川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』メイン

動画

鉄道車両・モーターサイクルに続く企業ブランドムービー !川崎重工「カワる、サキへ。」無人潜水機SPICE篇

投稿日:

鉄道車両から大型建造物まで、1896年の創立以降、120年以上にわたって事業分野を拡充し、ものづくりに挑戦してきた川崎重工グループ。

そんな川崎重工グループのコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー最新作 『無人潜水機SPICE篇』が公開されました。

危険な仕事を、不可能な仕事を、川崎重工の技術が変えていくロボット技術を融合させた無人潜水機「SPICE」をクローズアップしたムービーを紹介していきます。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』

 

 

公開日:2020年12月23日(水)

今回公開された『無人潜水機SPICE篇』は、川崎重工グループのコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」に込めた想いをより多くの方に伝えていく企業ブランドムービーの最新作。

 

 

これまでにも、『鉄道車両編』や、圧倒的なパワーとスピードを誇るNinja H2をテーマにした『モーターサイクル篇』、川崎重工の社員たちが水素エネルギーの普及を通じて実現させたい未来を語った『水素社会篇』など、さまざまな事業・製品に焦点をあててきましたが、今回のムービーでは、潜水艇とロボットアームの技術を融合した、自律型の無人潜水機「SPICE」をクローズアップしています。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』

 

「SPICE」は、エネルギーの安定供給に必要な海底パイプラインの監視やメンテナンスを行う、無人潜水機。

現在海底パイプラインのメンテナンスは、海上の船とケーブルで繋がる「遠隔操作型無人潜水機(ROV)」が主流となっていますが、ROVの行動はケーブルが届く範囲に制限されます。

そのため、専任の操作員が危険な洋上でROVを操作しなければなりません。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』メイン

 

これらの課題を解決するために川崎重工が開発しているのが、「自律型無人潜水機(AUV)」です。「SPICE」と名付けられたAUVは、深海でも自律的に仕事をし、ケーブルレスのため行動制限も受けません。

今回の動画では、水圧と潮流にさらされる海底3,000mの過酷な世界で活動する「SPICE」を紹介。

深海の、そして人類の新たな可能性を広げるために限界の先へと挑む「SPICE」の姿は必見です。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』

 

深海3,000mの世界に張り巡らされた、18万kmにおよぶパイプライン。

これは、世界にエネルギーを安定供給するうえで欠かせない海底設備です。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』2

 

しかし、海の底は、水圧と潮流にさらされる過酷な環境。パイプラインの監視やメンテナンスは困難を極めます。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』4

 

そこで、荒れた海での危険な仕事を、人に代わって担うべく誕生したのが、自律型無人潜水機「SPICE」です。

ロボット技術を融合して開発された「SPICE」は、みずから充電ステーションに移動したり、障害物を避けることができます。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』3

 

そんな「SPICE」を開発するのが、AUV事業推進部の岡矢さん。

海底で働く「SPICE」の姿を見ていると『よっしゃ! がんばれ! という気持ちになりますね』と語ります。過酷な海の底で作業に当たる「SPICE」は、川崎重工の技術と想いの結晶なのです。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』5

 

危険な仕事を、不可能な仕事を、KAWASAKIの技術が、変えていく。

こうしたチャレンジングな取り組みは、まさにコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」の体現と言えそうです。

 

川崎重工 企業ブランドムービー 『無人潜水機SPICE篇』6

 

日本初の潜水艇の建造から100年。

「SPICE」は、深海の、そして人類の可能性を大きく広げるため、限界の先へと泳いでいきます。

 

 

 

 

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.