『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

映画

ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンド4D上映決定!映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

更新日:

全世界待望の『007』シリーズの25作目となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している最高峰のスパイ・アクション映画を紹介します。

 

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

 

公開日:2021年10月1日(金)
制作:2021年/アメリカ
タイトル:007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)
配給:東宝東和

前作『007 スペクター』から実に6年の時を経て、2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2006年のシリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』から5作に渡りジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグが最後のボンド役を務める記念すべき一作です。

 

ストーリー/あらすじ

 

00(ダブルオー)エージェントを退いたジェームズ・ボンド。

ジャマイカで静かに暮らしていた彼でしたが、CIAの旧友フィリックスが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わりを告げます。

彼に託されたのは誘拐されたある科学者の救出です。

果たしてその任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕の存在が明らかとなるのでした。

未知なる敵を追うことになったボンドはこのミッションを無事に完遂することができるのでしょうか。

 

キャスト&スタッフ

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』メイン

 

キャスト:
ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ
M:レイフ・ファインズ
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
マドレーヌ・スワン:レア・セドゥー
Q:ベン・ウィショー
フェリックス・ライター:ジェフリー・ライト
パロマ:アナ・デ・アルマス
ラダリ・ベンサーラ
ヴァルド・オブルチェフ:デビッド・デンシック
ノーミ:ラシャーナ・リンチ
アッシュ:ビリー・マグヌッセン
サフィン:ラミ・マレック
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド:クリストフ・ワルツ

スタッフ:
監督:キャリー・フクナガ
製作:バーバラ・ブロッコリ マイケル・G・ウィルソン
脚本:ニール・パービス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ
撮影:リヌス・サンドグレン
美術:マーク・ティルデスリー
衣装:スティラット・ラーラーブ
編集:トム・クロス、エリオット・グレアム
音楽:ダン・ローマー
主題歌:ビリー・アイリッシュ

監督を務めているのは『ビースト・オブ・ノー・ネーション』やTVシリーズ『トゥルー・ディテクティブ』のキャリー・ジョージ・フクナガです。

注目のキャストはこれが最後のボンド役となるダニエル・クレイグを筆頭に、『ボヘミアン・ラプソディ』でのアカデミー主演男優賞が記憶に新しいラミ・マレックがシリーズ最凶の悪役として登場。

さらにレア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ジェフリー・ライト、レイフ・ファインズという、『007』ならではと言っていい超豪華俳優陣が勢ぞろい!

シリーズお馴染みのビッグアーティストを起用しての主題歌には、いま最もホットなアーティスト、ビリー・アイリッシュが抜擢されていますが、主題歌「ノー・タイム・トゥ・ダイ」はすでにグラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞しており、キャスト、そして製作陣ともに全ての要素が最高級に豪華な本作、見逃せませんね。

 

予告編&場面写真

 

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の秘密、気になる内容についてが垣間見える予告編と場面写真が公開されています。

 

ボンド サブ2

 

予告編動画にはさっそく憧れのボンドカーが登場し、最後とは思えないほど凛々しく颯爽とした姿のダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドのアクションシーンが。

 

サフィン(ラミ・マレック)

 

続いて敵となるラミ・マレック演じるサフィンが怪しげな能面を付けている姿で現れ、その狂気に満ちた存在感を際立たせます。

 

マドレーヌ(レア・セドゥ)B25_24126_R

 

前作から引き続き登場している魅力的なキャラクター、レア・セドゥー演じるマドレーヌ・スワンがキーパーソンとなって、ストーリーの行方に大きく絡んでくるよう。

 

場面写真3

 

何か事情を秘めているように見えるマドレーヌの「秘密」、気になります。

 

ノーミ(ラシャーナ・リンチ)

 

また、頼れる相棒としてかっこいいアクションを見せるラシャーナ・リンチ演じるノーミ、

 

パロマ(アナ・デ・アルマス)

 

ドレッシーな装いで銃撃戦&バトルアクションを披露するアナ・デ・アルマス演じるパロマと、女性陣のクールさから目が離せません。

 

場面写真5

 

CIAの新米エージェントとして登場するらしいパロマですが、ボンドに引けを取らない戦闘シーンが期待できそう!

