200点以上の膨大なオリジナル・コレクション

スター・ウォーズイベント

「スター・ウォーズ」の体験型ミュージアム!STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition

更新日:

「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展「STAR WARS™ Identities: The Exhibition(以下、STAR WARS Identities)」

日本展として、2019年8月8日(木)から2020年1月13日(月・祝)まで東京・寺田倉庫にて開催されます!

 

STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition

 

『スター・ウォーズ』のクローン技術

 

開催期間:2019年8月8日(木)〜2020年1月13日(月・祝)

開催場所:寺田倉庫 G1-5F(東京都品川区東品川 2-6-4)

開催時間:10:00〜19:00(最終入場 18:30)、2019年11月〜2020年1月の期間は10:00〜18:00(最終入場 17:30)

休館日:2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)〜1月3日(金)

販売場所:電子チケットサービス「ticket board」

入館時間: 10:00〜11:00/11:00〜12:00/12:00〜13:00/13:00〜14:00/14:00〜15:00/15:00〜16:00/16:00〜17:00/17:00〜18:00/18:00〜19:00
※チケットは入場時間が決まっている日時指定制となります。購入された時間内に入館すれば滞在時間の制限はありません

価格:

区分  大人(中学生以上)  小人(小学生以下)  親子チケット
(小人1名以上を含む家族4人)
前売券  3,200円(税込)  2,000円(税込)  10,000円(税込)
当日券  3,500円(税込)  2,300円(税込)  ―

 

約40年にわたり、世界中の人々が魅了され続けてきた「スター・ウォーズ」

2019年12月20日(金)からは「スカイウォーカー」家の物語を描く完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が、日米同時に公開されます。

 

 

今回開催される「STAR WARS Identities」は「スター・ウォーズ」のキャラクターを新しい形で再発見・再認識できるエキシビションとして日本に上陸。

エキシビションは、カナダ・モントリオールのX3プロダクションズがLucasfilmと共同で開発・制作した「スター・ウォーズ」の世界に存在するキャラクターの目線で来場者のアイデンティティーを紐解いていく“クエスト型体験ミュージアム”です。

 

タッチスクリーンでのキャラクター解説

 

ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アートが所蔵する、映画製作時に使用された小道具や衣装、絵画など、膨大なアーカイブ・コレクションを展示し、2012年のモントリオールでの開催を皮切りに、現在開催中のシドニーを含む世界12の都市を巡回。

会場ではタッチスクリーンでのキャラクター解説も楽しめ、子どもから大人まで幅広い世代のファンを魅了し、現在までに累計約200万人が来場しています。

 

200点以上の膨大なオリジナル・コレクション

 

200点以上の膨大なオリジナル・コレクション

 

会場には、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート所蔵の 200点以上の膨大なオリジナル・コレクションから、小道具、模型、衣装、映画のオリジナルイラストを展示。

オリジナル・トリロジー(1977年~1983年)、プリクエル・トリロジー(1999年~2005年)、アニメ・シリーズの『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、2015 年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、様々な作品を網羅しています。

 

ダース・ベイダーディスプレイ

 

シリーズ初期から登場する人気キャラクターの「ダース・ベイダー」や

 

ヨーダ

 

ジェダイ・マスターの「ヨーダ」

 

乗り物

 

劇中に登場する戦艦、戦闘機など

 

ハン・ソロ

 

『スターウォーズ/帝国の逆襲』にてカーボン凍結された「ハン・ソロ」と奴隷となった「レイア」

 

アナキン・スカイウォーカー

 

「アナキン・スカイウォーカー」と義兄弟「オーウェン・ラーズ」が乗るスウープ・バイク

 

コスチューム展示

 

「チューバッカ」や「ハン・ソロ」「プリンセス・レイア」「ランド・カルリジアン」の衣装なども展示。

このほかにも「R2-D2」や「ボバ・フェット」「ミレニアム・ファルコン」なども登場し、幅広い世代の来場者を魅了する内容になっています!

 

科学コンテンツ「インタラクティブスペース」によってアイデンティティーの要素を探求

 

インタラクティブスペース

 

会場内には10のインタラクティブスペースが登場。

来場者はインタラクティブスペースで出される問いに回答することで、自分が選択したキャラクターのアイデンティティーを形成していきます。

科学的コンテンツとしてテクノロジーを駆使して開発されたこのインタラクティブスペース。

これによって、来場者の選択がスター・ウォーズの世界とリンクし、回答者の個性が反映されたキャラクターのアイデンティティーが創り上げられます。

つまり、来場者は自分がスター・ウォーズの世界に存在した時、「どのようなアイデンティティーを持つか」を体験することができます。

そのアイデンティティーはなんと5千万通り!

