『スペース・プレイヤーズ』場面写真1

Dream(キャラクターグッズ・テーマパーク) 映画

バックス・バニーやペニーワイズなどワーナー有名キャラたちが集結!ワーナー・ブラザース映画『スペース・プレイヤーズ』

投稿日:

NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手、レブロン・ジェームズ主演で贈る、誰も観たことのない壮大な無限バーチャル・ワールドでの究極の[eスポーツバトル]を描いた映画『Space Jam:A New Legacy』(原題)

邦題を『スペース・プレイヤーズ』として、2021年8月27日(金)に日本公開されることが決定☆

 

ワーナー・ブラザース映画『スペース・プレイヤーズ』

 

映画『スペース・プレイヤーズ』

 

公開日:2021年8月27日(金)日本公開

監督:マルコム・D・リー

製作:ライアン・クーグラー、レブロン・ジェームズ、ンカン・ヘンダーソン、マーベリック・カーター

脚本:セブ・オハニアン、ライアン・クーグラー、アンドリュー・ドッジ、アルフレッド・ボテーロ

出演:レブロン・ジェームズ、セドリック・D・ジョーンズ、ドン・チードル、オシェア・ジャクソン・Jr、チャールズ・バークレイ、ソネクア・マーティン=グリーン、アンソニー・デイビス、クレイ・トンプソン

配給:ワーナー・ブラザース映画

 

バスケ界のスーパースター、レブロン・ジェームズと息子のドン。

ある日、映画会社(ワーナー・ブラザース)のサーバーシステムに吸い込まれてしまった2人。

そこで出会ったのは、バットマンやワンダーウーマン、『マッド・マックス』や『マトリックス』に登場するキャラクター達が住む“夢の世界”でした!

ワーナー・ブラザース人気キャラクターたちが集結する話題作が、2021年8月27日より日本公開となります☆

 

アニメの壁をも超えた場面写真が大量解禁

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真1

 

アニメの壁も軽々と越えた《無限バーチャルワールド》の一端が感じられる数々の場面写真が大量に解禁されました!

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真3

 

アメリカ代表として2度の金メダルを獲得、“キング”の異名を持つレブロン・ジェームズ氏は“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダン氏から

「信じられない選手。私は彼のファンだ」

と称賛される天才バスケットボール選手。

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真2

 

そんな彼が主演する映画『スペース・プレイヤーズ』は、ゲーム開発の夢を持つ息子ドンとバスケットボール選手の父レブロン氏が、映画会社ワーナー・ブラザースのAIスーパーサーバーの世界《無限バーチャル・ワールド》に迷い込み、映画界・エンターテインメント界を彩る作品/キャラクターと共演する夢のような世界が舞台となっています。

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真6

 

解禁された場面写真に登場する“ルーニー・テューンズ”の「バッグス・バニー」や「ローラ・バニー」「トゥイーティー」「ダフィー・ダック」「シルベスター・キャット」「ポーキー・ピッグ」などアニメキャラクターだけでなく、

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真7

 

先日公開された予告編だけでも『マトリックス』『アイアン・ジャイアント』『マスク』『時計じかけのオレンジ』『ゲーム・オブ・スローンズ』『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などのキャラクターや「キングコング」「バットマン」「ジョーカー」などなど「これでもかっ!」というほど様々な世界観がまるでお祭りのような大集結を果たしています。

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真4

 

1923年、ハリー氏、アルバート氏、サム氏、ジャック氏のワーナー4兄弟によって設立されたワーナー・ブラザース。

世界初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』の大ヒットを皮切りに製作、配給してきた作品は長編映画7,500本以上(※IMDB調べ)と、世界有数のライブラリー数を誇ります。

 

『スペース・プレイヤーズ』場面写真5

 

その全てが記録されたワーナー・ブラザースのサーバーが舞台の圧倒的な《無限バーチャルワールド》は、映画ファンへの怒涛の挑戦状かの如く観客に迫りくる作品となっています!

