aibo API提供

キャラクターグッズ

aiboの動きをプログラミング!ソニースクエア渋谷プロジェクト「Shibuya Town with aibo」

投稿日:

ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」と触れあえる場所「ソニースクエア渋谷プロジェクト」

「aibo」と協力することでパートナーとしてともに成長していく過程を体験できるコンテンツ「Shibuya Town with aibo」を開催中です。

2019年11月11日からは、「自由にプログラミング編」を開催!

とってもかわいい「aibo」のふるまいをたっぷりと見ることができます☆

 

ソニースクエア渋谷プロジェクト「Shibuya Town with aibo 〜自由にプログラミング編〜」

 

ソニースクエア渋谷プロジェクト「Shibuya Town with aibo 〜自由にプログラミング編〜」

 

開催期間:2019年11月11日(月)から2020年1月下旬

場所:ソニースクエア渋谷プロジェクト(渋谷モディ1階)

 

ソニーの自立型エンタテイメントロボット「aibo(アイボ)」

愛くるしい見た目とかわいいふるまいで、多くの人々を魅了しています。

 

aibo API提供

 

そんな「aibo(アイボ)」がより多様なシーンでの活躍できるよう、企業や団体などのサービスと連携できるソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムがスタート!

 

aibo API 2

 

このAPIの提供によって、誰でも簡単に「aibo」のオリジナルの動きをプログラミングすることがでるようになります。

今回、渋谷モディのソニースクエア渋谷プロジェクトでは、いち早く「aibo」のオリジナルの動きを体験できるプログラム「Shibuya Town with aibo 〜自由にプログラミング編〜」を開催!

イラストで描かれたかわいい渋谷の街で、「aibo」が愛くるしい動きを披露します☆

 

aibo×渋谷のまち

 

aibo×渋谷のまち

 

舞台は、イラストレーターユニットのSTOMACHACHE.(ストマックエイク)によって描かれた渋谷の街。

「aiboビジュアルプロブラミング」で、体験者は誰でも簡単に「aibo」にオリジナルの動きをつけることができます。

 

プログラミング体験

 

モデル風のウォーキングや、ストリートパフォーマンス風の動きなど、自由にプログラミングをすることができます☆

これまでも「ふるまい」を教えることができた「aibo」ですが、「aiboビジュアルプロブラミング」によって、よりいっそう進化した動きをつけることができるようになります。

 

クリエイター制作 オリジナルふるまい

 

クリエイター制作 オリジナルふるまい

 

ジャンルの異なるクリエイターがそれぞれの視点で「aiboを通じて自己表現をしよう!」をテーマにaiboオリジナルのふるまいを制作。

そのふるまいを動画にし、制作過程のメイキング映像と合わせて展示されています。

ロックバンド「OKAMOTO'S」のドラマーであるオカモトレイジさんは「子育て aibo」、ファッションモデルの小谷実由さんは「猫まね aibo」、マルチクリエイターのパントビスコさんは「潜水 aibo」という個性豊かなふるまいを見せてくれます☆

 

オカモトレイジさん

 

プログラミングは全くの初心者というオカモトレイジさん。

かわいいaiboとふれあいながらのプログラミングはあっという間だったそう。

プログラミングを学びながら、親子のコミュニケーションもとれる存在としても活躍してくれそうです☆

 

aiboのふるまいウォール

 

aiboのふるまいウォール

 

ソフトウェアAPI公開時のふるまいの中から、「くしゃみをする」「あくびをする」など、動きに特徴のあるふるまいを60種類ピックアップ。

それぞれのふるまいは映像化され、タブレットで壁一面に表示されています。

「aibo」が「人間になって走り回る夢を見る」など、意外な姿に注目です!

 

とってもかわいい「aibo」の動きをプログラミングできるAPI公開がスタート!

「aibo」オーナーはご自身の「aibo」の動きを自由にプログラミングすることができるようになります。

かわいい「aibo」のプログラミングを、ソニースクエア渋谷プロジェクトでぜひ体験してみてくださいね!

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.