また、創り上げたキャラクターは、会場の最後にURLが発行されるのでシェアすることが可能です。

 

インタラクティブスペース2

 

インタラクティブスペースを体験することで創り出されるキャラクターのアイデンティティーは、X3 プロダクションズとモントリオール・サイエンス・センターのコンテンツ・エキスパートの協力によって開発された科学的な根拠に基づいています。

科学的コンテンツの開発のため、遺伝、神経心理学、保健科学、心理学など様々な科学分野の専門家によるチームを結成。

こうした専門知識でシステムを構築することで、来場者の回答によって独自のアイデンティティーが創り出されます。

また、専門家からの意見を、科学的コンテンツの開発とアイデンティティーの探求に反映することで、最新の科学に基づいたエキシビションを創り上げています。

 

アンバサダーに市川紗椰さんが就任決定!

 

記者会見06

 

 

「STAR WARS Identities」日本開催決定を記念した記者会見を2019年4月23日(火)に開催。

会には主催社を代表してソニー・ミュージックソリューションズ代表取締役の「古川愛一郎」氏が登壇し挨拶を行いました。

また、MCから日本開催の詳細について紹介されました。

 

記者会見05

 

さらに、日本展のアンバサダーに就任した「市川紗椰」さんが登場。

 

記者会見01

 

現在、シドニーで開催しているエキシビションを観覧した時の様子を写真で紹介しながら、展示内容やその見どころを紹介。

また「スター・ウォーズ」の魅力についても熱く紹介し、日本展の開催が待ち遠しくも多くの来場者に楽しんでもらえるようにPRしてくださいました☆

 

開催記念イベント

 

開催記念イベント

 

開催日:2019年8月7日

開催前日にアーカイブディレクター(ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート)と市川紗椰さんの挨拶、及び見どころの紹介が行われました。

 

市川紗椰 アンバサダー

 

ひと足早く体験された市川紗椰さんは、

「インタラクティブスペース」によるアイデンティティー測定について、ぜひ本気で真剣に答えて体験してほしい。

とコメントしてくださいました。

 

ダースベイダー、ストームトルーパー

 

イベントにはダース・ベイダーとストームトルーパーも登場。

 

ダース・ベイダー

 

 

ジョージ・ルーカス氏のコメント

 

「スター・ウォーズ」はファンタジーの世界で展開されるストーリーのため、映画を見る人々が共感できる、わかりやすいキャラクター設定を心がけました。

想像の世界から飛び出したようなキャラクター達は友人、敵、価値や信念などの背景を知って初めて彼らの真のアイデンティティーが見えてきます。

展覧会では「スター・ウォーズ」のキャラクターを改めて同じ目線で見て、共感して、一人一人に潜むアイデンティティーが何かを問いかけます。

 

企画者「X3 プロダクションズ」からのコメント

 

このエキシビションはスター・ウォーズの愛するキャラクターの新鮮な見方を与えるものです。

それぞれのアイデンティティーをより深く理解し、同時に我々自身のアイデンティティーについても理解を深めることができます。

展示コレクションやインタラクティブ要素、科学的コンテンツ・ワークが手を取り合ってシームレスでエキサイティングな体験が可能となっています。

キャラクターを通じたアイデンティティーの冒険なのです。

 

「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」会場限定グッズ

 

メイン

©&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

 

「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」でしか手に入らないオリジナル・グッズの発売が決定!

会場内のグッズ売り場では、ほかでは手に入らないオリジナル・グッズが数多く展開されます。

展覧会のためだけに描き起こされたビジュアルは、細かい部分までにこだわり抜かれたアートになっており、その絵柄がふんだんに使用されたグッズは、ファン必見のラインナップになっています!

 

メイン
会場限定グッズも販売!STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition

続きを見る

こちらで詳しく紹介しています。

来場特典「来場記念メモリアルカード」

 

【メイン】来場記念メモリアルカード(8月)

来場者全員に来場特典として「来場記念メモリアルカード」をプレゼント。

入場する月日によってデザインが異なり、デザインは全7種類。

開催月となる8月は『スター・ウォーズ アイデンティティーズ』のメインビジュアルである「ダース・ベイダー」のデザイン。

 

来場記念メモリアルカード(9月)

9月は、宇宙言語や種族の儀礼に通じた通訳・儀礼用のおしゃべりなドロイド「C-3PO」

 

来場記念メモリアルカード(10月)

10月には、帝国軍の起動兵「ストームトルーパー」

 

来場記念メモリアルカード(11月)

11月は、銀河史上最も有名かつ強力なジェダイ・マスターのひとり「ヨーダ」

 

来場記念メモリアルカード(12月)

12月には、シスの暗黒卿「ダース・モール」

 

来場記念メモリアルカード(1月)

1月には宇宙最恐の賞金稼ぎ「ボバ・フェット」が登場します。

来場記念メモリアルカード(フォースの日限定)

また、Force(フォース)になぞらえて、毎月4日、14日、24日と『4』のつく日限定グッズも用意。

当日来場された方には「パドメ・アミダラ」のデザインがプレゼントされるので、要チェックです!

