10月26日AM7時解禁_『ノイズ』本ポスター

映画

藤原竜也&松山ケンイチW主演ミッションサスペンス!映画『ノイズ』

投稿日:

藤原竜也、松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』が2022年1月28日(金)に全国公開を迎えます!

予測不能な展開のミステリーが豪華キャストによって展開する驚愕の新感覚サスペンスエンターテイメント作品『ノイズ』を紹介します。

 

映画『ノイズ』

 

10月26日AM7時解禁_『ノイズ』本ポスター

 

公開日:2022年1月28日(金)全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画

 

『デスノート』シリーズで最高のタッグ共演を見せた藤原竜也さん&松山ケンイチさん、そして神木隆之介さんが絶海の孤島で「死体がバレたら終わり」というこれまでにない極限状態に!

「サイコキラーの死体」を隠しきるというこれまでにないミッションが豪華キャストによって展開される新感覚サスペンスエンターテイメント映画『ノイズ』を紹介します。

 

豪華キャストを紹介

 

★メイン

 

キャスト:
泉圭太(いずみけいた):藤原竜也
田辺純(たなべじゅん):松山ケンイチ
守屋真一郎(もりやしんいちろう):神木隆之介
泉加奈:黒木華
小御坂睦雄(こみさかむつお):渡辺大知
畠山努:永瀬正敏

主演を務めるのは藤原竜也さんと松山ケンイチさん。

2人が殺人の共犯者にとなり、さらに神木隆之介さん、黒木華さん、永瀬正敏さんら、日本のトップに立つ演技派俳優が結集して繰り広げられるのは極限の新感覚サスペンスです。

元受刑者のサイコキラーが平和な島を訪れ、過疎化していた島をこれから盛り立てていこうとしていた藤原竜也さん演じる泉圭太がそのサイコキラーを殺してしまうところからストーリーは展開していきます。

 

サブ②

 

圭太の殺人を隠ぺいするために死体隠しに協力する幼馴染の田辺純(たなべじゅん)役を演じるのは松山ケンイチさん。

2人は『デスノート』シリーズの夜神月(ライト)と探偵L以来約15年ぶりとなる本格共演です。

そして2人が暮らす島に新米警察官として舞い戻る幼馴染の守屋真一郎(もりやしんいちろう)役を神木隆之介さんが演じます。

実力派俳優の熾烈な演技合戦が、心臓が爆発するほどのヒリヒリ感を生み出します。

 

サブ④

 

そのほか、圭太の妻の泉加奈役に黒木華さん、島に突如訪れたサイコキラー、小御坂睦雄(こみさかむつお)役に渡辺大知さん、圭太たち幼馴染3人を追い詰める県警の刑事、畠山努役に永瀬正敏さんと、日本を代表する俳優陣の圧倒的な演技合戦には早くも多くの期待の声が。

 

圧倒的な演技派俳優陣が集結

 

10月26日AM7時解禁_『ノイズ』_追加キャスト画像

 

主演の3人に続いて、親友3人組を追い詰める刑事の畠山の相棒、青木千尋役に伊藤歩さん、農家の床吉の息子、横田昭一役に酒向芳さん、町長・庄司の部下・野毛二郎役に迫田孝也さん、真一郎の母、守屋仁美役に鶴田真由さんという演技派俳優陣がキャスティングされています。

また、地方創生局員として猪狩島に訪れる酒井義昭役に波岡一喜さん、真一郎の先輩として前任の駐在員を務めた岡崎正役に寺島進さん、猪狩島の復興を第一に考える町長の庄司華江役に余貴美子さん、そして圭太と純の隣人で、物語の重要なカギを握る農家の横田庄吉役に柄本明らが脇を固め、盤石の体制。

この個性豊かで超演技派な顔ぶれの集結で送られるサスペンススリラー、迫真の演技、最高の迫力は約束されたようなもの。

公開が待ちきれません!

 

ストーリー/あらすじ

 

 

舞台は過疎化が進み先行きが不安な絶海の孤島、猪狩島。

泉圭太が生産した黒イチジクが人気になり始め、国からの5億円の交付金が内定し、島に明るい未来が見えたその時、突然不気味な男が島に訪れました。

 

サブ①

 

誰も名を知らないその男に家族を狙われた泉圭太は、親友の田辺純、新米警察官の守屋真一郎と共に、誤ってその男を殺してしまいます。

真一郎が言い放った「全部、なかったことにしましょう」という決意の言葉を皮切りに3人は島の未来と大切な家族を守るために、死体を隠蔽することを決意。

 

サブ③

 

「この男が消えたところで、だれも追ってこない」そう思っていた矢先、事態は予想外の方向へ。

なんと、その男は出所したばかりの凶悪犯サイコキラーだったのでした。

 

サブ⑤

 

足取りを追う刑事らが島に大挙して押し寄せ、県警によって24時間体制で執拗な捜査が繰り返されます。

その包囲網が圭太たちをじわじわと追い詰め、「島の生活を守る為に死体を隠す者」と「正義の為に島の生活を踏みにじる者」との攻防が島民たちにも広がり、島の日常は崩れ……。

差出人不明の不気味なメール、次々と増えていく死体、壊れていく絆。

誰が味方で敵なのかもわからない極限状態の中で、ある人物がとんでもない罠を仕掛けていたことがわかり!?

島中がパニックに陥った先に待ち受ける、驚愕のあまり観る者も正気を失うラストとは。

一滴の“ノイズ(凶悪犯)”の出現で図らずも殺人の共犯になってしまった3人の命懸けの死体隠しの幕が上がります。

 

原作コミック『ノイズ【noise】』

 

本作の原作は「予告犯」や「マンホール」、フランスでACBC賞、国内で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した「有害都市」などを手掛け、日本のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇る鬼才・筒井哲也さんが2017年から2020年まで集英社「グランドジャンプ」で連載し、「鬼気迫る緊張感、衝撃のサスペンス!」と絶賛された全3巻のコミック『ノイズ【noise】』です。

ストーリーの緻密さが絶賛されるミステリー好きには特にたまらないサスペンスコミック。

映画鑑賞の後にはきっと一気読みしたくなる要チェックな原作です。

 

 

超豪華キャスティングと予測不能な展開から目が離せない新感覚サスペンスエンターテイメント作品!

藤原竜也と松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』は、2022年1月28日(金)に全国ロードショーです。

©筒井哲也/集英社 ©2022 映画「ノイズ」製作委員会

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.