Disney DELUXE(ディズニーデラックス)「スター・ウォーズDX」限定動画インタビュー

インタビュー エンタメ スター・ウォーズ

IMALUさんが超マニアッククイズに挑戦!ディズニーデラックス「スター・ウォーズDX」限定動画インタビュー

更新日:

ディズニーの最高のコンテンツをいつでもどこでもより楽しめる公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」

動画配信アプリ「Disney THEATER(ディズニーシアター)」を中心に、「Disney DX(ディズニーDX)」、「STARWARS DX(スター・ウォーズDX)」、「MARVEL DX(マーベルDX)」の4つのアプリで構成されていて、好きなストーリーやキャラクターに夢中になれるデジタルコンテンツが盛りだくさん!

今回、Dtimes編集部が「STARWARS DX(スター・ウォーズDX)」で配信される会員限定動画の収録現場にお邪魔しました。

動画のテーマは「歴代のスター・ウォーズシリーズから出題される超マニアックなクイズ大会」!

収録直後のサッシャさん、IMALUさん、藤井隆史さんに、動画の見どころや「スター・ウォーズ」シリーズの楽しみ方を伺いました☆

 

Disney DELUXE(ディズニーデラックス)「スター・ウォーズDX」限定動画インタビュー

 

Disney DELUXE(ディズニーデラックス)「スター・ウォーズDX」限定動画インタビュー

 

配信日:2020年1月16日(木)

1月16日日より配信がスタートする「スター・ウォーズDX」限定動画は、「これが解けたらジェダイ・マスター」!

歴代の「スター・ウォーズ」シリーズから出題される超マニアックなクイズに挑む動画で「ルーク・スカイウォーカー」編(クイズ大会-前半戦-)、「レイア・オーガナ」編(クイズ大会-後半戦-)の2本立てで構成されています。

クイズはポップカルチャーを中心としたファンコミュニティ「Wikia(ウィキア)」主催のクイズ世界大会での優勝者・藤井隆史さんが考案、出題。

「スター・ウォーズDX」の動画でおなじみのサッシャさん、「スター・ウォーズ」の大ファンのIMALUさん、世界的規模のコスチューミングクラブ 501部隊など錚々たるメンバーがクイズに挑みます。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が公開され、ますます盛り上がっている「スター・ウォーズ」ワールド。

クイズはこれまでの集大成となる内容で、

  • スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年公開)
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)(2015年公開)
  • スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)(2017年公開)

から、様々な要素がクイズとして出題されていきます☆

 

今回、Dtimes編集部が、収録直後のサッシャさん、IMALUさん、藤井隆史さんにインタビュー!

白熱のクイズ大会とマニアックなクロストークを終えたばかりのみなさんは、興奮冷めやらぬ様子でインタビューに応じてくださいました。

 

IMALUさん

 

IMALUさん:

本当に緊張しました!

すっごい詳しい方たちが参加するクイズですし、何度も映画を見返して復習をして挑みました!

 

IMALUさん&藤井隆史さん

 

ーー今回の動画は超マニアックな内容のクイズはもちろんですが、出演者同士のクロストークも見どころの一つとなっています。

出演者のみなさんの「スター・ウォーズ」への思いが熱く飛び交っていましたね。

 

藤井隆史さん:

僕が特に興味深いと思ったのは、みなさんの好きなエピソードの話題。

思い入れのあるエピソードが、個人の思い出とリンクしているように感じました。

エピソード7からの“続三部作”をあげる方もいれば、エピソード4・5・6の“旧三部作”をあげる方もいましたし、エピソード1の方もいて。

 

サッシャさん:

はじめて映画館でみた作品の印象が強いのかな。

僕らと同世代の方だと“旧三部作”をあげる方が多く、30代くらいの方だとエピソード1を劇場で見て好きになったという方が多い。

もっと若い方だとエピソード7というように、世代によって違うのが面白いなと思いましたね。

 

サッシャさん&IMALUさん

 

ーー2019年12月20日に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で、スカイウォーカー家の物語が完結されました。

9作の本編映画で構成される「スター・ウォーズ」ですが、どのエピソードから鑑賞するのがおすすめでしょうか?

 

藤井隆史さん:

僕は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開にあわせ、これまでの作品を見返してみようと思い、物語の時系列を追ってエピソード1からエピソード8までを見直しました。

もし、「スター・ウォーズ」にはじめて触れるという方には、最初の作品である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を見ていただいて、公開された順に見るのがいいのかなと思います。

 

サッシャさん:

公開順に見ていくことで、キャラクター同士の関係性が明らかになっていく驚きや感動がありますよね。

 

IMALUさん:

全部見るのは長いんですよ!(笑)

ビギナーの方にとって、シリーズで8本もあるとどこから見たらいいのかわからないし、全部見るのも時間がかかるし、ハードルが高いじゃないですか。

今回公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は直近シリーズの“続三部作”の完結編という意味合いもありますし、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をチェックしてから見るのもアリだなと思います。

もちろん、知れば知るほど好きになっていくのが「スター・ウォーズ」なので、全ての作品を見てもらうのが一番です!

