よみうりランド『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』メイン

ポケットモンスター

よみうりランド未開の新エリアでポケモン探索!『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』

投稿日:

2021年7月17日(土)、よみうりランド内にポケットモンスターをモチーフにした新エリア『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』がオープン!

手がかりを元に自然の中に隠れているポケモンを探す世界初のネイチャーアドベンチャー。

よみうりランドの未開エリアに、注目のクリエイターたちが手掛けた不思議に満ちたポケモンの冒険の舞台が誕生します☆

 

よみうりランド『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』

 

よみうりランド『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』メイン

 

 

オープン日:2021年7月17日(土)

2021年度開催期間:2021年7月17日(土)~2022年4月3日(日)

チケット内容:
大人(中学生以上)通常料金 1名 4,900円(税込)、小学生 通常料金 1名 1,800円(税込)
※よみうりランド入園料込(プール・アトラクションを利用は別途料金が必要)

公式HP:https://wonder.pokemon.jp/

※開催は不定期です
※2022年度開催については、現時点では未定です

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』は、広大な自然の中でポケモンを探す世界初のネイチャーアドベンチャー。

 

ピカチュウ

 

東京都稲城市・よみうりランド内、未開の特別なエリアにオープンします☆

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』とは?

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』とは?

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』は、株式会社ポケモンにとって初の試みとなるネイチャーアドベンチャー。

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』とは?02

 

自然の中でポケモンを通じて子供から大人まで、自然に触れ合う喜びを知って欲しいというコンセプトのもと作られました。

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』とは?03

 

あたまをひねって、カラダを使って、家族や仲間と力を合わせて、自然の中での忘れられないポケモン探しが体験できます!

 

古代の石垣

古代の石垣

 

エリア内では2つのコースから1つを選んで調査員の一員に。

この森で調査をしている博士からオリエンテーションを受けたら、マップを手にし、手がかりを元に自然をかき分け、ポケモンを探します。

 

『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』とは?04

ささやきの竹林

 

参加者は、6名まで同時に参加可能です。

 

Pokémon Wonder(ポケモンワンダー) 地図

 

約90分の間に、3つのエリアをめぐって「ポケモン」を探索。

 

ポケモンワンダー

 

調査するのは、個性豊かな3エリア、50種類以上のポケモンが隠れていると言われています。

 

自然と調和する、温かみのあるポケモンたち

 

トランセル

 

CGでも、アニメでも、ぬいぐるみでもない。

植物から太陽光まで、「自然」との調和をコンセプトに、さまざまなかつてない手法で、「ポケモン」たちが表現されています。

棕櫚(シュロ)の1枚の葉を織り込み、グミの葉で目を表現した「トランセル」や

 

モクロー

 

楠(クスノキ)を木彫して形づくり、椿(ツバキ)の葉を蝶ネクタイに見立てた「モクロー」

 

オムナイト

 

大理石を石彫してエイジングした「オムナイト」

 

タネボー

 

北海道どんぐりに木製の足を付けた「タネボー」なども出現します☆

 

20年近く手つかずの森が、冒険の舞台に

 

20年近く手つかずの森が、冒険の舞台に02

 

『Pokémon WONDER』の舞台となるのは、よみうりランドの奥深く。

 

20年近く手つかずの森が、冒険の舞台に

 

約20年間手つかずだった広さ4500平方メートルの森です。

 

20年近く手つかずの森が、冒険の舞台に05

 

草原から竹林まで、次々と変わる風景をめぐりながら、「ポケモン」を探します。

 

 

ポケモンリサーチャーとなって自然に飛び込む

 

リサーチャーロビー

 

参加者はポケモンリサーチャーとなって、クレソ博士の調査隊の一員となります。

 

クレソ博士

 

始めに「クレソ博士」(CV:坂本真綾さん)と「ピカチュウ」(CV:大谷育江さん)から、オリエンテーションを受けます。

 

手がかりを、よく読む

 

配布される調査ノートをよく読みます。

 

最初のエリア

 

参加者が到着する最初のエリアは「ワンダーフィールド」

 

草をかき分け、痕跡を探す

 

草の中、水の中、土の中——

 

痕跡をたどる

 

自然に飛び込み草木をかき分けなら痕跡をたどり、

 

隠れていたナゾノクサを発見!

 

隠れている「ポケモン」を探していきます。

 

カメラ

 

ポケモンを見つけたら専用のカメラでその姿を写真におさめておきましょう☆

 

領域を横断するクリエイティビティから自然と「ポケモン」の新しいつながりが生まれる

 

昆虫採集

 

『ポケットモンスター』の原点は、原作者が少年時代に熱中した昆虫採集。

 

本物の自然との触れ合い

 

日常生活で失われつつある本物の自然との触れ合いを、「ポケモン」を通じて取り戻す——

 

クリエイターや職人たちが集結

 

そんなプロジェクトに共鳴した、世代と領域を越えたクリエイターや職人たちが集結。

 

「ポケモン」でしかできない、新しい自然体験

 

「ポケモン」でしかできない、新しい自然体験を生み出しました。

 

企画/演出/クリエイター 本山 敬一さん

 

本山 敬一さん

 

SIX INC. クリエイティブディレクターでもある本山 敬一さん。

2013年、クリエイティブカンパニー『SIX』を設立し「A Fusion of Technology with Humanity」をテーマに、メディアを問わず心に残る体験を作り出しています。

主な仕事に、『Pokémon GO』グローバルトレーラー、『ポケットモンスター ソード・シールド』グローバルCM、2018年『紅白歌合戦』グランドオープニング、BEAMS 40th MV 『今夜はブギー・バック』、Google Chrome 初音ミク CM、amazarashi 武道館公演『新言語秩序』など。

カンヌライオンズ、文化庁メディア芸術祭をはじめとした国内外のアワードで多数の受賞をされています。

 

企画/演出/クリエイター 松丸 亮吾さん

 

松丸 亮吾さん

 

RIDDLER株式会社 代表取締役、謎解きクリエイターとして知られる松丸 亮吾さん。

東京大学に入学後、謎解き制作サークルの代表をつとめ、さまざまな分野で一大ブームを巻き起こしている“謎解き”の仕掛け人です。

監修の書籍『東大ナゾトレ』シリーズは、累計155万部以上。その他、著書多数。(2021年5月時点)

現在は、「考えることの楽しさを全ての人に伝える」を目標に東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLER株式会社を立ち上げ、仲間とともにさまざまなメディアに謎解きを仕掛けています。

 

ネイチャーアドベンチャー「Pokémon WONDER」

 

 

東京郊外に広がる自然の中で「ポケモン」を探すネイチャーアドベンチャー。

 

ポケモンワンダー 集合写真

 

2021年7月17日によみうりランドにオープンする『Pokémon Wonder(ポケモンワンダー)』の紹介でした☆

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.