ウエスト・サイド・ストーリー

映画

スピルバーグが伝説のミュージカルに挑戦!映画『ウエスト・サイド・ストーリー』

投稿日:

世代を超えて人々を魅了し続ける伝説のミュージカル映画を巨匠スティーブン・スピルバーグが待望の映画化!

エンターテイメント界に新たな歴史を刻む奇跡のプロジェクトとなる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』が2021年12月10日(金)に公開となります。

 

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』作品紹介

 

ウエスト・サイド・ストーリー

 

公開日:2021年12月10日(金)全国ロードショー

制作:2021年/アメリカ

タイトル:ウエスト・サイド・ストーリー(原題:West Side Story)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

名曲「Tonight(トゥナイト)」から始まるスピルバーグの新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』が2021年12月10日(金)に全国ロードショー決定!

混沌とした時代の中を​偏見と闘いながら、夢を追いかける若者たちの​禁断のラブストーリーを描く、​珠玉のミュージカル・エンターテインメント作品を紹介していきます。

 

ストーリー/あらすじ

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』:サブ2

 

「きっと、どこかに──私たちの居場所がある」

物語の舞台は、1950年代のニューヨーク。

夢や成功を求める多くの移民たちが暮らすマンハッタンのウエスト・サイドは社会の分断の中で、貧困や差別に直面した若者たちが同胞の仲間と結束し、グループが生まれていました。

各グループには対立構造があり、特にポーランド系移民「ジェッツ」とプエルトリコ系移民「シャークス」は激しく対立。

一触即発の状態のそんな時、「シャークス」のリーダーを兄に持つマリアは、「ジェッツ」の元リーダーであったトニーと出会います。

一瞬で惹かれあってしまうふたり。

禁断の恋が多くの人々の運命を変えていくことを知るよしもない2人なのでした。

 

予告編

 

 

美しいマリアの歌声から始まる待望の予告編が解禁となりました!

映像冒頭から響き渡るのは、名曲「Tonight(トゥナイト)」です。

「異なる立場を超えて、私たちは手を取り合うことができるのか?」というメッセージが込められた楽曲が、禁断のラブストーリーの始まりを予感させ、今を生きる私たちに深く突き刺さります。

ダンスホールで運命的な出会いを果たすトニーとマリアの様子は本当にロマンチック!

ところが、対立するグループ同士の恋は許されず、マリアは兄から「奴には会うな」と釘をさされ、トニーは仲間から「シャークス」との戦争への協力を頼まれてしまい……。

映像では、恋に落ちる2人を引き裂くように「ジェッツ」と「シャークス」が激しく対立する様子や決闘シーンが垣間見える他、ミュージカルらしい華やかでエネルギッシュなダンスシーンも散りばめられているのがわかります。

新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』への期待膨らむ、カラフルで躍動感溢れる予告編です。

 

スピルバーグ初のミュージカル作品

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』:メイン

 

1957年にブロードウェイ・ミュージカルとして誕生した「ウエスト・サイド物語」は、翌年にトニー賞2部門に輝き、1961年には映画化され作品賞含むアカデミー賞R10部門を受賞した珠玉のミュージカルです。

日本では511日に渡るロングラン上映という驚異の記録を打ち出し、伝説となっている本作。

そんな世代を超えて人々を魅了し続ける伝説のミュージカルの監督を務めるのは、これまで2度のアカデミー監督賞を受賞、多岐に渡るジャンルの名作をおくりだしてきた巨匠スティーブン・スピルバーグ。

『ウエスト・サイド・ストーリー』を自身の手で映画化することを夢見ていたというスピルバーグ監督にとって、キャリア初のミュージカル作品となる本作、見逃せません!

 

豪華キャスト&現代最高峰のスタッフ

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』:サブ2

 

キャスト:
トニー:アンセル・エルゴート
マリア:レイチェル・ゼグラー
アニタ:アリアナ・デボーズ
ベルナルド:デビッド・アルバレス
チノ:ジョシュ・アンドレス
シュランク警部補:コリー・ストール
バレンティナ:リタ・モレノ

スタッフ:
監督:スティーブン・スピルバーグ
製作:スティーブン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー、ケビン・マックコラム
製作総指揮:リタ・モレノ、ダニエル・ルピ、アダム・ソムナー、トニー・クシュナー
原作:アーサー・ローレンツ
脚本:トニー・クシュナー
オリジナル振付:ジェローム・ロビンス
振付:ジャスティン・ペック
指揮:グスターボ・ドゥダメル
作詞:スティーブン・ソンドハイム
音楽:レナード・バーンスタイン
音楽総指揮:マット・サリバン