 

予告映像

 

 

「バスケの神様」と呼ばれるマイケル・ジョーダンと、ワーナー・ブラザース制作の大人気アニメーション作品「ルーニー・チューンズ」とのコラボによりアニメと実写が融合した97年公開の話題作『SPACE JAM』(スペース・ジャム)の公開から25年。

来る2021年、現在かつてのマイケル・ジョーダンに匹敵するNBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手:レブロン・ジェームズが、自身初の本人役を演じるということでも、早くも盛り上がりを見せている本作。

解禁された映像は、レブロン・ジェームズ(本人役)が、息子のドンに「お前にはバスケの素質がある」「父さんと鍛えよう」と励ますように語りかけるところから始まります。

父親の意思に反して「どうして押し付けるの?」「僕の夢を無視して」と口論になりエレベーターを飛び出すドンを追うと、突然「父さん!」と息子の叫び声が。

追いかけるレブロンは、息子のドン同様に映画会社のサーバーシステムに吸い込まれてしまい、彼の目の前に現れたのはバーチャル・ワールドの支配者と名乗る謎の人物だった...。

「アニメ界」に飛ばされ、自身もアニメーションの一部となってしまったレブロンの前に現れたのは、なんと、「ルーニー・チューンズ」に登場する<バックス・バニー>。

息子を取り戻すと決意したレブロンはバックス・バニー率いる「ルーニー・チューンズ」のキャラクターたちとともに、バーチャル・ワールドの支配を目論む謎の男と対峙する─。

さらに映像の後半では、ワーナー・ブラザースお馴染みの<アイアンジャイアント>や<キングコング>、さらに『It』の<ペニーワイズ>などといった、人気キャラクターたちが怒涛の登場ラッシュ!

謎に包まれた“最凶の殺し屋チーム”も登場し、いよいよその闘いの幕が上がります。

果たして、レブロン率いる最強プレイヤーズは、勝利を掴むことができるのか?

 

超豪華声優陣決定

 

『スペース・プレイヤーズ』ルーニー・テューンズ

 

レブロン・ジェームズ:楠大典(「キングダム」蒙武役)
アル・G・リズム:津田健次郎(「呪術廻戦」七海建人役、『スター・ウォーズ』シリーズ、カイロ・レン役)
ワンダーウーマン:甲斐田裕子(「約束のネバーランド」イザベラ役)
ダリウス:八代拓(「アイドルマスター SideM」柏木翼役)

ザ・ブロウ:田中直樹
クロノス:中澤佑二
ウェット・ファイヤー:野田クリスタル
アラクネカ:丸山桂里奈
ホワイト・マンバ:村上佳菜子

バッグス・バニー:山口勝平(「名探偵コナン」工藤新一役)
ローラ・バニー:深水由美(『スペース・ジャム』ローラ・バニー役)
ダフィー・ダック:高木渉(「名探偵コナン」小嶋元太役)
トゥイーティー:こおろぎさとみ(「クレヨンしんちゃん」野原ひまわり役)
スピーディー・ゴンザレス:三ツ矢雄二(「タッチ」上杉達也役)、
マービン・ザ・マーシャン:小形満(「くまのプーさん」ピグレット役)
フォグホーン・レグホーン:玄田哲章(「ターミネーター」シリーズ、アーノルド・シュワルツェネッガー役)
シルベスター:江原正士(「フォレスト・ガンプ/一期一会」トム・ハンクス役)
ポーキー・ピッグ:龍田直樹(「ゲゲゲの鬼太郎」一反木綿、ぬりかべ役)
ヨセミテ・サム:石井康嗣(「浦安鉄筋家族」土井津仁役)
グラニー:京田尚子(「風の谷のナウシカ」大ババ役)
エルマー・ファッド:チョー(「ONE PIECE」ブルック役)

夏のお祭りのような本作にふさわしい、様々な垣根を軽々と超えた超豪華吹替声優陣が決定!

 

『スペース・プレイヤーズ』吹替声優

 

劇中でもNBA・WNBAの選手たちが演じる敵チーム「グーンスクワッド」のキャラクターには元日本代表選手でもある中澤佑二さん、丸山桂里奈さん、村上佳菜子さん、そして芸能界きってのNBA好きとしても知られる一方で映画も愛するココリコの田中直樹さん、バスケットボール好きとしても知られゲームクリエイターの一面も併せ持つマヂカルラブリーの野田クリスタルさんが抜擢されました。

主人公レブロン・ジェームズ役は楠大典さん、アル・G・リズム役には津田健次郎さん、ワンダーウーマン役にはお馴染みの甲斐田裕子さん、ダリウス役には八代拓さんといった人気声優陣が名を連ねます。

さらに「ルーニー・テューンズ」のメンバーには山口勝平さん、深水由美さん、高木渉さん、こおろぎさとみさん、三ツ矢雄二さん、小形満さん、玄田哲章さん、江原正士さん、龍田直樹さん、石井康嗣さん、京田尚子さん、チョーさんといった『スペース・プレイヤーズ』の怒涛の世界観にも全く動じない「いつもの」超豪華声優陣が集結!