 

場面写真1

 

「007」シリーズのスーパーヴィランとして名高いクリストフ・ワルツ演じるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドもしっかり登場している模様。

 

場面写真6

 

そのほか、レイフ・ファインズ演じるM、

 

B25_06092_RC2

 

ジェフリー・ライト演じるボンドの古くからの友、フェリックス・ライターも登場しています。

キャストの豪華さはさることながら、バトルフィールドの多様さも気になるポイントです。

 

ボンド&ノーミ

 

水責め状態に見えるシーンから、飛行機アクションに始まり、氷の張った水中や、ジャングルのような鬱蒼としげる木々の中、お馴染みのガンファイトにカーアクションも。

ボンドを武器開発で支えるベン・ウィショー演じるQももちろん登場していて、最新ガジェットと思しき、翼が折り畳み式になったジェット機が最後に登場し、見どころシーンが続けざまに連続する予告編は、息つく暇もありません。

 

B25_05907_RC

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のタイトル通りの濃く刺激に満ちた内容が期待できそうですね!

 

日本語吹き替えキャスト

 

NTTD_声優解禁

 

日本語吹き替えキャスト:
ジェームズ・ボンド:藤 真秀
マドレーヌ・スワン:園崎未恵
パロマ:水樹奈々
ヴァルド・オブルチェフ:多田野曜平
ノーミ:斎賀みつき
アッシュ:浪川大輔
サフィン:中井和哉
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド:山路和弘

本作の日本語吹き替えキャストが発表されました。

ダニエル・クレイグが演じるのは最後のジェームズ・ボンド役には『007/カジノ・ロワイヤル』から5作連続で吹き替えを担当してきた藤真秀さんの続投が決定!

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドのラストに華を添えます。

また、前作でボンドと行動を共にし、本作でも重要な鍵を握ることが予想される謎多き女性マドレーヌ・スワン役は引き続き園崎未恵さん。

そして、本作で新たに登場するラミ・マレック演じるシリーズ史上最凶の敵となるサフィン役を「ONE PIECE」のロロノア・ゾロ役などで知られる中井和哉さん、ラシャーナ・リンチ演じる女性エージェントのノーミ役には『ブラックパンサー』でオコエ役を演じた斎賀みつきさんが、本作で大きな注目を集めるキャラクター2人をそれぞれ演じます。

また、「007」シリーズを代表するスーパーヴィランとして前作でボンドを絶体絶命の危機に追い込んだエルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役には山路和弘さんが続投し、ビリー・マグヌッセン演じるアッシュ役には「ルパン三世」石川五ェ門役の浪川大輔さん、アナ・デ・アルマス演じる諜報員パロマ役を『キャプテン・マーベル』キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル役の水樹奈々さん、ヴァルド・オブルチェフ役には、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のペニーワイズ役が話題となった多田野曜平さんと、日本を代表し第一線で活躍する実力派キャストが集結!

ついに最後を迎えるダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの有終の美を華々しく飾るべく集結した超豪華声優陣による超ハイクオリティな日本語吹替版は必見です。

 

声優キャストからのコメント

 

超実力派声優陣からの本作へ向けたコメントが届いています。

メッセージを紹介していきます!

 

藤真秀さん(ジェームズ・ボンド役)

 

この作品のお話を頂いて、本当にありがたいと思っています。

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、今までの作品と違った一面があり、ボンドも見せたことのない顔を見せて、そこはかなり難しいと感じながら演らせて頂きました。

マドレーヌとの関係、新たな敵、もちろんアクション等々!見どころ満載の作品です!

 

園崎未恵さん(マドレーヌ・スワン役)

 

前作に引き続き、マドレーヌを担当させて頂いております。

ピュアでイノセントなマドレーヌの魅力をどう表現出来るか、繊細な言葉のやりとりの中で、今回も精一杯演じさせて頂きました。

今回の映画は、ところどころにユーモアが刻まれ、時折、肩の力が抜けるような仲間たちの会話に、今までのシリーズとは一風違った新しさを感じます。

ダニエル・クレイグ最後の007、とても情熱的で本当に素敵です 。どうぞご期待くださいませ。

 

中井和哉さん(サフィン役)

 

007 の敵役を吹き替えられる日が来ようとは。

感激しつつ対面したサフィンは、哀しく、病んだまさに現代を感じさせる悪でした。

次の瞬間何をするのか、こちらの意識を捉えて離さない吸引力。

ボンドの一番脆い部分に刃を突き付けてくるヤバさ。

マレックの作り上げた魅惑的なキャラクターの“間”と表情に、陶然となりながら演じました。

 

斎賀みつきさん(ノーミ役)

 

007 ならではの世界観、アクション。

ここに飛び込めるとは思ってもいなかったので、吹き替えに参加できて光栄でした。

ノーミさんと共に物語を駆け抜けることができて本当に楽しかったです。

ありがとうございました!!

 

山路和弘さん(エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役)

 

え? また? と思った。

007に2度も出る役者は少ないはず。

さすがクリストフ・ヴァルツ。

彼の吹替をして随分経つが彼の芝居、そしてスタンスが、まるで変わらない(そんな気がするだけか?)

