ジャケット画像

MARVEL(マーベル)グッズ

各界のトップで活躍するマーベル男子が、世界大ヒット作の魅力を徹底解説!MARVEL『ブラックパンサー』MovieNEX

更新日:

全米で空前の大ヒット、全世界の映画業界を席巻したマーベル・スタジオ製作の超話題作『ブラックパンサー』

数々の大ヒット作の興行収入を瞬く間に上回った本作は、全世界興収歴代9位を記録。

目を見張る快進撃で映画界の歴史を塗り替えた本作のMovieNEXが発売され、ブルーレイ、DVDのレンタルも開始されています!

 

MARVEL『ブラックパンサー』MovieNEX

 

 

ジャケット画像

 

発売日:2018年7月4日(水)

『ブラックパンサー MovieNEX』:4,000円(税抜)
『ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX』:7,800円(税抜)
『ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX プレミアム BOX(数量限定)』:14,000円(税抜)

販売店舗:Amazon楽天市場など

 

これまで数々の社会現象を巻き起こしてきた『ブラックパンサー』

「ミシェル・オバマ」元大統領夫人が「私も映画がとても気に入りました。
この作品はあらゆるバックグラウンドの人々が内なる勇気を見いだし、それぞれの人生でヒーローとなるインスピレーションを与えてくれるはずです」

と、本作に対する絶賛のコメントをSNSに投稿。

さらに、テニス界のアイコン的存在「セリーナ・ウィリアムズ」選手が真っ黒のブラックパンサー風ウェアで全仏オープンに参戦。

そしてマンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブの「ポール・ポグバ」選手らが、ゴールを決めた後にワカンダの敬礼「ワカンダフォーエバー」を決めポーズとして使い始めると、テニスプレイヤーの「ガエル・モンフィス」選手や、ラグビープレイヤーの「コリンズ・インジェラ」選手など、世界各国の黒人アスリートの間でこのポーズが流行。

スポーツ界を含め、世界中で話題を振りまいています。

そしてついに2018年6月、全米最大級の映画とテレビの祭典「2018 MTV Movie & TV Awards」で『ブラックパンサー』が最多4部門に輝きました!

 

各界のトップで活躍する「マーベル男子」が、世界大ヒット作の魅力を徹底解説

 

メイン

上段左から、田原総一朗、鈴木おさむ、夏野剛、下段左から、デーブ・スペクター、津田大介(順不同/敬称略)

 

そしてこのたび、各界のトップで活躍する「マーベル男子」たちが、世界大ヒット作の魅力を徹底解説。

さらに、60秒間で本作の魅力をプレゼンするエレベーターピッチ動画が公式サイトで公開されました!

 

田原総一朗氏(ジャーナリスト)

 

善悪で割り切れないところを、分かりやすく描いているのが良いね。
作品はヒーロー映画らしい未来のある終わり方だけども、最後に主人公のティ・チャラが「危機に瀕したとき、賢者は橋をかけ、愚者は壁を造る」と言いますよね。
反グローバリズムに向かう国際社会へのメッセージにも取れるこのセリフを受けて、作品を観た人がその先の物語をどう考えるかということにも興味があります。

 

鈴木おさむ氏(放送作家)

 

僕は黒人がヒーローのマーベル作品が、今まで作られていなかったことに驚きました。
だって、ボクシングもベースボールもバスケットボールも、アメリカには黒人のヒーローがたくさんいるじゃないですか。
最近の世界的ヒットの要因を分析すると、どこか一つに狙いを定めたものが多いんです。
広く当てようとすると、なかなかヒットしない。
今回その狙いが黒人のヒーローだったという見方ができるかもしれませんね。

 

夏野剛氏(慶應義塾大学特別招聘教授)

 

グローバリゼーションの中での民主主義、人種や価値観の多様性、アメリカ社会における黒人社会のジレンマ、貧富(テクノロジー)の差、父子の葛藤、家族のあり方……
つまり、『ブラックパンサー』には、現代社会が抱える問題がすべて詰まっているのです。
だからこそ、私を含めた非黒人の人たちをも魅了するヒット作になりました。

 

デーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)

 

アメリカ人がこの映画を見たときに『黒人の子供が見るべき映画だ』とみんなが思ったんです。
これまでもアフリカや黒人を描いた作品はありましたが、暴力を美化したり、ギャングを描いたりというものばかりだった。
純粋に黒人が誇りを持てるような作品は初めてなんじゃないですかね。人に伝えたくなる。
話をしたくなる映画なんですよ。

 

津田大介氏(ジャーナリスト)

 

物語の軸は、主人公の「ティ・チャラ」と、彼と因縁のある「キルモンガー」との対立になるわけですが、ベタに見れば、奴隷制というアメリカ社会の歴史と、それに対する抵抗の方法論を表現していますよね。
平和的に解決しようとするティ・チャラがキング牧師なら、暴力も辞さないキルモンガーはマルコム・Xと置き換えてみることもできる。
この映画を通してアメリカの人種問題に関心を持ち、“ちょっと勉強してみようかな?”と思った人には、格好の入り口になりますよ。

提供:日経ビジネスオンライン 田原総一朗、鈴木おさむ/NewsPicks 夏野剛/クランクイン! デーブ・スペクター、津田大介

 

中川大志氏(俳優)

 

中川大志さん

 

映像もすごく綺麗だったし、今までにない音楽を使っていて、「こんなにオシャレなヒーロー映画はない」って思いました!
女性たちもパワフルに活躍していて、アクションシーンも見ごたえがありました!
あと、ブラックパンサーのスーツには民族衣装のような模様が入ってるんですけど、最新テクノロジーが駆使されていて、めちゃくちゃかっこいいです!
アイアンマンにもスパイダーマンにも引けを取らないハイテクスーツ!ワカンダに行ってみたいです!
ブラックパンサーは国の王様だから、国民たちを守らなきゃいけない、でもヒーローでもあるから、闘わなきゃいけない。
その狭間で揺れる姿はすごく人間っぽいなと思いました。
ほかのマーベル・ヒーローの作品とは雰囲気が全然違うので、新しいヒーローが出てきたなって思います!

 

60秒のプレゼン映像も公開

 

配信元:『ブラックパンサー』公式サイト

取材時、田原氏は、ジャーナリストとしての姿勢を崩す事なく、本作の核心に迫るために積極的に意見を交わしました。

鈴木氏は、放送作家ならではの視点で『ブラックパンサー』の続編について、さらなる可能性を熱弁。

夏野氏は、自身の解説で深く繰り広げた上で「もっと見たい!」とすっかり『ブラックパンサー』の大ファンに。

デーブ・スペクター氏は、ユーモアをふんだんに織り交ぜ、爆笑を誘いながらも、作品の魅力について熱く語りました。

津田氏は『ブラックパンサー』をきっかけにマーベル作品に興味を持ち、他の作品も観てみたいと意気込んでいます。

今回、『ブラックパンサー』が世界で大ヒットした理由を探る中で、各界のトップで活躍するマーベル男子たちの『ブラックパンサー』愛に溢れるコメントが多数飛び出しました。

 

サブ

 

最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に繋がり、マーベル・スタジオ史上最高傑作との呼び声が高い『ブラックパンサー』

MovieNEX、4K UHD MovieNEX、そして、4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)は好評発売中です!

Amazon楽天市場で取扱中です!

メイン
ボーナス映像から監督のメッセージ映像が解禁!MARVEL『ブラックパンサー』MovieNEX発売
ブラックパンサー
ド派手アクションの舞台裏を公開!MARVEL「ブラックパンサー」MovieNEX発売

Copyright© Dtimes , 2019 All Rights Reserved.