 

スター・ウォーズ アイデンティティーズ 東京メトロスタンプラリー

 

東京メトロ

©&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

 

開催期間:2019年7月27日(土)~2020年1月13日(月・祝)

参加費:無料(スタンプラリーに必要な交通費は負担ください)

 

東京メトロ沿線では「スター・ウォーズ アイデンティティーズ 東京メトロスタンプラリー」を実施。

スタンプ設置7駅のスタンプを全て集めると前半と後半のそれぞれ先着20,000名に達成賞を、さらに応募された方の中から抽選で合計40名に「Wチャンス賞」がプレゼントされます!

 

メイン
「スター・ウォーズ(TM)アイデンティティーズ:ザ・エキシビション」開催記念!東京メトロ「スタンプラリー」

続きを見る

こちらで詳しく紹介しています。

 

「トーキョーブックマーク」タイアップ 特別旅行商品

 

メイン

 

「トーキョーブックマーク」から、本展の優先入場案内引換券やオリジナルグッズ(非売品)がセットになった宿泊・日帰りプランが登場。

同展の優先入場案内引換券や『スター・ウォーズ アイデンティティーズ』と非売品のオリジナルグッズがセットになった宿泊・日帰りプランが旅行会社各社にて順次発売されています!

メイン
「スター・ウォーズ(TM)アイデンティティーズ:ザ・エキシビション」オリジナルグッズ付き!トーキョーブックマーク「タイアップ特別旅行商品」

続きを見る

こちで詳しく紹介しています。

 

「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」トークセッション

 

「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」トークセッション

 

日本展アンバサダーをつとめる市川紗椰さんとルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート アーカイブディレクター レイラ・フレンチさんによるトークセッションを、2019年8月7日に開催。

今回の展示に関する思いや貴重なお話をたくさん聞かせてくださいました☆

 

市川紗椰さん

 

アンバサダー就任が決定してから、シリーズ全作をつい見直してしまったという市川さん。

今回の展示の見どころのひとつ「アイデンティティクエスト」について、「性格診断的な、占いのような楽しみ方ができるので、『スター・ウォーズ』ついてあまり知らない方でも楽しめます。作品についても勉強になるし、自分についても知ることができます」と太鼓判!

 

レイラ・フレンチさん

 

レイラさんは、今回の展示の見どころとして、「もちろん全部なんですが・・・」と前置きしつつ、やはり「アイデンティティクエスト」をチョイス。

お気に入りのキャラクターの要素が自分たちのなかにどのくらいあるのかを知ることができる、他にはない展示。

自分自身を知るきっかけになるので子どもたちにも体験してほしいとお話してくださいました。

 

市川紗椰さん2

 

市川さんからレイラさんへ「ジョージ・ルーカス監督とよくお仕事で一緒になるのですか?」という質問に、「いつも大変忙しくしている方なのですが、シドニーでの撮影の現場にたちあう事ができました。このアーカイブの仕事をしていて面白いと思っていることの一つとして、世代をまたいで愛されている作品だということ。それはまさにジョージ・ルーカス監督の魔法なんだなと思います」と話します。

映画の撮影で使われた道具を持ち帰り、保存するのが仕事だと表現したレイラさん。

ところが、撮影の現場で使われたどの道具が最終版に使われるものなのか、その時点はわからないそう。

それを考えながら持ち帰るということで、今回展示されているエピソード2とエピソード3に関するアイテムは、その際に持ち帰ったものだと、貴重なエピソードを明かしてくださいました☆

 

ダース・ベイダー

 

「スター・ウォーズ」の世界観が存分に楽しめる、クエスト型体験ミュージアム。

2019年8月8日(木)から2020年1月13日(月・祝) まで日本での開催が決定した「STAR WARS(TM) Identities: The Exhibition」の紹介でした!

ハイパードライブ
ミレニアム・ファルコンに乗って冒険の旅へ!「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」アトラクション

続きを見る

コカ・コーラ社ドリンク スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ限定デザインボトル
ブルーミルクやコカ・コーラ限定ボトルも!スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ メニュー

続きを見る

© & TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.