『ジョーカー』場面写真

映画

あの階段を訪れるファン続出!DC映画『ジョーカー』興収20億円突破

投稿日:

DCコミックの伝説的キャラクターの起源を圧倒的ストーリーで描く『ジョーカー』が、公開から12日間で早くも興行収入20億円を突破!

日米2週連続一位を達成し、日本ではアメコミ映画として実に7年ぶりの快挙となります。

広まる『ジョーカー』現象も加速し、止まるところを知らない熱狂が世界を席巻中です!

 

DC映画『ジョーカー』興収20億円突破

 

『ジョーカー』メイン画像

 

『ジョーカー』が公開から12日間で早くも国内興収20億円を突破!

2019年10月4日(金)の公開から12日間で、動員数141万5,587人、興行収入20億円を超えて爆発的人気が続いています。

映画興収を分析するサイト「Box Office Mojo」によると、現地では2019年10月11日(金)~13日(日)の間で、5586万1403ドル(60億5430万円)を記録。

週末ランキング2週連続一位というさらなる快進撃を続けています。

世界興行収入は2019年10月14日付けで5.4億ドル(590億円)を超え、日本でも『アメイジング・スパイダーマン』以来7年ぶりとなる週末ランキングで2週連続のNo.1を記録。

これまでの日本でのDC映画の興行収入記録『ダークナイト ライジング』(2012年)、コアファンのリピーターが多かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)の最終興行収入を公開後11日目で超えた計算となります。

この結果は『ジョーカー』がDC映画ファンやリピーターの枠を超えて、幅広い層の観客に受け入れられたことをはっきりと示すもの。

映画の歴史を変えるほどの圧倒的な作品力かつ、唯一無二の鑑賞後感に夢中になるファンが続出しています。

 

「ジョーカーの階段」を訪れるファン続出

 

『ジョーカー』場面写真

 

そして今、ある『ジョーカー』現象が世界で驚くべき広がりを見せています。

そのブームの中心となっているのが劇中に登場する階段。

映画の冒頭では、くたびれた様子で足を引きずるようにしてこの階段を上るアーサーが描かれます。

トッド・フィリップス監督によると、

「アーサーは世の中の苦労をひとりで背負うかのように重い足取りで歩くが、後のシーンで階段を下るアーサーはまるで別人のようで、身のこなしもまったく違う」

と、この階段の昇り降りがアーサーからジョーカーへの変貌の重要な鍵となっているよう。

その象徴的な階段に、世界中の注目が集まっています。

Googleマップでは「Joker Stairs(ジョーカーの階段)」と登録され、日本人も含めた多くのファンがこの階段に足を運び、ジョーカーと同じポーズの写真をSNSに投稿。

いわゆる「聖地巡礼者」が続出しているのです。

巡礼者の他にも、多くのミーム画像が出現し、SNSは大盛り上がり!

なんでもない普通の階段だった場所が「ジョーカーの階段」という聖地として熱視線を集めています。

 

『ジョーカー』公開情報

 

 

タイトル:『ジョーカー』(原題:Joker)

公開日:絶賛公開中

配給:ワーナー・ブラザース映画

 

爆発的な大ヒット快進撃を続け、様々なブームを引き起こす『ジョーカー』から目が離せません!

伝説のヴィランの起源を描くDC映画『ジョーカー』は絶賛公開中です☆

 

★『ジョーカー』ポスタービジュアル
公開から5日のスピード達成!DC映画『ジョーカー』国内興収10億円突破

続きを見る

『ダークナイト』2.5倍超えオープニング!映画『ジョーカー』世界的大ヒット発進

続きを見る

 

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

Copyright© Dtimes , 2020 All Rights Reserved.