ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」オープン

ムーミン

2019年3月16日オープン決定!ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」

更新日:

埼玉県飯能市で開発中のムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日(土)に決定したことが発表されました!

「ムーミンバレーパーク」の施設とあわせて、紹介します☆

 

ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」オープン

 

ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」オープン

© Moomin Characters™

 

埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに複合施設「metsä(以下、メッツァ)」を2018年11月9日より順次開業!

「メッツァ」は、北欧のライフスタイルを体験できる施設「メッツァビレッジ」(2018年11月9日オープン、入場料無料)と、ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」(入場料有料)の2つの施設から構成されています。

今回、ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」の開業日が2019年3月16日(土)に決定したしたことが発表されました☆

施設内の展示施設「KOKEMUS(コケムス)」「おさびし山」「ムーミン谷」の最新情報とあわせて紹介します。

 

「ムーミンバレーパーク」メインビジュアル

 

「ムーミンバレーパーク」メインビジュアル

 

「ムーミンバレーパーク」メインビジュアルのデザインは、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの姪孫であり、ムーミンキャラクターズ社、役員であるジェームス・ザンブラー氏が手掛けたもの。

ジェームス・ザンブラー氏は「ムーミンバレーパーク」および、「メッツァビレッジ」のロゴも手掛けています。

「ムーミンバレーパーク」のメインビジュアルのために、ムーミンが組み込まれているムーミンバレーパークのロゴをさらに大きなキャラクターのグループに取り入れたこのデザイン。

ロゴであるムーミントロールとリトルミイの周りに、スノークのお嬢さん、スニフ、スナフキン、そしてムーミンママとムーミンパパが、リラックスして集まりを楽しんでいます。

背景には、実際のムーミン谷と宮沢湖周辺にもある湖や丘を意識した緑の木が描かれています。

使用したカラーイメージは、ムーミンバレーパーク内で使われているオリジナルカラーパレットから。

美しく控えめな色合いは、ムーミンバレーパークの美しくナチュラルな風景とも合っています。

 

展示施設「KOKEMUS(コケムス)」

 

コケムスについて

© Moomin Characters™

 

地上3階建の展示施設名「コケムス」は、フィンランド語で“体験”を意味します。

 

常設展コーナー

 

常設展コーナー

© Moomin Characters™

 

インタラクティブな体感展示スペースを通り抜けたあとには、常設展&企画展を設置。

8m超のムーミン谷の巨大ジオラマや、フィンランドのヘルシンキ・アート・ミュージアムからのアート作品なども展示。

展示は、日本におけるムーミンの権威でもあり、ムーミンコミックスやトーベの小説、ムーミンの研究書などを数多く出版されている冨原眞弓先生にアドバイスをいただき企画が進んでいます。

 

“夏の家”を模した「トーベの記憶シアター」

 

“夏の家”を模した「トーベの記憶シアター」

© Moomin Characters™

 

物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設。

 

ワークショップルーム「Paja(パヤ)」

 

ワークショップルーム「Paja(パヤ)」

© Moomin Characters™

 

ワークショップルームで物語にちなんだものづくり体験で自分だけの思い出を持ち帰ることができます。

 

ムーミン谷の売店「MuumilaaksoKauppa(ムーミラークソカウッパ)」

 

ムーミン谷の売店「MuumilaaksoKauppa(ムーミラークソカウッパ)」

© Moomin Characters™

 

ムーミンの物語のテーマ性を意識した世界最大級の品ぞろえのメインショップ「MuumilaaksoKauppa(ムーミラークソカウッパ)」

世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並びます。

 

ムーミン谷の食堂「MuumilaaksoRuokala(ムーミラークソルオカラ)」

 

ムーミン谷の食堂「MuumilaaksoRuokala(ムーミラークソルオカラ)」

© Moomin Characters™

 

ムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストラン「MuumilaaksoRuokala(ムーミラークソルオカラ)」

レストランでは、地元の食材を使った北欧とムーミンの世界観を融合したオリジナルメニューを楽しむことができます。

 

ショップ&カフェ「Kauppa&Kahvila(カウッパ&カハヴィラ)」

 

ショップ&カフェ「Kauppa&Kahvila(カウッパ&カハヴィラ)」

© Moomin Characters™

 

北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップ&カフェも展開されます。

 

おさびし山エリア

 

おさびし山エリア

© Moomin Characters™

 

ムーミンバレーパークの「おさびし山エリア」は、冒険と思索の山。

 

おさびし山エリア アップ

© Moomin Characters™

 

小説『ムーミン谷の仲間たち』より“しずかなのが好きなヘムレンさん”のストーリーをモチーフにしたアスレチックが誕生します。

つり橋、メリーゴーランド遊具などが用意されています。

お子さまには思いきり遊んでいただき、大人の方もゆっくりベンチに座ったり、森林浴を楽しみながら、フォトジェニックなツリーハウスを眺めたり、散策を楽しむことができます。

 

アスレチック「ヘムレンさんの遊園地」

 

アスレチック「ヘムレンさんの遊園地」

© Moomin Characters™

 

かつて、遊園地で働いていたヘムレンさんが、遊園地が閉園したことをきっかけに自ら遊園地をつくってしまった、というエピソードに登場するツリーハウス。

 

きのこの黒板

 

きのこの黒板

© Moomin Characters™

 

キノコ型の黒板や

 

メリーゴーランド遊具

 

メリーゴーランド遊具

© Moomin Characters™

 

メリーゴーラウンド。

 

アトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」

 

アトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」

© Moomin Characters™

 

おさびし山の頂上からスタートするのが、ジップラインのアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」

森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていき、絶景を楽しめスリルも味わえる、世界的にも人気のあるアクティビティであるジップラインが、往復約400mの宮沢湖面を滑空します。

小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”という黒ヒョウに乗って空を飛ぶキャラクターのように、ルビーの王様を求め、森の中、湖の上を風を感じながら楽しむことができます。

 

ムーミン谷エリア

 

ムーミン谷エリア

© Moomin Characters™

 

ムーミン谷内にある写真館で、ムーミン谷の仲間たちも写真館に撮影に訪れるという設定の写真スタジオの「ムイック フォト」。

 

ムイック フォト

© Moomin Characters™

 

ここでは、プロのカメラマンによる撮影サービスがあり、キャラクターコスチュームのキャラクターたちととっておきの写真を記念に残すことができます。

 

ムーミンの物語を主題とした施設「ムーミンバレーパーク」がついにオープン!

自然あふれるパークはムーミンファンだけではなく、テーマパークファンも注目です☆

開業日は2019年3月16日です。

メイン
ムーミンバレーパークに隣接した北欧スタイル体験施設!メッツァビレッジ

...

「ムーミンバレーパーク」に隣接した北欧スタイル体験施設「メッツァビレッジ」についてはこちらで紹介しています!

-ムーミン

Copyright© Dtimes , 2018 All Rights Reserved.