ディズニープラス 今後の注目作品ラインアップ一覧

Disney(ディズニー) Drama(映画・エンタメ)

選びたくなる「5つ」の理由!ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」徹底ガイド

投稿日:

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5つのブランドの作品が楽しめるディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」

このディズニープラスに2021年10月27日(水)から、より幅広い総合エンターテイメントが楽しめる新ブランド「スター」が加わります。

最新映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで16,000を超える作品が視聴できるようになり、新しいディズニープラスのスタートを前に、新ディズニープラスのすべてを徹底ガイドします!

 

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」徹底ガイド

 

スター キービジュアル

 

新ブランド「スター」開始日:2021年10月27日(水)

動画配信サービス業界に旋風を巻き起こすことになる新ディズニープラスのすべてを徹底ガイド!

ディズニープラスに2021年10月27日(水)から、加わるより幅広い総合エンターテイメントが楽しめる新ブランド「スター」

ディズニープラス新たなコンテンツブランド「スター」
「デッドプール」など新コンテンツ続々!ディズニープラス「スター」ブランド追加

続きを見る

2021年10月27日(水)に新たな進化を遂げるディズニープラスを数ある動画配信サービスの中から選びたくなる「5つ」の理由を紹介します。

 

【1】最強ラインアップ 豪華な作品を網羅!

 

スター 配信作品ラインアップ一覧

 

「スター」が加わることで、ディズニープラスにしかできない豪華な作品を網羅!

2021年10月27日(水)より新ブランド「スター」が加わることにより、これまでのディズニープラスにはなかった「総合エンターテイメントコンテンツ」が楽しめるようになります。

つまり、ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABC Signature と 20th テレビジョン)、FX プロダクションズ、20 世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズなど、ディズニーが誇る制作スタジオが手掛ける数多くの映画やドラマシリーズがこれまでのコンテンツにさらにラインアップするのです。

具体的な作品名をあげるだけでもその豪華さは一目瞭然!

アカデミー賞®作品賞受賞『ノマドランド』をはじめとする最新映画、『デッドプール』、『プリティ・ウーマン』、『タイタニック』、『プラダを着た悪魔』などの名作や大ヒット映画の数々に、『ウォーキング・デッド』最終シーズンを含めた全シーズン、『glee/グリー』、『24 -TWENTY FOUR-』、『9-1-1: LONE STAR』などの大人気海外ドラマも登場し、数多くの作品が勢揃いしています。

ドラマからスリラー、コメディとあらゆる感情に合う幅広いジャンルを網羅し、さらにここだけでしか観られないスター オリジナル作品には、セレーナ・ゴメス主演の話題作『マーダーズ・イン・ビルディング』、人気映画のスピンオフ『Love,ヴィクター』や、サイエンス・フィクション クラシックの金字塔で初のシリーズ作品『エイリアン(原題)』、ジェームズ・クラベルの人気小説をテレビドラマ化し1980年にアメリカで大ヒットした『ショーグン(原題)』など、期待作が新たに制作されています。

日本のトップクリエイターと協力した国内向けタイトルの制作も予定されているそう。

これまで動画配信サービスでディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの映画が見放題で見られるのはディズニープラスだけだったのに加え、さらにこれだけ多くの大型作品が楽しめるようになるのです。

 

【2】オリジナル作品が続々登場

 

ディズニープラス 今後の注目作品ラインアップ一覧

 

ディズニープラスの最強とも言えるウリは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの映画やシリーズが見放題で楽しめること。

この秋以降、この5つのブランドもさらに新タイトルが大幅に追加され、まさにディズニープラスにしかできない豪華なラインアップとなります。

まずは、「ロキ」の最終話の記憶がまだ新しいマーベル・スタジオから最新ドラマが登場し、アベンジャーズのメンバー、ホークアイの活躍を描いた『ホークアイ』がついに2021年11月24日に日米同時配信を迎えます。

さらに、11月には、クリスマス映画の定番『ホーム・アローン』を新たにディズニープラスオリジナルとして制作した最新作『ホーム・スイート・ ホーム・アローン(原題)』が登場。

12月にはスター・ウォーズから最新シリーズ『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』が配信開始となります。

さらに、ユアン・マクレガーが伝説的かつ象徴的なジェダイ・マスターを演じるルーカスフィルム最新ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ(原題)』、ディズニーから、ジュード・ロウがフック船長を演じる最新作『ピーター・パン&ウェンディ(原題)』、人気アニメーション映画『ズートピア』の短編シリーズ『ズートピア+(原題)』などがすでに発表され、今後も続々と期待作が登場します。

 

【3】ペアレンタルコントロール&プロフィール機能搭載

 

ディズニープラス アカウントプロフィールキャラクター画像例

プロフィールに使えるキャラクター画像例 (オーストラリア版のため日本版とは異なる場合がございます) ©Disney © 2021 Disney and its related entities