25年間、30年間と同役を演じ続けるようなレジェンドたちです。

ジャンル・カテゴリーの垣根を越えて名前を連ねた豪華キャスト陣にワクワクが高まります。

 

「グーンスクワッド」&「ルーニー・テューンズ」声優陣コメント

 

『スペース・プレイヤーズ』吹替声優&ルーニー

 

最強の殺し屋軍団、グーンスクワッドのキャラクターを務めるキャストから映画への貴重な想いを語ったコメントが到着!

個性的なキャラクター揃いで本人たちこそまるでルーニー・テューンズのような、レジェンドたちからのコメントとあわせて紹介します。

 

田中直樹さん(アンソニー・デイビス選手役/ザ・ブロウ役)

 

レブロンが映画をやるというニュースを聞いた時から注目していたので、吹き替え声優として自分が携われると聞いてめちゃめちゃ嬉しかったです。

夢のような気持ちです。「やった〜!」って言ったと思います。

人って本当にそう言うんだなと。笑

時代の変化でeスポーツの人気もどんどん広がり、スポーツとゲームの組み合わせにそこにアニメも加わってよりスケール感のある映像になりジョーダンの「SPACE JAM」の時とはまた違った映画になっていると思います。

ゲームオブスローンズやDCシリーズも大好きなのでどのようにキャラクターが出てくるか楽しみです。

 

中澤佑二さん(デイミアン・リラード選手役/クロノス役)

 

サッカーをやっていた人間がレブロンと戦えることは光栄ですし、実際に戦っているような気持ちに吹き替え中はなりました。

自分もディフェンスの選手なので、いつもレブロンのディフェンスに注目して見てます。

もし止めるとしたら、サッカー界でいうクリロナ(クリスティアーノ・ロナウド)のような選手なので、とにかく2〜3人で囲むかたちでゴールからなるべく遠ざけたところでプレーしてもらう作戦を立てます。

こうしたバーチャル世界は今後実際に味わえると思いますし、ゲーム好きの自分としては楽しくワクワクしました。

 

野田クリスタルさん(クレイ・トンプソン選手役/ウェット・ファイヤー役)

 

バスケ好きとしてレブロンをいつかは倒さなきゃいけない存在だと思ってたので、こうやって映画の中で闘えてよかったです。

次は実際に会って、レブロンの頭の上からダンクをかましたい。

吹き替えは芸人としての立場を求められていたら申し訳ないというか声優さんっぽく真面目に取り組んだので今思うともっとちょけたほうが良かったと思います。笑

初めて声優に挑戦しましたが、このアフレコ自体をゲームにできるんじゃないかと思いました。

タイムコードに合わせてアフレコリズムゲームみたいなのを作ったら面白いと思います。

 

丸山桂里奈さん(ネカ・オグウマイク選手役/アラクネカ役)

 

アフレコの仕事をしたいとずっと言っていたので夢が叶って嬉しいです。

キャラクターものが好きで、画面の中で生きているキャラクターに自分の声を吹き込むことをやってみたかったんです。

元々アスリートなので久しぶりに試合に参加して90分間戦ったような脇汗をかきました。

演じたアラクネカという役は、蜘蛛をベースにしているんですが、現役の時の私に似ているんです。

今と違って眉毛が鋭かったので。笑

映画の中に出てくるベニーワイズやキングコングは大好きですので、今回同じ映画の中で共演出来て嬉しかったです。

 

村上佳菜子さん(ダイアナ・トーラジ選手役/ホワイト・マンバ役)

 

アニメが好きで、姉とよく一緒にルーニー・テューンズは見ていました。

話の展開が奇想天外でカラーもポップで、特に好きなキャラクターはトゥイーティーです。

今回声優は初めてで、身体で表現することは昔からやってきましたが、声で表現することは初の挑戦でした。

明るい性格の自分が悪い役を演じるにあたり低い声を出だそうと頑張りました。

実際にはスクワットの姿勢で台本を持たずにやってみたら上手くいったと思います。

映画館のスクリーンで観ると自分もこのバーチャル・ワールドに入っている感覚になると思いますので是非楽しみにしてください。

 

山口勝平さん(バッグス・バニー役)

 

吹き替えはいつものみんな!早く報告したかった〜♪

今回はバッグスと共に歩んできた25年の中でも、特に感慨深い収録となりました。

ルーニー・テューンズのメンバーはみんな元気です! 是非、会いに来てね!劇場で待ってるよー♪

 

深水由美さん(ローラ・バニー役)

 

バッグスをしつこく追いかけ回す、クレイジーなローラをずっと演じてきたので、スペース・プレイヤーズのクールで勇ましいローラがとても新鮮でした!

