劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』舞浜アンフィシアター公演

Disney(ディズニー) 舞台

舞浜アンフィシアターにて2022年10月開幕!劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』

投稿日:

劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』 が新たな演出で、舞浜アンフィシアターにて2022年10月より公演されることが決定しました。

 

劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』舞浜アンフィシアター公演

 

劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』舞浜アンフィシアター公演

 

2022年10月より、東京ディズニーリゾート内に位置する舞浜アンフィシアター(千葉・舞浜)にて、ディズニーミュージカル『美女と野獣』の上演が決定。

上演会場の舞浜アンフィシアターと隣り合うディズニーアンバサダーホテルにて製作発表会が実施されました。

制作発表会には、株式会社オリエンタルランド代表取締役社長(兼)COO・吉田謙次さんと、劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹さんが登壇しました。

 

『美女と野獣』は、ディズニーが演劇ビジネスに初進出した作品。

ディズニー・シアトリカル・プロダクションズの手により1994年にアメリカ・ブロードウェイで初演されて以来、世界中で大ヒットを記録しました。

劇団四季では、翌1995年に「東京・大阪同時ロングラン」という前代未聞の上演方式で初演。

以来、9都市(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、京都、広島、静岡、仙台)で上演され、各地で高い人気を博し、これまでの国内総公演回数は5,675回、総入場者数は536万人にのぼります。

 

2022年10月からの公演では、舞台美術を一新し、台本・演出もリニューアル。

『美女と野獣』初演で振付を手掛けたマット・ウェストが、今回は演出と振付を担当。

彼の指揮のもと、アラン・メンケン(作曲)、ティム・ライス(作詞)、リンダ・ウールヴァートン(台本)、スタンリー・A・メイヤー(装置デザイン)、アン・ホウルド・ワード(衣裳デザイン)、ナターシャ・カッツ(照明デザイン)ら、初演のクリエイティブスタッフたちが再集合しました。

彼らは27年前にブロードウェイで『美女と野獣』が開幕した際、トニー賞で9部門にミネートされ、最優秀衣裳デザイン賞を受賞したチーム。

彼らが自ら再構築した新たな『美女と野獣』は、上海ディズニーリゾートで2018年から2020年にかけて上演され、今回の日本公演もこのバージョンが踏襲されます。

 

株式会社オリエンタルランド 代表取締役社長(兼)COO 吉田謙次さんコメント

 

株式会社オリエンタルランド 代表取締役社長(兼)COO 吉田謙次さん

 

この度、劇団四季に弊社の運営する舞浜アンフィシアターにて公演を行っていただくことになり、大変嬉しく思います。

1983年のオープン以来、進化を続けてきた東京ディズニーリゾートをさらに魅力的な場所にするべく、今回劇団四季にお声掛けをさせていただきました。

『ライオンキング』や『アナと雪の女王』など同じディズニーコンテンツを扱う劇団四季に公演いただくことで、東京ディズニーリゾートを訪れる皆様に新たな魅力を提供できると確信しています。

劇団四季にとっても、舞浜アンフィシアターでの上演に価値を感じていただけるよう、当社も東京ディズニーリゾートの価値を高めてまいります

 

劇団四季 代表取締役社長 吉田智誉樹さんコメント

 

劇団四季 代表取締役社長 吉田智誉樹さん

 

四季では長年、様々な都市で『美女と野獣』を上演してきましたが、今回初上演となる舞浜アンフィシアターで、新たな形の『美女と野獣』をお届けできることを嬉しく思います。

リニューアルによって、今という時代にも非常にマッチし、この作品が持つメッセージをお届けできるベストの形になるだろうと確信しています。

舞浜エリアを今日の東京ディズニーリゾートへと発展させてこられたオリエンタルランドと、数々のディズニーミュージカルを上演する劇団四季。

2社がタッグを組むことにより、相互に新しい観客層を開拓し、日本のエンタメ界に新潮流を生み出すこととなるでしょう。

劇場でぜひ、珠玉のラブストーリーを楽しんでいただき、生きる喜び、明日への希望を感じていただければと思います

 

ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ プレジデント&プロデューサー トーマス・シューマーカーさんコメント

 

我々は『美女と野獣』が日本に戻ってくることに、とてもワクワクしています。

日本のお客様がこの作品の登場人物たちに対して感じる深い結びつきは、ちょうど30年前に我々が初めて彼らとスクリーン上で出会ったときと同じように、今なお強いものです。

また、ベルは今も当時と同じように私たちの共感を呼び、それは現代にも通じるものなのです。

東京ディズニーリゾートでミュージカルを上演することは、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズにとっても、全く初めての試みです。

この試みは、株式会社オリエンタルランド、我々の大切なパートナーである劇団四季、そして作品のクリエイティブスタッフたちと私たちが手を携え、2023年の東京ディズニーリゾート40周年という特別な節目を祝うのにふさわしいものでしょう。

 

平田愛咲さん

 

また、過去公演の出演経験者より、ベル役を演じた平田愛咲さんが『わが家』を

 

飯田洋輔さん

 

ビースト役を演じた飯田洋輔さんが『愛せぬならば』、

 

早水小夜子さん

 

ミセス・ポット役を演じた早水小夜子さんが『美女と野獣』を披露しました。

 

日本初演以来、色あせることなく上演を続け、このたび新たな地で大きくリニューアルされる『美女と野獣』

劇団四季ディズニーミュージカル『美女と野獣』は舞浜アンフィシアターにて2022年10月公演です。

©Disney

撮影:阿部章仁

Copyright© Dtimes , 2022 All Rights Reserved.