーとの共通点を語ります。

さらに本作は、ジョーと22番の正反対の二人によるコミカルなかけあいも魅力のひとつ。

「面白いポイントをもっと面白くしたい、と何度もやらせてもらいました」と語る通り、俳優としてコミカルなキャラクターを演じることも多い浜野さんだからこそ、ジョーのコミカルさも見事に表現。

そんなジョーを「いろんなことを見失ってしまうことはあるけれど、一途に追い求めて一生懸命になっているというところが愛らしいですね。それがコメディーにもなったりして、そのジョーの必死なところが僕は大好きです。」と語り、キャラクターへの愛も明かしました。

 

『ソウルフル・ワールド』ジョーと22番とピザ

 

やりたいことが見つけられず何百年もソウルの世界にとどまっているこじらせソウルの22番を演じるのは女優として活躍する川栄李奈さんです。

22番は、「人間に生まれたくない」と何百年もソウルの世界に留まっている”こじらせ“ソウルで、ジョーが地上に戻るため共に冒険をするジョーの相棒のようなキャラクター。

どこか憎めない天真爛漫なキャラクターを川栄さんが見事に演じ切っています。

やりたいことが見つからない22番について、川栄さん自身も学生の頃は将来の自分がイメージできず22番のようだったと振り返り「22番のように、“何をしたらいいのか”“自分のやりたいことってなんだろう”と悩んでいる人が私の周りや若い世代には多いかもしれないです。」と22番が多くの人の共感を呼ぶキャラクターと語ります。

さらに、「そういう悩みを抱えている方はこの映画を見て考え方が変わると思います。これから先の大切なものが見つけられる映画です。」と作品への期待が高まるコメントを寄せてくださいました☆

 

「オーディションに参加できるだけでもすごく嬉しかったですし、本気で頑張ったので、受かったことが単純に嬉しかった」と語る浜野さんと「本当に嬉しかったです。嬉しすぎて叫びました!」と語る川栄さん。

一途さが時にいきすぎるジョーとどこか憎めない天真爛漫さを持つ22番を、浜野さんと川栄さんが愛情たっぷりに演じ、コミカルなかけあいも躍動感たっぷりに魅せてくれています。

 

『ソウルフル・ワールド』木村さん写真

 

また、ラッパーとしても大人気の声優・木村昴さんの参加が決定!

木村さんが担当するのは、主人公ジョーの行きつけの理髪店の客ポール役。

ジョーにとっては日常である理髪店ですが、22 番と出会ったことでいつもの日常が違った風景に見える重要なシーンでの出演となります。

木村さんは声優だけでなくエンドソングのラップ曲「ラッピ ン・セド」も担当。

劇中にも登場するこの楽曲はジョーが学生時代に組んでいたラップグループが作った曲で、ジョーの青春の1ページを飾る思い出の曲でもあります。

自身の“人生のきらめき”がラップミュージックというくらい、ラップへの熱い情熱を持ち、声優だけでなく ラッパーとしても高く評価されている木村さん。

「ラッピン・セド」の日本語訳も手掛け、日本版声優とエンドソングの日本語訳 &歌唱を担当したのは、ピクサー史上初めて!

英語で作られたラップを日本語訳するのは木村さんにとっても初挑戦だったそうで「日本語訳するのは手探りではあったのですが、ちゃんと皆さんに納得して楽しんでもらえるように、英語のニュアンスを日本語にしても伝えられるよう言葉選びとリズムにこだわりました。ジョーが学生時代に楽しみながらラップをやっていたというエピソードがあったので、 仲間といっしょにやっていて楽しくてしょうがないという“ご機嫌さ”を意識しましたので、ぜひ注目してほしいです。」とエンドソングに込めた熱い想いを語ってくださいました。

 

日本版エンドソング JUJU「奇跡を望むなら...」ジャズ・アレンジ

 

 

日本版エンドソングはJUJUさんの名曲「奇跡を望むなら...」のジャズアレンジ「奇跡を望むなら...(ソウルフル・ワールドver.)」

特別映像では、ニューヨークの街で夢を追って生きるジョーとソウルの世界で出会った22番が“人生のきらめき”を追う冒険の様子が描かれます。

優しく包み込むようなJUJUさんの歌声は映像とぴったりマッチ。

 

『ソウルフル・ワールド』JUJUさん写真2

 

ワクワクしながら曲のアレンジ作業に臨んだというJUJUさん。

シンガーになることを夢見て単身NYへ渡り、時に挫折を感じながら“人生のきらめき”を掴むためもがいていた時期を持つという経歴が作品への共感に満ちた曲調の秘密なのかもしれません。

 

『ソウルフル・ワールド』JUJUさん写真1

 

一足早く映画を見たJUJUさんは「あまりにも自分に似ていて驚いた」と22番に共通点を見出したことを明かし、「老いも若きも年齢人種関係なく、すべての方に見ていただきたい!!!」と、感動を語っています。

 

ストリートミュージシャン役で瑛人さんがカメオ出演

 

 

自身のシングル「香水」が話題を呼び、さらには年末の NHK 紅白歌合戦初出場も決定しているシンガーソングライターの瑛人さんがストリートミュージシャン役でカメオ出演!