ルーニー・テューンズの皆に再会し、eスポーツでバトルできるなんて。。最高です!!

 

高木渉さん(ダフィー・ダック役)

 

ダフィー・ダックの吹替えをして25年。僕にとってはライフワークともいえる愛すべきキャラクターです。

お馴染みルーニーのキャラクターたちが実写の世界で大活躍。

ワーナーならではの夢のような時間をぜひお楽しみください。

 

こおろぎさとみさん(トゥイーティー役)

 

トゥイーティーを演じた後は『トゥイーティー語』がなかなか抜けず、しばらく社会語復帰が大変です(笑)。

いつでもルーニー達はみなさんと一緒にいてくれます。楽しい時も悲しい時も、これからもずっと。

 

三ツ矢雄二さん(スピーディー・ゴンザレス役)

 

初めてゴンザレスに声を吹き込んだのがいつなのか、忘れました。

とにかく面白い。声を吹き込むために何度も見たけど、何度見ても面白い。

大人も子どもも誰だって楽しめちゃう、そんな素敵な映画です。

僕の役のゴンザレスは、うな重の山椒みたいな役です。

山椒は小粒でピリッと辛い。ちっちゃいけど、どこにいるか探してね。

 

小形満さん(マービン・ザ・マーシャン役)

三代目マービン役初出演は5年くらい前です。

独特の発想で何でも面白くしてしまう愛すべきキャラクター達、そして熱狂的なファンの多いNBAスターとのヴァーチャル共演は正にみんなの夢。

その可能性は無限大です!

 

玄田哲章さん(フォグホーン・レグホーン役)

 

アニメと実写が合わさって、どうマッチするんだ!? と思いましたが、ルーニー・テューンズたちも一生懸命猛練習して、チームに加わってとてもドラマチックに描かれています。

テンポが良く、とても楽しい、期待を裏切らない作品になっています!

ワクワクして劇場にいらっしゃってください。

 

江原正士さん(シルベスター役)

 

30数年前にシルベスターと出会ってからますますパワーアップし続けるルーニーの仲間たち!

今回は最高の大ハシャギでぶっちぎりでーす、ご期待下さい‼️

 

龍田直樹さん(ポーキー・ピッグ役)

 

ポーキー・ピッグ! 私が生まれる前から既に居た! つまり、まともに数えれば80...○才?

えっ、ホントに?! とてもそうは見えません! 可愛く、元気で、歳とらない!

私もP・Pに「ああ、あやかりたい!」

 

石井康嗣さん(ヨセミテ・サム役)

 

僕が初めてヨセミテ・サムに声をあてたのは2014年のことです。

これぞアメリカンギャグアニメという展開は今回の映画でも健在で、いい意味でばかばかしく痛快です。

難しいことは考えずに楽しんじゃってください!

 

京田尚子さん(グラニー役)

 

この作品をつくるのは本当に大変だったろうなぁと思いますね。

アテレコもスポーツしてるみたいでしたよ。

今作は、いつものグラニーよりも若く、活発に、強く演じました。みんなそれぞれが活躍しますので、お楽しみに!

 

チョーさん(エルマー・ファッド役)

 

なが~~~いお付き合いですね、エルマー・ファッドさん。

でも、ヴァーニーとエルマー、同じ役者さんが声を演じているというのをつい最近知ったんですよ。

もう、びっくり!!!すごいですね〜!楽しんでますね〜!遊んでますね〜〜!!

 

ワーナー・ブラザース人気キャラクターたちが集結し、テンションが上がらないはずがない豪華な映像。

本編ではさらにどんなキャラクターが登場してくるのか期待が高まります!

映画『スペース・プレイヤーズ』は、2021年8月27日より日本公開です☆

©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.