『アド・アストラ』ブラッド・ピット

映画

ブラッド・ピットにマスコミ殺到!20世紀フォックス映画『アド・アストラ』ベネチア映画祭レポート

投稿日:

俳優業に製作業と、今一番旬の俳優と言っていいブラッド・ピットと、コマーシャルでもお馴染み名優トミー・リー・ジョーンズをはじめとする超豪華な共演陣が揃ったスペース・アクション『アド・アストラ』が2019年9月20日(金)より公開されます!

大評判を呼んだベネチア国際映画祭のレポートや映画情報を、あわせて紹介します☆

 

20世紀フォックス映画『アド・アストラ』

 

ブラッド・ピットとトミー・リー・ジョーンズが宇宙に隔てられた父と息子を演じる超大作『アド・アストラ』

この度、イタリア現地時間2019年8月29日(木)に、第76回ベネチア国際映画祭に出品され、世界初お披露目されました。

熱気伝わる映画祭レポートと映画情報をお届けします。

 

『アド・アストラ』第76回ベネチア映画祭レッドカーペット&記者会見

 

『アド・アストラ』ブラッド・ピット2

 

本作『アド・アストラ』の世界初公開の舞台となったのは第76回ベネチア映画祭。

実は、2007年の第64回に自身が主演を務めた『ジェシー・ジェームズの暗殺』で最優秀男優賞であるボルピ杯を受賞しているなど、ブラッド・ピットとベネチア国際映画祭とは深いつながりが。

そのブラッド・ピットをはじめ、リヴ・タイラー、ルース・ネッガら豪華なキャスト陣、ジェームズ・グレイ監督がレッドカーペット・セレモニーや記者会見に参加しました。

レッドカーペットには、マスコミが大挙し、会場には多くのファンが駆け付けました。

 

『アド・アストラ』出演者

 

当日は涼やかな顔のブラック・タキシードに蝶ネクタイ姿のブラッド・ピットや、黒のロングドレスが麗しいリヴ・タイラー、ルース・ネッガらが登場すると、地鳴りのような歓声が沸き、フラッシュの嵐が。

ブラッド・ピットらは集まったファン一人一人に丁寧なファンサービスを怠りません。

初公式上映となったプレミアは、こちらもマスコミで超満員となり、作品の注目度の高さを物語ります。

上映後にはスタンディングオベーションが沸き起こり、映画の完成度を裏付けていました。

また、同日行われた公式会見では、開始2時間以上も前からマスコミの長蛇の列ができ、入ることができないメディアが出るほど、映画祭史上類をみない大盛況となりました。

 

『アド・アストラ』ブラッド・ピット

 

「本作はこれまで自分が手がけてきた作品の中でも最もチャレンジングな作品だったと言わざるを得ません。3年前、監督と最初に本作について語った方向性そのままの作品が出来上がり、大変満足のいく出来となりました。」と語るブラッド・ピット。

また、ブラッド・ピット演じるロイの恋人役リヴ・タイラーは「私のキャラクターはロイの記憶や夢の中で登場するの。そしてこの物語はロイと父との関係が多く描かれているわ。」とストーリーの一端を明かしています。

 

『アド・アストラ』映画情報

 

 

劇場公開:2019年9月20日(金)

配給:20世紀フォックス映画

 

ベネチア映画祭映画祭で華々しくお披露目された本作は、2016年公開のアカデミー作品賞受賞作『ムーンライト』や2013年公開の衝撃の実録映画『それでも夜は明ける』など、数々のオスカー作品を生み出し続けている製作会社PLAN Bの作品です。

監督を務めたジェームズ・グレイも1994年公開の『リトル・オデッサ』銀獅子賞を受賞していることもあり、ベネチア映画祭最高賞、金獅子賞への期待も高まっています!

 

あらすじ

 

地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で消息を絶ったはずの父。

彼が生きていることが判明し、息子は父がなぜ生きていたのか、そして、なぜ危険な実験を抱えたまま姿を消したのか、父の謎を追って、宇宙の彼方へと旅立ちます。

ブラッド・ピット演じるロイ・マグブライドが見たものとは?

 

主要メディア絶賛!

 

SNSには主要メディアからの絶賛評が並んでいます。

☆☆☆☆☆ “最高傑作!驚異的な映像で観る者を圧倒する” ―The Guardian

☆☆☆☆ “『アド・アストラ』は素晴らしいー宇宙で消息を絶った父を見つけ出す探求の旅” ―Empire Magazine

☆☆☆☆☆ “ブラッド・ピットはセンセーショナルで、アカデミー賞最有力候補だ!“ ― GamesRadar/Total Film

“ブラッド・ピット史上最高の演技!” ―The Warp

 

極上のスペース・アクションにこれ以上ない豪華キャストが揃った超大作『アド・アストラ』

2019年9月20日(金)公開の『アド・アストラ』、ベネチア映画祭レポートと映画情報の紹介でした☆

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.