日本版声優

Disney(ディズニー) 映画

日本版声優決定!ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』

投稿日:

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『マイ・エレメント』など、イマジネーションあふれるユニークな“もしもの物語”を描き、数々の心温まる感動を全世界に贈り届けてきたディズニー&ピクサー。

誰も見たことがない頭の中の感情たちを描き、第88回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した感動作『インサイド・ヘッド』の続編『インサイド・ヘッド2』が、2024年8月1日(木)に日本公開を迎えます。

前作でも描かれた感情たちに加え、大人になるために現れたシンパイ、イイナー、ダリィ、ハズカシの新しい4つの感情たちが新たに登場します。

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』

 

世界中に大きな感動を与えた大ヒット映画『インサイド・ヘッド』の続編となる本作。

前作は、これまで『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』、『カールじいさんの空飛ぶ家』など数々の名作を手掛け、現在はピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてピクサー作品を世に送り出しているピート・ドクターの監督作品です。

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』ティザーポスター

 

ピクサー作品の中でもとくに泣ける名作のひとつで、少女ライリーの頭の中で無限に広がる感情たちの世界を舞台にした『インサイド・ヘッド』

自分の感情を大事にすることの大切さや誰もが子どもの頃に経験した嬉しい気持ちや切ない気持ち、そして家族の絆にまつわるあたたかいメッセージを描いており、世界中を感動で包み込み、多くの人の涙を誘いました。

そんな感動作の続編でピート・ドクターが「『インサイド・ヘッド2』は楽しくて心あたたまる映画です」と語る本作は、2023年公開されたUS版特報がディズニーの全アニメーション作品史上最高の再生回数を記録するなど、全世界から大きな注目が集まっています。

本作の主人公は、思春期を迎えちょっぴり大人になった少女・ライリー。

転校した学校にも慣れ、ライリーの頭の中の感情たちヨロコビ、カナシミ、ムカムカ、ビビリ、イカリは、ライリーが幸せに暮らせるように奮闘する毎日を送っていた。

しかしある時、突然大きな“謎の警報”が頭の中に鳴り響く!

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』場面写真

 

感情たちが暮らす司令部が壊されてしまうなか、困惑するヨロコビたちの前に現れたのは、最悪の将来を想像し、あたふたと必要以上に準備してしまう[シンパイ]、

小さな身体と大きな瞳で、いつでも周りの誰かを羨んでいる[イイナー]、

どんなときも退屈&無気力で片時もスマホは手放さない[ダリィ]、

そして、いつもモジモジしていて、恥ずかしさがMAXになるとフードで顔を隠す[ハズカシ]の<大人になるための新しい感情>たちだった――。

 

本作『インサイド・ヘッド2』は、前作でも脚本を務めたメグ・レフォヴが本作でも脚本を担当。

監督は『モンスターズ・ユニバーシティ』などでストーリースーパーバイザーとして実力を磨いてきたケルシー・マンが務めます。

ケルシー・マン監督は本作について

 

新しいキャラクターのシンパイは、今までいた感情たちと初めて出会います。

でもそれは私たちの頭の中で何が起こっているのかを考えてみると、とても理にかなっていると思います

 

と語っているが、少し大人になったライリーの中に広がる感情たちの世界に突如現れたキャラクターたちは一体何者なのか?

色んな感情が芽生えたライリーの頭の中で、どんな新たな騒動が巻き起こるのか。

大人になっていくライリーの中で繰り広げられる“感情たち”の奮闘に誰しもがくすりとしたり涙したり、誰もが共感必至の物語は、再び世界中を感動の渦に巻き込むことでしょう。

ヨロコビやカナシミなど感情たちが巻き起こすストーリーは、あなたの頭の中でもきっと起きているはず・・・

 

新たな感情シンパイ、イイナー、ダリィ、ハズカシが登場する特報映像

 

 

解禁となった特報映像では、感情たちの世界に新たに現れたシンパイたち4人の特徴を垣間見ることができます。

大荷物で現れた「シンパイ」がライリーを心配してあたふたと司令部のボタンを押しまくる姿や、「イイナー」が「ムカムカ」の髪型を「イイナー!」と目を輝かせて羨ましがる姿、指令室のソファで寝転がりスマホを見続ける「ダリィ」の様子、「ヨロコビ」とハイタッチした時に恥ずかしさのあまりフードに隠れて縮こまってしまう「ハズカシ」など、どんな人でも大人になっていく中で経験したことのある“感情たち”の姿が映し出されています。

新しい感情たちも加わって大好きなライリーを幸せにするためみんなで協力するかと思いきや、シンパイたちが「ライリーにはもう、あなたたちは必要ない」とヨロコビたちをビンの中に閉じ込め“感情”にフタをするシーンも映し出されており、大人になるために誰にでも巻き起こる“感情の嵐”がライリーにも訪れる・・・!

