sw1ファントム・メナス33

スター・ウォーズ 映画

迫力満点のポッドレース&ライトセーバーバトル!『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』作品紹介

投稿日:

エンターテイメント史上に名を残す「スター・ウォーズ」の壮大なサーガの世界。

シリーズの第4番目の作品であり、アナキン・スカイウォーカーの少年時代を描いた全ての始まりとなる物語です。

社会現象となった旧3部作から16年の時を経て、ジョージ・ルーカス自らの監督作品として描かれる大ヒット作品を徹底紹介!

 

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』作品紹介

 

sw1ファントム・メナス32

 

タイトル:スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(Star Wars: Episode I - The Phantom Menace)

製作:1999年/アメリカ

上映時間:133分

 

SF作品の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの新三部作プリクエル・トリロジーの1作目『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

のちにダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーがジェダイに見出され、フォースと出会う様子が描かれます。

スリルあふれるアクション、ライトセーバーによる戦いが満載の大ヒット作品です。

 

ストーリー/あらすじ

 

スター・ウォーズ・ファントム・メナス

 

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…

銀河を統治する共和国政府が、汚職や内部抗争で少しずつ力を弱めていました。

そんな中、惑星間の貿易や運送を担う複合企業であるトレード・フェデレーションこと通商連合が政治にも勢力を拡大しつつあり、共和国が敷いた通商課税への抗議として、辺境の境に位置する惑星ナブーを封鎖。

共和国はフォースという特別な力を操るジェダイの騎士を特使として派遣することを決め、ジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンとその弟子パダワンのオビ=ワン・ケノービが通商連合の母艦へと向かいます。

ところが、通商連合は2人のジェダイを抹殺しようとしたうえ、ナブーへの攻撃を開始。

 

sw1ファントム・メナス7

 

平和を愛し、武力に頼らないナブーは一瞬で首都を制圧され、ナブーの若き女王アミダラ姫も捕らえられてしまいます。

 

sw1ファントム・メナス16

 

辛うじて襲撃をかわしてナブーに降り立っていたクワイ=ガンとオビ=ワンは、逃げ惑っているところを偶然助けたナブーに共生するグンガン族のはみ出し者ジャー・ジャー・ビンクスを連れだってアミダラの元へ。

クワイ=ガンたちは、通商連合に占領への合意を意味する協定書にサインを強いられながら、それを拒み続けていたアミダラを救出、ドロイドR2-D2の助けを借りて共和国の首都コルサントへと向かって脱出します。

ところが、船のハイパードライブが故障してしまったため、砂の惑星タトゥイーンで部品や燃料を揃えることに。

クワイ=ガンは、アミダラの侍女パドメ、ジャー・ジャーを連れてタトゥイーンの街へと繰り出しますが、共和国の統治も通商連合の勢力も届かない街は荒くれ者や犯罪者らの吹き溜まりとなっていて、部品を売るジャンク商人ワトーも、フォースが通じず一筋縄では行きません。

 

sw1ファントム・メナス19

 

窮地に陥ったクワイ=ガンらは、ワトーの奴隷として働いていたアナキン・スカイウォーカー少年と出会います。

 

「天使なの?」(アナキン・スカイウォーカー)

 

パドメを見て、宇宙船のパイロットたちから聞いた「宇宙一美しい生き物」天使なのかと尋ねるアナキン。

クワイ=ガンは次第に、パイロットやメカニックの素晴らしい才能を持つこの少年が恐るべきフォースを秘めていることを感じ取ります。

アナキンのミディ=クロリアン、血中に含まれるフォースを司る微生物の分量を調べると、その値は伝説的ジェダイ・マスターであるヨーダを凌ぐほど。

 

sw1ファントム・メナス9

 

クワイ=ガンは、アナキンが出場する予定のジャバ・ザ・ハット仕切るポッドレースで、部品とアナキン自身の身柄を賭けてワトーと勝負することを決め、すべての行方はアナキンのレース結果に委ねられることに。

 

sw1ファントム・メナス30

 

「フォースと共にあれ」(クワイ=ガン・ジン)

 

レースへと臨むアナキンに、本能に従いフォースを使うよう助言するクワイ=ガン。

 

sw1ファントム・メナス17

 

アナキンは、ライバルのセブルバから意地汚い妨害を受けて、レース最中に燃料漏れを起こしたポッドを修理しつつ、見事勝利。

解放されるのが自分だけで母親とは別れなければならないことを知り、後ろ髪を引かれながらも母親シミの言葉に背中を押され、アナキンはクワイ=ガンらとともに共和国コルサントへと旅立ちます。

 

「運命は変えられないの。夕日が沈むのを止められないように」(シミ・スカイウォーカー)

 

タトゥイーンを離陸する直前、クワイ=ガンら一行は謎の男ダース・モールの襲撃を受けます。

 

sw1ファントム・メナス

 

