グラフ3

コスメ 特集

約8割が皮膚が厚くて硬い「コンクリート・フット 」状態!「女性の足裏事情」調査レポート

投稿日:

セロハンテープや医薬品など、日常の様々なテープ材を製造、販売するメーカー「ニチバン」が、働く女性500人を対象に「女性の足裏事情」を調査!

今回の調査では、足裏の皮膚が硬くなったり厚くなったりしている状態を「コンクリート・フット」と定義し、その結果、「コンクリート・フット」に該当する女性がおよそ8割におよぶことが分かりました。

 

「女性の足裏事情」調査レポート

 

ジェルタイプのうおの目・たこ治療薬「スピールジェル」を製造販売するニチバンが、働く女性500人を対象に「女性の足裏事情」を調査!

すると、驚きの結果が次々と明らかになってきました。

 

日頃から足裏ケアはする? 足裏の“見た目自信度”は?

 

グラフ1

はじめの質問は、日ごろから足裏のケアをおこなっているか。

「はい」と答えた人は38%にとどまる結果になり、6割以上の人は、日ごろ足裏のケアをおこなっていないということがわかります。

なお、足裏ケアをおこなう目的としては「角質の除去」が最も多くて、他に「乾燥対策」や「疲れをとるため」などが上がりました。

 

グラフ2

 

そんな女性たちに「同性の友人に足の裏を見られること」について聞くと、55%が「抵抗がある」と回答しています。

半数以上が、足裏を見られたくないと思っているようですね。

 

表1

 

実際に、自身の“足裏の見た目”にどれほど自信があるかを100点満点で聞いてみると、平均は51点となり、すごく自信があるという人は少ないことがうかがえます。

 

女性の約8割が「コンクリート・フット」状態!

 

グラフ3

 

続いて、女性たちが足裏に自信がない理由を深掘り!

「足裏自信度を下げたり、足裏について気になったりしていること」を聞いてみると、「皮膚の硬さや厚さ」を選んだ人が最も多く、約8割の女性が、足裏が硬くなったり厚くなったりしている「コンクリート・フット」状態であることが判明。

なお、2位以降には「乾燥」、「むくみ」などが並びます。

「コンクリート・フット」の影響を聞くと、「歩くときや靴を履くときに痛みを感じる」、「痛む部分をかばうことで、不自然な歩き方になる」など、「痛み」を感じている人も一定数いました。

 

「コンクリート・フット」女性の半数以上が「うおの目・たこ」どちらかを経験

 

グラフ4

 

そんな「コンクリート・フット」の女性たちが感じているのは、「皮膚の硬さ/厚さ」や「痛み」だけではないようです。

彼女たちに「うおの目・たこができた経験」について聞いてみると、半数以上が、「うおの目・たこ」のどちらかを経験したことがあると回答。

 

グラフ5

 

「うおの目・たこ」ができた部位としては、1位が「親指の付け根」でトップに。

続いて、「足裏の中央部」、「小指の付け根」など、いずれも歩く際に圧迫されやすい部位が並びました。

つまり、「コンクリート・フット」の女性たちにとって、つま先や足裏の中央に大きな荷重がかかるヒール靴を履く場合は特に注意が必要なんですね。

「うおの目」や「たこ」を放置すると、痛みをかばうために不自然な歩き方になってしまい、腰痛や関節痛など、体のほかの箇所に影響が及ぶことも。

特に、ヒールがある靴などを履く人は、足の皮膚に圧がかかりやすいため要注意です!

 

ニチバン「スピールジェル」

 

商品画像

 

効能効果:うおの目、たこ、いぼ

付属:専用ディスペンサー、保護用パッド(穴の直径:6mm・8mm・10mm各3個)

足の皮膚が硬くなったり厚くなったりする「コンクリート・フット」状態だと感じる人は、「うおの目」や「たこ」の可能性を疑って、早めに対処することが大切。

「スピールジェル」は、ジェルタイプでササっと塗れる、「うおの目・たこ」治療薬です。

速乾性に優れ、塗りやすいジェルタイプなので液だれしにくく、患部に塗布するとすみやかにジェルが乾き被膜をつくります。

指先や関節など部位を選ばずに使用でき、塗るだけなので違和感がなく、薬剤が目立ちません。

専用ディスペンサーが付属していて先端が細いノズルなので、小さな患部にもピンポイントで塗ることができ、圧迫痛をやわらげる保護用パッドも、患部の大きさによって選べる3サイズついています。

塗ったあとも目立たないため、部位を選ばず使用可能でパンプスやサンダルなど、肌の露出が多い靴でも、見た目を気にせず「うおの目・たこ」のケアができる優れものです。

 

「コンクリート・フット」は早めのケアで対処、きちんとケアしていきたいですね☆

これからの季節にお役立ちな女性の「足裏事情」に関する調査レポートでした。

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.