『THE BATMAN-ザ・バットマンー』1

映画

2022年春 日本公開決定!DC映画『THE BATMAN−ザ・バットマン−』

投稿日:

多くの話題作を連発しているDC映画の新たな注⽬作『THE BATMAN-ザ・バットマンー』の⽇本公開が2022年春に決定しました!

『ダークナイト』や『ジョーカー』に続く、新たな伝説の幕開けです。

 

DC映画『THE BATMAN−ザ・バットマン−』

 

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』

 

公開日:2022年春劇場公開

タイトル:『THE BATMAN−ザ・バットマン−』

配給:ワーナー・ブラザース映画

クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来の全世界が待望のバットマン単独映画が2022年春に日本公開されることが決定!

DC映画の新たなる幕開けとなる『THE BATMAN-ザ・バットマンー』の日本版特報と場面写真を紹介します。

 

キャスト&スタッフ

 

キャスト:
バットマン/ブルース・ウェイン:ロバート・パティンソン
ペンギン:コリン・ファレル
リドラー:ポール・ダノ
キャットウーマン:ゾーイ・クラヴィッツ
カーマイン・ファルコン:ジョン・タトゥーロ
アルフレッド:アンディ・サーキス
ジェームズ・ゴードン:ジェフリー・ライト

スタッフ:
監督:マット・リーブス
脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン

新バットマンことブルース・ウェイン役には、『トワイライト』シリーズで世界中を虜にしたロバート・パティンソンが大抜擢。

『ハリー・ポッター』シリーズのセドリック役や、難解ながら中毒性の⾼い作⾵が話題となり、⽇本でもリピーターが続出した『TENET テネット』の主人公ニール役と注目度の高い役柄を演じてきた人気俳優です。

マイケル・キートン、ジョージ・クルーニー、クリスチャン・ベールといった名だたる名優たちが演じてきたアイコニックなヒーローをロバートがどう演じるかに世界が注目しています。

バットマン以外のキャラクターも、解釈を⼀新し、個性溢れるキャストで盤石の布陣。

ペンギン役には『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や『ダンボ』のコリン・ファレル、リドラー役に『それでも夜は明ける』、『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、キャットウーマン役には『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツが名を連ねています。

その他、カーマイン・ファルコン役のジョン・タトゥーロ、アルフレッドをアンディ・サーキスが、ジェームズ・ゴードンをジェフリー・ライトが演じることが発表され、キャスティングだけでも大きな話題に。

監督と脚本を務めるのは、J・J・エイブラムスのプロデュースとして、その⾰新的な映像で世界中の度肝を抜いた『クローバーフィールド/HAKAISHA』や、『猿の惑星:新世紀』、『猿の惑星:聖戦記』でエモーショナルなドラマを描きSF映画の⾦字塔に新たな伝説を打ち⽴てたマット・リーブスです。

 

⽇本版特報

 

 

解禁された日本版特報は、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』シリーズや、『ジョーカー』を彷彿とさせる不穏でダークな雰囲気。

カート・コバーンが率いた伝説のバンド、ニルヴァーナの「Something In The Way」が、ただならぬ気配をさらに強めています。

注目したいのは、バットスーツやバットマン愛用の特殊⾞両バットモービルなどのガジェット。

ファンの⼼を掴むこれらガジェットは健在のようで、キャスト同様に⼀新されたデザインが楽しみです。

また、未知なるヴィランがストーリーにどのように関わってくるのかも大きな見どころの一つ。

ジョーカーのように、これまでにDCが描いてきた「悪」のカリスマ性を持つ、ヴィランでありながら魅力あふれるキャラクターの登場を予感させる特報となっています。

 

場面写真

 

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』1

 

解禁された場⾯写真からも多くの貴重な情報を受け取ることができます。

バットマンの秘密基地「バットケイブ」と思われる場所で、モニターを⾒つめ佇むバットマンの姿。

その奥には注目のバットモービルも控えています。

 

『THE BATMAN-ザ・バットマンー』2

 

スーツ姿のブルース・ウェインがじっと⾒つめる視線のそのさきには一体誰がいるのか、気になる印象的な一枚です。

謎が謎を呼び、ほんの小さな情報からも⽬が離せません。

マット・リーブス監督によると、本作はバットマン誕⽣の物語ではなく、若き⽇のバットマンを描いた作品になるそう。

ヴィランたちもまた、ヴィランとして完全になる前の姿で登場。

本作に影響を与えた作品として、『チャイナタウン』や『フレンチ・コネクション』、『タクシードライバー』など、1970年代の「リアルなストリート」を題材にした作品が挙げられていて、ミステリーの要素が⾊濃い作品となる予感。

⼈々の⼼情に訴えるミステリアスな雰囲気の作品が誕生しそうですね!

 

2021年8⽉13⽇(⾦)より全国公開となった、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』をはじめ、『ジョーカー』、『ワンダーウーマン』シリーズなど、数々のヒット作を産出するDCに新たなヒーローが登場!

新たなるバットマンの誕⽣までのカウントダウン、『THE BATMAN−ザ・バットマン−』から⽬が離せません!

© 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2023 All Rights Reserved.