吹替をさせて貰うだけで嬉しい。そんな気にさせてくれる彼。

こりゃあ、3度目もあるといいなぁ、、、

 

浪川大輔さん(ローガン・アッシュ役)

 

アッシュを演じさせて頂きました浪川大輔です。歴史ある作品に携わることができ、大変光栄です。

築き上げられてきたメイン達が、言わずもがな超カッコイイ!

アッシュはどう絡んでいくのか!? くせ者であろうと心掛けました。

今回からでも充分楽しめますので、よろしくお願い致します!

 

水樹奈々さん(パロマ役)

 

初めて「007」に触れたのは高校生の時。

映画好きの先輩に勧められて「ロシアより愛をこめて」を観たのがキッカケで、知的でワイルドなボンドの魅力にハマり、シリーズを追いかけるようになりました。

そんな大好きな作品にまさか日本語吹き替えで参加させていただけるなんて! 本当に幸せです!!

パロマはキュートでマイペースなキャラクターですが、いざ戦闘モードのスイッチが入ると豹変!

ボンドとのアクションシーンは、まさにパロマの心情とシンクロして、めちゃくちゃ気合いを入れて演じさせていただきましたので、みなさんぜひ楽しんでいただければと思います!

 

多田野曜平さん(ヴァルド・オブルチェフ役)

 

とても良い役を頂いてありがとうございました、やり甲斐のある役でしたね〜 流石のワタシも負けそうだよ(笑)

オブルチェフはとても個性的な役なので、それこそ向こうの俳優さんに負けない様、初めに色んなバターンをテストして、時間をかけて役作りをしていきましたね。楽しみにして下さいよ〜!

(作品を観て)もう直ぐに引き込まれましたね、そして次から次へと、本作はあのシーンこのシーンに目がくぎ付け! めっちゃ面白いよ!

 

4D・ScreenXでの上映が決定

 

本作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、『007』シリーズ初となる、4D・ScreenXで上映されることが決定!

ダニエル・クレイグのボンドを4Dで観ることができる最初で最後の貴重なチャンスとなります。

ジェームズ・ボンドが「00(ダブルオー)」エージェントを引退し静かな暮らしを送っていたジャマイカから、壮大な景観のノルウェーやスコットランド、MI6の本拠地ロンドン、世界遺産のイタリアのマテラまで、陸海空を舞台に繰り広げられるスパイ・アクションを臨場感たっぷりに、全身で体感することができるビッグチャンス、見逃せません。

 

各界の著名人からの期待コメント続々

 

興収約30億円を叩き出した前作『007 スペクター』から約6年。

待ちに待った本作に各界の著名人から期待コメントが続々と到着しています。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を待ちきれないそうそうたるメンバーからの熱いコメントを紹介します。

 

井上裕介さん(NONSTYLE)

 

僕に次いでタキシードがカッコ良く似合う男、ダニエルのジェームズ・ボンド。

今回がラストだなんてめちゃくちゃ悲しい。

けどラストだからこそ、記憶に、心にしっかり残るよう、目に焼き付けたい

 

関根勤さん

 

ダニエル・クレイグのラストジェームズ・ボンド。

どんな活躍を見せてくれるのか楽しみ!

映画館には体調整えて行きます!

 

堀田茜さん

 

待っていました!

こんな時だからこそ007が観たかった。

息つく暇もない爽快な展開、どんな時も華麗で潔くどこか儚いジェームズ・ボンド、今からとても楽しみです!

きっと観た後に恍惚のため息をついてしまうんだろうなぁ。

最後のダニエル・クレイグを拝みたいと思います。

 

小堺一機さん

 

アクション映画の歴史を変えて半世紀強!

追随の映画にその座を渡さないキングオブアクション!

テーマ曲を聞くだけでワクワクが止まらない! ダニエル最後の007、待ちきれない!

我慢出来ない! ウズウズする! 楽しみ!

 

ジョン・カビラさん

 

「影」のあるボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最終作。

世を救い続けた稀代の伊達男は死線を彷徨う稼業から、身を引いていたのに。

今、「死んでいる場合ではない」。

最後にまた魅せてくれ。

 

大木凡人さん

 

スクリーンから、一瞬たりとも目が離せない!!

007『ノー・ノータイム・トゥ・ダイ』世界が待っていたムービー!

主役の「ダニエル・クレイグ」のタフさの中の、クールさ。

+(プラス)セクシー美女の登場! 待ってました!!

 

 

 

2021年10月1日(金)からの全国公開が決定している全世界待望の『007』シリーズの25作目!

最高峰のスパイ・アクション映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の紹介でした。

© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.