ティザーポスターには、そんな少しずつ大人になっていくライリーの頭の中に広がる“感情たち”の世界が描かれています。

思春期の到来によって壊されてしまった感情たちが暮らす司令部で、ヨロコビたち5人の<子どもの頃から見守る感情たち>がシンパイたち4人の<大人になるための新しい感情たち>を不安そうに見上げている。

色んな感情が芽生えたライリーの頭の中で、どんな新たな騒動が巻き起こるのか?

大人になっていくライリーの中で繰り広げられる“感情たち”の奮闘に誰もが笑って涙する共感必至の物語は、再び世界中を感動の渦に巻き込みます。

 

日本版本ポスター

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』

 

公開された日本版本ポスターに描かれているのは、大人へと成長していく中で突然自分に訪れた“感情の嵐”に頭を抱え不安いっぱいの表情を浮かべている本作の主人公・ライリーの姿。

どんな人の中にも広がる、カラフルでユニークな“感情たち”の世界を舞台にした『インサイド・ヘッド2』で描かれるのは、進級や就職、結婚など、人生の転機を迎える時に誰もが経験したことのある<感情の嵐>!

そんなあふれ出して抑えきれない感情に戸惑っている様子の主人公・ライリーと、個性豊かな感情たちの姿が描かれています。

 

日本語吹替版特報

 

 

本作は、思春期を迎えちょっぴり大人になった少女ライリーが主人公。

転校した学校にも慣れ、ライリーの頭の中の感情たち「ヨロコビ」「カナシミ」「ムカムカ」「ビビリ」「イカリ」は、ライリーが幸せに暮らせるように奮闘する毎日を送っていました。

しかしある時、突然大きな“謎の警報”が頭の中に鳴り響く!

感情たちが暮らす司令部が壊されてしまうが、そこで新たに現れたのがオレンジ色の感情「シンパイ」だった。

さらに新たな感情はシンパイだけではない!?

ティザーポスターには「シンパイ」のほかに、青緑色や青紫色、ピンク色の3つの感情のキャラクターも少しだけ顔を覗かせています。

思春期に現れたこのキャラクターたちは一体何の感情なのか?

そして思春期を迎えたライリーの頭の中でどんな新たな騒動が巻き起こるのか?

前作に続き日本版声優には、カナシミ役を大竹しのぶさん、ムカムカ役を小松由佳さん、ビビリ役を落合弘治さん、イカリ役を浦山迅さんが務め、ヨロコビ役は小清水亜美さんに決定しました。

前作から約8年ぶりにカナシミを演じることについて大竹しのぶさんは

 

またカナシミちゃんに出会えた喜びが大きいです。

前作から8年、今回の収録のために観直して改めて『いい映画だな、キャラクター、世界観、全てがかわいいな』って思いました。

今、人の感情が薄れていってるのか、ヨロコビもカナシミも他の感情たちも、出しにくい世の中になっていると感じるので、特に日本では、感情を出すということはやはり大事だと、改めて教えてくれる映画です。

また今度の作品は、新しい感情のキャラクターも増えるということで、さらに子供も大人も楽しめる作品に、作り上げられたらいいなと思います

 

と意気込みを明かしました。

ライリーに色んな感情が芽生えたことで、誰もが経験してきた共感必至の“思春期あるある”が詰まった感動の物語に、再び世界中が涙すること間違いなしです。

 

日本版声優

 

日本版声優

 

主人公〈ライリー〉の日本版声優に女優の横溝菜帆さん、ライリーが大人になることで生まれた4つの感情のうち3つの新キャラクターである、〈ハズカシ〉にお笑い芸人のマヂカルラブリー・村上さん、〈イイナー〉に声優の花澤香菜さん、〈ダリィ〉に声優の坂本真綾さんがUS本社のオーディションを経て決定!

