富士急ハイランド アトラクション「監ごくん 牢ごくん」

アトラクション情報 テーマパーク・遊園地情報

罰ゲームさながらの“空飛ぶ牢屋”!富士急ハイランド『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』

投稿日:

山梨県富士吉田市に所在する遊園地「富士急ハイランド」に、“空飛ぶ牢屋”が登場!

大観覧車に牢屋型ゴンドラ2基を新設し、2021年7月21日(水)より『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』としてオープンします☆

 

富士急ハイランド『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』

 

富士急ハイランド アトラクション「監ごくん 牢ごくん」

 

利用料金:800円
※フリーパス利用可

導入日:2021年7月21日(水)

導入数:2基

定員:2名

利用制限:未就学のお子さんは中学生以上の付添い者の同伴が必要

所要時間:約11分

 

「監ごくん 牢ごくん」は、園内の中央に位置する高さ50mの大観覧車「シャイニング・フラワー」の全32基のゴンドラのうち2基を、全ての壁面が檻状のステンレス網で囲まれた“牢屋”に取り替えたもの。

収監者たちは吹きさらしの檻の中で、隙間から遥か下の地面が見える“スリル”を味わいつつ、周囲の嘲笑に耐えながら、約11分間のお仕置きの時間を過ごせます。

 

大観覧車「シャイニング・フラワー」

 

また、眼前に広がる雄大な富士山に向かって自分の罪を懺悔し、出所するまでに少しでも心を入れ替えられるよう、2人掛け横並びの座席になっています。

今回の「監ごくん 牢ごくん」の登場により、天井から床に至るまですべてが透明の「スケルちゃん スクムくん」4基と併せて計6基が特別仕様ゴンドラとなります。

 

吹きさらしの檻の中で、隙間から遥か下の地面が見える、スリルいっぱいのお仕置き時間を満喫!

富士急ハイランドの新アトラクション『お仕おき檻覧車「監ごくん 牢ごくん」』は、2021年7月21日(水)よりオープンです☆

富士急ハイランド 絶景展望台「FUJIYAMAタワー」 メイン
富士山が一望できる絶景展望台が7月21日にオープン!富士急ハイランド「FUJIYAMAタワー」

続きを見る

富士急ハイランド「うちはの夏」2
サスケの誕生日を記念した「うちはの夏」を開催!富士急ハイランド「NARUTO×BORUTO 富士 木ノ葉隠れの里」

続きを見る

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.