瑛人さんが担当したのは、主人公のジョーが居合わせたニューヨー クの地下鉄のホームで、弾き語りをしているストリートミュージシャン役。

歌うのは「愛に満ちた世界」という名の楽曲で、ジョーと 22 番の行く末に影響を与える重要な曲となります。

USオーディションを経てこの役を射止めた瑛人さんですが、アニメーションの吹替えを担当するのは本作が初めて。

選ばれたときは「飛び跳ねるくらい喜びました。家族も「噓でしょ!?すごい!!」と驚いていました」と合格したと き心境や、周囲の反応について明かします。

今回演じた役柄同様、自身もストリートミュージシャンの経験があるという瑛人さん。

当時のことを 聞くと、「(演じたキャラクターのように)あんなにゆっくりと座って、堂々と駅の地下のホームで演奏したことはないです。 臆病者なので、 友達がいないと出来ないタイプでした(笑)」と振り返ります。

また、「少し前までは、何かをやり通したことや、何かに夢中になったことがほぼ 無くて、“やりたいことが見つけられない” 22 番に近い人間でした。自分の一番好きな音楽を通して、最近はやりたいことが見えてきた ので、ジョーに近くなってきているなと思いました」と 22 番とジョー、どちらのキャラクターにも共感したことも。

 

ストリートミュージシャン役で瑛人さんがカメオ出演

 

映像では、プロのジャズ・ピアニストを目指し、音楽こそが自分の“人生のきらめき”だと信じて 疑わないジョーのナレーションで始まり、ストリートミュージシャンが歌う「愛に満ちた世界」が流れだし、その優しい歌声を聞き入るジョーの様子が描かれます。

<心から夢中になれるこ とに大切な時間を費やせば、きっと世界は“きらめき”始める>というナレーションにもあるように、”人生のきらめき”が大きなテーマとなる本作。

 

ストリートミュージシャン役で瑛人さんがカメオ出演2

 

瑛人さんにとっての“人生のきらめき”を聞くと、「歌っている時が”きらめき”です。一番開放されていて、ただ楽しいと感じる時間が流れます。歌っている時が生きる喜びですね」と教えてくださいました。

「身体から出る 優しさを意識して、心から優しく、本当に誰か愛している人を想像しながら歌いました」と歌唱シーンを収録した時の様子をふりかえります。

 

『ソウルフル・ワールド』ディズニープラス 配信記念ピクサー“きらめき”クリスマス・パーティー

 

 

開催日:2020年12月25日(水) 18時30分から

『ソウルフル・ワールド』の2020年12月25日からの独占配信を記念したオンライン配信イベント「ピクサー“きらめき”クリスマス・パーティー」を開催!

 

横澤夏子さん

 

イベントに登場したのは、横澤夏子さん、

 

ゆいPさん(おかずクラブ)

 

ゆいPさん(おかずクラブ)、

 

ゆりやんレトリィバァさん

 

ゆりやんレトリィバァさん。

 

“きらめきクリスマスツリー”

 

会場中央に位置する“きらめきクリスマスツリー”にゆりやんさんが触れると、ツリーが点灯し、女芸人3名によるクリスマス・パーティの幕開け☆

一足先に作品をみたというみなさん。

横澤さんは、「この時期に見られてよかった。人生の勉強になりました」と話し、ゆいPさんも「大人に見てほしいピクサーの映画だなと思った。どんどん引き込まれていってしまいました」と共感。

 

横澤夏子さん2

 

ゆりやんさんは、「見終わってふとした瞬間に、好きな仕事をして、会いたい人にあって、それも自分で選んで生まれてきたんだって思ったら涙が止まらなくなってしまって・・どんなときにもどんな自分にも照らし合わせることができると思いました」と話すと、それに横澤さんが心から共感!

感情があふれ、目には涙を浮かべながら作品への想いを話してくださいました。

 

『ソウルフル・ワールド』ディズニープラス 配信記念ピクサー“きらめき”クリスマス・パーティー

 

続いて、「あなたの心をきらめかせたピクサー作品ランキング」を発表。

3位は『モンスターズ・インク』

モンスターズ・インク1
最強怖がらせ屋コンビが大活躍!ディズニー&ピクサー映画『モンスターズ・インク』作品紹介

続きを見る

2位は『カーズ』

『カーズ』5
スピンオフ短編『カーズ トゥーン』も必見!ディズニー&ピクサー映画『カーズ』作品紹介

続きを見る

1位は『リメンバー・ミー』

『リメンバー・ミー』
珠玉の音楽が彩る家族の絆の物語!ディズニー/ピクサー映画『リメンバー・ミー』作品紹介

続きを見る

という結果に!

ディズニープラスではこれまでのすべてのディズニー&ピクサー作品を見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね☆

 

『ソウルフル・ワールド』ディズニープラス 配信記念ピクサー“きらめき”クリスマス・パーティー 集合

 

「心の奥底の方にずしっとくる作品です」「子供はむじゃきに、ソウル時代を思い出すかもしれないです」と大絶賛の『ソウルフル・ワールド』

ディズニー&ピクサー映画史上最も深い感動を描くファンタジー・アドベンチャー。

2020年12月25日(金)よりDisney+(ディズニープラス)にて独占配信スタートです☆

ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』オリジナル・サウンドトラック
作曲担当 ジョン・バティステ氏にインタビュー!ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』

続きを見る

ジョーと22番の名コンビ!インロック『ソウルフル・ワールド』グッズ

続きを見る

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中!

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


©2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.