講談社 ディズニーヴィランズ

ディズニーグッズ 書籍

ディズニーヴィランズの知られざる悲しい過去!講談社「みんなが知らない」シリーズ

投稿日:

講談社から登場している、ディズニーヴィランズたちの知られざる悲しい過去を題材にした物語「みんなが知らない」シリーズ。

現在発売中の『眠れる森の美女』『リトル・マーメイド』『白雪姫』『美女と野獣』につづき、2018年12月に『塔の上のラプンツェル』の「ゴーテル」が登場します。

 

講談社 ディズニー「みんなが知らない」シリーズ

 

講談社 ディズニーヴィランズ

©Disney

 

販売店舗:全国の書店、楽天市場Amazonなど

 

ディズニープリンセスと対照的な存在であり、物語には欠かせない悪役たち、ディズニーヴィランズ。

憎悪や嫉妬を惜しみなくむき出しにする彼らの行動に恐怖を感じつつも、素直さや潔さ、ブレない性格に好感や憧れを抱く人々も少なくないのではないでしょうか。

そんな彼らが悪に染まったきっかけは?などと疑問に思ったことはありませんか?

「みんなが知らないシリーズ」は、彼女たちの知られざる悲しい過去を題材にした米作家のセレナ・ヴァレンティーノ著の翻訳本です☆

 

みんなが知っているディズニーのハッピーエンドなお話を別の角度から描いたストーリーで、現在『眠れる森の美女』『リトル・マーメイド』『白雪姫』『美女と野獣』が発売中!

2018年12月には『塔の上のラプンツェル』の「ゴーテル」が登場予定です。

 

全作に登場する3人の魔女によって物語はつながり、知られざる事実が次々と明らかになっていきます。

ヴィランズ同士の関係も明るみに出るなど、衝撃の連続!

 

ディズニー みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント

 

みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント

©Disney

 

価格:700円(税抜)

全191ページ

 

『眠れる森の美女』のディズニーヴィランズ「マレフィセント」が主役のストーリー。

お祝いの宴に呼ばれないというだけの理由で、生まれたばかりの「オーロラ姫」に“16歳の誕生日で死ぬ”という呪いをかけた「マレフィセント」

なぜ、罪のない「オーロラ姫」に、死に至るまでの呪いをかけなければいけなかったのでしょうか。

 

妖精の国で生まれ、角ある故にカラスの木に捨てられて、カラスに育てられた「マレフィセント」

魔女の学校で3人の善き妖精といっしょに魔法を学んでいくべきだった彼女に起きた、切なすぎる悲劇とは!?

 

ディズニー みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ

 

みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ

©Disney

 

価格:700円(税抜)

全191ページ

 

『リトル・マーメイド』のディズニーヴィランズ「アースラ」が主役のストーリー。

一途に恋する「アリエル」を騙して、3日間の間に王子と恋に落ちなければ、永遠に奴隷にするという条件で、「アリエル」の声と引き換えに彼女に足を与えた「アースラ」

さらに、「アリエル」の恋が成就しそうになると、自ら人間の女性に変身して、王子を誘惑します。

 

なぜ「アリエル」をあれほどまでに苦しめなければいけなかったのでしょうか。

彼女がこれほど執拗に権力にこだわる性格になったのには、家族に捨てられた過去と、育ての親を失った悲しみ、そして“醜い自分”を受け入れてくれない弟の存在がありました。

 

ディズニー みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか

 

みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか

©Disney

 

価格:700円(税抜)

全191ページ

 

『白雪姫』のディズニーヴィランズ「女王」が主役のストーリー。

「女王」は、娘の「白雪姫」を森で殺すようにと猟人に命令するほどの、冷酷で印象深いキャラクターです。

 

なぜ、これほど「白雪姫」に嫉妬し、深い憎しみを持ってしまったのか。

そして、魔法の鏡と王妃の間の、切なすぎる関係性を読めば、涙せずにいられない?

「女王」に焦点をあてた、もうひとつの『白雪姫』の物語です。

 

ディズニー みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか

 

みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか

©Disney

 

価格:680円(税抜)

全191ページ

 

『美女と野獣』に登場する「王子」が主役のストーリー。

この物語は“なぜ野獣は呪いをかけられたのか”というポイントがテーマになっています。

そして、実は“王子に呪いをかけたのは老女ではなく、王子の婚約者だった”、“ガストンは王子の親友だった”など、意外な展開も見どころです!

自惚れ、傲慢、愛、憎しみ、野蛮、そして美しさ。

新しい切り口で読む、もうひとつの『美女と野獣』の物語です。

 

ディズニー みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方

 

みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方

©Disney

 

発売日:2018年12月1日(土)

価格:700円(税抜)

全191ページ

 

『塔の上のラプンツェル』のディズニーヴィランズ「ゴーテル」が主役のストーリー。

赤ん坊の「ラプンツェル」をさらった「ゴーテル」は、実は、大切な人を救いたかった。

死者の女王として生まれた「ゴーテル」は、とっても幸せだった。

 

しかし、一族の力を引き継げず、母と2人の姉をも失い、ひとり残された「ゴーテル」は、姉を生き返らせる魔法を手に入れるために、ある決断をするのでした。

 

ディズニー公式作品で初めて解き明かされる、ディズニーヴィランズが主役のもうひとつのストーリーはどれも気になりますね!

講談社の「みんなが知らない」シリーズは、全国の書店、楽天市場Amazonなどで販売中です☆

-ディズニーグッズ, 書籍
-

Copyright© Dtimes , 2018 All Rights Reserved.