「マレフィセント」 特集

ディズニー・アニメーションの金字塔として、半世紀以上も世界中で愛され続けている『眠れる森の美女』

『マレフィセント』は『眠れる森の美女』の悪役にして、邪悪な妖精「マレフィセント」を主人公に、隠されていた誰も知らない“本当の物語”をドラマティックに描き出した、 “永遠の眠り”の呪いが生んだ究極の愛の物語。

あのロマンティックなおとぎ話を「マレフィセント」の視点で描いた、史上空前のアクション・ファンタジー映画です!

 
ディズニー映画『マレフィセント』
 

 
ストーリー
 

邪悪な妖精マレフィセント なぜ彼女は“呪い”をかけたのか?誰も知らない「眠れる森の美女」が、いま目覚める。

ある王国で、念願のロイヤル・ベビー、オーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれ、招待客たちが見守る中、3人の妖精たちが次々に幸運の魔法をオーロラ姫にかけていく。

「美しさを贈ります」「いつも幸せに包まれますように」…だが、3人目の妖精の番になった時、“招かれざる客”である邪悪な妖精マレフィセントが突如現れ、オーロラ姫に恐ろしい呪いをかけてしまう──

「16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りにつくだろう。そして、真実の愛のキスだけが姫の眠りを覚ます」と。

幸運の魔法の通り、オーロラ姫は幸せに包まれ、美しい娘に成長していく。

その姿をいつも影から見守るのは、あのマレフィセントだった。

その視線が時に温かな感情に満ちていることを、必死に隠しながら。そして、オーロラ姫が16歳になる瞬間を、密かに恐れながら…。

なぜ彼女はオーロラ姫に呪いをかけねばならなかったのか?──その謎を解く鍵は、人間界と妖精界とのあまりに悲しい戦いの歴史と、マレフィセント自身の封印された過去にあった。

マレフィセントの呪いは成就してしまうのか?そして、呪いがマレフィセントとオーロラ姫にもたらす驚くべき運命とは?

 
キャスト
 

マレフィセント:アンジェリーナ・ジョリー(深見梨加)

オーロラ:エル・ファニング(上戸彩)

ステファン:シャールト・コプリー(てらそままさき)

フリットル:レスリー・マンヴィル(福田彩乃)

ノットグラス:イメルダ・スタウントン(福田彩乃)

シスルウィット:ジュノー・テンプル(福田彩乃)

ディアヴァル:サム・ライリー(阪口周平)

フィリップ:ブレントン・スウェイツ(立花慎之介)

 
スタッフ
 

監督:ロバート・ストロンバーグ

脚本:リンダ・ウールヴァートン

製作:ジョー・ロス, p.g.a.

製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー、マイケル・ヴィエイラ、ドン・ハーン、パラク・パテル、マット・スミス、サラ・ブラッドショウ

撮影:ディーン・セムラー,A.C.S./ASC

プロダクション・デザイン:ゲイリー・フリーマン、ディラン・コール

編集:クリス・レベンゾン,A.C.E.、リチャード・ピアソン,A.C.E.

衣装デザイナー:アンナ・B・シェパード

音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワードシニア

視覚効果監修:キャリー・ヴィリエガス

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.