 

コンテンツのジャンルが増えることで、ファミリーにはその安全性も気になるところ。

ディズニープラスは、安心して使える機能も拡大し、1つのディズニープラスのアカウントで、最大7つのプロフィール登録が可能となります。

プロフィール画像に、ディズニーの人気キャラクターの画像が使えるのも魅力の1つ。

各プロフィールにおいてプロフィール名、アプリ言語設定、オートプレイ、GroupWatchのオン・オフ設定が可能となります。

さらに、お子様専用のキッズプロフィールやプロフィールPIN(暗証番号)を登録することで、該当プロフィールから視聴する際にキッズ向けの作品のみ表示させることができ、安心安全に家族で楽しめるペアレンタルコントロール機能も提供開始。

それぞれの状況に応じて、多様な活用をすることができるようになります。

これまでも活用できたインターネット接続不要で動画が視聴できるダウンロード機能に加えて、離れた場所から最大7人まで一緒に視聴できるGroupWatch(会員のみ招待可能)が追加されます。

「いいね」や「面白い」などの絵文字を画面上に表示させて、家族や友人と気持ちをリアルタイムで共有しながら、作品鑑賞を楽しめるのは嬉しいですね。

『ウォーキング・デッド』の最終シーズンを夫婦で楽しみたいけど、「まだ小さい子どもが間違って見てしまわないかな」と心配なパパ、ママも安心です。

 

【4】PlayStation®5/4 をはじめとするゲーム機器に対応

 

新ディズニープラス 各対応デバイスイメージ

 

追加対応デバイス&推奨環境:
(2021年9月現在)
◆Webブラウザ
最新の Chrome, Firefox, Edge, Safari
◆スマートテレビ
Android TV (Android OS 5.0 以上)、Hisense (VIDAA 2018 年以降発売のスマートテレビ)、LG TV (WebOS version 3.0 (2016 モデル)以上) 、Panasonic スマート テレビ (2017 年以降発売の 4K ビエラ) 、Samsung スマートテレビ (2016 年以降発売の Tizen 搭載機器)、Sony BRAVIA、Sharp AQUOS、東芝テレビ (レグザ 2018 年以降発売のスマートテレビ)
◆スマートフォンとタブレット
Amazon Fire タブレットシリーズ (Fire OS 5.0 以上) 、Android (スマートフォン、タブレット)、iPhone, iPad, iPod touch の TV App と App Store
◆ストリーミング・メディア・プレイヤーとゲーム機器
Amazon Fire TV シリーズ、Apple TV 4K と Apple TV HDの TV App とApp Store、ChromecastTM (Chromecast built-inTM 搭載機器)、PlayStation®5/PlayStation®4、Xbox (Xbox One, Xbox Series X/S)
※“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

「スター」の提供開始にあわせて、対応デバイスが拡大され新たにゲーム機器でも視聴が楽しめるようになります。

これまでのスマートフォン、タブレット、PC、テレビ、スマートテレビ、ストリーミングデバイスに加え、新たにPlayStation®5/PlayStation®4(※)、Xboxなどのゲーム機が追加され、対応デバイスが拡大(ダウンロードは最大10台まで登録可能/同時視聴は4台まで可能)。

さらに、機能面では、動画品質を高める4K UHDの映像提供と、5.1チャンネル、およびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、コンテンツをより大迫力で楽しめる視聴環境が提供されます(対応機器、対象作品のみ提供)。

※“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

 

【5】クレジットカード決済や各種アプリストアなど入会方法が選べる

 

これまで入会方法や決済方法で利便性を高める入会経路が拡大!

これまでのドコモショップや My docomoなどによる入会に加え、クレジットカードもしくはPayPalでのWEB入会、Apple App Store、Google Playストア、Amazonアプリストアからも入会できるように。

ディズニープラスは、月額990円(税込)の定額制で、Apple App Store経由で入会の場合は月額1,000円(税込)となり、ドコモショップや My docomo などによる入会の場合は、2021年11月1日(月)より月額990円(税込)の新価格が適用されることに。

※Apple と Apple のロゴは、米国およびその他の国で登録された Apple Inc.の商標です。 App Store は Apple Inc.のサービスマークです。 ※Amazon に関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc. 又はその関連会社の商標です。

 

2021年10月27日(水)にディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」が進化!

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの5つのブランドの作品が楽しめると人気のディズニープラスに、より幅広い総合エンターテイメントが楽しめる新ブランド「スター」が加わり、最新映画からオリジナル作品、日本のコンテンツまで16,000を超える作品が視聴できるようになります。

これさえ読めば新ディズニープラスのすべてがわかる徹底ガイド、数ある動画配信サービスの中からディズニープラスを選びたくなる5つの理由の紹介でした。

(C) 2021 Disney and its related entitie


ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」
月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.