 

サッシャさん&IMALUさん2

 

ーーシリーズ最初の作品『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから40年以上を経てもなお世界中から愛され続けている「スター・ウォーズ」

世代を超えて愛される作品ということもあり、様々な楽しみかたがあって、間口はとても広いように感じます。

いま「スター・ウォーズ」というコンテンツが気になっている方が、これからその世界に入りこんでも間に合うでしょうか?

 

藤井隆史さん:

前提として、みんなの中にそれぞれの“スター・ウォーズ愛”があって、「スター・ウォーズ」はみんなのもの、みなさんの中に愛し方があると思っているんですね。

それを競ったり、比べたりするものではないんです。

一口に“ファン”といっても、おもちゃを集めるコレクターがいれば501部隊さんのようにコスプレイヤーもいる、設定やストーリーを楽しむ方もいれば、プラモデルやハンドメイドを楽しむ方もいるんです。

愛し方は千差万別というのが「スター・ウォーズ」の面白いところですね。

 

サッシャさん:

スター・ウォーズファンの方って、「好きになってくれてありがとう!」「ようこそ!」っていうところはありますよね。

世代を超えて40年続く作品ならではだと思います。

 

IMALUさん:

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』から、「レイ」という女の子が主人公になって、強い女性のキャラクターが増えた印象があります。

女性に共感できる部分もあり、女子が楽しめる要素もたっぷりなんです。

私は「ポー・ダメロン」が好きなんですけど、「カイロ・レン」もめっちゃイケメン!

マスクを取った顔がイケメン過ぎて、筋肉もすごいですし・・

R2-D2やBB-8をはじめとしたドロイド、ポーグみたいなかわいいクリーチャーもいっぱいでてくるので、それぞれの萌えポイントがあるんじゃないかなと思います。

 

サッシャさん:

強い女子といえば、「レイア」のお姫様なのにおてんばっていう設定は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』公開当時の1970年代にしてはかなり画期的なことなんですよね。

女性の強さというのは、ある意味、「スター・ウォーズ」に流れている伝統というか血のような部分があって。

いまでこそ強い女性が出てくる作品はすごく多いけれど、時代がジョージ・ルーカスに追いついてきたのかな。

 

Disney DELUXE(ディズニーデラックス)「スター・ウォーズDX」限定動画インタビュー

 

ーー完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開にあわせ、過去の作品をおさらいするのにピッタリな「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」

最後に、みなさんに「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」の楽しみ方を教えていただきました☆

 

サッシャさん:

「スター・ウォーズ」にはエピソード4・5・6の“旧三部作”、エピソード1・2・3の“新三部作”、そしてエピソード7・8とこれから公開されるエピソード9からなる“続三部作”の3つの世代があるのだけれど、それ以外にDisney DELUXE(ディズニーデラックス)世代、第4の世代というのが出てくるかもしれない。

好きなシーンだけを何度も見るというような、ストリーミングならではの楽しみ方をする世代。

「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」では、気になった映画をいつでも見ることができるので、ビギナーへの間口が広がっていると感じています。

好きな時に好きな映画を見られるというのはとても幸せなこと。

今回収録した動画のように、深いファンも楽しめるコンテンツも充実しているので、映画を見る以上の楽しみ方ができるのが、「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」というサービスの魅力ですね。

 

藤井隆史さん:

僕は、「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」のサービスの中でも、「スター・ウォーズDX」は記事が充実しているというところをポイントとして挙げたいですね。

本国のスター・ウォーズドットコムの翻訳記事はもちろん、各メーカーさんの商品作りを深掘りをしたりと他では見られない独自のコンテンツがあるのはファンには嬉しい情報ばかり。

あと、いつでも映画を見られるというのはクイズ作りにとても重宝しています!

 

IMALUさん:

映画を見られるだけでなく、独自の記事や動画も充実しているので、ファンにはたまらない情報ばかりですよね。

「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」は、もはや移動に欠かせないアプリです。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開にあわせまた見直そうと思います!

 

クイズ大会の動画以上の熱いトークを繰り広げてくださったサッシャさん、IMALUさん、藤井隆史さん。

「これが解けたらジェダイ・マスター」動画本編は2019年1月16日(水)より「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」会員限定コンテンツ「スター・ウォーズDX」内で配信がスタートします。

「スター・ウォーズ」をイチから見返したくなる超マニアックなクイズが続々登場!

過去のシリーズ作品もあわせてチェックしてみてくださいね☆

ディズニーデラックス ディズニーが持つ4つのブランド、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの6000本以上の映像コンテンツが楽しめるほか、限定のグッズやコンテンツなどが楽しめる、ディズニー公式定額見放題サービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」で配信中!

月額770円(税込)、はじめてなら初月無料で利用可能☆


Copyright© Dtimes , 2020 All Rights Reserved.