ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』本ビジュアル解禁

Drama(映画・エンタメ)

寺山京介役に高杉真宙が決定!ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』

投稿日:

2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明さんが放つ衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』

息も尽かせぬ緊迫感で放つ戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』が、ディズニープラス公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス) スター」にて、2022年12月28日(水)から世界各国で独占配信開始!

また、2022年11月30日からシンガポール マリーナベイサンズにて行われている「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」にて本ビジュアルと最新予告編が解禁されました。

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』本ビジュアル解禁

 

2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明さんが放つ衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』をディズニープラス「スター」日本発オリジナルシリーズとして実写ドラマ化。

その衝撃の内容から実写化が困難と言われてきた本作のために国内トップクラスのスタッフが集結。

 

柳楽優弥さん3

 

主演に柳楽優弥さんを迎え、息も尽かせぬ緊迫感で放つ戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』が12月28日(水)より日本を始めとする世界各国で配信予定です。

 

本作は、外界から閉ざされた供花村(くげむら)を舞台に展開される、常識が揺るがされるヴィレッジ・サイコスリラー超大作。

 

柳楽優弥さん4

 

本作の主人公で狂気の世界へと誘われて行く警察官・阿川大悟役を数々の作品で観るものを魅了してきた柳楽優弥さんが演じます。

また、供花村を支配する後藤家次期当主・後藤恵介役を笠松将さん、

 

吉岡里帆さん5

 

大悟の妻・阿川有希(ゆうき)を吉岡里帆さん、後藤家の元当主で恵介の祖母・後藤銀役を倍賞千恵子さんら豪華演技派俳優陣が出演。

 

片山慎三監督

 

監督は、デビュー作『岬の兄妹』で鮮烈でセンシティブな内容を力強く描き、続く『さがす』でも、その見事なまでのストーリーテリングとサスペンスとしてのクオリティが国内外で絶賛された鬼才・片山慎三監督。

脚本をアカデミー賞国際長編映画賞受賞作『ドライブ・マイ・カー』で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した大江崇允さんが手掛け、プロデューサーに『闇金ウシジマくん』シリーズを手掛けた岩倉達哉さん、『ドライブ・マイ・カー』でアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した山本晃久さんが務めます。

 

吉岡里帆さん2

 

本作は、2022年10月24日(月)より開催されている第35回東京国際映画祭へ正式出品され、ワールドプレミア上映が実施されるなど、日本のみならず世界中から注目を集めているドラマシリーズです☆

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』最新予告編

 

 

2022年11月30日(水)、ウォルト・ディズニー・カンパニーが今後予定されている劇場作品と動画配信作品を紹介する「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」をシンガポールマリーナベイサンズにて開催。

 

ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022『ガンニバル』登壇

 

イベントに世界のメディアが集う中『ガンニバル』のパネルステージの中で最新予告映像が世界同時解禁!

衝撃のヴィレッジ・サイコスリラー超大作がついに世界に向けてそのベールを脱ぎました。

 

柳楽優弥さん2

 

ステージには阿川大悟役を務める主演の柳楽優弥さん、

 

吉岡里帆さん1

 

阿川大悟の妻・有希を演じる吉岡里帆さんと片山慎三監督が登壇しました。

さらに、予告編中で登場する、供花村(くげむら)の住人から「顔を喰われた」と証言する衝撃のキャラクター・寺山京介役で高杉真宙さんの出演も決定!

世界同時解禁された新映像は、柳楽優弥さん演じる阿川大悟が冷酷な目で銃口を突きつけ発砲する衝撃シーンで幕を開けます。

左遷される理由となるショッキングな事件を経て、供花村(くげむら)に越してきた警察官・阿川大悟は妻の有希(吉岡里帆)、娘のましろ(志水心音)と、穏やかで美しい自然が広がるこの村で一から家族としての生活を再スタートさせていた。

村人からも温かく歓迎され順風満帆な日々を過ごす阿川家だったが、ある日村人からこう忠告される「後藤家には関わらないほうがいい」

時を同じくして、突如失踪した前任の駐在が残した「お前ら人間を喰ってる」というにわかに信じられない証言を耳にする大悟。

村人たちから畏怖される存在の「後藤家」が白装束に身を包み、後藤家の前当主・後藤銀(倍賞美津子)の葬儀を行う異様な光景、猟銃を突きつけ異常な笑いを見せる後藤恵介(笠松将)。

正気では無いように見える後藤家に対し疑いの目を向ける大悟は独自に捜査を進めるのだった。

そして、〈村の誰かに顔を喰われた〉と証言する寺山京介(高杉真宙)の登場により、大悟は外界から閉ざされた供花村に隠された恐ろしい秘密の核心に近づくこととなる。

後藤家が抱える触れてはいけない秘密、優しかった村人たちの本性が徐々に見え隠れし始める。

「この村の人間は人を喰ってる」という噂の真相、そしてその裏でうごめくのはいったい何者なのか―?

疑心暗鬼に襲われる大悟は次第に村の狂気に飲み込まれ、彼の正義すらも狂気に満ちていくのだった。

そして、突如現れた人とは思えない謎の大男に襲われる大悟。

血で染まっていく供花村に隠された真実とは―?