 

多部未華子(シンパイ役)

 

日本版声優:多部未華子(シンパイ役)

 

本作で新たに登場する”大人の感情”たちのリーダー的存在で、最悪の将来を想像し、あたふたと必要以上に準備してしまう「シンパイ」の日本版声優を務めるのは、映画やドラマなど数々の話題作に出演し続ける俳優・多部未華子さん。

10代の頃から俳優として活動し、その演技力で数々の映画やドラマ、CM作品で存在感を放っている多部未華子さんがディズニー&ピクサー映画の日本版声優に初挑戦します。

 

シンパイ キャラクターポスター

 

US本社のオーディションを経てシンパイ役を射止めた多部未華子さんは、

 

もともとディズニー&ピクサー作品が大好きで、前作『インサイド・ヘッド』も映画館に観に行き、とても好きな作品でした。

今回新たな感情の「シンパイ」というキャラクターで、自分の声で残せるのはとても嬉しいなと思いましたし、一生懸命頑張りたい

 

と喜びを明かしています。

自身も劇場で鑑賞したという前作『インサイド・ヘッド』については

 

感情は誰もが持っているもので、どの感情も必要なものだから、それを物語にするのは凄く面白いなと思いました。

今回はライリーが思春期をむかえることで、誰もが経験したことがあるような感情たちが登場する発想が凄いなぁ

 

と“もしもの世界”を描くピクサー作品ならではの魅力を熱弁。

そんな多部未華子さん自身もお気に入りの作品の続編である本作で演じる「シンパイ」について、

 

人がわからない未来のことを先に想像して、必要以上に準備をしてあらゆる問題が起こってもどうにかなるように、ちょっとせかせかしていたり、落ち着きがなかったり、でも自分は良かれと思っているので正義感があったりと、個性的な性格のキャラクターです。

他の感情とはまた一癖二癖も違った表現や声の出し方の特徴をつかむのに必死でした。

<シンパイ>という感情は生きていく上でとても大切な感情だと思うので、その良さと癖のバランスをとるのが難しかったです

 

と収録を振り返りつつ、個性的でありながら愛すべきキャラクターであることを語ります。

 

日本版声優:多部未華子(シンパイ役)2

 

そんな<シンパイ>という感情について、多部未華子さん自身は

 

心配しすぎて荷物は多いタイプなので、小さいことですけれど、これ持っておいてよかった!と心配することで助けられている部分はあります

 

と普段から助けられていることを明かしました。

カラフルな感情たちの世界を舞台に感動的な物語が描かれる本作について、

 

思春期とか、人生の転機で感情がどんどん芽生える瞬間は誰もが通ってきただろうし、もしくはこれからも通るかもしれない道なので、誰もがぐっと共感できて泣ける作品になっていると思います。

感情はどれも必要不可欠なもので、色んな感情で支え合ったり、乗り越えていったりしながら人生を歩んでいくと思うんですけど、観た後は自己肯定を高めてくれるようなキラキラした作品だと思ったので、大人の方にもたくさん共感していただける作品になっていると思います

 

と作品への自信をのぞかせました。

 

横溝菜帆(ライリー役)

 

高校入学という人生の大きな転機を迎えた少女・〈ライリー〉の日本版声優を務めるのは横溝菜帆さん、

過去にはディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』(2020)でも日本版声優を務めましたが、自身と年齢も近い等身大の主人公・ライリーの声で再びディズニー&ピクサー作品へ参加となります。

〈ライリー〉の日本版声優に決まった時の心境を聞かれると、

「(オーディションの)合格の連絡が来たときは嬉しすぎて、母と二人で飛び跳ねながら大喜びしました。ライリーを皆さんに愛してもらえるようなキャラクターにできるよう、一生懸命頑張ろうと思いました。」と笑顔をみせました。

主人公・ライリーについて、

「両親に反発しつつも凄く両親を大切に思っていて、本作では友達やチームの子たちと色々揉め事があったりするのですが、自分の感情を正直に表現することができるので、素直でいい子だなと思います。」と魅力を語り、続けて自身との共通点について聞かれると「明るいところです。私も辛いことがあってもいい方向に考えようとしているので、その辺は似ているんじゃないかなと思います。」と話します。

