Dream(キャラクターグッズ・テーマパーク) 映画

スケールアップの体感型バトルアクション!DC映画『ワンダーウーマン 1984』作品紹介

更新日:

スーパーヒットを記録したDC映画『ワンダーウーマン』がさらなるパワーアップを遂げて2020年12月18日(金)についに日本上陸!

公開への期待が日に日に高まる『ワンダーウーマン 1984』を詳しく紹介していきます。

 

DC映画『ワンダーウーマン 1984』

 

『ワンダーウーマン1984』最新ポスター

 

公開日:2020年12月18日(金)

制作:2020年/アメリカ

上映時間:151分

タイトル:ワンダーウーマン 1984(原題:Wonder Woman 1984)

配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画

 

2017年に公開するや怒涛の勢いで数々の記録を更新する大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』待望のアクション超大作ついに登場。

アクション、スケールともに格段にパワ ーアップした『ワンダーウーマン 1984』を紹介します。

 

ストーリー/あらすじ

 

『ワンダーウーマン 1984』ワンダーウーマン

 

舞台は1984年、スミソニアン博物館で働く考古学者のダイアナは最愛の恋人であるスティーブを失い、深い孤独の中にありました。

ダイアナにはもう一つの顔があり、幼い頃から厳しい戦闘訓練で鍛えられたスーパーパワーを誇る戦士、ワンダーウーマンこそ彼女の隠された姿。

黄金に輝く真実の投げ縄を巧みに操り、銃弾を跳ね返し、横転するトラックからも軽々と天高くジャンプするその戦闘能力はヒーロー界最強とさえ謳われるほどのものです。

 

『ワンダーウーマン 1984』マックス

 

完全無欠と思われるほどの強さを誇るワンダーウーマンでしたが、ある日、死んだはずのスティーブが彼女の前に姿を表したのを皮切りに驚くような事態が雪崩をうって巻き起こります。

実業家マックスがドリームストーンによって禁断の力を手にし、世界を破滅へと導く陰謀を企てていたのです。

「誰よりも幸せになりたいか? 私が叶えてみせよう」というマックスの甘い言葉に欲望を扇動される大衆、正体不明の敵チーターの出現と、世界が滅亡へと向かう足音が聞こえるなか、スーパーヒーローとしての彼女のある「最大の弱点」が明らかに。

 

『ワンダーウーマン 1984』場面写真2

 

スピード、パワー、そして戦術と、すべてを備えたワンダーウーマンですが、彼女がたったひとりで立ち向かうのは全人類滅亡の脅威です。

そして明かされたその「最大の弱点」を抱えながらの戦いで、ついに最強の戦士も絶体絶命の危機に襲われ……。

ワンダーウーマンが過去最強の敵を打ち破り、世界を破滅から救うために払わねばならない代償とは一体何なのでしょうか。

ヨーロッパ、中東をはじめとする世界各国を舞台に繰り広げられる最強のヒーロー対最強のヴィランの激突、その結末は?

 

キャスト&スタッフ

 

『ワンダーウーマン 1984』新ビジュアル

 

キャスト:
ダイアナ/ワンダーウーマン:ガル・ガドット/甲斐田裕子、花澤香菜(幼少期)
スティーブ・トレバー:クリス・パイン/小野大輔
バーバラ:クリステン・ウィグ
マックス:ペドロ・パスカル/堀内賢雄
アンティオペ:ロビン・ライト
ヒッポリタ:コニー・ニールセン

スタッフ:
監督:パティ・ジェンキンス
製作:チャールズ・ローベン、デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー、パティ・ジェンキンス、ガル・ガドット、スティーブン・ジョーンズ
製作総指揮:レベッカ・ローベン・オークリー、リチャード・サックル、ジェフ・ジョンズ、ウォルター・ハマダ、ウェスリー・カラー
キャラクター創造:ウィリアム・モールトン・マーストン
原案:パティ・ジェンキンス、ジェフ・ジョーンズ
脚本:ジェフ・ジョーンズ、デビッド・キャラハム
撮影:マシュー・ジェンセン
美術:アリーヌ・ボネット
衣装:リンディ・ヘミング
編集:リチャード・ピアソン
音楽:ハンス・ジマー

ワンダーウーマンを演じるのは、『ワイル ド・スピード MAX』で映画デビューを飾り、『ワンダーウーマン』の世界的大ヒットから一躍時の人となったガル・ガドットです。