狂気が加速する予測不能のノンストップな物語から目が離せません。

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』本ビジュアル解禁

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』本ビジュアル解禁

 

そして、狂気の世界に引きずり込まれる柳楽優弥さん演じる阿川大悟の姿をとらえた戦慄の最新ビジュアルも解禁されました。

あわせて解禁となった本ビジュアルは、“後藤家に関わってはいけない”という禁忌に触れた大悟が謎の大男に引きずられ、供花村に隠された闇に喰われていく姿を捉えた衝撃のビジュアル。

もう後戻りは出来ないところまで来てしまった大悟に待ち受ける壮絶な運命を予感させる仕上がりとなっており、果たして大悟を襲いどこかへ連れていこうとするこの謎の男の正体とは一体・・・

これからの物語の行末は必見です。

 

第35回東京国際映画祭レッドカーペットイベント登壇

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』

 

第35回東京国際映画祭「TIFFシリーズ」に出品された『ガンニバル』

全キャストそして全スタッフと本作に関わった方々が、全世界への配信に向けて切磋琢磨し、クオリティの高いドラマを作ろうと奮闘して制作された世界水準の超大作です。

そんなスケール感とクオリティで唯一無二の作品となった本作に相応しく、東京国際映画祭という場でのワールドプレミア開催も決定しているなど、早くも大きな話題となっています。

 

そして、2022年10月24日(火)に開催された、東京国際映画祭オープニングイベントのレッドカーペットに、本作の監督を務めた片山慎三さんと、主演の柳楽優弥さん、さらに笠松将さんが登場!

レッドカーペットに登場した、片山慎三監督、柳楽優弥さん、笠松将さんはカーペットを踏みしめながら報道陣に向けて作品をアピール。

 

柳楽優弥さん

 

本作の主演を務めた柳楽優弥さんは壇上で

 

ディズニープラス『スター』から最高のドラマが出来ました!

 

と自信に満ち溢れたコメントを残し、共にドラマを作り上げた笠松将さん、片山慎三監督と堂々とレッドカーペットを終始笑顔で闊歩し、作品の完成度の高さに自信を覗かせていました。

 

主演の柳楽優弥さんはレッドカーペットを歩いた感想を

 

楽しかったです。

久しぶりにお客さんの前を歩くということでちょっと緊張していたんですが、サインを書いたりインタビューを受けたり、短い時間でしたが良い時間でした

 

と笑顔で振り返りました。

そして、ワールドプレミアも間近に控えた今の気持ちを聞いてみると、

 

世界配信に向けて、監督やスタッフ、キャストの皆が、何がベストなのかを探り続けて撮影した作品なので、こういう国際映画祭で観ていただけるというのは本当に最高のオープニングになるんじゃないかなと思っています

 

と興奮した様子でコメント。

 

笠松将さん

 

笠松将さんも

 

映画祭に興味を持ってくれている人たちにまずは観てほしいという気持ちが強かったです。

自分自身も大きなスクリーンで観たいと思う作品ですし、光栄ですね

 

と嬉しそうに笑顔で回答。

 

片山慎三監督

 

そして、片山慎三監督は

 

どう受け入れられるかが心配でもあり楽しみでもありほんとにスクリーンで上映される機会って数少ないと思うので、すごく貴重な機会を設けて頂いてありがたいなと思うのと、あとは、ほんとに観て頂いた方からの感想もダイレクトに聞きたいなと、非常に楽しみです

 

と一足先に鑑賞する観客の方の反応も気にしながらも楽しみにしている様子でした。

 

最後に、本作の注目して観てほしいポイントについて、柳楽優弥さんは

 

作品の世界観。原作コミックがある作品ですが、実写化するうえでの強みも見つけることができたし、人物の描写もより丁寧に描くことができ、映像のクオリティも今まで観たことがない仕上がりになっていると思いますので、是非注目して観てほしいです

 

と自信たっぷりに力強くコメント。

 

笠松将さんは

 

キャラクターの描き方が本当に“人間を描いている感じで、難しい役柄を演じさせていただいて本当に難しかったんですが、こういった環境で挑戦させてもらってありがたかったです。

ぜひ、各キャラクターの人間描写に注目してほしいです

 

と役作りの大変さを上げながら、本作が描く極上の人間ドラマ模様を注目ポイントとして上げてくださいました。

 

そして、片山慎三監督は

 

これから、日本のドラマ、映画・映像コンテンツは世界に売っていかなくてはいけない状況にますますなってきているので、力試しじゃないですけど、自分としては1本目としてこの作品がどういう風に受け入れられるのかっていうのが、これからの自分の作品選び、作品作りにとって『ガンニバル』は非常に大きな指針になると思っています

 

と世界配信に向けての決意を明かしてくださいました☆

 

『ガンニバル』作品概要

 

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』レッドカーペット オフィシャル

 

原作:『ガンニバル』二宮正明(日本文芸社刊)

配信:ディズニープラス「スター」で12月28日より独占配信

監督:片山慎三、川井隼人

脚本:大江崇允

プロデューサー:山本晃久、岩倉達哉

出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、北香那、杉田雷鱗、志水心音、吉原光夫、六角精児、酒向芳、中村祐太郎、中村梅雀、倍賞美津子

 

本作の舞台は、都会から遠く離れた山間にある「供花村(くげむら)」

警察官の阿川大悟(柳楽優弥)は、ある事件を起こして供花村の駐在として左遷され、犯罪とは無縁の穏やかなこの土地で家族と静かに暮らしていた。

しかし、1人の老婆の奇妙な死をきっかけに、彼は少しずつ村の異常性に気付いて行く。

そして、“この村では人が喰われているらしい”という、衝撃の噂を耳にする。

穏やかな日常を次第に狂気が蝕んでいく――。

 

日本が誇る最高峰の豪華キャスト、豪華スタッフが集結 する 一息も尽かせぬ緊迫感 が溢れる 戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作。

オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』は、ディズニープラス「スター」で2022年12月28日より独占配信開始です☆

©2022 Disney

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.