強力なフォースを持ったダース・モールの攻撃は熾烈なものでしたが、間一髪船を離陸させ、奇襲を回避した一行。

その報告を聞いたジェダイ評議会は、ダース・モールがフォースの暗黒面、シスの新たな台頭を意味するのではないかと懸念します

 

sw1ファントム・メナス15

 

アナキンはジェダイ評議会に出席し、ジェダイの訓練を受けるにふさわしいかを確認するテストを受けますが、アナキンが抱える恐怖や不安は暗黒面へと繋がるとしてヨーダら評議会メンバーはその許可を保留。

 

sw1ファントム・メナス14

 

「恐れはダークサイドに通じる。恐れは怒りに、怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ」(ヨーダ)

 

クワイ=ガンは現在のパダワン、オビ=ワンをひとり立ちさせ、アナキンを弟子として訓練したいと申し出るのでした。

 

sw1ファントム・メナス28

 

一方、共和国の元老院では、たった今侵略を受けているナブーを即刻救うよう求めるアミダラの訴えが聞き入れられず、ナブーの上院議員パルパティーンの助言を受け、アミダラはやむなく元老院議長の不信任案を提出。

パルパティーンが次の議長候補として名前を挙げられるも、アミダラは悠長に元老院の進行を待つことはできないと占領下にあるナブーへの帰還を決め、クワイ=ガンとオビ=ワンもそれに同行します。

 

sw1ファントム・メナス10

 

「議会があなたの戦場。私は私の戦場へ」(アミダラ女王)

 

アミダラたちは早速ナブーに到着すると、共闘を提案するためジャー・ジャーの案内で、惑星ナブーの水中都市に住むグンガン族の元へと向かいますが、原生住民としてグンガンを軽んじるナブー国家に反感を持つボス・ナスはその依頼を一蹴します。

そこへ進み出たのは、侍女であるはずのパドメ。

ボス・ナスに膝をついて協力を請うパドメは、普段は侍女に影武者として女王の姿をさせ、自身は侍女に扮して行動していたのでした。

女王の礼儀を尽くした姿に、ボス・ナスはグンガン族を戦力として出兵させることを承諾し、アミダラはグンガン族部隊と通商連合のドロイド軍の主力戦闘中に少数精鋭で占拠された王宮に潜入、通商連合のリーダーを捕獲する計画を立案します。

 

sw1ファントム・メナス27

 

戦闘の火蓋が切られると、数そして力ともに勝るドロイド軍隊に押されるグンガン族部隊。

しかし、そこに、身を潜めるためにR2-D2と乗り込んだスターファイターが起動して、図らずも飛び立つことになったアナキンが空から参戦、ドロイド軍の司令塔を破壊し、全ドロイドの動きを止めることに成功するのでした。

 

sw1ファントム・メナス25

 

一方、王宮に潜入したアミダラ、クワイ=ガン、オビ=ワンらはダース・モールの襲撃を受けていました。

アミダラたちを先へ急がせ、ダース・モールとの対決に臨むクワイ=ガンとオビ=ワン。

 

sw1ファントム・メナス29

 

手練れのジェダイ2人を前にして、一歩も引けを取らないダース・モールに苦戦を強いられ、ついにクワイ=ガンがダブルブレードのライトセーバーに胸を貫かれてしまいます。

オビ=ワンは師の敗北を前に衝撃を受けながらも死力を尽くし、ダース・モールの身体を両断、シャフトへと落として戦いを制するのでした。

クワイ=ガンは息絶える前に、アナキンこそがフォースにバランスをもたらす存在であり、自分に変わって育て上げるよう言い残します。

 

「彼こそ……選ばれし者。彼が……バランスをもたらす」(クワイ=ガン・ジン)

 

ナブーは侵略戦争への勝利を祝い、オビ=ワンはジェダイ・マスターへと昇格、クワイ=ガンの遺言に従いアナキンもジェダイのパダワンに。

 

sw1ファントム・メナス6

 

明るいお祝いムードの中、闇の正体を隠し宇宙の全権力を狙う者が力を伸ばしていることを、まだ誰も知らないのでした。

 

キャスト&スタッフ

 

sw1ファントム・メナス11

 

キャスト:
クワイ=ガン・ジン:リーアム・ニーソン/津嘉山正種
オビ=ワン・ケノービ:ユアン・マクレガー/森川智之
クイーン・アミダラ:ナタリー・ポートマン/坂本真綾
アナキン・スカイウォーカー:ジェイク・ロイド/矢島晶子
ダース・モール:レイ・パーク/山路和弘
メイス・ウインドゥ:サミュエル・L・ジャクソン/玄田哲章

スタッフ:
監督・脚本・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
製作:リック・マッカラム
音楽:ジョン・ウィリアムズ

のちにアナキン・スカイウォーカーと恋に落ちるパドメ・アミダラを演じるのは、『レオン』、『クローサー』、『ブラック・スワン』など、名作への出演を続けるオスカー女優ナタリー・ポートマン。