目を見張るアクションを繰り広げるしなやかな肉体とその美貌から、女優のみならずファッションアイコンとしても世界から注目を浴びています。

メガホンをとるのは前作『ワンダーウーマン』に引き続き、オープニング興収&全世界興収で女性監督作品No1の記録を叩き出したパティ・ジェンキンス監督。

時を越えて現れるダイアナの恋人スティーブ役にはクリス・パインが続投し、さらに新キャストとしてクリステン・ウィグ(『オデッセイ』)やロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期 一会』)、ペドロ・パスカル(『キングスマン:ゴールデン・サークル』)ら旬の俳優陣が揃います。

 

『ワンダーウーマン1984』吹き替えキャスト

 

また、『ワンダーウーマン』に続いて、ワンダーウーマンとスティーブの続投が決定した甲斐田裕子さん小野大輔さんら日本語吹替キャストの熱演にも注目が集まります。

 

『ワンダーウーマン 1984』に登場するキャラクター

 

『ワンダーウーマン 1984』キャラクターポスター

 

体感型バトル・ムービーとしてアクション、スケールともに格段にパワーアップした『ワンダーウーマン 1984』

そのストーリーの核となるキャラクター4名を紹介します。

 

ダイアナ/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)

 

『ワンダーウーマン』:ブルーレイジャケット写真

 

桁外れのスーパーパワーと真実の心を武器に戦う最強の戦士であるワンダーウーマン。

本名はダイアナで、普段は考古学者としてスミソニアン博物館で働いています。

最強のスーパーヒーローである彼女ですが、一人の女性としてスティーブを愛し、ただ強いだけの存在ではありません。

『ワンダーウーマン 1984』では、真の戦士だけが着ることを許された究極のゴールドアーマーをまとう姿を見せています。

 

マックス(ペドロ・パスカル)

 

『ワンダーウーマン 1984』サブ2

 

実業家であるマックスは一見すると普通のビジネスマン。

ところが、禁断の力を手にし、巨大な陰謀を企てます。

超強力なパワーを得ることで、ワンダーウーマンをこれまでにないピンチへと追い込むまさに最強のヴィランです。

 

スティーブ・トレバー(クリス・パイン)

 

『ワンダーウーマン1984』サブ5

 

ダイアナと共に世界を救った、元空軍パイロットのスティーブ。

ワンダーウーマンを支え、共に強大な悪に立ち向かう頼れる仲間です。

死んだはずの彼が時を経て蘇った理由は一体?

 

バーバラ(クリステン・ウィグ)

 

博士であるバーバラはスミソニアン博物館でのダイアナの同僚です。

博物館員として生真面目に働く彼女ですが、地味な生活に隠されたある野望を心に秘めていました。

その強い願いがマックスによって実現されることで、彼女の存在が脅威へと変わってしまいます。

 

予告編/トレーラー

 

 

日本版予告には、真の戦士だけが着られるゴールドアーマーを身にまとうワンダーウーマンの姿が。

黄金に輝くヘスティアの縄を巧みに操るアクションシーンでは、銃弾を跳ね返し、敵を捕らえ、無限の伸縮性で高々とジャンプを見せています。

また、雷にヘスティアの縄を巻き付けて空を飛ぶというワンダーウーマンの秘めた能力がはじめて映像化されていることにも注目。

迫りくるトラックを押しのける超人的な身体パワーや、不滅の盾で作られた両腕のガントレットを胸の前でクロスして放つ強烈な衝撃波ガントレット・クラッシュも登場しています。

 

『ワンダーウーマン 1984』場面写真1

 

解禁されたゴールドアーマー姿のワンダーウーマンの底知れぬパワー、バトル・アクションは必見です。

 

映画の枠を超えて全世界で社会現象を巻き起こしたアメコミ界きっての最強ヒーロー『ワンダーウーマン』の最新作。

2020年12月18日(金)に日本公開が迫るDC映画『ワンダーウーマン 1984』の紹介でした!

インロック『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』グッズ
映画館などで買えるセクシー&キュートなアイテム!インロック DC映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』グッズ

続きを見る

バットマン メイン
アニバーサリーイヤーを盛り上げる!インロック DC『BATMAN 80 YEARS』グッズ

続きを見る

メイン
ロゴアレンジがカッコイイ!インロック「DC」デザイングッズ

続きを見る

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

Copyright© Dtimes , 2021 All Rights Reserved.