また、9つの感情の中でのお気に入りは、「イイナーです。何でも羨ましがっているのが凄く可愛いし、キラキラした目がかわいいので凄く好きです。」と明かしました。

最後に作品の魅力について、「前作よりも凄く共感していただける作品になっていると思うので、どの世代の方にも観て頂きたいです。観た後に自分の感情に改めて向き合って、自分のことを見つめなおすきっかけになれると思います。」とアピールしました。

 

マヂカルラブリー・村上さん(ハズカシ役)

 

主人公・ライリーの中に新たに現れる<大人の感情>で、いつもモジモジしていて、恥ずかしさがMAXになるとフードで顔を隠す〈ハズカシ〉の日本版声優はマヂカルラブリー・村上さん。

本作が声優初挑戦となる村上さんですが、〈ハズカシ〉役が決まったときの心境をきかれると、「自分の声に自信がないので、僕で成立するのかっていうドキドキの方が大きかったですね。」と当時の心境を明かし、続けて「(合格を聞いたときは)ヨロコビは凄い遠くにいたんじゃないですかね。怖い、失敗したらどうしようって感情が前に出てきましたね。なんとか公開までにヨロコビを元気にさせておきたいです(笑)」と冗談交じりに話しました。

自身が演じたハズカシの魅力については、「我々人間が全員もっている感情だけれど、それを凄く可愛らしいキャラクターに描いてくれているので、親しみやすい感情に見えていると思います。」と語り、自身との共通点は「僕はハズカシそのまんまだと思います。顔をフードで隠すんですけど、僕も恥ずかしくなるとハズカシのような声を出したり、顔を手で覆って隠したりするので・・・」と明かします。

今回、恥ずかしがって”呻く声“での表現が大半だったことについては、「(台本に)呻くしか書いてなかった。ちょっとポジティブな感情での呻きとか色んな呻きを演じまして、奥が深いなって凄く思いました。劇場でなんの『ん~~~』かを、予想して欲しいですね。」と収録での苦労を交えながら語りました。

最後に本作について、「思春期の頃の気持ちを忘れてきてはいるんですけど、こういう時に友達と揉めたなとか、凄い感動したなとか、大人たちにそういう素敵な思い出をもう一度思い起こして、素敵な気持ちになって仕事を頑張っていただきたいなって思います。」と魅力を語っています。

 

花澤香菜(イイナー役)

 

新たに登場する<大人の感情>で、小さな身体で背伸びして、いつでも周りの誰かを羨んでいる〈イイナー〉の日本版声優は花澤香菜さん。

「私にとってイイナーは、大人になるにつれ、思っていても口に出さずに心の隅にそっと隠しておくような日陰の存在になっていました。演じてみたら、純粋でぴかぴかで、とてつもないパワーを秘めている、それはそれは眩しいものでした。」とイイナーの魅力について語っています。

 

坂本真綾(ダリィ役)

 

どんなときも退屈&無気力で片時もスマホは手放さない〈ダリィ〉の日本版声優は坂本真綾さん。

「思春期のライリーの中に芽生えた新しい複雑な感情、そのひとつであるダリィは、名前の通りとにかく気だるい!腹筋をなるべく使わないで、覇気のない声の出し方に徹しました。」とアフレコ時のポイントについて明かします。

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』作品概要

 

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』公開日入りポスター

 

公開日:2024年8月1日より日本公開

監督:ケルシー・マン(『モンスターズ・ユニバーシティ』、『2分の1の魔法』)

制作:マーク・ニールセン(『トイ・ストーリー4 』)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

日本語版声優:大竹しのぶ (カナシミ), 多部未華子 (シンパイ), 横溝菜帆(ライリー), 村上(マヂカルラブリー/ハズカシ),小清水亜美 (ヨロコビ),小松由佳 (ムカムカ), 落合弘治 (ビビリ),浦山迅 (イカリ) ,花澤香菜(イイナー), 坂本真綾(ダリィ)

 

今より自分を好きになれる“あなたの物語”を描いたディズニー&ピクサー最新作。

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』は、2024年8月1日より全国劇場公開です☆

ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』&ピクサー3作品
『私ときどきレッサーパンダ』『あの夏のルカ』『ソウルフル・ワールド』の劇場公開も決定!ディズニー&ピクサー映画『インサイド・ヘッド2』

続きを見る

©2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

Copyright© Dtimes , 2024 All Rights Reserved.