そして、あまり知られていませんが、アミダラ姫の影武者となる侍女を演じているのはいまや大女優となったキーラ・ナイトレイです。

 

sw1ファントム・メナス3

 

ナタリーとキーラがよく似ていることから実現したこのキャスティング。

その後『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで大スターとなるキーラ、アミダラ姫の姿になると見分けがつかないほどナタリーとそっくりです。

 

sw1ファントム・メナス13

 

また、ジェダイの騎士が多く存在し、ジェダイ評議会が機能していた時代が描かれる本作では、複数のジェダイ・マスターが登場し、そのうちの1人メイス・ウインドゥをサミュエル・L・ジャクソンが演じています。

クワイ=ガン・ジンを演じるリーアム・ニーソン、オビ=ワン・ケノービを演じるユアン・マクレガーとともに、ジェダイコスチュームに身を包んだ名優の姿は見逃せません。

 

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場する伝説的キャラクター

 

sw1ファントム・メナス24

 

「スター・ウォーズ」シリーズの最も古い時代を描く『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』には、その後の物語の起源となる伝説的キャラクターが数多く登場!

全9章に渡って紡がれるサーガを生み出す重要な登場人物を紹介します。

 

アナキン・スカイウォーカー(幼少期)

 

sw1ファントム・メナス23

 

ジャンク商人ワトーの奴隷として母子で働かされていた幼少時代にクワイ=ガン・ジンに見いだされ、身柄を請け出されるアナキン・スカイウォーカー。

母親シミ・スカイウォーカーはフォースの意思によって父親不在でアナキンを身ごもったと言われています。

かつて存在したことがないほど強力なフォースの潜在能力を秘めたアナキンは、フォースにバランスをもたらす者と考えられていました。

無鉄砲さもあるものの、たくましく優しい心を持った青年へと成長したアナキンはクローン大戦の英雄となりますが、故郷へと残した母親への思いや、大切な人を失う恐怖が次第に彼を暗黒面へと誘うことに。

 

パドメ・アミダラ

 

sw1ファントム・メナス20

 

ナブーの女王として気高く強いリーダーの素養を持ったパドメ・アミダラ。

女王の座から退いた後にはナブー代表の元老院議員として活躍し、その勇敢さで時には自らブラスターを手に戦闘の前線へと向かうことも。

 

 

銀河の平和を願いナブーの民のために尽くしますが、成長しジェダイの騎士となったアナキン・スカイウォーカーとの禁じられた恋愛が大きな悲劇を招きます。

 

sw1ファントム・メナス2

 

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』では、影武者の侍女と入れ替わるため、素顔を隠す特徴的なメイクを施しています。

 

sw1ファントム・メナス7

 

煌びやかでデザイン性の高いゴージャスな衣装の七変化にも注目!

 

クワイ=ガン・ジン

 

sw1ファントム・メナス21

 

変わり者で有名な一方で、その偉大さから多くの尊敬を集めるジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジン。

「生きるフォース」を信じるクワイ=ガンは、パダワンとして育てていたオビ=ワン・ケノービに、未来だけでなく今この瞬間のフォースも大事であるということを教えました。

 

sw1ファントム・メナス18

 

タトゥイーンで出会った少年アナキン・スカイウォーカーをフォースにバランスをもたらす者であると考え、ジェダイ評議会へと連れて行った張本人であり、その後の壮大な「スター・ウォーズ」サーガのきっかけを作り出したジェダイと言えます。

 

ダース・モール

 

sw1ファントム・メナス8

 

ダース・シディアスに訓練されたシス卿ダース・モール。

ダブルブレードのライトセーバーを巧みに操るダース・モールのその恐るべき戦闘能力は、2人のジェダイと互角に渡り合うほど強力で、その剣術によってクワイ=ガンの息の根を止めます。

 

sw1ファントム・メナス4

 

赤い皮膚に黒い隈取り、両刃のライトセーバーという特徴的な容貌、シリーズ最強とも言われる戦闘能力に、「スター・ウォーズ」ファンから屈指の人気を誇るキャラクターでもあります。

 

アナキン・スカイウォーカーの少年時代をアクション満載で描いたシリーズの4作目『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

旧3部作へと続く「スター・ウォーズ」のサーガがたっぷり楽しめる見ごたえ抜群の大ヒット作品です。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』は、Disney+(ディズニープラス)で配信中です。

ディズニーデラックス ディズニーが持つ5つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル・ジオグラフィックの映像コンテンツが楽しめるディズニー公式定額見放題サービス「Disney+(ディズニープラス)」

月額770円(税込)、dアカウントで契約すると初月無料で利用可能☆


 

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』1
お正月映画NO.1!『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』16日間で興収50億円突破

続きを見る

『スカイウォーカーの夜明け』メイン
6日間で興収20億円突破の史上空前特大ヒット!映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

続きを見る

SW9_ポスター
全世界約50カ国で初登場1位!『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』国内実写映画NO.1オープニング記録

続きを見る

 

© Lucasfilm Ltd.&TM. All Rights Reserved.

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.