キャスト&スタッフには新生『ウエスト・サイド・ストーリー』にふさわしい超豪華な面々が集結。

新進気鋭のキャストたちが『ウエスト・サイド・ストーリー』に新たな息を吹き込みます。

主人公トニーを演じるのは『ベイビー・ドライバー』で注目を浴びた若手実力派俳優アンセル・エルゴート。

マリア役は約30,000人のオーディションから選ばれ、最近ではディズニーの実写版『白雪姫』のヒロインへの大抜擢も話題の新星レイチェル・ゼグラー。

さらに、映画ファンを歓喜させたのは、61年版映画でアニータ役を演じ、アカデミー賞助演女優賞に輝いたリタ・モレノの出演です。

その他、ブロードウェイ・ミュージカルでトニー賞受賞キャストなど、映画とミュージカルの垣根を超え、演技力と歌唱力が揃った伝説のミュージカルにふさわしいキャストが集結しています。

そして、本作を象徴するレナード・バーンスタイン(作曲)とスティーブン・ソンドハイム(作詞)が生み出した、「Cool(クール)」「America(アメリカ)」「Somewhere(サムウェア)」など、誰もが一度は耳にしたことがある珠玉のミュージカル・ナンバーが新たなキャストによるダイナミックでスタイリッシュなダンスと歌唱によって新生しています。

振付は現代アメリカのダンス界をけん引するトニー賞受賞のジャスティン・ペック、音楽指揮は今年パリ・オペラ座の音楽監督に就任したグスターボ・ドゥダメルが担当。

この映画のタイムレスなテーマをスピルバーグと共にドラマティックに脚本化したのは、トニー賞とピューリッツァー賞受賞のトニー・クシュナー。

煌びやかなレジェンド達が、この映画のために集まっています。

 

新映像「America(アメリカ)」編

 

 

華やかなダンスシーン映像が解禁されました。

ダンスホールでの情熱的なダンスシーンから始まる本映像。

プエルトリコ系移民「シャークス」のリーダー・ベルナルドの恋人であるアニータの掛け声を合図に、ラテン系の陽気な音楽が軽快に流れ出し、ダンスホールは熱狂に包まれます。

運命的な出会いを果たしたトニーとマリアが周囲の反対をよそに惹かれ合っていき、非常階段で手を取り合う様子も。

特に印象的なのは、終盤でアニータやベルナルドを中心とした「シャークス」のメンバーたちがウエスト・サイドの街へと飛び出し、エネルギッシュにダンスを踊るミュージカルシーン!

これまで数々の名作で人々を魅了してきた巨匠スピルバーグ監督の手腕が光る、圧巻の映像です。

 

アップテンポなダンスナンバー「America(アメリカ)」初解禁

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』:スピルバーグ監督

 

『ウエスト・サイド・ストーリー』と言えば、レナード・バーンスタイン(作曲)とスティーブン・ソンドハイム(作詞)の最強タッグが手掛けた、作品を彩る名曲の数々。

これまで解禁されてきた映像では、「Somewhere(サムウェア)」や「Tonight(トゥナイト)」の一部を聴くことができましたが、雰囲気ががらりと変わったこの新映像では、アップテンポなダンスナンバー「Mambo(マンボ)」と「America(アメリカ)」が初解禁となっています。

躍動感たっぷりのダンスシーンとともに流れる新生「America(アメリカ)」は、プエルトリコ系移民の「シャークス」のメンバーが、異なる場所で育った人々が集う地、アメリカを褒めたたえる楽曲です。

「異なる立場の者は、手を取り合うことができるのか?」という本作テーマの、華やかな一面を歌い上げている印象的なナンバー。

幼い頃から本作の映画化を夢見ていたスピルバーグ監督が「私はクラシック音楽に囲まれて育ち、『ウエスト・サイド・ストーリー』は、うちのファミリーが初めて許したポピュラー音楽だった。私は虜になったよ」と、明かしているように、巨匠監督をも虜にしたように長年愛され続けてきた楽曲でもあります。

思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなメロディーは、まだお披露目されていない名曲への期待感をも高めますね!

 

混沌とした時代の中、偏見と闘いながら夢を追いかける、「今」を生きた若者たちの禁断のラブストーリーを描く、ミュージカル・エンターテインメント、『ウエスト・サイド・ストーリー』

スピルバーグ監督に生まれ変わる伝説のミュージカル映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は2021年12月10日(金)全国ロードショーです!

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.